PICK UP Doctors目の整形の医師コンプリートガイド福岡の埋没法の名医厳選集

福岡で埋没法が上手いドクターを
探す!
名医の基準とは?

目元にメスを使わず、糸だけで二重を形成する「埋没法」は、手軽にできる整形として人気があるもののドクターの手腕によって仕上がりが左右されやすい施術です。

また、埋没法にも失敗や後戻りなどのトラブル・リスクの可能性があります。二重ラインが途中で途切れたり、左右で幅に差が出てしまったりすると再手術になってしまうので、1回の施術で満足のいく仕上がりを求めたいところです。

そこで当サイトでは、福岡で埋没法が上手い医師を徹底的に調査しました(2020年10月調査時点)。数ある福岡の美容外科クリニックの中で、医師としてキャリア10年以上の経歴を持ち、日本形成外科学会専門医であり、推薦を受けた医師しか登録できない美容形成外科学会(JSAS)の会員である名医(※)を厳選してお届けします。

(※)このサイトにおける名医表記は、あくまで上記の定義に該当した医院・医師に対するサイト上での呼称であり、各医師の実力を優位づけするものではありません。

福岡の埋没法の名医はこの7名!

「日本形成外科学会専門医」であり、推薦を受けた医師しか登録できない「美容形成外科学会(JSAS)の会員」である福岡の7名の名医(※)を紹介します。
※あくまでもサイト上で設定した定義に該当した医院・医師のことを指します。

    • Great Dr.
      東郷智一郎医師

      引用元:東郷美容形成外科 福岡
      (https://fuku01.com/about/)

      東郷智一郎医師

      形成外科医として患者のさまざまな要望に対応

      東郷智一郎医師は、形成外科の専門医として、これまで大学病院の医局長や大手美容外科の院長なども務めてきたベテランドクター。日本美容外科学会(JSAS、JSAPS)、日本皮膚科学会の正会員でもあります。

      普段の治療において掲げているモットーは、「患者さんの外見コンプレックスを解消すること」。抱えていた悩みやコンプレックスが解消されて笑顔になった患者さんを見たとき、形成外科医としてやりがいを感じるそうです。

      また、患者さんが納得して治療を開始できるよう、丁寧なカウンセリングも重視しています。

      所属クリニックでは、他院で受けた施術の修正にも対応。また博多駅からのアクセスが良いのも魅力です。

      東郷医師の二重埋没の特徴

      東郷医師が提供しているのは、埋没法2点留めと埋没法4点留めです。平行型・末広型・ラインの幅の広い二重など、1人1人に合ったデザインにこだわっているのが特徴。

      施術前には、希望のラインを丁寧にシミュレーションしてデザインを行っています。施術については痛みをできるだけ感じないよう、極細針での麻酔や医療用の極細糸を使用。糸は皮膚の下に結び目を入れ込むため、表側から見えてしまう…といったトラブルが少なくなっています。

      術後の腫れについては、オプションで腫れ止めの内服薬処方やクーリング(冷却)を提供。ダウンタイムの短縮に努めています。

      埋没法2点留め

      すでに二重で、その二重を補強したい場合に適した施術です。二重のラインに2箇所ずつ、1本の糸を埋没する方法です。埋没法専用の糸を使用して、形成外科の専門知識を応用した結び目で、皮膚の表面に出ないように施術しています。糸がゆるみ戻りやすいことがあるので、二重の人におすすめしています。

      埋没法4点留め

      瞼に厚みがある方、しっかりした二重を作りたい方等幅広い方に適用できる施術です。二重のラインに4箇所ずつ糸を埋没固定する方法です。二点留めよりも強度が強いこと、二重のラインを調整できることが特徴です。二点留めと同様に埋没法専用の糸を使用し、形成外科の専門知識を応用した結び目で、皮膚の表面に出ないように施術しています。

      経歴
      2007年:群馬大学医学部卒業
      2009年:昭和大学藤が丘病院形成外科入局。
      2014年:同大医局長就任
      2016年:大手美容外科クリニック院長
      2019年:東郷美容形成外科福岡を開院
      所属医師会や保有資格
      日本形成外科学会専門医
      日本美容外科学会(JSAS・JSAPS)正会員
      日本皮膚科学会 正会員
      所属クリニック
      東郷美容形成外科 福岡
      住所
      福岡市博多区博多駅前2-17-26 オオエスビル2F
      電話番号
      0120-150-507

      クリニックの特徴

      東郷美容形成外科福岡は、博多駅から徒歩3分の位置にあるクリニック。二重手術からエイジングケアまで、幅広いメニューを取り扱っています。施術については、すべて形成外科専門医である東郷医師が担当するので安心。

      カウンセリングは無料となっており、1人1人の悩みや要望に合わせたアドバイス・治療法を丁寧に説明しています。不安なく治療に臨んでもらえるよう医学的専門用語を極力使わず、分かりやすい説明を心がけているのが特徴です。また、アフターフォローにも力を入れており、術後の不安や相談についても気軽にできる体制を整えています。

