PICK UP Doctors目の整形の医師コンプリートガイド六本木の埋没法の名医をピックアップ

六本木で埋没法が上手いドクターを
ピックアップ

性別を問わず、幅広い年代の人から注目される人気の二重形成術がまぶたを縫う埋没法です。メスを入れる必要がある切開法に比べダウンタイムが短い傾向にあり、費用も抑えられるといったメリットがあります。

しかしながら、実際に埋没法を経験した人のなかには左右の二重幅が異なっていたり、不自然な二重になってしまったりするケースも少なくありません。医師の技術や経験の差によって、理想とする二重を実現できない場合があります。

そこで今回は、美容外科クリニックが多く点在する東京の六本木で、日本美容外科学会・日本形成外科学会の両方に所属する「二重埋没法」の名医を3名ピックアップしました。六本木で二重埋没法をご検討中の人は、ぜひ参考にしてみてください。

埋没法の名医は
この3名!

  • Great Dr.
    境 隆博医師

    引用元:六本木境クリニック
    (https://roppongi-sakai-clinic.com/)

    境 隆博医師

    満足度の高い自然な仕上がりを実現する医師

    日本形成外科学会の専門医である境医師は、今までに数多くのメディアで紹介されてきました。10年以上にわたる形成外科医としての経験はあらゆる分野で幅広く活躍し、日本アンチエイジング外科・美容再生研究会の評議員としても活動しています。


    境医師の二重埋没法の特徴

    境医師が手がける二重埋没法は、糸で眼球を傷つけるリスクが低い「挙筋法」です。この方法は眼球側に近い箇所に糸を留める瞼板固定法とは違い「違和感を感じにくい」「本来の二重まぶたに近い自然な仕上がり」を実現します。また、境医師は眼瞼下垂の治療にも力を入れているため、二重幅の広い挙筋法による施術は推奨していません。なぜなら、二重幅が広くなるほど眼瞼下垂の悪化といった事態が想定されるからです。このような観点から、二重幅の狭い末広奥二重気味の施術をおすすめしています。挙筋法による二重埋没法は「術後の腫れが長引く」といったデメリットがありますが、二重幅をあえて狭く推奨する境医師の埋没法では、比較的ダウンタイムが短いのも特徴的です。

    二重埋没挙筋法

    まぶたを上に持ち上げる筋肉「挙筋」とまぶたの際にある「瞼板」を繋ぐ挙筋腱膜を中心に、皮下組織を糸で短くするメスを使わない二重形成術です。

    経歴
    1995年 鹿児島大学医学部 卒業
    1995年 鹿児島大学小児外科 入局
    1998年 長崎大学形成外科 入局
    関連病院などで形成外科勤務
    2010年 美容外科 分院院長
    2012年 六本木境クリニック開院
    所属医師会や保有資格
    ・形成外科学会専門医
    ・元熱傷学会専門医
    ・一般社団法人JAAS日本アンチエイジング外科学会評議員
    ・一般社団法人美容外科学会(JSAPS)正会員
    ・一般社団法人美容外科学会(JSAS)正会員
    ・フェザーリフト研究会
    所属クリニック
    六本木境クリニック
    所在地
    東京都港区六本木3‐7‐1 THE ROPPONGI TOKYO 207
    電話番号
    ・カウンセリング予約専用ダイヤル  080-7734-3655
    ・再診、手術のご予約、その他お問い合わせ  03‐6441‐0691

    クリニックの特徴

    境医師が院長として在籍する六本木境クリニックは、長期的効果を見込めるコストパフォーマンスの良い美容医療を実践しています。ローリスクでありながらハイリターンの治療を目指しているため、患者の立場に寄り添った満足度の高い治療が実現すると好評です。「効果が持続しない」「治療費がかかりすぎる」といった不満にも、真摯に向き合って一番良い方法を提案してくれます。

  • Great Dr.
    山本医師

    引用元:新宿ラクル美容外科クリニック
    (https://racle-cl.jp/about/doctor/)

    山本 厚志医師

    必要最低限の施術で美しさを最大限引き出す医師

    山本医師は大手美容外科クリニックの都内院にて院長を務めた経験を持ち、その後「新宿ラクル美容外科クリニック」を開院しました。現在は新宿院と六本木院を担当し、日本アンチエイジング外科美容再生会のライブ講習にも参加しながら、技術力を高め続けています。


    山本医師の二重埋没法の特徴

    山本医師による二重埋没法は、クリニック独自の「ラクル式」といった瞼板固定法です。ラクル美容外科独自の髪の毛より細い「超極細糸」や、通常よりも細い針を使ってまぶたにある板状のやや硬い組織「瞼板(けんばん)」に、糸を使って線状の固定をします。このような工夫により、皮膚への刺激を最小限に抑えられるため「腫れが少ない」「痛みを感じにくい」といった効果があります。術後1週間程度で、針痕も目立たなくなります。また患者のまぶたの状態や希望するデザインに合わせた1〜3点留めのいずれかを決定することで、長期にわたった良い効果が期待できます。

    埋没法二重術(エクセレントアイ)

    施術時間が15〜20分程度のメスを使わない二重形成術。クリニック独自の極細針や糸を使用する瞼板固定法による埋没法。線状に糸を固定することで、緩みにくく外れにくいよう工夫をしています。

