PICK UP Doctors目の整形の名医コンプリートガイド大阪の目の下のたるみの名医

目の下のたるみ取りの名医を見極めるポイント

大阪の目の下のたるみ治療を行う名医を調査しました。

目の下のたるみ治療 名医の基準

  • ・「日本美容外科学会」の会員、あるいは認定医であるか
  • ・「日本美容外科学会」以外にも、美容治療に関する医師会への所属もしくは認定が1つ以上あるか
  • ・目元の治療や、エイジングケアの治療が得意と明記している医師。あるいは特設サイトを設けるなど、目のたるみ治療に力を入れているクリニックの院長

上記3つに当てはまる医師を、当ページでは目の下のたるみ治療の名医と考えご紹介します。

大阪で探した目の下のたるみの名医はこの3名!

  • Great Dr.
    九野 広夫医師

    引用元:KUNOクリニック
    (参照元:https://www.d-biyou.com/
    clinic/introduction.html)

    九野 広夫医師

    九野医師のプロフィール

    九野医師は、東京銀座と大阪に治療院を持つKunoクリニックの総院長です。 1998年に和歌山県立医科大学 医学部医学科を卒業。同大学附属病院で、臨床研修および臨床研究を行い、その後、大阪の美容外科で数年の勤務をしたのち、2007年にKunoクリニック梅田院の院長に就任。現在は両院の院長である総院長を務めます。

    美容を極めることで、誰かを救う

    過去、人命救済を考えがん治療の専門医師を目指していた久野医師。美容外科医へ転換するきっかけとなったのが、救急当直をしていた時のこと。

    当直中、自身の容姿に関する悩みで、何度も自殺未遂を行う女性と出会ったそうです。当時、「医師として本当に根本的な原因の解決ができるのだろうか?」と悩んでいたこともあり、「美容外科も極めれば命を救える」と考え、美容外科に転身しました。

    容姿に悩む方の人生を救いたい。そんな想いで、現在も日々、美容治療を極められています。

    クリニックの特徴

    開業後12年間、医療事故0件のクリニック

    「極力メスを用いない」「シリコンなど危険な異物は用いない」など、様々なこだわりを掲げるKunoクリニックでは、開業以来、医療事故がないそうです。

    リスクを抑えながらも、効果的な仕上がりを目指すため、オーダーメイド治療を実施しています。

    また、初回カウンセリングから術後のアフターケアまで一貫して久野院長が行う徹底ぶり。治療への責任を持ち、クリニックの技術向上をはかるため、国内外の学会発表にも力を入れるなど、常に研究熱心な様子が窺えます。

    経歴
    1998年:和歌山県立医科大学医学部医学科卒業
    1998年:和歌山県立医科大学付属病院臨床研修医
    2000年:和歌山県立医科大学付属病院臨床研究医
    2002年:某大手美容外科大阪院 勤務
    2002年:某大手美容外科大阪院 院長就任
    2007年:美容外科デザイナーズ&アーティスツ Kunoクリニック 梅田院院長 就任
    2013年:美容外科デザイナーズ&アーティスツ Kunoクリニック 総院長 就任
    所属医師会や保有資格
    ・日本美容外科学会(JSAS)正会員
    ・日本美容外科協会会員
    ・日本形成外科学会会員
    ・日本臨床毛髪学会会員
    ・日本美容医療テクノロジー学会正会員
    ・国際美容外科学会(ISAPS)
    ・国際美容外科学会(ISAS)正会員
    ・美容外科学会認定専門医
    ・VASER Hi Def認定医
    ・VASER 4D Sculpt(ベイザー4D彫刻)認定医

    クリニックで受けられる施術例

    Kunoクリニックでは、目のたるみの原因や患者の理想に合わせて治療を組み合わせていく施術方式を取っています。余分な脂肪を除去する「下眼瞼脱脂術」や、下瞼のたるみ切除術、注入治療、糸を用いたリフトなど、様々な治療を組み合わせて、理想の仕上がりを目指します。

    また、本人の理想を汲み取った「オーダーメイドデザイン」を実現するため、希望する方には手術中に患者へ仕上がりの確認を行うこともあるそうです。

  • Great Dr.
    植田一樹医師

    引用元:湘南美容外科
    (https://www.s-b-c.net/
    doctor/introduction/ueda/)

    PICK UP!
    植田 一樹医師

    植田医師のプロフィール

    湘南美容外科 心斎橋院で院長を務める植田医師は、大学を卒業してからの約10年間、美容外科だけでなく、救命救急センターでの勤務や麻酔科医としての勤務経歴も持ちます。

    植田医師は、目もとのたるみ治療はもちろん二重整形や目頭切開など目元の施術全般を得意と明記しています。また、植田医師は両利きであり、自身の自己紹介動画でもそのことを取り上げています。両利きであるメリットは「右利きに比べ両利きは、左右対称のデザインがしやすい」と発言されています。