      費用

      • 2点留め(両目):80,000円
      • 2点留め(片目):50,000円
      • 4点留め(両目):150,000円
      • 4点留め(片目):90,000円
      • 4点留めのみ1年保証:30,000円
      • 脂肪除去:100,000円
      • もっと腫れにくいマイクロオプション(34G針、腫れ止め内服、術後冷却) 20,000円

      ※価格は税別です。

      電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    桐渕英人医師

    引用元:湘南美容クリニック
    (https://www.s-b-c.net/doctor/introduction/kiribuchi/)

    桐渕英人医師

    患者とのイメージ共有に注力する医師

    杏林大学医学部を卒業後、大学病院や大手美容外科で形成外科美容外科を学んできた桐渕医師。

    大手美容外科では院長を務めた経験もある、経験豊富な日本形成外科学会専門医です。桐渕医師のモットーは、しっかりとした知識と技術に基づいてより安全な治療を提供すること。

    とくに美容外科では医師と患者間のイメージ共有が重要であると考えており、お互いのイメージが食い違わないよう、カウンセリングには十分な時間をかけています。1人1人の悩みや要望を丁寧に聞き取ってくれる医師のため、何でも気軽に相談できるでしょう。

    桐渕医師の二重埋没の特徴

    湘南美容クリニック福岡院では複数の埋没法を取り扱っていますが、桐渕医師はフォーエバー二重術と週末二重術の2つで2020年上半期九州・沖縄エリアNo.1の実績(※)を持っています(どちらも2020年1~6月SBC内)。

    埋没法では二重手術専用のH・I針と、柔らかい組織にもなじみやすい医療用の細い糸を使用。希望する二重のラインをまぶたの内側から留めるため、表から傷が見える心配がなく抜糸も不要となっています。

    二重のラインについては、事前のカウンセリングと診療で希望のデザインを決定。桐渕医師は施術中にラインを本人に確認してもらうため、満足度の高い仕上がりが期待できます。
    参照元:湘南美容クリニック(https://www.s-b-c.net/doctor/introduction/kiribuchi/)

    フォーエバー二重術

    幅広い二重を作りたい方、まぶたに厚みがある方に適した埋没法です。2本の糸をスクエア型にかける特殊な方法により瞼の組織にかかる圧力を分散させます。また、2本の糸同士を交差させて糸が取れにくく工夫しています。心臓血管外科用に開発されたオリジナルの糸により術後の腫れが抑制されて、伸縮性により糸の結び目が目立ちにくいことも特徴です。

    週末二重術

    長期のお休みを取りづらい方に適した施術です。上まぶたの瞼板という板にトライアングル形式で糸を結ぶことで二重を形成します。心臓血管外科用に開発されたとても細い糸を使用します。この糸により術後の腫れが抑えられるので、メイクをすれば術跡が目立ちません。糸が細いので傷跡と結び目が目立ちにくいことも特徴です。

    経歴
    2010年:杏林大学医学部 卒業
    2012年:杏林大学付属病院 形成外科美容外科 入局
    2015年:埼玉医科大学総合医療センター 形成外科美容外科 勤務
    2016年:福岡大学病院 形成外科美容外科 勤務
    2017年:大手美容外科 分院長就任
    2018年:湘南美容クリニック 新宿本院 入職
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会専門医
    日本美容外科学会(JSAS)正会員
    所属クリニック
    湘南美容クリニック福岡院
    住所
    福岡市中央区渡辺通4-9-25 天神ロフトビル7F
    電話番号
    0120-489-100

    クリニックの特徴

    湘南美容クリニック福岡院は、九州におけるSBCグループ内最大級のクリニック。福岡市営地下鉄七隈線「天神南駅」より徒歩3分とアクセス良好、土日祝日に関わらず23時まで診療を行っているため、気軽に立ち寄りやすい環境となっています。

    広々としたクリニック内はリラックスできる雰囲気で、患者のプライバシーにも配慮。施術については国内外からさまざまな美容医療を取り入れており、新しい治療をいち早く受けることができます。また、女性医師も在籍しているため、デリケートな悩みや不安についても相談しやすくなっています。

    費用

    • 湘南二重術(1点・片目・笑気麻酔込):9,800円
    • 湘南二重術(1点・両目・笑気麻酔込):16,330円
    • 湘南二重術(2点・両目・笑気麻酔込):29,800円
    • 湘南二重術(3点・両目・笑気麻酔込):44,800円 他

    ※価格は税込です。

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    牧野陽二郎医師

    引用元:聖心美容クリニック福岡院
    (https://www.biyougeka.com/doctor/makino/)

    牧野陽二郎医師

    顔面領域を中心に技術を磨いたドクター

    東京慈恵会医科大学医学部卒業後、顔面領域の再建を中心にさまざまな技術・知識を身につけてきた牧野医師。

    美容外科医としては、患者が何を求めているのかをしっかりと理解し、それを実現するための技術力・理解力をなにより大切にしています。カウンセリングにも力を入れており、「いつまでも若々しくありたい」「美しくありたい」といった気持ちに寄り添ったアドバイスを提供。

