PICK UP Doctors痩身の医師コンプリートガイド大阪の脂肪吸引の医師

「大阪で脂肪吸引が上手い名医の基準とは?」

医師としてのキャリアが10年以上

素人から見て施術経験が多いと判断できる基準の1つが美容外科医としてのキャリアの長さです。

日本形成外科学会専門医または日本美容外科学会専門医の資格を取得

専門医になるには、数年の臨床経験と資格試験の合格が必要なため、技術力と経験の指標になります。

脂肪吸引の症例を多数公開または論文を発表

脂肪吸引を実際に行っているか確認するために、多数の症例写真が確認できるか、または専門的な論文を発表しているかも要チェックです。

大阪の脂肪吸引の医師一覧

◀▶左右にスクロール可能です

クリニック 脂肪吸引法 美容外科医歴 美容外科学会専門医 所在地
川端久雅 医師 雅美容外科 シリンジ法脂肪吸引
ウォータージェット脂肪吸引
ベイザー脂肪吸引
2009年~ 大阪府大阪市中央区西心斎橋2-1-25 心斎橋W-PLACE3F
九野広夫 医師 Kunoクリニック VASER脂肪吸引 2002年~ 大阪府大阪市北区梅田1丁目11−11番4-200号 大阪駅前第4ビル 2階
横谷仁彦 医師 大阪 湘南美容クリニック VASER脂肪吸引
ライポマティック
Aquicell
2008年~ 大阪府大阪市北区茶屋町1-27 ABCマート梅田ビル6階

大阪の脂肪吸引の医師

  • Great Dr.
    川端久雅医師

    引用元:大阪雅美容外科
    (http://www.osaka-miyabi.com/)

    PICK UP!
    川端久雅医師

    インスタロゴ

    脂肪吸引の実績が豊富な医師

    これまで、大手美容クリニックで経験と実績を積み重ねてきた川端医師。2010年に、大阪雅美容外科を開設。すべての患者により良い治療をリーズナブルに提供することをモットーに施術を行なっています。

    脂肪吸引の施術実績も豊富で、関西だけでなく全国でも高い実績を誇る名医です。

    川端医師の脂肪吸引の特徴

    川端医師の脂肪吸引は、実績はもちろん技術力も折り紙付きです。数cc単位の繊細な吸引を行い、希望に合った仕上がりを実現。インスタでは、得意としている足や二の腕、さまざまな部位の事例を確認できます。

    また、麻酔専門医の常駐や積極的なマシンの導入など、痛みやリスクの軽減を追求しています。

    豊富な実績と医療事故0件が魅力

    開院して以来、医療事故は0件(2010年11~2020年08月現在)の大阪雅美容外科。川端医師が在籍する大阪雅美容外科には、日本美容外科学会専や日本形成外科学会の専門医が在籍しています。

    川端医師のインスタ一部公開

    • 大阪雅美容外科のインスタ画像
    • 大阪雅美容外科のインスタ画像
    • 大阪雅美容外科のインスタ画像
    • 大阪雅美容外科のインスタ画像

    引用元:大阪雅美容外科の公式インスタグラム(https://www.instagram.com/osaka.miyabi/)

    ※各施術のリスクや副作用については公式ホームページ、または医師に確認してください。

    経歴
    2004年:国立浜松医科大学 卒業
    2004年:市中病院、大学病院 形成外科診療
    2006年:大手美容外科 入職
    2009年:美容整形クリニック大阪院 開院
    2010年:大阪雅美容外科 開院
    所属医師会や保有資格
    ・日本美容外科学会専門医
    ・コンデンスリッチファット(CRF)療法認定医
    ・VASER Lipo認定医
    所属クリニック
    大阪雅美容外科
    住所
    大阪府大阪市中央区西心斎橋2-1-25 心斎橋W-PLACE3F
    電話
    0120-299-939

    クリニックの特徴

    川端医師が所属する大阪雅美容外科は、痩身、豊胸、二重、エイジングケアなどの幅広い施術を手掛ける総合美容クリニック。開院以来、医療事故ゼロ(2010年11~2020年08月現在)を継続する美容クリニックとして、地域から広く信頼を集めています。もっとも得意とする施術は脂肪吸引。年間で数多くの脂肪吸引を手掛けるなど、国内でも有数の痩身クリニックとして知られています。

