PICK UP Doctorsエイジングケア・美肌の名医コンプリートガイド大阪の目尻切開・グラマラスラインの名医4選

大阪で目尻切開が上手い名医の基準とは?

目尻切開は目の幅の狭さを気にされている方や、切れ長の目にしたい方に選ばれている施術です。目尻の切開は数ミリ程度なので、大きな手術となることはありません。しかし、丁寧さと繊細さを必要とする手術なので、無理に行うと左右のバランスはもちろん炎症などトラブルが起きる可能性も否定できません。切ってしまうと元には戻せないからこそ、失敗したくないのは当たり前のことでしょう。

このページでは、日本形成外科学会または日本美容外科学会の専門医であり、ドクターとしてのキャリアが10年以上あること、ウェブ上で症例写真を確認できることを名医として、目尻切開の名医をご紹介します。

大阪の目尻切開・グラマラスラインの名医はこの4名!

  • Great Dr.
    大橋 菜都子

    引用元:ヴェリテクリニック 大阪
    (https://www.veriteclinic.or.jp/doctor/ohashi)

    大橋 菜都子医師

    大橋 菜都子医師の目尻切開・グラマラスラインの特徴

    後戻りもあることを想定して、しっかり切開することで確実に効果を残せるように施術します。一方で、たれ目形成など下まぶたを下げすぎてしまうと逆さまつげになりやすくなるデメリットもあるため、得られる効果とデメリットのバランスをとって施術してもらえます。公式サイトにも想定されるデメリットが一覧で書かれており、ただ勧めるだけでなくデメリットも理解してもらい、納得の上治療を受けてもらうというヴェリテクリニックの考えを伺い知ることができます。

    経歴
    2001年:大阪市立大学医学部卒業
    2001年:大阪市立大学医学部付属病院 形成外科
    2003年:寺元記念病院 形成外科
    2004年:大阪市立大学医学部付属病院 形成外科
    2007年:府中病院 形成外科主任
    2010年:ヴェリテクリニック入職
    2015年:ヴェリテクリニック大阪院院長 就任
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)専門医
    日本美容外科学会(JSAS)専門医
    日本レーザー医学会専門医
    日本頭蓋顎顔面外科学会会員
    日本皮膚科学会会員
    所属クリニック
    ヴェリテクリニック大阪院
    所在地
    大阪府大阪市北区茶屋町2-19 JPR茶屋町ビル5F

    クリニックの特徴

    日本形成外科学会認定の専門医が多く在籍するヴェリテクリニック。美容外科医・形成外科医を指導してきた経験と現場で培ったノウハウを活かした美容外科を目指します。理想を現実にするために大切なことは「信頼関係」という理念のもと、技術力の向上はもちろん、患者の希望を汲み取り理解するカウンセリングを心がけます。

    費用

    • 目尻切開術 ¥280,000

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    村松 英俊

    引用元:湘南美容クリニック
    (https://www.s-b-c.net/doctor/introduction/muramatsu/)

    村松 英俊医師

    村松 英俊医師の目尻切開・グラマラスラインの特徴

    下まぶたを引っ張る靭帯組織を短縮し、下まぶたの中央から外側を下にさげることでツリ目の印象を改善するたれ目形成。湘南美容クリニックでは、糸のみの簡易な施術から、皮膚を切開せずに結膜から処理を行う方法、皮膚の切除も行う方法の3つに分かれます。よりたれ目の効果を高めるため、目尻切開を併用することも想定したカウンセリングを、村松医師をはじめとする担当医がおこなってくれます。

    経歴
    2002年:京都府立医科大学医学部卒業
    2002年:京都府立医科大学附属病院外科研修
    2004年:昭和大学病院 形成外科員外助手
    2005年:社会保険船橋中央病院 形成外科医員
    2006年:秋田赤十字病院 形成外科医員
    2007年:脳神経疾患研究所附属総合南東北病院 形成外科医長
    2008年:将道会総合南東北病院 形成外科科長
    2011年:湘南美容クリニック 入職
    所属医師会や保有資格
    日本美容外科学会美容外科専門医
    日本形成外科学会専門医
    日本美容外科学会会員
    日本頭蓋顎顔面外科学会会員
    日本マイクロサージャリー学会会員
    日本抗加齢医学会会員
    GID(性同一性障害)学会会員
    日本静脈学会会員
    医学博士
    厚生労働省認定臨床研修指導医
    サーマクール認定医
    所属クリニック
    湘南美容クリニック
    所在地
    新宿本院:東京都新宿区西新宿6-5-1 新宿アイランドタワー24F

    クリニックの特徴

    患者が個々に抱えている悩みやコンプレックスを美容医療をもって解消することで、前向きで明るい生活をサポートすることを使命としている湘南美容クリニック。常に変化するニーズを読み取ることと同時に、患者側に立った行動を心がけ常に探求心と向上心を持った美容クリニックです。

    費用

    • 下眼瞼下制 (皮膚切開法)354,440円
    • 下眼瞼下制 (糸によるタッキング法) 77,130円
    • 下眼瞼下制 (結膜切開法) 両目 252,590円

