酒井 倫明 医師

酒井 倫明 医師のプロファイル

酒井医師は、日本形成外科専門医・日本美容外科専門医・皮膚腫瘍外科指導専門医などのさまざまな肩書を持つ形成外科のエキスパート。美容外科は形成外科医の一分野であると考え、美しく治すことを目的とした治療を提供しています。縫合術に優れており、傷跡を残さない施術に定評があるドクターです。「誠心誠意」をモットーに掲げており、時間をかけたカウンセリングで徹底的に患者さんと向き合ってくれるでしょう。

酒井 倫明 医師 MEMO
酒井 倫明 医師 先生に相談してみる

引用元:酒井形成外科
(https://www.sakai-keisei.gr.jp/clinic/profile.html)

得意施術:婦人科形成

女性器の整形

婦人科形成(女性器の整形)は、酒井医師が得意とする施術のひとつ。酒井形成外科では、小陰唇形成と、膣弛緩症の改善を行ってくれます。

小陰唇形成とは、肥大した小陰唇を切除して縫い合わせ、小さく整えていく手術です。出産などの影響で骨盤底筋が伸びてしまう膣弛緩症(膣のゆるみ)は、膣の入り口にある粘膜を切除して縫い合わせ、膣の周りにある筋繊維を傷つけないように筋を引き締めることで改善します。

いずれも皮膚の切開が必要であり、術後の仕上がりが縫合に左右される難易度の高い外科手術です。形成外科医として研鑽を積んできた酒井医師にとって、縫合術は十八番。技術と経験を活かした縫合術で、手術痕をほとんど残さずに仕上げてくれます。

得意施術:唇の整形

唇は、目や鼻と同じくらい「顔」の印象を左右する重要なパーツです。唇を理想の形に整えるには、唇の粘膜を移動させたり、真皮脂肪を移植したりする方法があります。酒井形成外科で受けられるのは、唇を厚くする手術と唇を薄くする手術。形成外科医としてさまざまな治療を手掛けてきた酒井医師も執刀医としてメスを取ります。

唇を厚くする手術は、唇を切開して粘膜を移動させて部分的にふっくらとさせる「皮弁」や、全体的にボリュームをアップさせる脂肪痛乳・真皮脂肪移植(ダーマルファット)に対応。一方、厚ぼったい唇のボリュームを落とす場合は、唇の形を崩さないよう慎重に粘膜と粘膜下組織を切除して縫い合わせ、唇を薄くしていきます。

形成外科医ならではの繊細な手術で唇の内側と外側のボリュームを調整してくれるので、単に厚くする・薄くするにとどまらない、理想の唇に仕上がるでしょう。

酒井 倫明 医師の経歴

1985年
昭和大学医学部卒業、恵寿総合病院 外科
1987年
昭和大学病院 麻酔科
1988年
自治医科大学病院 整形外科
1989年
東京逓信病院 皮膚科・形成外科
前橋日本赤十字病院 形成外科
1990年
昭和大学藤が丘病院 形成外科
1991年
昭和大学病院 形成外科
東大和病院 形成外科部長
医学博士号取得
1995年
酒井形成外科開業

酒井 倫明 医師の所属医師会と所得認定医資格

  • 医学博士
  • 日本形成外科学会会員
  • 日本美容医療協会会員
  • 日本皮膚科学会会員
  • 日本医師会会員
  • 日本美容外科学会会員
  • 豊島区医師会元理事
  • 国際美容外科学会会員
  • 昭和大学非常勤講師
  • 日本臨床形成美容外科医会会員

酒井 倫明 医師の著書、論文、メディア出演

  • 「内眼角形成を伴う切開重瞼術のコツ」(論文 2014年)

酒井形成外科の概要

酒井形成外科
営業時間と定休日 10:00~20:00(月火水金)
10:00~20:00(土)
10:00~19:00(日)
定休日:木
住 所 〒170-0004東京都豊島区北大塚2-3-1角マンビル2F
URL https://www.sakai-keisei.gr.jp/

受けられる施術の種類と施術ごとの価格帯

  • 二重まぶた埋没法(6点固定 両側) 150,000円程度
  • シリコンプロテーゼによる隆鼻(I型) 250,000円程度
  • ネックリフト 800,000円程度
  • 唇 ヒアルロン酸法 43,000円程度~
  • えら削り・骨切り(全身麻酔1日入院) 1,200,000円程度
  • 部分脂肪吸引 1単位(15cm×15cm) 150,000円程度
  • etc…

クリニックの特徴

JR山手線から徒歩1分にある酒井形成外科は、美容外科・美容皮膚科・形成外科として20年以上の実績があるクリニックです。

カウンセリングではメリットだけでなく、デメリットの説明も十分に行う「インフォームドコンセント」を重視。患者さんの同意を得てから治療を開始します。

宣伝はホームページ以外ではほとんどせず広告費を削減。そのぶん患者さんが安心して通えるリーズナブルな価格に設定しています。

酒井形成外科は完全予約制で、TELやインターネットで事前に予約する必要があるので要注意。ビルの2~3階を酒井形成外科が占めており、ホテルのような心地よい空間で治療を受けることができます。