    湘南美容クリニックの特徴

    2020年5月時点で全国に70店舗以上の治療院を持ち、近年では、海外にも分院を持つ湘南美容外科。人気の二重整形術では大手ならではの実績数が目立ちます。

    公式サイトでは、イラストや図を用いた治療解説も多く見られ、患者への情報提供に力を入れています。

    またグループ全体の医師の数が多いため、「ドクター一覧」ページにて、得意な治療や所属クリニックから医師を検索できるサービスも実施。治療院の数が増えると、ドクター探しに迷いがちなので、こういった医師を一覧で見ることができるサービスがあると、患者も探しやすいかもしれません。

    経歴
    2011年:近畿大学医学部卒業
    2011年:大阪市立大学医学部付属病院臨床研修
    2011年:済生会 富田林病院(外科・麻酔科)
    2012年:大阪市立大学医学部付属病院救命救急センター関連施設 若草第一病院ER
    2012年:大阪市立大学医学部付属病院(形成外科・皮膚科・救命救急)
    2013年:湘南美容クリニック 入職
    2017年:湘南美容クリニック 大阪心斎橋院院長就任
    所属医師会や保有資格
    ・サーマクール認定医
    ・日本美容外科学会 正会員
    ・アラガンボトックス認定医
    ・美容外科専門医

    クリニックで受けられる施術例

    目の下の切らないクマ・たるみ(ふくらみ)取り

    下まぶたをめくり、切開して余分な脂肪を取り除く結膜脱脂術を採用。ふくらみとへこみ、どちらもある患者には、あわせて注入治療も推奨しています。

    また湘南美容外科では、結膜を3部位から取り除く方法を実施。これは、どの角度から見ても違和感のないよう、均等に脂肪除去を行うためだそうです。

  • Great Dr.
    原田 章子医師

    引用元:品川美容外科
    (https://www.shinagawa.com
    /doctor_hr/)

    原田 章子医師

    原田医師のプロフィール

    2020年5月時点で全国に38の分院を持つ品川美容外科。原田医師は、大阪心斎橋院の院長を務めています。2010年に東海大学医学部医学科を卒業後、別の病院勤務を経て、2013年に品川美容外科に入職。その後、同グループの美容皮膚科である、品川スキンクリニックの梅田院および心斎橋院の院長を務めたのち、現在の品川美容外科心斎橋の院長に就任。

    エイジングケア全般が得意な医師

    得意な施術として、目の下のたるみ治療や、美容皮膚科で扱う施術、プチ整形を挙げています。

    エイジングケアを求めている患者には「時間を取り戻すお手伝い」ができるよう、女性目線で治療やカウンセリングに臨まれているそうです。

    品川美容外科 心斎橋院の特徴

    心斎橋院は、看護師やスタッフ含め全員女性です。所属ドクターは、原田医師以外男性ではありますが、女性ドクターならではの話しやすい雰囲気が強みのクリニックです。

    品川グループに所属する女性ドクターの数は少ないものの、患者からの需要は高いそうです。遠方から「女性の院長にお願いしたいから」という理由で来院されるケースや、最初から女性の医師を指定して予約する方も多く、原田医師も女性ドクターの需要の高さを感じる場面が多いとのこと。

    そんな患者の想いに応えられるよう、どんなに忙しくても、カウンセリングの時間はしっかりと取り「話しやすい女性の医師」でいるよう日々心掛けているそうです。

    経歴
    2010年:東海大学医学部医学科 卒業
    2011年:NTT西日本大阪病院 勤務
    2013年:品川美容外科 入職
    2015年:品川スキンクリニック 梅田院 院長
    2016年:品川スキンクリニック 心斎橋院 院長
    2016年:品川美容外科 心斎橋院 院長
    所属医師会や保有資格
    ・日本美容外科学会認定 美容外科専門医(JSAS)
    ・VST認定医
    ・サーマクール認定医
    ・ジュビダームビスタ®ボリューマXC認定医
    ・ジュビダームビスタ®ボリフトXC認定医

    品川美容外科で受けられる目の下のたるみ治療

    プレミアム目の下のたるみ取り

    目の下の皮膚を切開し、余分な脂肪を除去する方法。傷跡が目立たないように、下まつげの少し下あたりを切開するそうです。ただし、目もとの状態によっては、別の施術を提案することも。

    プレミアム目の下のたるみ取り以外にも、目もと専用のチップを使って、目周りのたるみやシワを引き締める「サーマクールアイ」や、まぶたの裏側を切開し余分な脂肪を除去する「目の下のふくらみ取り」も受けられます。

※当ページの情報は2020年5月に調査したものです。

※当ページは、特定の医師を推奨したり、医師の優劣をつけたりするものではありません。「目の下のたるみ治療」を検討している方へ向けて、編集部が調査した情報を共有するためにご紹介をさせて頂いております。

※掲載順及び、名医選定条件に当てはまる医師からの掲載選定基準は特に設けておりません。そのため、医師の掲載順を理由なく変更することや、名医の選定基準に当てはまる医師のうち、当ページで紹介する医師の変更、また医師の紹介人数を増やすことがございます。ご了承ください。

目の整形の名医コンプリートガイド