目の下のたるみ取りの方法とは?原因とセルフケアや美容整形などの治療法を紹介

menotarumi

加齢や生活習慣による、目の下のたるみにお悩みの方もいるのではないでしょうか。
たるみの原因はさまざまですが、たるみ取りをする場合は、まずは原因や改善方法について知る必要があります。
このページでは、目の下のたるみの原因やセルフケア方法、美容クリニックでの改善方法について紹介しています。「目の下のたるみを改善したい」「まずはセルフケアを試したい」という人はぜひ参考にしてください。

目の下のたるみとくまの原因と対策を知りたい方はこちら

目の下のたるみの原因を3つ紹介

 たるみの原因は歳をとっている人に多いと思われがちです。しかし実際には生活習慣や紫外線などによって、若い方々にも影響があることをご存知でしょうか。
  また、元々の涙袋(眼窩脂肪)が大きい人はたるみが生じやすい傾向にあるともいわれています。ここでは、目の下のたるみの原因を3つ紹介します。

【目の下のたるみの原因1】加齢によるたるみ

 1つ目の原因は加齢によるたるみです。目の周りにある眼輪筋(がんりんきん)は、眼窩脂肪(がんかしぼう)を支えるための筋肉です。眼球の下に存在するため、眼輪筋の筋力が年齢と共に衰えることで、眼窩脂肪が支えられずたるみの原因につながります。
  また、肌のハリが衰えることで、たるみが生じることもあります。肌のハリはコラーゲンやエラスチンなどの組織に保たれています。しかし、これらの組織は加齢や肌へのダメージによって減少し、たるみの原因となります。

【目の下のたるみの原因2】姿勢の悪さによるたるみ

 2つ目の原因は姿勢の悪さによるたるみです。たるみは、目の周りの筋肉が衰えることで脂肪を支えることができなくなり発生すると前述しました。
実は、姿勢の悪さは表情筋をゆるませてしまいます。長時間、背中を丸まった悪い姿勢を取っていると背中の筋膜がゆるみます。背中の筋肉は眼輪筋を含む表情筋につながっており、背中の筋膜がゆるむと顔の筋膜もゆるんでしまいます。デスクワークや、長時間スマートフォンやPCの使用をしている人は注意しましょう。

【目の下のたるみの原因3】睡眠不足によるくまが原因のたるみ

睡眠不足などによってできるくまもたるみの原因の1つです。睡眠不足が続くことで新陳代謝が低下し、目の下に色素沈着や血行不良が起こります。
睡眠不足によってくまができ、そのくまが色素沈着が結構不良の過程を経てたるみの原因となります。くまには複数の種類があり、眼輪筋が透けて赤く見える赤くま、血行不良などによる青くま、色素沈着やしみによってできる茶くま、小じわや影でできる黒くまがあります。十分な睡眠時間を取ることが、目の下のたるみやくまの改善につながります。

目の下のたるみ取りのセルフケアの方法

目の下のたるみを少しでも解消したい場合、まずはセルフケアを試すのをおすすめします。ここでは、日ごろから実践できるセルフケアの方法を3つ紹介します。

眼輪筋を鍛える

眼輪筋を鍛えることによってたるみの防止へと繋がります。ここでは、おすすめの眼輪筋を鍛えるエクササイズを紹介します。

    1. 上まぶたが動かないように指で軽く抑える
    2. 下まぶたを持ち上げるように力を入れて5秒間キープ
    3. ゆっくり元に戻す

これを片目ずつ、それぞれ左右5回行いましょう。目の周りの筋肉を鍛えることで、肌が引き締まりたるみの防止につながります。

スキンケアで肌の調子を整える

乾燥や紫外線もたるみの原因へと繋がります。紫外線対策用の化粧水や乾燥防止のクレンジングオイルを使用するなどして常にハリのある肌を保ち、たるみの防止に努めましょう。高価格なスキンケアの商品である必要はなく、ドラッグストアなどで販売されている低価格な商品でも十分に肌を整えることができます。日々のスキンケアはもちろん、アイクリームなど目元のケアに特化したものを選ぶと乾燥の対策となるでしょう。コラーゲンやエラスチンなどが含まれた、肌に栄養やハリを与えられる商品を選びましょう。

マッサージで血流をよくする

目元の血流が悪いとたるみやくまの原因になります。マッサージやツボ押しで顔の血流を整え、たるみの防止に努めましょう。

以下では、おすすめの目元マッサージを紹介します。

    1. 耳の前を軽く揉む(円を描くように)
    2. 耳の下から鎖骨にかけて撫でおろす(左右3回ずつ)
    3. 眼球の周りを上下の骨に沿って指で押していく

強く押しすぎると、肌の摩擦によって色素沈着が起こります。くまの原因にもなるため、優しくツボを押すように心がけましょう。

セルフケアで解消できない目の下のたるみはどうすれば良いか

ここまで、たるみの原因とセルフケアについて紹介してきました。しかし、スキンケアやマッサージなど、セルフケアだけでは解消しきれないたるみも存在します。また、たるみが出てきてからでは、解消に時間がかかるでしょう。
 「たるみが酷い」「すぐにでもたるみを解消したい」と考えている人は、ヒアルロン酸注入やたるみ取りなどの美容整形を利用するのも1つです

目の下のたるみ取りを美容クリニックで行う際の施術方法とダウンタイムを紹介

目の下のたるみ取りの中でも一般的な施術方法と、それぞれのダウンタイムについて紹介します。クリニックによっては独自の方法もあるため、ホームページやカウンセリングで確認すると良いでしょう。

