PICK UP Doctors目の整形の名医コンプリートガイド名古屋の眉下切開の名医

名古屋で眉下切開の名医を探しました

眉下切開を検討するなら一度カウンセリングを受けておきたい名古屋の「眉下切開の名医3名」をご紹介。また、医師のプロフィールやクリニックの特徴、各クリニックで受けられる眉下切開の特徴もまとめました。

目の下のたるみ治療 名医の基準

当ページでは名医を選定する際、下記を基準に調査を行っております。

  • ・医師のプロフィールに「目もとの治療」や「たるみ治療」が得意と記載している
  • ・眉下切開を含む、目元の治療やエイジングケアの治療が得意と明記している
  • ・眉下切開の症例を公開している

上記いずれかに当てはまり、かつ「日本美容外科学会」もしくは「日本形成外科学会」から専門医の認定を受けている医師のみを厳選してご紹介します。

名古屋の眉下切開の名医はこの3名!

  • Great Dr.
    住田 篤紀医師

    引用元:品川美容外科
    (https://www.shinagawa.com/
    doctor.html)

    PICK UP!
    住田 篤紀医師

    住田医師のプロフィール

    住田医師は、品川美容外科名古屋院の副院長を務めています。

    得意施術として、老いによるたるみ等を解消する治療や、エイジングケアの施術、その他、フェイスライン、鼻、目元などの顔パーツの治療、プチ整形など、幅広い治療を挙げています。

    仕上がりのデザイン性も大事にする医師

    プロフィールによると、治療の技術だけでなく、上下左右のバランスや、美しいライン取りなど、仕上がりのデザイン性にもこだわりがあるようです。また、人工的にならないよう、ナチュラルな仕上がりも意識して施術を行います。

    住田医師による治療の症例写真は、公式サイトで確認できるので、気になる方は覗いてみると良いでしょう。

    経歴
    1996年:藤田保健衛生大学医学部 卒業
    1996年:名古屋市立大学医学部整形外科 入局
    2008年:品川美容外科 入職
    2013年:品川スキンクリニック名古屋院 院長
    2019年:品川美容外科名古屋院 副院長
    所属医師会や保有資格
    ・日本美容外科学会(JSAS)専門医
    ・日本整形外科学会専門医
    ・日本医師会認定健康スポーツ医
    ・AKA療法医
    ・VST認定医

    品川美容外科の特徴

    指定年数の「安心保障制度」を実施するクリニック

    品川美容外科では、客観的に見て、治療の効果がほとんど得られなかった場合や、医師が再治療の必要性を判断した場合など10年間無料で再治療を行う「安心保障制度」を設けています。

    全ての治療が対象となるわけではなく、一部の手術・治療が対象となります。 また上記の条件は一例で、保障内容や保障年数は施術によって異なるので、よく公式サイトを確認しましょう。

    品川美容外科で受けられる眉下切開

    品川美容外科には、「眉下リフト」と「スーパーナチュラル眉下リフト」があります。どちらも、眉毛の下あたりを切開して、余分な皮膚を取り除く治療方法。

    「スーパーナチュラル眉下リフト」の方は、この治療に、創傷治癒を速めるための「細胞成長因子」の注入施術が付きます。こちらは、コラーゲンを増やすことを促進させる効果も期待できるそうです。

    また縫合時にも、皮下組織を縫合して仕上がりをより美しくするなど、工夫が施されます。

  • Great Dr.
    小泉正樹医師

    引用元:こいずみ形成クリニック
    (https://www.meteor-clinic.com/

    小泉 正樹医師

    小泉医師のプロフィール

    山形大学医学部を卒業後、複数の病院勤務を経て、2005年にこいずみ形成外科クリニックをオープンしました。

    目もとの治療に力を入れており、最近は腱膜性眼瞼下垂症の手術を積極的に行うなど、精力的に治療を追求する様子がうかがえます。

    また公式サイトは、患者に対して治療の情報を自分の言葉で伝えるため、院長自ら全ページの執筆を行っているそう。各治療、院長による解説が読めるので、小泉先生の考えや治療法が垣間見えます。

    経歴
    1992年:山形大学 医学部卒業
    1992年:竹田総合病院
    1994年:平鹿総合病院
    1995年:小牧市民病院
    2002年:静岡済生会総合病院
    2005年:名古屋プラスティックワークスクリニック・高須クリニック
    2007年:こいずみ形成クリニック
    所属医師会や保有資格
    ・日本形成外科学会 専門医