    経歴
    2004年 鳥取大学医学部医学科卒業
    2004年〜 鎌倉湘南総合病院
    2006年〜 東京大学医学部形成外科・都内院院長に就任
    2012年11月 新宿ラクル美容外科クリニック開院
    2015年3月 医療法人社団 栄美会を設立、理事長に就任 新宿ラクル美容外科クリニック院長兼務
    所属医師会や保有資格
    ・日本美容外科学会
    ・日本美容外科医師会
    ・日本形成外科学会
    ・日本アンチエイジング外科美容再生研究会
    所属クリニック
    新宿ラクル美容外科クリニック
    所在地
    ・東京都新宿区西新宿7-11-15サンフル西新宿2F(新宿院)
    ・東京都港区六本木3-7-1THE ROPPONGI TOKYO PLAZA 205(六本木院)
    電話番号
    ・03-5332-7773(新宿院)
    ・03-6441-3355(六本木院)

    クリニックの特徴

    新宿ラクル美容外科クリニックは「おもてなしの心」をコンセプトにし、必要最低限の施術で患者本来が持つ美しさと自信を引き出すサポートを全力で行っています。丁寧な診察とカウンセリングが何度でも無料となるため、納得するまでじっくり検討できると好評です。また、より良い変化や負担の少ない治療を実現するための「新しい機器」や「薬剤」を、定期的に導入しています。

  • Great Dr.
    白壁医師

    引用元:医療法人社団白壁会サフォクリニック
    (https://www.sapho-clinic.com/)

    白壁 征夫医師

    各国のドクターが驚く最も自然な二重形成を実現する医師

    白壁医師は、アメリカで「美容外科学会のアカデミー賞」と呼ばれる「ウォルタースコットブラウン賞」を日本人として初めて受賞しました。さらに国際美容外科学会の教授、米国美容外科学会特別会員といった国内外で数多くの受賞歴を持つ輝かしい経歴があります。今までにあらゆる分野で新しい術式を発表し、日本美容外科学会からは感謝状が送られるほどです。最も自然な二重形成と各国の医師に賞賛される「白壁式ビーズ法」では、傷跡や糸が残らない画期的な二重術を採用しています。


    白壁医師の二重埋没法の特徴

    白壁医師の二重埋没法は、まぶたの皮膚と裏側にある挙筋を糸で1〜5点留める「挙筋法」です。眼球側に近い瞼板を通さずに二重を形成することで、違和感を感じにくいといったメリットがあります。糸の結び目をあえて表側にする埋没埋没挙筋法となりますが、目を閉じた際にも目立ちにくい工夫が施されています。なお「糸を残したくはないが、切開もしたくない」といったご希望がある人には、白壁式ビーズ法もおすすめです。白壁式ビーズ法では、埋没法よりもさらにしっかりとしたまぶたの線が作れます。太い糸を使って6箇所の固定を行い、そこにビーズをつけて縛ることで、抜糸してもくっきりとした二重ラインを残すことが可能です。

    二重まぶた形成(埋没法)

    眼球を傷つけるリスクが低い挙筋法です。術後の腫れや糸の緩みを考慮し、3点留めを推奨しています。あえて糸の結び目を表側に作ることで、抜糸や調整がしやすくなります。

    二重まぶた形成(白壁式ビーズ法)

    太い糸にビーズを片側6箇所ずつ通し、8日間固定する施術です。抜糸後は美しいまぶたラインがくっきりと残ります。メスを使わず糸も残さないため、埋没法と切開法の中間に位置する施術です。

    経歴
    1965年 美容師免許取得
    1969年 東京医科大学卒業
    1969年 東京医科大学病院整形外科形成班入局
    1979年 大阪白壁美容外科院長就任
    1986年 ウォルター・スコット・ブラウン賞受賞
    1988年 東京山王病院美容形成外科部長就任
    1989年 美容形成外科 サフォクリニック開業
    1999年 国際美容外科学会より教授に任命
    2002年 日本臨床形成美容外科医会 会長
    2004年 日本美容外科学会 会長
    2009年  「腫れないフェイスリフト」日本美容外科学会 最優秀賞受賞
    2014年  福岡大学医学部臨床教授就任
    所属医師会や保有資格
    日本美容外科学会
    日本形成外科学会 会員
    米国形成外科学会 会員
    国際形成外科学会 会員
    日本美容外科学会 評議員
    米国美容外科学会 会員
    国際美容外科学会 会員
    東洋美容外科学会 会員
    日本美容医療協会 会員
    日本臨床形成美容外科医会 理事
    所属クリニック
    医療法人社団 白壁会 サフォクリニック
    所在地
    東京都港区六本木5-17-16 B1
    電話番号
    0120-786-734

    クリニックの特徴

    白壁医師が理事長を務めるサフォクリニックは、80年の歴史を持つ伝統技術と近代の医療技術を融合させて患者ファーストの治療を行っています。メリットだけでなくデメリットについても納得いくまで説明し、国内外で受賞した経歴を生かした一人ひとりの悩みや希望に合う方法を提案してくれると評判です。

目の整形 六本木 名医ガイド