脱脂法

脱脂術は、目の下の眼窩脂肪を取り除く方法です。余分な脂肪を取り除くことで、目の下のたるみ・ふくらみを改善することができます。クリニックによっては、脂肪注入などで調整するケースもあります。
下まぶたの裏側から施術を行うため、傷跡は目立たずダウンタイムも短い施術法です。影くまや軽度のたるみで悩んでいる方におすすめです。

切開法

目の下を切開して、たるみを除去する方法です。下まつ毛の生え際あたりを切開するため傷跡は目立たず、1時間ほどで治療が完了します。
 目の下の皮膚は薄いため基本的に施術の傷の治りが早く、ダウンタイムも短いことが特徴です。

ヒアルロン酸注入

 ヒアルロン酸を注入して、目の下のくぼみを改善する方法です。ヒアルロン酸注入は、くぼみの解消以外にも、毛穴やシワの改善効果があるとされています。
 使用されるヒアルロン酸の量や素材はクリニックによって異なるため、事前に確認しておきましょう。黒くまや目の凹み、軽度のふくらみが気になる人におすすめの施術法です。
 傷跡は注射針を使用し、ダウンタイムはほとんどなく術後からメイクが可能です。

脂肪注入

目の下に脂肪を注入してたるみを改善する施術法です。メスを使わない方法などがあり、施術方法はクリニックによって異なります。
 自然な仕上がりだけでなく、肌の若見えなどアンチエイジングにも期待できます。注入した脂肪は一時的に固くなりますが、ダウンタイムは1週間~1ヶ月ほどです。

目の下のたるみ取りの美容クリニックを探す際のポイント

目の下のたるみ取りの美容クリニックを探す際は、施術メニューの種類やアフターケア・保証が充実しているか確認しましょう。
 美容整形に失敗しないためにも、信頼できる医師・クリニック選びを心がける必要があります。ここでは、たるみ取りの美容クリニックを探す際のポイントについて解説します。

美容外科(美容クリニック)の探し方を知りたい方はこちら

目の下のたるみ取りのアフターケアや保証が充実しているか

目の下のたるみ取りをする場合、症例写真がチェックできるかどうかを確認しましょう。症例写真で仕上がりを確認できるかどうかは、クリニック選びにおいて重要なポイントです。
 たるみ取りの施術はさまざまな種類がありますが、施術ごとに経過やダウンタイムが異なることもあります。そのため、自分に合った施術の症例写真を確認することが必要です。
 また、たるみ取りは目元の施術のため、日常生活に支障をきたさない方法など、アフターフォローが充実しているクリニックであれば尚良いでしょう。

目の下のたるみ取りの施術メニューの種類

目の下のたるみ取りは、大きく分けて「脱脂術」「切開法」「ヒアルロン酸注入」「脂肪注入」の4つがあります。
 さまざまな施術を提供している医師・クリニックであれば、施術ごとに比較をして自分に合った施術を選ぶことができます。
 たるみ取りの施術の種類を多く取り扱っている医師であれば、たるみ取りの技術を高めている1つの指標になるでしょう。

目の下のたるみの施術の価格は適正か、不審な営業がないか

目の下のたるみ取りの施術方法には、さまざまな種類があります。そのため、カウンセリング時に営業をかけられ高額な施術を勧められるケースもあります。
 まずは自分が受けたい施術の価格が適正であるのかどうかを見極めることが重要です。カウンセリング時に不審な営業をかけてくるクリニックは要注意です。

目の下のたるみ取りを行っている美容クリニックを探すなら名医コンプリートガイド

たるみ取りは顔の施術であるため、失敗などの不安もあるでしょう。少なからずリスクも存在するため、医師を探すのは大変なものです。
 信頼できる腕の良い医師を探したい方は、名医コンプリートガイドがおすすめです。名医コンプリートガイドでは、美容外科業界を代表する名医を独自基準でピックアップし、クリニックや施術法などを紹介しています。
 たるみ取りの名医も掲載されているため、クリニック選びにお悩みの方はご覧ください。

厳選した名医を掲載している

当サイトに掲載しているたるみ取りの名医は15年以上のキャリアを持ち、日本形成外科学会・日本美容外科学会に所属しています。それぞれの学会では数々の研修や発表が行われており、医師としてレベルの高さを見極める指標になります。

名医の情報を詳しく紹介

 施術を受ける上で、医師が得意としている施術を受けたいと思う方が多いのではないでしょうか。当サイトでは、各医師が得意とする施術法を詳しく紹介しています。 自分に合った施術法を見つけられるだけでなく、医師が得意な施術が事前に分かるため安心して施術を受けることができます。

さまざまな美容整形について名医を掲載している

当サイトは、さまざまな美容整形の名医について紹介しています。そのため、たるみ取りの施術はもちろんその他にも検討している美容整形の施術や名医が見つかるでしょう。 美容整形について検討している方は、当サイトをご覧ください。

まとめ

今回は、生活習慣や加齢と言った目の下のたるみの原因やスキンケアやマッサージなどセルフケアの方法、美容クリニックで施術をするメリットと美容クリニックの探し方を紹介しました。ご自身のたるみの原因をしっかりと理解して、まずはカウンセリングで医師に相談しましょう。
 美容クリニックで行う目の下のたるみ取りには、脱脂術、切開法、ヒアルロン酸注入、脂肪注入の4つの方法があります。まずは自分に合った施術法をするために名医に相談しましょう。親身に相談に乗ってくれて、さらに技術のある名医を探すなら、名医コンプリートガイドを参考にしてみてはいかがでしょうか。