    こいずみ形成クリニックの特徴

    眼瞼下垂の専門クリニック

    目の上の瞼が垂れ下がっている状態を眼瞼下垂と言います。治療には、目頭切開が適応されることも多いです。こいずみ形成外科では、そんな眼瞼下垂の施術で日本を代表する治療院を目指しているそうです。

    こいずみ形成クリニックで受けられる眉下切開

    こいずみ形成クリニックの眉下切開施術は、切開前に眉毛のデザインを行います。これは既存の眉ではなく、希望の眉の形に沿って切開を行うため。

    また、切開を行う際、隔膜前脂肪(Roof)の切除も行います。隔膜前脂肪は、眉毛の骨の上あたりにある固い脂肪です。この切除を行うため、皮膚のみの切開を行う手術よりも、麻酔の量を多めにするそう。また、術後腫れやすくなるそうなので、その点を事前に理解しておくことが大事でしょう。抜糸は1週間後に行います。

    施術のリスクとダウンタイム

    また手術をした3日後あたりに、ひどく腫れることが多いそうです。内出血が起こることもあるそうなので、抜糸を行うまでは安静にした方が良いかもしれません。

    メイクは、抜糸した翌日からできますが、傷跡が化粧をしなくても目立たくなるのは3~6カ月程度かかるそう。基本的に半年後には、白い線がうっすらと見える程度になります。公式サイトでは経過ごとの症例写真を確認できます。

  • Great Dr.
    大口 春雄<医師

    引用元:八事石坂クリニック
    (https://www.yagoishi.com/
    clinic/doctor)

    大口 春雄医師

    大口医師のプロフィール

    大口医師は、八事と名古屋駅前に治療院を持つ「八事石坂クリニック」の院長。

    1984年に岡山大学医学部を卒業し、同大学附属病院で麻酔科の研修後、形成外科医としてのトレーニングを複数の病院で行い、技術を磨いてきたドクターです。海外大学へ留学にも行っています。

    形成外科での10年の研修を行ったのち、さらにまた12年間、形成外科治療を基盤にした美容医療の習得に励み、2008年に八事石坂クリニックの院長に就任。勤勉な印象を受ける大口医師は「日本形成外科学会」と「日本美容外科学会」の専門医としても認定を受けており、また麻酔科標榜医でもあります。

    経歴
    1984年:岡山大学医学部卒業
    1984年:岡山大学医学部付属病院麻酔科 研修
    1986年:名古屋大学医学部形成外科医員
    1990年:愛知県がんセンター頭頚部外科医員
    1993年:オランダ・グローニンゲン大学留学
    1995年:豊橋市民病院形成外科部長
    2000年:陶生病院形成外科部長
    2004年:ヴェリテクリニック名古屋院 院長
    2008年:八事石坂クリニック院長
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会 専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)専門医

    八事石坂クリニック名古屋院の特徴

    人気施術として、眉下切開を含む「目元整形」が挙げられています。また、目元の治療は特に大事と考え、カウンセリングに長い時間をとっているそう。

    その他、鼻整形やフェイスリフトも人気治療として掲載されています。

    八事石坂クリニックでは、カウンセリングを行う際、できないことはできないと正直に伝えることを徹底しているそうです。正直ゆえに、時に厳しい内容になることもあるそうですが、不誠実な説明で契約を取り付けることはクリニックのポリシーに反するため、患者には嘘の無い説明を積極的に行っています。

    八事石坂クリニックで受けられる眉下切開

    八事石坂クリニックの眉下切開は、眉下ラインに沿って切開を行い、余分なたるみを切除後、縫合する方法をとっています。

※当ページの情報は2020年5月に調査したものです。

※当ページは、特定の医師を推奨したり、医師の優劣をつけたりするものではありません。「目の下のたるみ治療」を検討している方へ向けて、編集部が調査した情報を共有するためにご紹介をさせて頂いております。

※掲載順及び、名医選定条件に当てはまる医師からの掲載選定基準は特に設けておりません。そのため、医師の掲載順を理由なく変更することや、名医の選定基準に当てはまる医師のうち、当ページで紹介する医師の変更、また医師の紹介人数を増やすことがございます。ご了承ください。