    費用

    • 脂肪吸引 60,000円~280,000円
    • 脂肪吸引(ベイザー) 180,000円~650,000円
  • 引用元:KunoクリニックHP
    (https://www.d-biyou.com/clinic/introduction.html)

    九野広夫医師(Kunoクリニック)

    脂肪吸引技術VASER Hi-Def初代認定医

    救急医として働いていたときに出会った美容上の問題で悩んでいた患者さんとの出会いで、美容外科医を目指したという久野医師。美容外科を通して患者さんの人生を救いたいと考え、日々研鑽に励んでいます。 VASER Hi-Def初代認定医であり、4D Sculpt認定医の久野医師は、施術後時間が経つごとにメリハリが生まれる脂肪吸引を実現しています。

    九野医師の脂肪吸引の特徴

    久野医師はVASER Hi-Def初代認定医であり、4D Sculpt認定医として、時間が経つごとにメリハリが生まれる高度な再生医療技術での脂肪吸引を行っています。施術後のデザインを重視しており、患者さんの希望に沿ったラインを作る完全オーダーメイドの脂肪吸引が可能です。自分の脂肪や幹細胞を用いて傷跡や凹凸を改善することもでき、安全性を重視した脂肪吸引を行っています。

    クリニックの特徴

    脂肪吸引をはじめ、小顔・美顔形成や豊胸手術などで、患者さんの理想のラインを作ることを得意とするKunoクリニック。各分野の技術レベルの高い医師が揃っており、一人の患者さんに対して一人の医師が最初から最後まで治療を行ってくれます。

    費用

    • VASER超音波脂肪吸引(両側乳腺下+皮下脂肪吸引)¥1,100,000
    • VASER超音波脂肪吸引(両側乳腺下+側胸部+皮下脂肪吸引)¥1,320,000
  • 引用元:湘南美容外科HP
    (https://www.s-b-c.net/doctor/introduction/yokotani/)

    横谷仁彦医師(湘南美容外科大阪院)

    豊富な実績を持つ美容医療界のホープ

    全国展開する湘南美容クリニックの大阪梅田院で院長及び外科皮膚科統括医師を務める横谷医師。メディアにも多数出演している医師で、脂肪吸引技術VASERと4D Sculptの認定医です。患者さんが少しでも自信が持てるような美容外科治療を心がけており、今よりも前向きに生きられるようなお手伝いをしたいという気持ちを持って治療に励んでいます。多くの症例と向き合ってきた経験と実績を元に、患者さんが信頼できる質の高い美容医療を提供しています。

    横谷医師の脂肪吸引の特徴

    4D Sculpt認定医の横谷医師は、仕上がりが自然で滑らかな美しさを作る脂肪吸引を得意としています。痛みを抑えて手術時間を短縮したAquicellアキーセル脂肪吸引、従来よりも広範囲の脂肪吸引が可能となったライポマティック脂肪吸引、ベイザー波を照射することで脂肪のみを溶解して吸引するVASER脂肪吸引など、さまざまな術式に対応しています。患者さんの希望を実現するために最適な術式を提案してくれるので、迷っている方はまず相談してみましょう。

    クリニックの特徴

    全国展開している湘南美容外科クリニックは、あらゆる美容外科治療を行っているクリニックです。一つの悩みでもさまざまな解決方法があるため、たくさんの選択肢の中から自分の理想を叶えるためにベストな治療法を選ぶことができます。

    費用

    • VASER(ベイザー)脂肪吸引 ウエスト 242,400円
    • VASER(ベイザー)脂肪吸引 太もも全体 590,740円
    • VASER(ベイザー)脂肪吸引 臀部全体 285,180円
    • VASER(ベイザー)脂肪吸引 腹部前面(上下腹部) 427,770円
    • VASER(ベイザー)脂肪吸引 二の腕全周 252,590円

大阪の脂肪吸引の名医一覧

兼井陽子医師(湘南美容外科大阪駅前院)

