目の下のたるみ、くまの原因と対策。治療する美容クリニックの選び方

menotarumikuma

家族や友人に「疲れが溜まっている」「寝不足だね」と言われたことがある人も多いのではないでしょうか。
その原因は目元の印象を大きく変える、たるみやくまかもしれません。目の下のたるみやくまがあることで、顔が疲れて見えたり、顔全体の印象が老けて見えたりします。
加齢によるものだと思われていましたが、10代20代の方でも悩みを抱える人が増えてきています。マスクをする機会が多くなり目元に注目が集まりやすくなっているため、早めのケアを心がけたいところです。
そこで今回は、目元にたるみやくまができる原因からセルフケア方法、美容外科で抜本的に解決をする方法や医師の選び方までまとめてご紹介します。

目の下のたるみ取りの方法を知りたい方はこちら

目の下のたるみ、くまの原因

目元のたるみやくまの原因をご存知ですか?加齢・お肌のハリの減少・寝不足・色素沈着などのさまざまな問題が当てはまりますがたるみとくまにはそれぞれ原因があります。原因とセルフケアの方法を紹介するので、一度試してみてください。

たるみの原因

たるみの原因は一体なんなのでしょうか。主な原因として筋力の衰えと肌のハリが減少することがあげられます。 肌のハリの弾力がなくなると代謝機能が落ち、皮下脂肪が厚くなり重力に負けてたるみにつながります。

目元の筋肉の衰えによるたるみ

目元の筋肉「眼輪筋」は、瞬きをすると動きますが、意識しない普段の瞬きではほとんど動きません。普段から使っていないこと・加齢による筋力の低下によって眼輪筋が衰え、目元のたるみ・シワ・くまの原因となってしまいます。眼輪筋は普段眼球を支え、その奥にいる脂肪が前に出てこないよう防波堤のような役割をしています。眼輪筋が緩んでしまうと、その奥にいた脂肪が前に出てきてたるみにつながります。

肌のハリや弾力に関する組織の減少によるたるみ

肌内部の真皮ではコラーゲンが構造全体の支柱になり、その支柱をエラスチンがつなぎ合わせ、ヒアルロン酸で隙間を埋めることによりしっかりとした土台を作り、肌にハリと潤いを保っています。
しかし、加齢による老化・お肌の乾燥・紫外線によるダメージによってそれらの組織は減少してしまい、お肌のハリが失われ結果としてたるみが生じます。
コラーゲン線維の割合は20歳を境にどんどん減少し、30歳の時点では0歳を100%としたときの半分以下にまで減少してしまいます。 ハリの失われた肌は、皮下脂肪を支えられなくなり皮膚と一緒に下がりたるみの一因となります。 そのため肌表面のことだけでなく、肌内部からコラーゲンを補うケアが大切です。

くまの原因を3種類のくまごとに紹介

目元のもうひとつの大きな悩みがくまです。 くまには種類があり、できる原因と対処法もそれぞれ違うので、一つひとつみていきましょう。

青くま

「青くま」は目の下が青紫色または青黒く見えるくまを指し、その主な原因は血行不良で、冷え性・運動不足・寝不足により引き起こされます。目元を圧迫してくまの色に変化があれば青くまの可能性があります。

黒くま

「黒くま」は目の下に影ができて黒く見えるくまのことを指し、目の下の皮膚を引っ張ったり、仰向けに寝てくまが消えたら黒くまの可能性があります。肌にハリが失われて、皮膚と一緒に下がるため、ほうれい線や口元・頬にたるみを感じる方に多いくまです。

茶くま

「茶くま」は目の下が茶色や褐色に見えるくまを指し、主に日々の摩擦や乾燥、紫外線ダメージで引き起こされる色素沈着が原因です。 ゴシゴシ擦ってしまうため、目元のメイクをしっかりしている方がなりやすいくまです。

目の下のたるみ、くまのセルフケア方法

たるみとくまの原因もわかったところで、自分で改善を目指せるセルフケアの方法を紹介します。毎日コツコツと続けることでたるみやくまが目立ちにくくなり、鏡を見るのが楽しくなりますよ。

たるみ取りエクササイズ

眼輪筋は普段の瞬きでは使われていない筋肉ですが、たるみとくまには大切な筋肉です。そのため、意識的にこの筋肉に刺激を与えることが有効な解消法になることがあります。刺激を与える簡単なエクササイズを紹介します。

まっすぐ前を見たまま、両目を8の字に動かすイメージでぐるぐるまわします。両目でやるのが難しかったら片目ずつでも大丈夫です。顔を動かすのではなく、目を動かすイメージで。目元の筋肉や肌はとても繊細なので、強く押さえたりはせず優しく行う。たったこれだけでも毎日コツコツ行えばたるみやくまの改善や予防につながります。