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    松本 茂医師

    引用元:ヴェリテクリニック大阪院
    (https://www.veriteclinic.or.jp/doctor/matsumoto)

    松本 茂医師

    細胞レベルまで考慮した施術と治療を行うドクター

    悩みは大小様々でも、仕上がりに妥協することがない松本医師。医師としての経歴は、順天堂大学を卒業後、同大学の大学院医学研究科へと入学したことから始まりました。さらに、同大学医学部の附属医院にて、形成外科医としても勤務。その後も、順天堂大学附属浦安病院形成外科に勤務。2013年に大学院を卒業し、順天堂大学附属静岡病院の医局長に就任しました。順天堂大学医学部附属静岡病院にて形成外科部長としても活躍し、その後ヴェリテクリニックに入職。現在も美容外科医として、ヴェリテクリニックで多くの患者の治療にあたっています。ちょっとした治療だからと差別することなく、真剣に向き合ってくれるところに定評もあり、信頼して任せられる医師として高く評価されているでしょう。

    所属クリニック
    ヴェリテクリニック大阪院
    所在地
    大阪府大阪市北区茶屋町2-19 JPR茶屋町ビル5階
    電話
    0120-121-051
  • Great Dr.
    安形 省吾医師

    引用元:プライベートスキンクリニック
    (https://private-skin.clinic/doctor-yasugata/)

    安形 省吾医師

    コミュニケーションと知識の向上を意識する形成外科医

    美容医療の世界は日進月歩だと考えている安形医師。大阪医科大学医学部医学科出身で、大阪医科大学附属病院形成外科学教室に入局。その後、形成外科領域について小児先天奇形を中心に、数多くの施術を担当していました。さらに、地域密着型の形成外科医として勤務することにより、患者との近い距離での医療も経験。守口敬任会病院や東住吉森本病院を経て、大阪医科大学形成外科教室に入職。助教にも就任しています。医長としても活動し後進の育成にも努め、その後プライベートスキンクリニックへと入職。また、アラガン社のヒアルロン酸認定医の資格も取得するなど、意欲的に美容外科医として務めています。

    所属クリニック
    プライベートスキンクリニック
    所在地
    大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21 桜橋深川ビル5F
    電話
    06-6940-7101

目尻切開を得意とするその他医師

【大阪】目尻切開を得意とするその他医師一覧

出口 正巳 医師
(カリスクリニック)

ドクターの経歴
長崎大学医学部を1979年に卒業している出口医師。その後は同大学の形成外科へ入局し、3年後北九州市立八幡病院へ移動。それから再度長崎大学医学部附属病院にて勤務となり、長崎労災病院の形成外科部長に就任しました。それからも、形成外科部長として医療法人武朋会白壁美容外科に勤務し続け、院長にまでなる程の実績を積み上げました。それから2005年になると、自身でカリスクリニックを開院し、現在なんでも気軽に相談ができるクリニックとして活動中です。
ドクターの目尻切開の特徴
カリスクリニックでは、院長自らがカウンセリングを行うシステムを採用しています。施術経験のある院長がしっかりと診察することで、目尻切開がその患者に適した手術かどうかを詳しく分析することができます。また、目尻切開は効果が限定的であるとして、どれくらいの効果が期待できるのかを詳しく説明するよう努めているとのこと。
活動
顔面下1/3の輪郭形成術 : 患者の要望にいかに応えるか (2003)
美しい乳房形成 (2003)
美容外科からみた顔面輪郭形成術 : 適応と手術法 (2000)など論文執筆
所在地:
大阪市北区梅田2-4-37 4F
電話番号:
0120-7867-48
公式サイトURL:
https://charis-clinic.com

梅田 剛 医師
(聖心美容クリニック大阪院)

ドクターの経歴
東京慈恵会医科大学医学部医学科を卒業後、東京慈恵会医科大学附属第三病院臨床研修医として勤務していた梅田医師。それから、同病院の形成外科へと勤務することとなり、3年後には厚木市立病院の形成外科医として勤務していました。さらにその後、聖心美容クリニック東京院へ入職し、大宮院と兼任しながら美容外科医として活躍中です。
ドクターの目尻切開の特徴
梅田医師の目尻切開は、他の相性の良い手術の組み合わせを考慮してくれるという特徴があります。複数の施術を行うことで相乗効果をうみ、変化をより際立たせることを考えてくれるのです。具体的なイメージがわかなくても、しっかりとイメージを固めてくれるカウンセリングを受けられるので、具体的な完成形をイメージすることができるでしょう。
活動
第60回日本形成外科学会・学術集会・場所:大阪「鼻軟骨の画像描出にて発表」ほか、多数学会に出席。
所在地:
大阪市北区梅田3-3-45 マルイト西梅田ビル2F
電話番号:
0120-509-905
公式サイトURL:
https://www.osakain.com

前田 翔 医師
(大阪TAクリニック)