    治療方針については施術後の変化を具体的にイメージしつつ、それぞれの患者が心から満足できるようなオーダーメイドの治療プランを提案しています。

    牧野医師の二重埋没の特徴

    牧野医師が勤務する聖心美容クリニック福岡院では、オリジナルの埋没法であるマイクロメソッドを採用しています。なかでも腫れを最小限に抑えるマイクロメソッド+αでは、髪の毛より細い約0.05mmの極細糸と約0.33mmのマイクロサイズ両端針を使用。

    皮膚などの組織に対するダメージが少なくなっています。デザインについては希望の二重ラインが見つかるまで何度もシミュレーションを繰り返し、納得できるデザインをオーダーメイドで作成。縫合も1人1人の患者に合わせて結び目の数や幅を調整しているため、元に戻りにくいとのことです。

    マイクロメソッド

    違和感の少なさ、腫れにくく傷が目立ちにくい、痛みが少ないことが特徴の一人ひとりの要望に合わせて施術する二重埋没法です。0.05mmの極細糸を使用し、さらに専用の0.33mm両端針によって内出血や腫れを軽減しています。糸の結び目加減や数を調整し、戻りにくい二重を形成します。独自の針と技術による腫れにくい施術が特徴です。

    経歴
    2004年:東京慈恵会医科大学医学部卒業、東京慈恵会医科大学附属第三病院研修医として勤務
    2006年:東京慈恵会医科大学附属病院 形成外科学講座へ入局
    2017年:東京慈恵会医科大学附属柏病院 形成外科診療部長に就任
    2019年:聖心美容クリニック東京院勤務
    2019年:聖心美容クリニック 東京院、横浜院勤務
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会 専門医
    日本美容外科学会(JSAS・JSAPS)会員
    日本形成外科学会 小児形成外科分野指導医
    日本形成外科学会 再建・マイクロサージャリー分野指導医 他
    所属クリニック
    聖心美容クリニック福岡院
    住所
    福岡市中央区大名1-1-38 サウスサイドテラス4F
    電話番号
    0120-911-935

    クリニックの特徴

    国内に9院を展開する聖心クリニックの中で、もっとも歴史ある聖心クリニック福岡院。「患者がもっともよい選択をできるようベストを尽くす」をモットーに、丁寧なカウンセリング・診療・アフターケアを行っています。

    カウンセリングでは、事前に希望の仕上がりを見ることができるシミュレーションシステムを導入。新しい治療法や美容マシンについては医師やスタッフが事前に必ず体験し、その効果や安全性を検証しています。待合室は半個室または個室、院内の移動も他の患者とできるだけ会わないよう配慮するなど、プライバシーにも気を使っています。

    費用

    • マイクロメソッド+α(PVDF)2点留め:片側99,000円、両側165,000円
    • マイクロメソッド+α(PVDF)3点留め:片側111,000円、両側185,000円
    • マイクロメソッド+α(PVDF)4点留め:片側123,000円、両側205,000円
    • 埋没法 2点留め法:片側69,000円、両側115,000円
    • 埋没法 3点留め法:片側81,000円、両側135,000円
    • 埋没法 4点留め法:片側93,000円、両側155,000円

    ※価格は税別です。

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    藤田忠義医師

    引用元:清美会クリニック
    (https://athena-fukuoka.com/doctor/)

    藤田忠義医師

    医師と患者の「目標一致」を何より重視

    藤田医師は福岡大学医学部医学科を卒業後、同大学の形成外科や大手クリニックの形成外科に勤務。福岡の方にもっと質の高い美容外科を提供したいという思いをもとに一般社団法人「清美会」を設立、現在は代表理事を務めています。

    そんな藤田医師がもっとも重視しているのは、「医師と患者の目標がなるべく合致していること」「イメージにズレがないこと」「施術を行うことで機能に問題が生じないこと」。これを実現するためには十分なカウンセリングが必要であるとし、時間をかけた話し合いと説明を実施。同意のもとで施術を行うよう心がけています。

    藤田医師の二重埋没の特徴

    藤田医師が提供している埋没法は、二重のラインと顔のバランスを考慮し、それぞれの患者に合わせた方法で個性を引き出すデザインを重視しています。施術は事前に完成後のラインをしっかりとシミュレーションし、そのラインに合わせて医療用の糸を2ヶ所埋没。

    局所麻酔下で行われ、所要時間は約10分となっています。術後の腫れや内出血の状態には個人差がありますが、およそ2~3日で治まるとのこと。抜糸不要であるため、とくに問題がなければ術後の検診などを受ける必要はありませんが、何か気になること・不安なことがあればいつでも相談できます。

    埋没法

    医療用の糸をループ状にまぶたに埋め込む方法です。目を閉じても手術した跡がわかりにくい治療法です。所要時間が短く、傷や腫れ・内出血といったダウンタイムも最小限に留められます。翌日から洗顔やメイクも可能です。