兼井医師の経歴
2005年大阪大学医学部医学科を卒業。卒業後は大阪大学医学部附属病院にて、免疫・アレルギー・内分泌内科、呼吸器、老年・高血圧内科、呼吸器外科、麻酔科で臨床研修を行ったのち、池田市立病院で臨床研修を経て、2007年より湘南美容外科クリニックに入職。2019年より湘南美容外科クリニック大阪駅前院院長を務め、メディア等にも出演しています。VASER脂肪吸引認定医であり、家庭と仕事を両立しているドクターです。
兼井医師の脂肪吸引
VASER脂肪吸引認定医である兼井医師。超音波や高周波から発生する熱を使って脂肪を柔らかくして吸引するVASER脂肪吸引を得意としています。またそれ以外では脂肪を柔らかくした脂肪細胞を直接吸引するアキーセル脂肪吸引も得意です。VASER脂肪吸引とアキーセル脂肪吸引を併用して行う手術やその他の術式を組み合わせた手術も症例があり、患者さんの理想のボディラインを作るために最適な方法で治療を行っています。
所在地:
大阪府大阪市北区曾根崎2丁目12−4 コフレ梅田 11階
電話:
0120-034-500
公式プロフィール:
https://www.s-b-c.net/doctor/introduction/kanei/
寺町医師の経歴
岐阜大学医学部卒業後、岐阜大学医学部附属病院脳神経外科などで脳外科医としてキャリアをスタートした寺町医師。同時に麻酔・救急治療などを習得したのち、「人を美しくする医療」である美容外科領域に魅力を感じ、大手美容外科を経て、2003年に聖心美容外科クリニック・東京院に入職。2004年からは同院名古屋院に勤務し、同じ年に大阪院の院長にも就任しています。現在は上海院でも治療を行うワールドワイドなドクターです。
寺町医師の脂肪吸引
寺町医師が得意としているのは、ベイザーリポ2.2という皮下脂肪を最大90%除去することが可能な最新機器を用いて行う脂肪吸引方法です。脂肪の吸引部に麻酔ようのTumescentという溶液を注入し、脂肪を柔らかくさせたのちカニューレを挿入して吸引装置で脂肪を吸引します。寺町医師はベイザーリポ2.2の認証ライセンスを取得しており、患者さんの身体の状態を見ながら、最適な量の脂肪を吸引して理想のボディを作り上げてくれます。
所在地:
大阪府大阪市北区梅田3丁目3−45 マルイト西梅田ビル2F
電話:
0120-509-905
公式プロフィール:
https://www.biyougeka.com/doctor/teramachi/

大井 弘一医師(聖心美容クリニック大阪院)

大井医師の経歴
1993年琉球大学医学部を卒業後、聖マリアンナ医科大学附属病院形成外科、帝京大学附属病院麻酔科に勤務。その後美容外科を志ざし、1996年から大手美容外科に勤務し院長を歴任。1999年に聖心美容外科に入職し、広島院の院長を務めたのち、2008年から大阪院に勤務し、2009年より同院の診療医長兼大阪院副院長に就任しています。確かな技術で行う美容外科手術で、患者さんの理想を作り上げるお手伝いをしています。
大井医師の脂肪吸引
大井医師が得意としているのは、皮下脂肪を最大90%除去できるベイザーリポ2.2を使った脂肪吸引と、ジェット水流の力を使って脂肪細胞を分離させて吸引するボディジェット脂肪吸引です。ベイザーリポ2.2を使った吸引は脂肪と筋肉のバランスを計算したデザインが可能。ボディジェット脂肪吸引は筋肉・神経・血管などの周辺組織にダメージを与えづらい術式なので、術後の回復が早いのが特徴ですが、ボディラインは細かくデザインすることができるので理想のラインを作ることができます。
所在地:
大阪府大阪市北区梅田3丁目3−45 マルイト西梅田ビル2F
電話:
0120-509-905
公式プロフィール:
https://www.biyougeka.com/doctor/ooi/
高橋医師の経歴
1981年に名古屋市立大学医学部を卒業後、泌尿器科、消化器外科、外科などで経験を積んだのち、1989年に品川美容外科の名古屋院・院長として美容外科領域でのキャリアをスタートさせた高橋医師。その後神奈川クリニック総診療部長や中央クリニック大阪院・院長を務めたのち、2004年にドクターゴールドマンクリニックを開設しています。「安心で高度な技術を適正価格で」をモットーに、患者さんが本当に理想とする状態にするための最適な提案を行っています。
高橋医師の脂肪吸引
高橋医師の脂肪吸引は超音波を使った脂肪吸引システムのベイザーリポを使って行います。脂肪組織をその他の組織から遊離させたのちに脂肪吸引を行うため、短い時間で多くの脂肪を吸引量できるのが特徴です。従来の機器と比べると、平均で20%脂肪吸引量がアップします。組織が硬くて吸引できなかった背中の脂肪や再手術による吸引も、ベイザーリポを使えば吸引可能になりました。また皮膚のたるみが生まれにくいのも特徴で、ナチュラルで美しい仕上がりになります。
所在地:
大阪府大阪市北区北区5 太融寺町5−13東梅田パークビル6F
電話:
0120-375-060
公式プロフィール:
http://www.goldman.jp/common/concept.html

