PICK UP Doctors輪郭形成の名医コンプリートガイドエラ削りの名医をピックアップ

エラ削りの名医=日本形成外科学会専門医+医師としてキャリアが豊富

一度削った骨はもとに戻せないため、エラ削りで理想のフェイスラインを目指すなら、医師選びはとくに重要です。

チェック1:日本形成外科学会の”専門医”資格の有無

日本形成外科学会の専門医になるには、数年間の研修と所定の試験をクリアする必要アリ。そのため、高い技術力が期待できます。

チェック2:形成外科医として10年以上のキャリア

大切なのは医師としてではなく、形成外科医として10年以上のキャリアがあるかどうか。形成外科医としての経験が豊富であるほど、腕も確かであると考えられます。

チェック3:症例写真を公開している

医師の技術力やデザインセンスを知るために、症例写真は重要な資料。クリニックの症例写真ではなく、治療を受けたい医師の症例写真をチェックしましょう。

エラ削りの名医はこの3名!

  • Great Dr.
    広比 利次 医師

    引用元:リッツ美容形成外科
    (https://www.ritz-tokyo.com/staff/hirohi/)

    広比 利次医師

    海外で功績が認められた形成外科の名医

    東京大学理科II類で3年間学び、1989年に国立山梨医科大学を卒業。東京警察病院、都立広尾病院などで形成外科・美容形成を専攻してきました。その後、2000年に東京・目黒でリッツ美容外科を開院しています。顎顔面口腔外科手術を専門的に学んできた医師で、日本形成外科学会・日本美容外科学会等でさまざまな論文を発表。海外での活動も活発で、これまでの形成外科・美容外科に関する功績から2010年にはハワイ大学医学部客員教授に就任。

    広比医師のエラ削りの特徴

    「どこから見ても顔が小さく見えるようにしたい」という多くの患者の要望に対し、広比医師は「エラ削りだけで美しくなれるのか」「どこまで手術する必要があるのか」を考慮。カウンセリングで要望をしっかりと聞くことはもちろん、視診・触診・各種検査を用いて治療法を総合的に決定していきます。より立体的に骨格を把握するため、CT画像に基づいて等身大の3次元立体模型を作成する装置も導入。この立体模型を使うことでより綿密な手術計画を立てることができるようになりました。

    経歴
    1979年:東京大学理科II類入学(3年間在学)。
    1989年:国立山梨医科大学卒業後、東京大学形成外科学教室(波利井清紀教授)に入局し、形成外科、美容外科を専攻する。
    その後、東京警察病院、都立広尾病院、静岡県立総合病院、東京専売病院、竹田総合病院等で美容形成外科学を修得する。
    2000年:東京・目黒にてリッツ美容外科を開設した。
    2013年:東京・恵比寿にリッツ美容外科を移し、顎矯正手術に対応するために院内に歯科 (矯正歯科、審美歯科)を併設する。また、さまざまな顎顔面領域手術に対応するため入院設備(東京都知事・正式認可)を完備する。
    所属医師会や保有資格
    日本美容外科学会(JSAPS)
    日本美容外科学会(JSAS)
    日本形成外科学会
    アメリカ形成外科学会(American Society of Plastic Surgeons)
    国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)
    日本口腔外科学会
    日本顎変形症学会
    日本頭蓋顎顔面外科学会
    日本臨床皮膚外科学会
    NPOクラニオフェイシャルセンター
    GID(性同一性障害)学会
    所属クリニック
    リッツ美容外科
    住所
    東京都渋谷区恵比寿南1-7-8 恵比寿サウスワン2F

    クリニックの特徴

    リッツ美容外科は、顎顔面形成外科を専門とするクリニック。専門はアゴと顔の輪郭形成術ですが、それを中心に噛み合わせや歯並びなども改善する矯正歯科・審美歯科も取り扱っています。難度の高い治療を手がけているため、CTスキャン・3次元実体模型(3D-model)・ピエゾサージェリー(超音波骨切り器)など、導入している設備も充実。丁寧なカウンセリングを行うため1日の予約数を限定し、時間をかけたヒアリング・説明を行っています。クリニック内は環境美化に努めています。

    費用

    • エラ骨切り:1,500,000円(税別)

