PICK UP Doctors痩身治療の医師コンプリートガイド心斎橋の脂肪吸引の名医をピックアップ

心斎橋で脂肪吸引が上手いドクターを
ピックアップ

①医師としてのキャリアが10年以上

ベテラン医師の定義はさまざまですが、10年以上のキャリアがある医師の中から名医をピックアップしています。

②症例写真を公開している

患者が自分の目で医師の技術を確認できる方法のひとつが「症例写真」。症例写真の公開は安心のめやすになります。

③5種類以上の治療法がある

脂肪吸引と言ってもさまざまな方法があります。患者は選択肢が多いほど、自分に適した治療法を選びやすくなるため5種類以上の治療法を準備している医師をピックアップしています。

埋没法の名医は
この3名!

  • Great Dr.
    鬼頭恵司医師

    引用元:恵聖会クリニック心斎橋院
    (https://www.keisei-cs.com/)

    鬼頭 恵司医師

    豊富な経験と高い技術力で確実な結果を追及する医師

    鬼頭医師は2000年に恵聖会クリニックを創設。クリニックの脂肪吸引の症例件数はこれまでに4,000件以上です。培った豊富な経験と技術力を武器に、根拠に基づいた医療を提供しています。2019年注目のドクター「医師としての覚悟」に掲載された他、雑誌やテレビなど数々のメディアに取り上げられています。


    鬼頭医師の脂肪吸引の特徴

    鬼頭医師が行う脂肪吸引は、①通常の脂肪吸引、②ボディジェット脂肪吸引、の2種類。部分瘦身にはリポセルやエンダモロジー、キャビテーション、イタリアンシェイプ、AC-BODYなど複数の施術を用意しています。 通常の脂肪吸引は、脂肪を特殊な管で吸い上げるシンプルな方法です。医療機関の痩身術で最も効果が高くリバウンドが少ないとされている「脂肪吸引」は、シンプルな施術法であるため、使う機器よりも施術する医師の技術によって結果に差が出ます。鬼頭医師は20年以上にわたる豊富な経験と熟練の技術で、脂肪を適切に吸引し、スレンダーかつデコボコやたるみのない美しい肌へ導きます。

    脂肪吸引 トゥーメセント法+Criss Cross法

    トゥーメセント法(止血用の薬剤と麻酔剤を生理食塩水で薄めて脂肪層に注入してから、脂肪を吸引する方法)とCrissCross法(皮膚を数か所小さく切り開き、いろいろな角度から吸引する方法)を用いての施術を指します。数種類の特殊な管を使用し、皮膚の表面に近い場所にある脂肪から深層の脂肪まで吸引します。

    ボディジェット脂肪吸引

    ジェット水流の力で脂肪を分離させてから吸引する治療方法。痛みや内出血、腫れやむくみが少なく、患者の負荷が小さいのが特徴です。皮下に特殊な管を挿入し、薬剤入りの水流を噴射して脂肪層と筋肉層の間にすき間を作るのと同時に、脂肪を吸引します。

    リポセル

    LIPOcel(リポセル)は、皮膚の表面を傷つけずに皮下脂肪を破壊する、医療用のダイエット機器。痛みが少なく、ダウンタイムがほとんどないことに加え、リバウンドも少ないことで注目されています。「HIFU(ハイフ・高密度焦点式超音波)」と呼ばれる技術で、目標の皮下脂肪のみを熱エネルギーで皮下脂肪融解させることが可能。従来リポセルの照射は一方向に3ショットでしたが、縦横の格子状の4ショットにバージョンアップしています。

    経歴
    1992年 国立岐阜大学医学部卒業
    大学病院や関連市民病院にて研修、麻酔手技や微細外科手術手技などを修得
    2000年 恵聖会クリニック創設
    所属医師会や保有資格
    公益社団法人 日本医師会会員
    特定非営利活動法人日本美容外科医師会正会員
    公益社団法人日本美容医療協会員
    日本抗加齢美容医療学会正会員
    日本臨床医学発毛協会会員
    所属クリニック
    恵聖会クリニック心斎橋院
    所在地
    大阪市中央区東心斎橋1-7-30 21心斎橋ビル8F
    電話番号
    06-6252-5650

    クリニックの特徴

    クリニックのコンセプトは、「心に寄り添える美容医療」。丁寧でわかりやすい説明で、安心して治療を受けてもらうことを大切にしています。一部の治療には保証期間を設けて無料で再手術が受けられるなど、アフターケアにも真摯に対応。提供する治療に対して価格が高額すぎず、適正であることも重視しています。

  • Great Dr.
    川端久雅医師

    引用元:大阪雅美容外科
    (https://www.osaka-miyabi.com/)

    川端 久雅医師

    患者に合ったリスクの低い治療を低価格で提供する医師

    川端医師は2004年に国立浜松医科大学卒業後、形成外科や大手の美容外科の勤務を経て、「より良い治療を低価格で提供する」というコンセプトのもと、2010年に大阪雅美容外科を開設しました。徹底した安全管理によりこれまで医療事故は皆無。クリニックでは年間1700箇所以上の実績がありますが、中でも脂肪吸引は日本のみならず海外からの来院もあるほどです。


    川端医師の脂肪吸引の特徴

    脂肪吸引は、脂肪細胞そのものを取りのぞく施術であるため脂肪細胞の数自体を減らすことが可能。脂肪細胞を小さくするダイエットとは違い、リバウンドが少ない治療です。川端医師の脂肪吸引の目標は「どこよりも多くの量を、より低価格で安全に」。結果として細くなることが大前提なので、脂肪層はギリギリのラインまで吸引します。クリニックには麻酔科専門の医師が常駐し、安全確保に尽力することはもちろん、手術の途中で意識が戻ったり麻酔の量が多すぎたりすることのないように、量を調節しています。また脂肪吸引の手術は技術や経験により結果にはっきりとした差が出るもの。川端医師は圧倒的な経験値と技術に加えて、日々進歩する新しい技術を取り入れた機器を導入することで、より良い結果を追求しています。主な施術はベイザー脂肪吸引、ウォータージェット脂肪吸引術、シリンジ法。小顔注射や、内服による治療も選択可能です。