たるみ、くま予防の美容製品で予防する

たるみ・くまに効果があるとされている化粧水・クリーム・クレンジングオイルがあります。それらはお肌に潤いを与え、ハリを与える成分が配合されており、お肌の乾燥や紫外線のダメージから守る役割があります。目元のメイクをしっかりしている方は、目元専用のクレンジングオイルを使うことも有効な手段のひとつです。目元のお肌は薄く繊細、ゴシゴシ擦ってしまうと色素沈着になってしまうためです。

化粧で隠すことは可能

そうはいっても、今あるたるみやくまは気になるものです。即効性がある対策としては、化粧で隠してしまうことです。肌の色より明るい色のコンシーラーはたるみのくぼみや黒くまカバーし、オレンジ系のコンシーラーは青くま、イエロー系のコンシーラーは茶くまを隠すのに効果的です。美容製品のお手入れで予防ケア、毎日の継続したエクササイズで改善を促します。

美容クリニックでたるみ除去施術する

目元のたるみやくまは、混在していることも多くセルフケアが難しい場合もあります。抜本的な解決を求めるなら、美容クリニックでの施術がおすすめです。手術やコラーゲン注入など、一人ひとりの症状に合わせて提案してもらえるので、一度カウンセリングで相談してみるのもおすすめです。

美容外科(美容クリニック)の探し方を知りたい方はこちら

美容クリニックで抜本的な解決へ

美容整形ではセルフケアでは難しかった、即効性のある手術で目元のたるみやくまを完全に取り除くことが可能です。くぼみの目立つたるみやくまには手術によって脂肪を除去するのではなく、ベビーコラーゲンを注入することでボリュームをだし、肌組織の再生能力を活性化させることでたるみや小じわを改善する方法もあります。

美容クリニックを利用するメリット

エクササイズは毎日コツコツ続けることが大切ですし、メイクでカバーするのも目元の刺激となってしまうこともあります。今すぐにたるみやくまの悩みを解消したいと考えている方には、美容整形が効果的です。美容整形では目元のたるみを除去することで陰影がなくなり、目元にハリと明るさが戻り若々しい印象になります。

たるみくま解消の施術を行っている美容クリニックを探すなら名医コンプリートガイドト

美容整形は不安がつきものなので、できるだけ自身が納得できる医師に施術して欲しいものです。しかし、安心して施術を受けられる容クリニックを探すのは大変です。探す際に注意するべきポイントが分からず、どうしたら良いか困っている方も多いのではないでしょうか。 名医コンプリートガイドでは、施術法ごとに名医を見つけやすいよう、ポイントごとに独自の基準を設けているので、美容クリニックや名医を探している方におすすめです。名医ガイドで目の下のたるみとり名医として掲載する際の調査項目を紹介します。

症例写真が公開されている

医師を探すポイントとして、術後の症例写真が公開されているのかが重要です。症例写真は医師の技術の信用材料の1つになります。 術後の傷跡・腫れ・仕上がりの状態は、症例写真を見ればわかります。名医コンプリートガイドでは、症例写真を公開している医師のみを掲載しています。事前に、施術から1ヵ月経過後の写真や、その仕上がりが自分の希望する姿と同じかどうかのチェックもしておくと安心です。

キャリアの長い医師

経験豊富な医師ならその施術経験の中で培った技術があります。施術経験が豊富かどうか判断する基準の1つが医師としてのキャリアの長さです。目の下のたるみとりの名医はでは15年以上の実績を持つ医師を紹介しています。

たるみくまの施術の専門家を掲載している

美容整形は、常に新しい知識や技術が求められていますが、医師免許があれば他に専門家としての資格や証明がなくても、法律上、施術を行うことができます。そのため、自分でその医師が専門的かどうか判断する必要があります。医師が、新しく正しい知識を持っているかを見極めるポイントのひとつとして、「学会に所属しているか」があげられます。名医コンプリートガイドの目の下のたるみ取りの医師を掲載しているページには日本形成外科学会または日本美容外科学会に所属している医師を掲載しています。

まとめ

目元の印象を大きく変えてしまうたるみやくまは、顔全体の印象も老けて見せてしまいがち。当記事では、たるみやくまの原因とセルフケア方法・美容整形にチャレンジする時のクリニックと医師の選び方を紹介しました。 時間をかけずに解決したい方は、美容クリニックにお任せするのが良いでしょう。美容クリニックや医師選びは数も多く、どのホームページを見ても魅力的に見えます。迷った時は名医コンプリートガイドを利用してみていかがでしょうか。 都道府県ごとに一覧にされているので、お近くの名医を探すのも簡単ですし、医師の経歴・得意な施術方法・どこのクリニックに行けばいいのかまでひと目でわかります。クリニックと医師の選び方を参考にし、ハリのある目元を手に入れましょう。