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    宮里裕医師

    引用元:MIYAフェイスクリニック
    (https://miyaface.clinic/about/)

    宮里 裕医師

    「一番キレイなあなた」に近づける

    近畿大学医学部・近畿大学大学院医学研究科を卒業後、形成外科や麻酔科で技術を学んできた宮里医師。その後は有名美容外科で、形成外科医・美容外科医として十数年にわたり実践的な治療を経験。その内容は、ヒアルロン酸注入などのプチ整形をはじめ、高い技術力が必要となる骨削りといった外科治療までさまざま。宮里医師はそういった経験をフルに活かし、「一番キレイなあなた」に近づける治療の提供を目指しています。

    宮里医師のエラ削りの特徴

    エラ削り(下顎角骨切り)は、エラが張って角ばっているフェイスラインを整え、ほっそりとしたタマゴ型のフェイスラインへと変えていく施術。角ばった輪郭の原因が脂肪や筋肉ではない場合、エラ削りによってスッキリとしたフェイスラインへと近づけることができるそうです。エラ削りでは下顎角だけを削るのではなく、下顎体~下顎底にかけて外側に張り出した骨を削るのが特徴。この部分を小さくすることで、理想の小顔効果を実感できるとのことです。術前のカウンセリングにも時間をかけており、患者が考えるイメージに近い仕上がりを心がけています。

    経歴
    1997年:近畿大学医学部 卒業
    2003年:近畿大学大学院医学研究科 卒業、同附属病院形成外科(医学部講師)及び麻酔科、他関連病院形成外科(部長)
    2008年:リッツ美容外科 大阪院
    2011年:恵聖会クリニック 心斎橋院院長2019年2月MIYAフェイスクリニック 開院
    所属医師会や保有資格
    日本美容外科学会(JSAPS)正会員
    日本形成外科学会
    医学博士
    日本形成外科学会専門医
    所属クリニック
    MIYAフェイスクリニック
    住所
    大阪府大阪市中央区難波4-1-15 近鉄難波ビル3F

    クリニックの特徴

    大阪のMIYAフェイスクリニックは、顔・フェイスラインを専門とする美容クリニック。患者とのカウンセリングを重視し、プチ整形から本格外科手術まで、幅広い選択肢の中からその人に適した治療法を提案しています。MIYAフェイスクリニックでは適正料金での治療を心がけており、すべての施術費用を明示。クリニックへのアクセスは、御堂筋線・千日前線なんば駅から徒歩1分。

    費用

    • 下顎角形成術(エラ削り):1,200,000円(税別)

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    山本崇弘医師

    引用元:東京美容外科
    (https://www.tkc110.jp/lp/faceline/)

    山本 崇弘医師

    骨切りが専門!豊富な症例を誇るドクター

    2010年に名古屋大学医学部を卒業後、大学病院や警察病院などで形成外科医としてさまざまな症例と向き合ってきたドクター。顎顔面外科・顎変形症・顔面外傷等糖の治療に携わっており、現在では骨切り(両頬・輪郭・オトガイ)・鼻の手術(鼻骨骨切り・隆鼻術・鼻尖形成・鼻中隔延長)・目の手術(二重・目頭・目じり・眼瞼下垂)・フェイスリフトを専門分野としています。2020年より東京美容外科銀座院で院長を務める山本医師は、患者の要望や悩みをしっかりとヒアリングし、適切なアドバイスを提供。どんなケースにおいても、丁寧な施術を心がけているとのことです。

    山本医師のエラ削りの特徴

    山本医師が勤務している東京美容外科では、エラ削りとして下顎角形成術を提供しています。これは、張っているエラ・頬・顎の部分を外科的治療で小さくし、美しいフェイスラインに整える治療法。口の中からアプローチを行うため、外から傷跡が見えることがありません。入院は不要ですが、術後の腫れが2週間ほど続きます。ダウンタイムが気になるという方には、下顎角形成術(口外法)もアリ。これは口の中ではなく耳の裏からアプローチする方法で、ダウンタイムが短め。こちらも日帰りで行う手術です。

