PICK UP Doctors目頭切開の名医コンプリートガイド名古屋で目頭切開が上手な医師とクリニックを紹介

名古屋で目頭切開が上手い名医の基準とは?

美容外科でまぶたを二重にする施術はいくつか種類がありますが、その中でも信頼性が高く理想的な二重を作れるのが目頭切開です。
目頭にある蒙古ひだを切開する施術方法で、埋没法などと比べても、よりぱっちりとした目元になれるほか、時間がたっても二重が取れる心配がなく人気の施術ですが、メスを入れる手術であることから医師の技量が問われる施術法でもあります。

目頭切開で失敗しないためには、日本形成外科学会または日本美容外科学会の専門医であり、ドクターとしてのキャリアが10年以上あること、ウェブ上で症例写真を確認できることなど、名医としてのポイントを押さえて選択することが重要になります。

そこで、美容クリニックの数が多い名古屋で、上記の条件を満たし、特に目頭切開の名医として信頼できる医師を3名ピックアップしてご紹介しますので、医師選びの参考としてください。

名古屋の目頭切開の名医はこの3名!

  • 高須幹弥医師

    高須幹弥医師

    1つひとつの過程を親身に対応してくれる医師

    高須クリニック名古屋院院長を務める高須幹弥医師は日本形成外科学会専門医。1999年に藤田保健衛生大学医学部を卒業後、同大学病院の麻酔救急科に勤め麻酔科標榜医取得し、様々な大手美容外科や病院で経験を積め、2007年に高須クリニック名古屋院院長として就任します。医師としての実績をさることながら、その傍らでどうやったら1人でも多くの患者を笑顔にできるかを考えているため、実績も重視しつつも雰囲気の良い医師が在籍しているクリニックを探していた方にはピッタリ。

    そんな高須幹弥医師の得意な分野は目の施術全般です。実績も豊富なので、信頼して施術を任せられます。カウンセリングにじっくりと時間をかけて、患者の理想をヒアリングして施術を始めてくれるのも特徴の1つ。治療した後もそのままではなく、高須クリニック名古屋院で治療を受けた患者は一生の付き合いになっていくと考えているため、二人三脚で治療をスタートできるでしょう。

    高須幹弥医師の目頭切開施術の特徴

    高須医師は、じっくりと時間をかけたカウンセリングを行い、患者様に十分納得をしていただいた上で、治療をこなっています。

    治療をした後も、患者様と一生かけてお付き合いしていくことを信条に、患者様と常に向き合っておられます。

    経歴
    1999年:藤田医科大学医学部卒業
    1999〜2001年:藤田医科大学麻酔救急科に勤務/麻酔科標榜医取得
    2001年:藤田医科大学大学院入学。形成外科入局。高須クリニック勤務
    2002年:群馬県立がんセンター頭頚部外科勤務
    2002年:Ivo Pitanguy Institute Postgraduate Course (Brazil) 研修
    2003年:単一植毛手術の研究にて医学博士取得
    2005年:日本形成外科学会専門医取得
    2007年:高須クリニック名古屋院院長
    所属医師会や保有資格
    医学博士
    日本形成外科学会専門医
    麻酔科標榜医
    日本美容外科学会専門医(JSAS)
    日本美容外科学会正会
    所属クリニック
    高須クリニック 名古屋院
    住所
    名古屋市中村区名駅4-7-1ミッドランドスクエア8F
    アクセス方法
    JR新幹線、在来線:名古屋駅 徒歩3~5分(桜通口を出て右へ、大通りを渡る。徒歩3分)
    市営地下鉄 東山線:名古屋駅 6番か7番出口よりすぐ
    名鉄:名古屋駅 中央改札口を出て正面の道を渡る。徒歩3分
    近鉄:名古屋駅 正面コンコースを出て正面の道を渡って左へ。徒歩3分
    電話
    0120-558-725

    高須クリニック名古屋院の特徴

    高須クリニックは、愛知県名古屋市に本部をおいており、東京都港区、神奈川県横浜市、名古屋市中区、名古屋市中村区、大阪市北区の5箇所に展開しています。

    高須クリニックでは、美容医療のパイオニアとして高須クリニックのあり方を常に考えており、クオリティを重視する診療方針を掲げています。施術後に「治療を受けてよかった」と患者様に心からそう思っていただけるよう、患者様第一としたクオリティを優先して日々運営しています。

    費用

    • 片目¥148,500(税込)
    • 両目¥275,000(税込)

    電話で問い合わせる

  • 廣瀬 雅史医師

    引用元:聖心美容クリニック
    (https://www.biyougeka.com/doctor/hirose/)

    廣瀬 雅史医師

    希望の二重まぶたに近づける高度な施術

    2010年に奈良県立医科大学 医学部医学科を卒業、その後は明石市立市民病院や神戸大学附属病院など複数の形成外科で勤務し、2018年に聖心美容クリニックへ入職、2019年からは聖心美容クリニック 東京院、札幌院、名古屋院での施術に携わっています。
    日本形成外科学会専門医であるほか、ミラドライ認定医でもあり、日本皮膚科学会や日本皮膚外科学会など複数の学会に所属し、研鑽を積んでいる若い医師です。

    廣瀬雅史医師の目頭切開の特徴

    廣瀬医師が行う目頭切開の施術は、傷跡が目立ちにくく施術後直後も腫れが少ないと好評。患者さんの希望に合わせて最適な術法を選び、どのような二重になりたいかという希望をかなえてくれます。女性だけでなく男性にも人気で、少しだけ幅を広げたい場合や、まぶたのかぶさりを解消したいなど、細かい注文にも柔軟に対応してくれています。