    経歴
    1997年:福岡大学医学部医学科 卒業・入局
    1999年:福岡大学病院形成外科 助手
    2017年:新行橋病院 形成外科 部長
    2000年:聖心美容クリニック東京院勤務
    2002年:福岡大学病院形成外科 助手(チーフ)
    2003年:福岡大学病院形成外科 助教(外来医長)
    2006年:福岡リハビリテーション病院形成外科 部長
    2014年:ゆめビューティークリニック勤務
    2015年:一般社団法人清美会代表理事・清美会クリニック (旧アテナクリニック)福岡院院長
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会 専門医
    日本美容外科学会(JSAS・JSAPS)会員
    所属クリニック
    清美会クリニック福岡院
    住所
    福岡市中央区大名2-6-26バルビゾン94 5F
    電話番号
    0120-928-234

    クリニックの特徴

    清美会クリニック福岡院は、脱毛・ヒアルロン酸注入・二重整形・脂肪吸引・フェイスリフトといったさまざまな施術を提供している美容外科・美容皮膚科。施術においては患者の魅力を最大限にまで引き出すことを目標としており、美に関するあらゆる悩みにプロの技術と知識で応えています。

    丁寧なカウンセリングを心がける清美会クリニックでは安心して施術を受けられるだけでなく、価格にもこだわっているのが特徴。多くの利用者が気軽に相談でき、かつ満足してもらえるコストパフォーマンスの良さを目指しています。

    費用

    • 2針留め(両目):55,000円
    • 2針留め(片目):38,000円
    • 埋没糸抜去(当院):30,000円
    • 埋没糸抜去(他院):50,000円

    ※価格は税別です。

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    田中宏典医師

    引用元:ゆめビューティークリニック
    (https://yumebeauty.com/doctor/)

    田中宏典医師

    他院修正も手がける確かな技術力が魅力

    田中医師は、本格的な美容外科手術から他院修正まで幅広く手がけているドクター。近畿大学医学部卒業後は、小倉病院・国立病院機構京都医療センターの形成外科で技術を研鑽、2014年より美容形成外科に従事し、2018年福岡にてゆめビューティークリニックを開業しました。

    カウンセリングや施術に関しては、「このクリニックにして良かった」と思ってもらえるキメ細やかなサービスがモットー。これまでに培ってきた経験、磨いてきた技術を活かし、安心安全な美容医療を提供できるよう日々努力を続けています。

    田中医師の二重埋没の特徴

    田中宏典医師が二重整形術で大事にしているのは、患者さんそれぞれに合った施術の選択です。「目は第一印象を大きく左右する重要なパーツである」という考えから、田中医師の二重埋没では、1人1人の目の大きさ・顔とのバランスを考慮したデザインを提案。平行型・末広型・幅広型・奥二重型と、仕上がりも好みで選ぶことができます。施術は極細の糸をラインに沿ってループ状に埋め込んでいくもので、所要時間はおよそ10分。局所麻酔のみで受けられますが、希望があればマスク麻酔を使用することもできます。

    術後の抜糸は必要なく、腫れや内出血等で気になる症状がなければ来院は不要とのこと。ただし、何か不安がある場合はすぐ相談に乗ってもらえます。

    埋没法

    まぶたの2箇所に医療用の糸を埋め込み、二重を作る施術です。内出血や腫れに個人差はありますが、期間は2〜3日程度と軽度です。顔を濡らさなければ、当日からシャワーも可能です。目の上の軽度のたるみにお悩みの方にもおすすめの施術です。

    経歴
    2005年:近畿大学医学部 卒業、京都大学医学部附属病院及び関連病院へ入局
    2007年:小倉記念病院 形成外科勤務
    2011年:国立病院機構京都医療センター 形成外科勤務
    2014年:ヴェリテクリニック勤務
    2018年:ゆめビューティークリニック勤務
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会 専門医
    日本美容外科学会(JSAS・IPSAS)会員
    日本美容外科学会(JSAPS)会員
    日本抗加齢医学会専門医
    国際美容外科学会(ISAPS)active member
    所属クリニック
    ゆめビューティークリニック
    住所
    福岡県久留米市新合川1-3-30ゆめタウン久留米別館2Fクリニックゾーン内
    電話番号
    0120-313-170

    クリニックの特徴

    「夢と喜び」をテーマに、さまざまなメニューを取り揃えている福岡のゆめビューティークリニック。保険外診療となる美容外科手術をはじめ、形成外科保険診療にも対応しています。肌への優しさを第一とした施術を安心して受けてもらえるよう、約60分という十分な時間をかけた初回カウンセリングを実施。

    肌のコンディションはもちろん体調などを医師が診察し、1人1人の状態や希望に合わせた治療プランを提案しています。インフォームドコンセントにのっとり、プランに納得できてから治療を開始。術後のアフターケアやアドバイスも充実しています。

    費用

    • 2点留め(両目):60,000円
    • 4点留め(両目):90,000円
    • 埋没糸抜去(当院):30,000円
    • 埋没糸抜去(他院):50,000円

    ※価格は税別です。

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    室孝明医師

    引用元:ビスポーククリニック
    (https://bespoke-clinic.jp/philosophy)