    経歴
    2010年:名古屋大学医学部 卒業
    2010年:東京警察病院臨床研修医
    2012年:東京大学医学部附属病院勤務、東京大学形成外科・美容外科教室に入局
    2014年:自治医科大学病院形成外科 勤務
    2015年:東京警察病院形成外科、大手美容外科にて研鑽を積む
    2017年:帝京大学医学部附属病院形成外科
    2020年:東京美容外科 銀座院 院長を務める
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会認定専門医
    日本美容外科学会正会員(JSAPS)
    日本頭蓋顎顔面学会
    日本顎変形症学会
    日本顔面神経学会
    所属クリニック
    東京美容外科
    住所
    東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F

    クリニックの特徴

    「すべての患者に最適な医療を提供する」ことを目的に開設された東京美容外科。施術に携わる医師の経験と質にこだわっており、メスを握ることを許されているのは10年以上の経験を持つ美容外科医、もしくは日本形成外科学会認定医のみとしています。さまざまな不安を抱いている患者のために、無料カウンセリングを実施しているのも特徴。クリニックで直接相談するほか、メール相談も受け付けています。また、他院で納得のいく治療を受けられなかった方のためのセカンドオピニオン外来も併設。再手術にも対応しています。

    費用

    • えら骨切り(下顎角形成術):1,298,000円
    • 東美オリジナル口外法(下顎角形成術):1,500,000円(税別)

    電話で問い合わせる

エラ削り手術の医師一覧

山本崇弘医師
(東京美容外科)

山本崇弘医師の経歴

名古屋大学医学部を2010年に卒業後、東京警察病院にて臨床研修医として勤務。2012年に東京大学医学部附属病院、東京大学形成外科・美容外科教室へ入局。その後も東京警察病院形成外科や大手美容外科で研鑽を積み、2020年に東京美容外科銀座院の院長に就任。骨切り・鼻形成などを専門分野とするドクター。

山本崇弘医師のエラ削り

下顎角形成術(エラ削り)では、口腔内からアプローチして張っているエラ・顎の骨を縮小。切開を伴う手術ですが、切るのは口の中の粘膜のため、傷跡が目立つといった心配はありません。ダウンタイムを短くしたいという方には、耳の裏から切開を行う口外法を提案。どちらも日帰りOKです。
活動
美容外科医・形成外科医 骨切り山ちゃんとしてTwitterで情報を発信。インスタグラムでは、術前・術後の症例写真を分かりやすく紹介。
所在地:
東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F
公式プロフィール:
https://www.tkc110.jp/doctor/yamamoto.html

池本繁弘医師
(池本形成外科・美容外科)

池本繁弘医師の経歴

北里大学医学部を1994年に卒業、北里大学病院・横浜南共済病院・北信総合病院・佐久総合病院・上尾中央総合病院などで形成外科・整形外科・外科・麻酔科などを修得。2015年に池本形成外科・美容外科を開院しています。美容外科医・形成外科医はもちろん、麻酔医としての経験も豊富。

池本繁弘医師のエラ削り

気になるエラ部分の骨を削って小顔を実現する方法ですが、医師の技術力と症例数が重要であると考えている池本医師。やり直しのきかない治療法のため、事前のカウンセリングで削る骨の量・切開部位などを慎重に決定。時間をかけて、失敗などのトラブルを防いでいます。
活動
公式ホームページ内に院長ブログを開設し、手がけた施術の症例写真・術式・こだわりポイントなどを丁寧に解説しています。
所在地:
東京都中央区日本橋2-2-2 マルヒロ日本橋ビル3F
公式プロフィール:
https://ikb-media.com/flow/

藤本雅史医師
(ヴェリテクリニック)

藤本雅史医師の経歴

東京慈恵会医科大学を2002年に卒業し、同大学附属病院の外科・形成外科に勤務。2007年にがん・感染症センター都立駒込病院、東京慈恵会医科大学付属柏病院の形成外科診療医長を経て、2016年からヴェリテクリニック銀座院院長を務めています。形成外科医として、エラ削りの症例数が豊富。

藤本雅史医師のエラ削り

削りすぎると骨は元に戻せないため、術前のカウンセリング・検査に力を入れている藤本医師。顔写真・CTをはじめ、患者の骨格を3Dで再現した骨モデルを用意。モデルを実際に切除することで適切な骨の切除量を決定し、フェイスラインを実現するデザインを決めています。
活動
第41・61・62回日本形成外科学会総会・学術集会にて一般講演。鼻中隔延長術における肋軟骨採取などをテーマに発表しています。
所在地:
東京都中央区銀座2-6-12 大倉本館5F
公式プロフィール:
https://www.veriteclinic.or.jp/doctor/fujimoto