ドクターの経歴
2010年、香川大学医学部を卒業した前田医師。2012年には社会保険中京病院の初期研修を受け、2013年に形成外科へ入職となりました。それから4年後の2017年には神戸大学医学部附属病院にて、美容外科・形成外科に入職。さらに1年後には兵庫県立淡路医療センターで形成外科医長に就任しました。そして、医長としての実績を積み上げたところで、今度は湘南美容外科に入職し、現在は技術指導医として就任しています。
ドクターの目尻切開の特徴
技術指導医となるほどの実力を持つため、レベルの高い技術によって傷痕の目立たない目尻切開を行うことを意識してもらえます。また、目尻切開は目の下の脂肪取りなどの併用も必須だと考え、後戻りがないような施術を提案します。切らなくても良いという選び方ではなく、しっかりと仕上がりの良さを考慮。患者一人ひとりに合わせて、最適な施術方法を選んでいるそうです。
活動
第10回日本創傷外科学会総会・学術集会,2018年07月、国内会議「重症四肢外傷治療において形成外科はいかに関わるべきか―創傷・再建外科医として」出席
所在地:
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-1-10 キュープラザ心斎橋 5階
電話番号:
0120-37-6688
公式サイトURL:
https://osaka.taclinic.jp

池内 秀行 医師
(心斎橋コムロ美容外科クリニック)

ドクターの経歴
平成8年神戸大学医学部を卒業。その後は同大学の医学部附属病院麻酔科へと入局しています。さらに1年後には兵庫県立子ども病院の麻酔科へも入局。大人だけではなく子供への医療にも携わることも経験しています。さらに、平成12年からは大手美容外科へと入局し、1年後にコムロ美容外科に入職。17年からは大阪院の院長へと就任し、その後心斎橋小室美容外科クリニックの院長となりました。現在は医療法人化を勧めたことにより、医療法人秀晄会 コムロ美容外科へと変わりました。
ドクターの目尻切開の特徴
下がり気味の目に対して、修正を行いシャープな印象へと変化させる池内医師の目尻切開。目が中央によって見えるような方に効果が期待できると勧められています。また、池内医師自身が、丁寧なカウンセリングを意識しているため、簡単だと思われるような施術でも、しっかりと時間をかけて相談を聞き、診察を行ってくれるでしょう。
活動
2014年5月9日放送、サンテレビ美容外科情報番組「きれい」に出演。現在YouTubeでも公開中。
所在地:
大阪市中央区心斎橋筋1-10-11 ルフレ21 8F
電話番号:
0120-566-495
公式サイトURL:
https://www.komuro-biyou.com

石川 清滋 医師
(品川美容外科 梅田院)

ドクターの経歴
2017年に琉球大学医学部を卒業している石川医師。卒業後は中頭病院へ勤務されていました。2年後には品川美容外科へ入職。そこから美容外科医として経験を積み上げていき、現在2020年に品川スキンクリニック梅田院の院長として活躍しています。顔のパーツだけではなく、現在は全身の施術も担当しています。
ドクターの目尻切開の特徴
目頭切開など目に関する施術を担当することが多いという石川医師。傷跡が目立たないような施術を心がけているとのこと。石川医師自身、丁寧にカウンセリングを行ってくれるので、わからないまま不安な状態での手術とはなりません。
活動
ウェブ上では確認できませんでした。
所在地:
大阪府大阪市北区梅田1-11-4 大阪駅前第4ビル6F
電話番号:
0120-189-900
公式サイトURL:
https://www.shinagawa.com/clinic/clinic_umeda.html

小松 正樹 医師
(品川美容外科 心斎橋院)

小松医師の経歴

2015年に金沢医科大学医学部を卒業。その後、金沢医科大学病院で勤務しています。2017年には大阪医科大学付属病院の麻酔科に入局。2019年の大手美容外科勤務を経て、2020年に品川美容外科に入職しました。そして心斎橋院の主任に就任し、現在に至ります。日本美容外科学会会員や厚生労働省 麻酔科標榜医、日本麻酔科学会 麻酔科認定医などの資格を持っており、信頼性の高い施術を提供している医師です。

小松医師の目尻切開

麻酔科の専門知識を活かして、痛みによる不安を和らげ、リラックスして悩みの改善に臨める環境づくりを心がけている医師です。また、患者ファーストの心構えで希望や理想をカウンセリング。患者がイメージする理想の自分の実現を目指して、親身にサポートしています。
活動
ウェブ上では確認できませんでした。
所在地:
大阪府大阪市中央区南船場4-3-2 ヒューリック心斎橋ビル8F
電話番号
0120-164-500
公式プロフィール
https://www.shinagawa.com/

目尻切開の留意点

施術時間 40~60分
ダウンタイム 術後1~2週間
リスク だるさ・熱感・頭痛・蕁麻疹・痒み・むくみ・発熱、目がゴロゴロ、左右差、違和感。
術後の注意点 術後数週間は傷あとが硬くなったり、赤みや色素沈着ができることがあります。数ヶ月でで目立たなくなりますが、完全に傷跡がなくなるわけではありません。