    室孝明医師

    「理想を現実に」綿密なカウンセリングを行う医師

    室医師は、美容整形に携わる前は、形成外科医として経験を積んでいました。ガン手術後の再建や、切断指の再接着(マイクロサージャリー)、傷あとの治療など様々な症例を経験し、現在はその経験を活かした施術を行っています。患者とのコミュニケーションを重要と考え、施術からダウンタイムにかけての丁寧な説明を怠りません。カウンセリングでは、医師と患者間の温度差を無くすことを大切にし、理想を現実にできるよう務めています。

    室医師の埋没法の特徴

    ビスポーククリニックの埋没法は、まぶたの状態に合わせて2点・4点・6点固定のいずれかで固定します。 極細の糸を使用し麻酔法を変えるなど、できる限り腫れない施術を実施しています。糸の種類を患者や施術方法に合わせて変えられますが、それによって料金が変わることはありません。

    室医師は、患者のなりたい形ばかりに気を取られずに、取り巻く環境にまで目を向けたカウンセリングを心がけています。許容範囲のダウンタイムは何日ほどなのか、予算はいくらが適切なのか、周りの人に知られたくないのかなど、その人を取り巻く環境は様々です。室医師は、施術結果だけではなく、施術によって変わった未来をよりよくするためのお手伝いをすることを大切にしています。

    埋没法(2点固定)

    まぶたが薄い人向けの固定方法です。分厚いまぶたには三点で固定する事もあります。多くの医院では、2〜3点での固定がスタンダードであり、元々うっすらと二重ラインがある場合には、1点で固定することもあります。

    埋没法(4点固定)

    2点や3点固定よりも二重ラインのデザイン性が高く、理想を実現しやすい方法です。4点でしっかり固定することで、糸が取れる心配も少なくなります。

    埋没法(6点固定)

    固定する点が多い分、ダウンタイムは長めになります。しかし二重が持続する時間が長く、しっかりと固定したい人向きの施術です。安全に施術するためには高い技術が必要となります。

    経歴
    2002年:埼玉医科大学卒業
    2002年:東邦大学医療センター大森病院 形成外科
    2005年:東邦大学医療センター大橋病院 形成外科(主任)
    2006年:星総合病院 一般外科・乳腺外科
    2008年:東邦大学医療センター佐倉病院 形成外科(主任)
    2010年:東京手の外科スポーツ医学研究所・明神町クリニック・医療法人八九十会理事
    2011年:ヴェリテクリニック入職
    2012年:ヴェリテクリニック福岡院院長
    2017年:ビスポーククリニック 開院
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会認定専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医
    日本抗加齢医学会認定専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)評議員
    日本形成外科学会
    国際形成外科学会
    日本美容外科学会(JSAPS)
    国際美容外科学会
    日本美容外科学会(JSAS)
    日本抗加齢医学会
    日本美容皮膚科学会
    日本頭蓋顎顔面外科学会
    日本創傷外科学会
    日本乳癌学会
    所属クリニック
    ビスポーククリニック
    住所
    福岡市博多区博多駅前2-20-1 大博多ビル5階
    電話番号
    092-436-3200

    クリニックの特徴

    ビスポーククリニックは患者とのコミュニケーションをより大切にしており、患者の理想を具体化するために西日本で初めてリアル3Dシミュレーションシステムを導入しました。

    この機器によって3Dに起こすことで、相互確認が取れるようになっています。言葉だけでは伝えにくい部分が分かりやすくなり、理想の姿をイメージしやすくなりました。 患者の個性を大切にしながら、オーダーメイドの施術で、理想を叶えるクリニックとなっています。

    費用

    • 2点固定(両目)80,000円
    • 4点固定(両目):120,000
    • 6点固定(両目)160,000

    ※価格は税別です。

    電話で問い合わせる

  • nophoto

    引用元:牧野美容クリニック
    (https://makino-cosmetic-surgery.com/feature/)

    牧野 太郎医師

    効果・安全性が高い治療を提案する医師

    牧野医師は、2002年福岡大学医学部を卒業後、福岡大学形成外科へ入局。麻酔科、救急を学び、形成外科で小児の先天異常や外傷、熱傷、マイクロサージャリー、創傷治療などを学びました。日本形成外科学会専門医、医学博士号を取得しています。また、日本美容外科学会(JSAPS/JSAS)専門医、麻酔科標榜医も取得。 2014年からは福岡・大分を拠点に診療を行い、2018年に牧野美容クリニックを開院しました。

    牧野医師の二重埋没の特徴

    牧野医師は、東京のリッツ美容外科、クリニカ市ヶ谷、名古屋の八事石坂クリニックなどで、美容外科に特化したクリニックで、それぞれの先生方に師事をし、その経験を活かした治療を行なっています。 特に眼瞼下垂症手術、固定力の強い二重埋没法(マルチプルノット法)、鼻手術全般、フェイスリフト、頬骨・エラアゴなどの輪郭手術、性同一性障害の乳腺切除術を得意としており、二重埋没法は、従来の埋没法よりも持続性のある埋没方法を提供しています。

    二重埋没法 (マルティプルノット法)