高牟禮彰医師(川崎クリニック)

高牟医師の経歴
高牟医師は1984年に大分医科大学を卒業したのち、美容外科医としてのキャリアをスタートさせました。渋谷整形外科で美容外科手術の基本となる手技全般を習得したのち、有名美容外科で院長を歴任。1990年に川崎クリニックを開業して院長を務めています。最新式の脂肪吸引術と知られるベイザーリポ脂肪吸引の認定医です。ロサンゼルスやサンフランシスコなどの美容形成外科で研修を積み、国際美容外科学会でも発表を経験するなど世界的にも活躍しています。
高牟医師の脂肪吸引
最新脂肪吸引機器であるベイザーリポ2.2を導入し、超音波・高周波を使った脂肪吸引を得意としています。ベイザー脂肪吸引は脂肪のみを安全に溶解して吸引できるので、患者さんにとってもダメージが少なくダウンタイムが短いのが特徴です。術後の肌ダメージも軽減され、肌の引き締め効果も期待できるため、吸引後の肌のたるみの心配がほとんどありません。また吸引した脂肪はバストやヒップに注入することもできます。
所在地:
大阪府大阪市北区梅田1丁目1−3−200 大阪駅前第3ビル
電話:
06-6348-0783
公式プロフィール:
https://www.vaser.jp/doctors/no74/

植田一樹医師(湘南美容外科心斎橋院)

植田医師の経歴
2011年に近畿大学医学部を卒業。大阪市立大学医学部附属病院で臨床研修を行ったのち、済生会 富田林病院の外科・麻酔科に入職しています。2012年より大阪市立大学医学部フィ族病院救命救急センター関連施設・若草第一病院で救命救急を務め、2013年に湘南美容外科クリニックに入職。2017年よりどうクリニック大阪心斎橋院の院長を務めている医師です。メディア等にも多数出演し、美容外科領域の現実を伝えています。
植田医師の脂肪吸引
植田医師はベイザー脂肪吸引を用いた顔の脂肪吸引やアキーセル脂肪吸引を得意としています。最新の脂肪吸引機器であるベイザー脂肪吸引は脂肪と他の組織を分離させ、効率的に脂肪のみを吸引できる術式です。この術式によって顎周りの脂肪を吸引し、糸リフトなどを用いて小顔を実現します。アキーセル脂肪吸引は皮下の組織や細胞へのダメージを抑えることで出血と痛みを抑え、短い施術時間・短いダウンタイムを実現します。吸引された脂肪組織を用いて、豊胸手術を行う患者さんも多いです。
所在地:
大阪府大阪市中央区心斎橋筋2丁目7−18 プライムスクエア心斎橋10F
電話:
0120-548-993
公式プロフィール:
https://www.s-b-c.net/doctor/introduction/ueda/

脂肪吸引の留意点

ダウンタイム 1~2週間
リスク むくみ、内出血、色素沈着、でこぼこ、切開痕、あざ、やけど、壊死など
術後の注意点 術後約2週間前後は筋肉痛のような強い痛みや腫れ、むくみ、内出血の恐れがあります。