吉種克之医師の経歴

昭和61年に東京医科大学を卒業し、昭和大学形成外科へ入局。外科・整形外科・麻酔科を研修後、大学関連病院にて形成外科・美容外科を研鑽。平成7年には神奈川クリニック、平成22年からは東京イセアクリニックで院長として勤務。30年以上の豊富な実績を誇る日本形成外科学会専門医です。

吉種克之医師のエラ削り

吉種医師が総院長・銀座院院長を兼務する東京イセアクリニックでは、日本形成外科学会認定の専門医がエラ削りを提供。手術は全身麻酔で行われるため、執刀医と麻酔医の2名体制で実施。患者のイメージに沿った仕上がりを心がけているとのことです。
活動
2020年2月に、日本経済新聞の『プチ整形は「化粧の延長」自分を満たす若い女性』に取材出演。インスタグラムでも症例写真を多数紹介。
所在地:
東京都中央区銀座6-2-3 Daiwa銀座アネックス3F
公式プロフィール:
https://www.tokyoisea.com/staff/yoshitane/

広比利次医師の経歴

1989年に国立山梨医科大学を卒業し、東京大学形成外科学教室で形成外科・美容外科を専攻。さらに、東京警察病院・都立広尾病院・静岡県立総合病院などで美容形成外科学を修得し、2000年に東京目黒でリッツ美容外科を開設。考案したHirohi Methodsは、顔面骨骨切り術などで海外にも浸透。

広比利次医師のエラ削り

できる限り顔を小さくしたいという多くの要望に対し、エラ削りだけでどこまで美しくなれるのかを広比医師は考慮。カウンセリングで要望に耳を傾けると同時に、CTや3次元立体模型などを使って骨格を把握し、適切な治療法とデザインを提案しているとのことです。
活動
日本美容外科学会・日本頭蓋顎顔面外科学会などで講演活動。「下顎角骨切り術;症例と術式の選択について」など医学論文も多数。
所在地:
東京都渋谷区恵比寿南1-7-8 恵比寿サウスワン2F
公式プロフィール:
https://www.ritz-tokyo.jp/doctor/

宮里裕医師
(MIYAフェイスクリニック)

宮里裕医師の経歴

1997年に近畿大学医学部、2003年に近畿大学医学部研究科を卒業し、同附属病院形成外科・麻酔科・他関連病院形成外科にて勤務。さらにリッツ美容外科大阪院、恵生会クリニック心斎橋院の院長を務め、2019年MIYAフェイスクリニックを開院。骨削り・フェイスリフトといった外科治療の実績豊富なドクター。

宮里 裕医師のエラ削り

下顎の張っている部分(下顎角)のみを削るのではなく、下顎体から下顎底にかけて張り出した骨を削っていくのが宮里医師のエラ削り。全体のバランスを見て骨を小さくすることで、理想のフェイスラインと小顔効果を実感できるとのこと。患者のイメージに近づけるためカウンセリングにも注力。
活動
ブログでドクターコラムを執筆。術前・術後の様子を写真付きで紹介、治療の特徴・費用・リスクについても分かりやすく掲載。
所在地:
大阪府大阪市中央区難波4-1-15 近鉄難波ビル3F
公式プロフィール:
https://miyaface.clinic/about/

鈴木隆医師
(ファーストビューティクリニック大阪・梅田院)

鈴木隆医師の経歴

1980年に国立浜松医科大学医学部卒業し、東京女子医科大学循環器胸部外科で勤務。1982年に米国ECFMG試験に合格、1994年に日本形成外科学会認定専門医の資格を取得後、アメリカニューヨーク州大学の病院等で美容外科を研鑽。2003年にファーストビューティクリニックを開院、美容外科手術の匠として活躍。