    マルティプルノット法は、埋没法のメリットと切開法のメリットを合わせた治療方法となります。埋没糸を数点固定し、二重のラインを作り、患者様と一緒に理想の形をシミュレーションします。目の開き具合や眉毛の動かし方など、左右のバランスに違和感が無いかなど確認していきます。ラインは目頭から目尻にかけてきれいなアーチ状になり、緩みにくいのが特徴です。

    経歴
    2002年:福岡大学医学部 卒業
    2002年:福岡大学病院 形成外科 入局
    2002年:福岡大学筑紫病院 外科、麻酔科
    2003年:札幌手稲渓仁会病院 救急部、整形外科
    2004年:神奈川県立こども医療センター 形成外科
    2005年:横浜市立大学病院 形成外科
    2006年:福岡大学病院 形成外科 助教
    2009年:福岡大学病院 形成外科 医局長
    2010年:リッツ美容外科 東京院
    2013年:リッツ美容外科 東京院 副院長
    2014年:牧野皮膚科形成外科内科医院
    2014~2018年:清美会クリニック、ゆめビューティークリニック
    2015年:八事石坂クリニック
    2016~2017年:クリニカ市ヶ谷
    2018年:牧野美容クリニック院長
    所属医師会や保有資格
    医学博士
    厚生労働省麻酔科標榜医
    日本形成外科学会認定専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)認定専門医
    所属クリニック
    牧野美容クリニック
    住所
    福岡県福岡市博多区冷泉町2番12号 ノアーズアーク博多祇園3F
    電話番号
    092-710-5440

    クリニックの特徴

    牧野美容クリニックは、地下鉄祇園駅から徒歩4分、地下鉄中洲川端駅から徒歩8分、博多駅からは徒歩13分にあります。 クリニックの内装は白を基調としており、清潔感のある空間で安心してカウンセリングや治療を受けることができます。待合室はプライベート空間も担保されており、治療後の回復室も用意されているため、どなたでも安心してご利用いただけるクリニックです。

    費用

    • 二重埋没 両目100,000
    • 二重埋没 片目61,000
    • 自院抜糸32,000
    • 他院抜糸56,000

    ※価格は税別です。

    電話で問い合わせる

福岡の埋没法に関連する名医はこの3名!

ここからは、本ページでご紹介している以下の条件は満たしていませんが、埋没法に関連する医師をご紹介します。
※日本形成外科学会専門医であり、推薦を受けた医師しか登録できない美容形成外科学会(JSAS)の会員である名医

    • nophoto

      引用元:あやべクリニック
      (https://ayabe-clinic.jp/)

      綾部誠医師

      患者の話にしっかりと耳を傾ける経験豊富で誠実な医師

      美容外科医としての経験が25年以上とベテランの綾部医師は、日本形成外科学会や美容外科学会に所属しています。他にも多くの学会に所属し、美容に関する正しい知識や役立つ情報を、オフィシャルブログで発信しており、患者と同じ目線に立つ誠実な姿勢で診療を行います。

      綾部医師の二重埋没の特徴

      綾部医師が手がける二重埋没法の特徴は、傷跡をほとんど残さずに、自然で美しい仕上がりの実現に努める点です。埋没法には挙筋法(きょきんほう)と瞼板法(けんばんほう)の2種類がありますが、術後の腫れや眼瞼下垂のリスクを考え、綾部医師は「瞼板法」を採用しています。皮膚の表面にメスを入れる切開法とは大きく異なるため、気になる傷を残しにくいです。さらには、施術の所要時間が10〜15分程度と短いので、患者の心身の負担を軽減させることが可能です。二重埋没法には「デザインした二重が取れやすい」といったデメリットもありますが、このような面を考慮した上で、経験豊富な綾部医師ならではの患者に合うデザインを提案してくれます。

      瞼板法(けんばんほう)

      上まぶたの内側にあるコラーゲン繊維の塊でできた板「瞼板」と、まぶたの皮膚を安全性の高い医療用糸で結びます。癒着させることで二重をつくる方法です。挙筋法と比較すると術後の腫れを抑えられる傾向があるため、ダウンタイム期間を短くできるケースも少なくありません。

      経歴
      1989年 東京医科大学卒業 久留米大学病院 形成外科勤務
      1991年 国立病院九州がんセンター勤務
      1992年 久留米大学病院 形成外科勤務
      1994年 大手美容外科勤務
      1997年 あやべクリニック開院、院長に就任(旧:福岡三井中央クリニック)
      所属医師会や保有資格
      美容・アンチエイジング医療学会(IMCAS:International Master Course on Aging Science)
      日本形成外科学会
      日本皮膚科学会
      日本美容外科学会(JSAPS)
      日本美容外科学会(JSAS)
      日本美容皮膚科学会
      日本レーザー医学会
      日本レーザー治療医学会
      アメリカレーザー医学会(ASLMS)
      日本発汗学会
      日本創傷治癒学会
      日本抗加齢医学会
      日本褥瘡学会
      見た目のアンチエイジング研究会
      加齢画像研究会
      毛髪科学研究会瘢痕
      ケロイド研究会
      日本Men’s Health医学会
      日本更年期と加齢のヘルスケア学会
      日本肥満症治療学会
      国際個別化医療学会
      所属クリニック
      あやべクリニック
      住所
      福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目5−37 博多ニッコービル 8F
      電話番号
      0120-072-557

