横山 才也医師

横山 才也 医師のプロファイル

2014年から、銀座すみれの花形成クリニックの院長を務める横山才也医師。大学院の医局長や講師などの経験から培った技術力と知識を活かして、数多くの患者の手助けをしています。鼻整形や目の整形を得意としており、これまで鼻や目にコンプレックスを持つ女性の悩みを解決し続けてきました。。

横山 才也 医師 MEMO
横山 才也 医師 先生に相談してみる

引用元:銀座すみれの花形成クリニック
(https://ginza-sumirenohana.com/doctor/)

得意施術:眼瞼下垂

形成外科と美容外科、両方の知識に基づいた眼瞼下垂の施術を得意としている横山才也医師。

対応している施術は、筋肉を傷つけずに眼瞼下垂が改善される腱膜前転術や、重い眼瞼下垂の方に使用される挙筋短縮術などを含め4種類の治療法です。腱膜前転術は、かなり高度な技術が必要な施術で、実績を持つ医師に任せたい施術です。

得意施術:鼻整形

鼻中隔延長術

血管の吻合(ふんごう)や神経の縫合(ほうごう)などを行なうマイクロサージャリーについて学び、日本マイクロサージャリー学会会員を取得した横山医師。その高いスキルで、軟骨を鼻先に移植して高さを出す鼻中隔延長術をはじめ、鼻の一部を切取って小鼻を縮小させる小鼻縮小術や鼻先を下へ伸ばす鼻尖形成術などを対応しています。

断られるケースが多い他院修正にも積極的に取り組んでいる横山医師。他のクリニックで施術を受けたことで陥凹ができてしまった場合や、プロテーゼの形が変化してしまった場合などの再施術を行っています。

得意施術:レーザー治療

横山医師は医療協会美容レーザー適正認定医の資格を取得しています。レーザー治療は、レーザー機器のメリットデメリットを把握し、患者の症状に合ったものを使用しないと、余計悪化してしまうことがあるので、適切に見極める必要があります。

対応しているのは美白やニキビ、アートメイクの除去に対応しているレーザーや、しわやたるみなどエイジングケアに特化したレーザーなど。たるみや肌質改善にアプローチするインフィニレーザーや、高い確率でシミの除去を促すスペクトラ・レーザー機器を使用しているようです。

横山 才也 医師の経歴

1991年
産業医科大学医学部卒業
1998年
昭和大学大学院修了後、大学関連病院勤務
2006~7年
パリ・サンルイ病院 パリ第7大学マイクロサージャリー研究室
2008年
昭和大学病院形成外科 講師・医局長
2012年
美容外科・形成外科クリニック 院長
2014年
東銀座すみれの花形成クリニック開業

横山 才也 医師の所属医師会と所得認定医資格

  • 日本形成外科学会
  • フランス美容形成外科学会
  • 日本美容外科学会
  • 日本マイクロサージャリ―学会
  • 日本創傷治癒学会
  • 日本乳房オンコプラスティックサージャリー学会員
  • 日本美容外科学会認定専門医
  • 日本形成外科学会認定専門医
  • 美容レーザー適正認定医
  • 日本創傷外科学会専門医
  • 日本形成外科学会 皮膚腫瘍外科指導医専門医
  • 厚生労働省規定 麻酔科標榜医免許
  • 厚生労働省規定 外国人臨床指導医
  • パリ第7大学医学部外科研究室マイクロサージャリ―永久ディプロマ
  • 乳房再建用エキスパンダーインプラント責任および実施登録医師

横山 才也 医師の著書、論文、メディア出演

  • 2015年 形成外科は感動外科(海竜社)

銀座すみれの花形成クリニック銀座院の概要

銀座すみれの花形成クリニック
営業時間と定休日 10:30~18:30
定休日 月・金
住 所 〒104-0061 東京都中央区銀座5-1-15 第一御幸ビル4F
URL https://ginza-sumirenohana.com/

受けられる施術の種類と施術ごとの価格帯

  • 眼瞼下垂 420,000円~
  • 鼻中隔延長術 600,000円
  • インフィニ・スーパーフィシアルRF 40,000円
  • インフィニ・コンビネーション 60,000円
  • インフィニ・マイクロニードル 60,000円
  • インフィニ・3Dマイクロニードル 100,000円
  • シミレーザー 2,000円/1ショット
  • デュアルピール・レーザー 5,000円~
  • トーニング・レーザー 10,000円~
  • ヤグレーザー 4,000円~
  • etc…

クリニックの特徴

銀座に構える銀座すみれの花形成クリニック。対応しているメニューは鼻や目などの整形施術から、フェイスリフトやヒアルロン酸注入などのエイジングケア治療までさまざま。医師によるカウンセリングで一人ひとりに合った治療法を提案してくれるのもポイントでしょう。