鈴木隆医師のエラ削り

独自のFBC式エラ顎骨形成術を提供。口腔内からアプローチしてエラ部分である下顎角を削り、余分な骨を除去。正面・側面どちらから見ても美しく見える、バランスの良いフェイスラインを実現していきます。小顔効果もあり、顔が大きく見えるのが悩みという方にも適した治療法とのこと。
活動
ブログを執筆。美容整形についてのトピックスはもちろん、世の中についてや自身の生活についてのつぶやきも掲載。
所在地:
大阪府大阪市北区堂山町18-17 梅田スズキビル5F
公式プロフィール:
https://www.fbc-kogao.com/about/doctor.html

菅原康志医師
(リラ・クラニオフェイシャル・クリニック大阪院)

菅原康志医師の経歴

頭蓋顎顔面外科を専門とするドクター。1986年香川医科大学を卒業、東京大学形成外科に入局。1992年に台湾チャングン記念医院、1997年にスウェーデン・ヨーテボリ大学への留学経験あり。2007年に自治医科大学形成外科教授、2015年には自治医科大学客員教授ならびに杏林大学非常勤講師を務めています。

菅原康志医師のエラ削り

エラ削りには正確な診断が何より重要と考えており、コーンビームCT・写真撮影・セファログラム・パントモグラムといった検査機器で精密に検査。CGを用いたシミュレーションで、エラ削りをする位置・量などを決定しています。場合によっては2つ以上の術式を組み合わせることもあります。
活動
骨切りについて記した「インストラクション・クラニオフェイシャル・サージャリー」、鼻整形について記した「美容塾・鼻」の著書あり。
所在地:
大阪府大阪市淀川区西中島4丁目2-21
公式プロフィール:
https://sugawara.me/doctor.html

李政秀医師の経歴

1992年に金沢大学医学部を卒業し、名古屋大学第一外科・静岡済生会病院外科・大垣市民病院外科にて勤務。2000年に坂下病院外科医長、2001年に大手美容外科院長、2008年にヴェリテクリニック名古屋院院長に就任。骨切り・骨削りなどに従事しているドクターです。

李政秀医師のエラ削り

ただエラを削ればいい、小さくすればいいというワケではなく、顎先からエラまでのフェイスラインを総合的にデザインしながら施術することを心がけている李医師。CT画像から患者の骨格を再現した立体モデルを作製し、それを削ることでリアルなシミュレーションを行っています。
活動
「迷える子羊たちのための美容整形教室」というブログを開設。美容外科治療で誤解されやすいことなどを分かりやすく掲載。
所在地:
愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビル11F
公式プロフィール:
https://www.veriteclinic.or.jp/nagoya/doctor.html

小木曽祐一医師の経歴

1982年に岐阜大学医学部を卒業後、ドイツのHeidelberg大学Manheim病院頭頚部外科へ留学、帰国後は岐阜大学医学部第2内科(循環器)へ入局するなど循環器科を中心に学びつつ、美容外科についても研鑽。2002年にコムロ美容外科医局長と大阪院院長を兼任したあと、2005年に小木曽クリニックを開院。

小木曽祐一医師のエラ削り

小木曽医師のエラ削り(下顎角広範囲骨切り術)は、下顎角後方~オトガイ部にかけて広範囲を切除するのが特徴。全長8~10㎝ものエラ削り・骨切りを行っているのは小木曽医師だけとなっており、フェイスラインの劇的な変化が期待できるとのこと。皮膚切開も2~3㎝と低侵襲です。
活動
名古屋大学医学部循環器内科・腎臓内科で行われている臨床研究に共同研究機関として参加。「Dr小木曽のキレイの達人」というブログも開設。
所在地:
愛知県名古屋市中村区名駅3-24-14 LCビル6F
公式プロフィール:
https://www.kogiso-clinic.com/message/#anchor01

水野力医師
(アネシス美容クリニック)

水野力医師の経歴

昭和56年名古屋市立大学医学部卒業、外科学教室にて10余年にわたり一般外科・胸部外科を修得。平成3年に病理学教室へ転局、名古屋第2赤十字病院病理部で務めると共に美容外科について学んでいます。平成11年にアネシス美容外科、平成26年にアネシス美容クリニックを名古屋にて開院。