      クリニックの特徴

      綾部医師が院長を務める「あやべクリニック」は、完全担当医師制を導入しています。院長自らが治療だけでなく、カウンセリングやアフターフォローまでしっかりと行うからこそ、患者にとって満足度の高い仕上がりを提供することが可能です。また、25年以上にわたって勤務してきた経験を生かし、豊富な知識と技術力で患者の要望を実現します。同じ目線に立ち、負担の少ない安心できる治療を心がけるからこそ、多くの患者から選ばれています。

      費用

      • 2点固定(両目)55,000
      • 2点固定(片目)61,000
      • 3点固定(両目)165,000
      • 3点固定(片目)110,000

      ※価格は税別です。

      電話で問い合わせる

  • nophoto

    引用元:福岡TAクリニック
    (https://taclinic.jp/)

    森野 結紫医師

    韓国と日本の医師免許を持つ美的センスに優れた医師

    森野医師は、日本だけでなく韓国でも医師免許を取得しています。美容大国である韓国の技術を日本人にうまく応用しながら、優れた技術で患者の理想を実現するのが特徴的です。悩みを一緒に解決しようとする誠実な姿勢は、数多くの患者から親しまれています。

    森野医師の二重埋没の特徴

    森野医師が手がける二重埋没法は、美意識の高い患者から根強い人気を誇る「4種類から選べる埋没法」です。各施術にかかる所要時間は10〜15分程度と短めですが、医療用の安全な糸と眼科用の精密針を使用することで、身体にかかる負担を抑えつつ、満足度の高い仕上がりを実現します。高い技術力で、患者が希望する二重ラインを見事に完成させ、なおかつ傷跡も目立ちません。さらに、素早く仕上げる熟練の技によって、腫れを最小限に抑えます。ダウンタイムを短くできるのも、経験豊富な森野医師ならではの技術です。なお、森野医師が在籍するTAクリニックの埋没法は、5年間の安心保証がついています。再治療が必要な場合は、無料で対応してもらえるのも大きなポイントの1つです。

    埋没法(週末二重術)

    この方法では、メスを使わずに針と糸のみを使用して希望の二重ラインをつくります。 手法は種類によって異なりますが、痛みや腫れ、さらには内出血を小さく抑えられるため、週末のお休みを使って気軽に挑戦できるのが特徴的です。所要時間は、わずか10〜15分程度となり、短い時間で一人ひとりの希望に沿った理想の二重を実現します。

    経歴
    1994年:高麗大学医学部 卒業 韓国報勲病院応急室(救急センター) 勤務
    1997年:ソウル延世大学病院 形成外科レジデント 入職 Kilman 男性外科クリニック 入職
    1999年 ソウル市内大手美容外科クリニック 入職
    2001年 ロザン美容外科クリニック 開業
    2003年 第10期 シンミアン鼻美容形成術課程修了 第4期 シンミアン眼美容形成術課程修了
    2010年 メンズヘルスクリニック東京(旧城西クリニック)入職
    2016年 西東京中央総合病院(循環器科、救急科、皮膚科、内科)勤務
    2017年 湘南美容外科クリニック 入職
    2020年 福岡TAクリニック 入職
    所属医師会や保有資格
    大韓民国老人(抗加齢)学会
    大韓一次医療学会
    大韓民国美容外科学会(KAAS)
    日本美容外科学会(JSAS)
    所属クリニック
    福岡TAクリニック
    住所
    福岡県福岡市中央区今泉1-11-5ロクラス今泉 5階
    電話番号
    0120-151-929

    クリニックの特徴

    森野医師が院長として在籍する福岡TAクリニックは、クオリティの高い施術を提供するために技術力の高い専門医を集結させています。他のクリニックはない工夫を凝らした治療法が数多く存在するため、美意識が非常に高い患者からも信頼されているのが特徴的です。

    費用

    • 週末二重術 2点留め(両目)9,000
    • 週末二重術 2点留め(片目)12,900
    • 週末二重術 3点留め(両目)15,000
    • 週末二重術 3点留め(片目)21,500円 他

    ※価格は税別です。

    電話で問い合わせる

  • nophoto

    引用元:GRACIA(グラシア)
    (https://gracia-clinic.com/)

    樋口隆男医師

    美意識の高いセンス力抜群の医師

    樋口医師は、日本外科学会の専門医です。美容外科学会と形成外科学会にも所属しており、今までに豊富な種類の施術をこなしてきました。確かな技術力と細やかなデザイン力によって、患者が目指す理想の仕上がりの実現に努めます。わからない点は丁寧に説明してくれる誠実さも、患者から選ばれている理由の1つです