    ベイザー脂肪吸引

    ベイザー脂肪吸引は最大で体内の9割の脂肪吸引が可能。これまで他の方法で効果が出なかった箇所への脂肪吸引や、スリムな体質の人の脂肪吸引、他院で思うような成果がなかった人の再治療など、さまざまな事情をお持ちの方でも治療が可能です。

    ウォータージェット脂肪吸引術

    ウォータージェット法は脂肪吸引の前に、麻酔薬入りのジェット水流を使い脂肪層の下にすきまを作り、生理食塩水を注入して皮下脂肪を吸引しやすくします。このため皮膚内のダメージが少ない状態で吸引が可能。通常は筋肉へのダメージが多少はありますが、ウォータージェット法では痛みや手術後のダウンタイムを軽減できます。

    シリンジ法

    従来からよく利用されてきた脂肪吸引方法。医師の手作業で行うため高い技術力が必要です。手作業ゆえに細かい単位での脂肪吸引や微調整、独自のデザインが可能となります。医師の技術力によっては吸引不足や取り残しなど失敗の可能性もあるため注意が必要です。

    経歴
    2004年 国立浜松医科大学卒業
    2004年~2006年 市中病院や大学病院にて形成外科診療
    2006年~2009年 大手美容外科勤務、福岡院長、西日本7院統括責任者
    2009年 美容整形クリニック大阪院 開設
    2010年 大阪雅美容外科 開設
    所属医師会や保有資格
    一般社団法人日本美容外科学会(JSAS)専門医
    所属クリニック
    大阪雅美容外科
    所在地
    大阪府大阪市中央区西心斎橋2-1-25 心斎橋W-PLACE3F
    電話番号
    0120-299-939

    クリニックの特徴

    小さな相談や悩みも真摯に耳を傾けて、十分な説明をしてくれるクリニック。無料カウンセリングの時間を大切にしています。コンセプトは「全ての患者により良い治療を低価格で提供する」。地域に根差し、美容外科の対象ではないことでも気軽に相談できるクリニックです。

  • Great Dr.
    足立真由美医師

    引用元:Wクリニック
    (https://wclinic-osaka.jp/shinsaibashi/)

    足立 真由美医師

    心身ともにしなやかに輝く女性を応援する医師

    足立医師は美容医療の枠を幅広くとらえ、東洋医学やアーユルベーダなど、からだとこころ、いのちのつがなりを大切にする全体的な健康感を軸に医療を展開。多様な方法で美容医療を提供しています。クリニックの他に健康的な食材を用いたフードやドリンクを提供する会員制スペースを運営するなど、忙しい現代を生きる女性が輝けるよう応援しています。


    足立医師の脂肪吸引の特徴

    医療用アートメイクの施術や医療用コスメの販売も手がけるなど、女性の健康的な美を追及する足立医師。脂肪の減少に用いるのは、部分痩せメニューの脂肪溶解注射メソセラピーやキャロットリポジェクション(人参注射)、キャビテーションなど。中でもリポセルという機器は、部分瘦せに高い効果が期待できるとされている医療用のダイエット機器で、皮膚を切らないため痛みが少なく、1回の治療でも瘦身効果が期待できるので、忙しい女性にもおすすめできます。スレンダーになりたいけど、脂肪吸引をする決心はつかないといった人にも適しているでしょう。

    リポセル

    ハイフテクノロジーという超音波の技術を利用した、部分痩せ用のダイエット機器。超音波のパワーを狙った箇所に集中させて、脂肪細胞を破壊します。皮膚に傷をつけずに脂肪だけを破壊するので、1回の治療で効果が期待できます。成人は脂肪細胞の数が増えることはあまりないので、脂肪細胞の数を減らせばリバウンドの可能性は少なくなります。

    脂肪溶解注射メソセラピー

    細い針を用い、腫れや痛みの少ない脂肪溶解注射。「マイナス5キロ」の軽減が期待できます。高齢者でも接種できる施術方法です。

    キャビテーション

    超音波を利用して脂肪細胞の膜を破壊する働きがあるダイエット機器。 特殊な超音波でセルライトや脂肪にキャビテーションと呼ばれる空洞現象を起こすことで、圧力が低下して脂肪細胞膜が破壊され脂肪細胞が減少します。部分ダイエット向きの機器です。

    経歴
    2001年 和歌山県立医科大学卒業、同年大阪医科大学形成外科教室入局
    大阪医科大学大学院医学研究科卒業 医学博士取得
    2003年 医療法人東和会 第一東和会病院形成外科勤務
    同院、美容皮膚科・美容外科の設立に携わり、管理責任医師を担当。
    2010年 某美容クリニック院長に就任
    2014年 「W CLINIC」開院
    2017年 医療法人涼葵会 理事長就任
    2019年 医療法人涼葵会 W CLINIC 梅田院 開院
    所属医師会や保有資格
    所属クリニック
    Wクリニック
    所在地
    大阪市中央区南船場 4-5-8 ラスターオン心斎橋9階 ※受付は10階
    電話番号
    06-6244-3030

    クリニックの特徴

    までの常識にとらわれず、誰もが通いたいと思う多様な医療メニューを提供できるクリニックを目指しています。医師は全員女性。患者の立場になって健やかな美をサポートしています。