水野力医師のエラ削り

気になるエラの骨を削り、理想のフェイスラインに整えるためエラ部分の全層切除をプラス。横から見たときの輪郭を調整していきます。カウンセリングではエラ削りによる効果はもちろん、副作用や後遺症といったリスクも説明。エラ削りの範囲については、手術当日にデザインを実施しています。
活動
書籍『手術チーム柿崎の外来眼形成手術, 柿崎裕彦編』(メディカ出版)の重瞼術 (切開法、埋没法)の部分を担当するなど、著書への参加多数。
所在地:
愛知県名古屋市中区錦3-20-17 メイプル錦ビル9F
公式プロフィール:
https://www.biyouclinic.com/pg1532464.html

牧野太郎医師
(牧野美容クリニック)

牧野太郎医師の経歴

福岡大学医学部を2002年に卒業、大学病院・大病院を中心に形成外科・外科・麻酔科・整形外科について習得。福岡大学病院形成外科助教・医局長を務め、都内の美容外科・形成外科で技術を磨いたあと、2018年牧野美容クリニック院長に就任しました。

牧野太郎医師のエラ削り

顔貌・CT・画像シミュレーションを用いて事前検査を行い、エラ削りのデザインや骨の量を決定。電動骨切り削器具・超音波骨切り削器具を用いて、低侵襲の手術を実施しています。エラ削りでは骨を物理的に縮小できるため、確実に効果が得られます。
活動
美容形成外科医Dr 牧野のblogを開設。治療の説明・モニター患者の紹介・産科学会や講習会の報告、プライベートのつぶやきなどを掲載。
所在地:
福岡県福岡市博多区冷泉町2番12号 ノアーズアーク博多祇園3F
公式プロフィール:
https://makino-cosmetic-surgery.com/doctor/

室孝明医師の経歴

2002年に埼玉医科大学卒業後、東邦大学医療センター大森病院で形成外科、星総合病院で一般外科・乳腺外科に勤務。東京手の外科スポーツ医学研究所やヴェリテクリニックなどを経て、2017年ビスポーククリニックを開院。輪郭・目元といった顔面外科や一般外科など、幅広い実績を持つドクター。

室孝明医師のエラ削り

気になるエラ部分の縮小はもちろん、目・鼻・口などのパーツとのバランスを考慮。患者の希望するイメージがその人に合っているかどうかを客観的に確認するため、3Dシミュレーションを導入。丁寧なカウンセリングで医師と患者のイメージのギャップをなくし、より良い結果を目指しています。
活動
日本形成外科学会・国際形成外科学会・日本美容外科学会(JSAPS)・国際美容外科学会・日本美容外科学会(JSAS)など所属団体多数。
所在地:
福岡県福岡市博多区博多駅前2-20-1 大博多ビル5F
公式プロフィール:
https://bespoke-clinic.jp/doctor

エラ削りの基礎知識

治療の特徴

実はあのオードリー・ヘップバーンもエラがコンプレックスだったという話もあるほど、エラを気にしている人は多いようです。

エラが張っている人は顔が角ばって見えるため、どうしても柔らかい印象が持てなくなります。特に女性の場合、ふんわりとした柔らかい印象や、すっきりとしたフェイスラインを望んでいる人も少なくありません。

エラは顎の骨の出っ張りや発達した筋肉、あるいは脂肪の塊などが原因とされています。特に顎の骨が出っ張っている場合は、手術によってこの下顎角という部分の骨を削り取ってエラを改善する方法が用いられます。

具体的な手術の内容

  • エラ削り(下顎角形成)…下顎の骨の出っ張っている箇所を部分的に削り取って輪郭をすっきりさせる手術。口の中から切開するのが主流です。方法としては、奥歯の歯茎の下を切開し、出っ張ったエラの骨と余分な筋肉を削ります。口内での手術なので、傷跡も気になりません。ただし、骨を削り取る大掛かりな手術のため、ダウンタイムが長くかかってしまうのが難点。
  • 咬筋縮小術…下顎角の周囲にある筋肉が発達していて盛り上がりの強い人に適した手術。張り出したエラの筋肉を口の中から切除するため、正面から見たときの顔が細くなります。「咬筋の一部を切り取る方法」と「電流を流して咬筋を萎縮させる方法」があります。エラ削りと併用すると効果が高まりますが、ダウンタイムが長くなり合併症のリスクが高まることもあります。