    樋口医師の二重埋没の特徴

    樋口医師が手がける二重埋没法は、特殊な医療用糸を使って、折りたたむように二重まぶたを形成する施術です。肌の表面をメスで切開することがないため、傷跡が残る心配はありません。どの角度からみても、自然で美しい仕上がりが期待できます。また、患者に治療を行う上で一番重要視しているのが、顔全体とのバランスの融合です。まるで、最初から術後の状態であったかのような、絶妙なバランスを目標としています。もちろん患者の希望を第一に優先しますが、経験豊富な医師ならではのアドバイスによって、想像以上に美しい仕上がりが手に入るケースも、少なくありません。なお、二重埋没法では一人一人で異なる目の形や、脂肪の状態を見極め、形成した二重ラインが崩れないように「2点留め」もしくは「4点留め」を、提案しています。

    二重術

    特殊な糸と針を使って、バランスの良い二重幅をつくります。メスを一切使わない施術となるため、傷跡が残らないのはもちろん、ダウンタイムも最小限に抑えられるのが特徴的です。また、短い時間で施術が完了するため、体への負担が少ないのも大きな魅力となります。

    経歴
    1971年 福岡県生まれ
    1997年 福岡大学医学部 卒業
    福岡大学第2外科(現 呼吸器・乳腺内分泌・小児外科)入局
    2015年 THE CLINIC(ザ・クリニック)入職
    2016年 THE CLINIC(ザ・クリニック)福岡院院長 就任
    2018年 L.O.V.E beauty clinic(ラブビューティクリニック)開院
    2019年 GRACIA(グラシア)開院
    所属医師会や保有資格
    日本外科学会専門医
    VASER Lipo認定医
    コンデンスリッチファット両方認定医
    Total Definer by Alfredo Hoyos認定医
    日本化粧品検定1級(コスメコンシェルジュ)
    アートメイク顧問医師
    日本外科学会
    日本美容外科学会(JSAS)
    日本形成外科学会
    日本抗加齢学会
    日本美容皮膚科学会
    所属クリニック
    GRACIA(グラシア)
    住所
    福岡県福岡市中央区春吉3-5-7 Riverfront中洲西South棟3階
    電話番号
    092-791-8675

    クリニックの特徴

    樋口医師が開院したGRACIA(グラシア)は、高い医療技術と新しい美容機器で、患者が本来持つ美しさを、存分に引きだしてくれるのが特徴的です。また、カウンセリングや治療だけでなく、満足度を高めるための工夫として、心のこもったおもてなしを提供してくれます。スタッフ全員が団結して、患者が居心地良いと感じる空間を作り上げています。

    費用

    • 二重術(2点留埋没法)99,000
    • 二重術(2点留埋没法)165,000
    • 二重術(2点留埋没法)275,000

    ※価格は税別です。

    電話で問い合わせる

埋没法の基礎知識

埋没法の料金・施術時間の目安

費用目安

埋没法の場合5万円~15万円程度、切開法の場合は20万円~40万円程度と、施術方法によって開きがあります。自由診療ですのでクリニックによっても金額設定が異なります。必ず事前に問い合わせてみることをお勧めします。

手術にかかる時間・通院回数(期間)

埋没法の場合は施術後の通院は必要ないと言われることが一般的。切開法のケースであれば、5~7日後に抜糸、経過観察のために1ヵ月後再来院と、通算3回の通院が多いようです。

また施術にかかる時間は、埋没法の場合10分~30分程度、切開法の場合は1時間程度が一般的です。

副作用、リスク

術後の腫れや内出血、仕上がりの左右差などの可能性があります。また回復にかかる時間は1週間程度~1ヵ月程度と、個人差が発生します。元々の目や理想としている二重の形、その他症状などにより個人差がありますので、まずは、しっかりとカウンセリングを受けることが大切です。

埋没法の注意点とは

メスを使って切開するのではなく、糸と針を使って理想の二重ラインを実現する埋没法。術後に糸が目立つのではないかと、不安に思われる人もいるでしょう。しかしながら、二重をつくるために留めた糸は、通常まぶたの中に埋め込まれます。肌の表面から糸がみえてしまい、周囲の人に施術したことがわかってしまう心配は、ありません。

ただし、次のようなケースでは、糸が透けてみえることがあるのも確かです。

  • まぶたの皮膚がとても薄い
  • まぶたの皮膚の血管が透けるほど肌が白い

まぶたの皮膚が薄かったり、肌が極端に白かったりすると、埋没法によって形成した二重まぶたが完全に定着するまでのあいだ、糸が肌表面から透けてみえることもあります。このような場合は、時間が経過することによって徐々に目立たなくなるケースがほとんどです。

また、仮に糸が多少透けてみえていたとしても、瞳を開けている状態では目立ちません。至近距離でみられても、違和感を感じないことの方が多いですね。

なお、まぶたの表側に糸を留めた際の結び目がくる術式では、小さなポツポツがまぶたの上から気になることもあるでしょう。このような違和感を少しでも避ける対策としては、まぶたの裏側で糸を止める「裏留め埋没法」を、利用するのも一つの方法です。

二重埋没法を行う際の糸の通し方には、いくつかの種類があります。それぞれのメリット・デメリットをあらかじめ確認し、自分に最も適した方法で、理想の二重ラインを実現しましょう。