    経歴
    2010年:奈良県立医科大学 医学部医学科卒業
    2010年:明石市立市民病院 研修医として勤務
    2011年:神戸大学附属病院 研修医として勤務
    2012年:神鋼病院 形成外科勤務
    2013年:兵庫県立淡路医療センター 形成外科勤務
    2014年:兵庫県立加古川医療センター 形成外科勤務
    2016年:聖隷三方原病院 形成外科勤務
    2017年:倉敷平成病院 形成外科・美容外科勤務/大手美容外科に勤務
    2018年:聖心美容クリニック 勤務
    所属医師会や保有資格
    日本美容外科学会(JSAPS)会員
    日本美容外科学会(JSAS)会員
    日本形成外科学会 専門医
    日本皮膚科学会
    日本皮膚外科学会
    日本創傷外科学会
    ミラドライ認定医
    所属クリニック
    聖心美容クリニック
    住所
    名古屋市西区牛島町6-24 アクロスキューブ名古屋5F
    アクセス方法
    JR「名古屋」駅桜通口から徒歩5分
    地下鉄東山線「名古屋」駅北改札口より徒歩4分
    電話
    0120-911-935

    聖心美容クリニック名古屋院の特徴

    聖心美容クリニック名古屋院は、名古屋駅近くにクリニックがあります

    「とことん真面目に、美容医療」のキャッチコピーを掲げる聖心美容クリニックは、安心、満足、信頼、納得、安全を大事に考え、患者様が安心して来院できるように日々取り組んでいます。

    費用

    • 目頭切開/目上切開:220,000円(税込)

    電話で問い合わせる

  • 三苫 葉子医師

    引用元:ヴェリテクリニック 名古屋
    (https://www.veriteclinic.or.jp/doctor/mitoma)

    三苫 葉子医師

    医師を指導する立場でも活躍する美のホームドクター

    1998年に東京大学医学部医学科を卒業し、東京大学医学部附属病院の形成外科・美容外科や関連病院に勤務したのち、ソフィアクリニック院長勤務を経て2007年にクリニック日比谷 ソフィア院開院、2016年にヴェリテクリニックへ入職されました。
    独協医科大学形成外科の非常勤助教や東京イセアクリニックで医師兼技術指導医に就任するなど、医師を指導する立場としても活躍されています。日本形成外科学会専門医であり、「医療としての美容外科、美のホームドクターでありたい」をモットーに、美容だけでなく女性ならではの悩みにも対応しています。

    三苫葉子医師の目頭切開の特徴

    特に目元の施術を得意としている三苫医師の目頭切開には定評があり、症例数も豊富。目頭切開をすることでぱっちりとした目元を実現するだけでなく、鼻筋も通ったように見え全体的にあか抜けた印象の顔立ちへと導いてくれます。目頭切開にはZ法、リドレープ法、皮膚切除法の3種類がありますが、主にZ法を採用し、傷跡が見えにくく並行幅の二重を可能にしています。

    経歴
    1998年:東京大学医学部医学科卒業
    1998年:東京大学医学部附属病院 形成外科・美容外科
    1999年:警察病院麻酔科および都立墨東病院救急救命センターで研修
    2000年:東京大学医学部 形成外科・美容外科 関連病院にて勤務
    2002年:ソフィアクリニック院長勤務 東京大学附属病院形成・美容外科
    2007年:クリニック日比谷 ソフィア院開院
    2009年:独協医科大学 形成外科 非常勤助教就任
    2012年:東京イセアクリニック 医師兼技術指導医就任
    2016年:ヴェリテクリニック入職
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会元専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)会員
    日本美容医療協会会員
    所属クリニック
    ヴェリテクリニック 名古屋
    住所
    愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビルディング11階
    アクセス方法
    JR線「名古屋駅」より徒歩5分
    電話
    0120-451-170

    ヴェリテクリニック名古屋の特徴

    ヴェリテクリニックは、名古屋駅近くにクリニックがあります

    日本形成外科学会・形成外科専門医に認定された医師が多く在籍しており、様々な医療技術が要求される医療現場で活躍する医師が在籍しています。これまで現場で実践してきたノウハウを患者様の理想から現実に変えられる医療技術を提供できるように日々取り組んでいるクリニックです。

    費用

    • 目頭切開術:275,000円(税込)

    電話で問い合わせる

目頭切開を得意とするその他医師

【名古屋】目頭切開を得意とするその他医師一覧

木村 幸志伊 医師
(東京美容外科 名古屋院)

ドクターの経歴
2007年に川崎医科大学医学部を卒業、その後複数の形成外科で勤務し、2016年に東京美容外科で勤務をはじめ、 2017年に東京美容外科東京銀座院院長、2020年に東京美容外科名古屋院院長に就任しました。
日本形成外科学会専門医であり、高い技術力とセンスを持ちさまざまな施術に対応していますが、特に輪郭形成を得意とするエキスパートです。
ドクターの目頭切開の特徴
東京美容外科の目頭切開はその種類が豊富で、目頭切開と埋没法を組み合わせて、よりぱっちりとした目元にすることも可能です。ただ目を大きくするだけでなく、左右や顔全体のバランスを見ながら、目に合わせた最適の方法を提案してくれます。
活動
台湾で行われた国際美容外科学会やRyan(ライアン)美容外科カウンセリングイベントなど国際的な学会に参加している。
所在地:
愛知県名古屋市中村区名駅3-25-3 大橋ビルディング1F
電話番号:
0120-658-958
公式サイトURL:
https://www.tkc110.jp/nagoya/

住田 篤紀 医師
(品川美容外科 名古屋院)

ドクターの経歴
1996年に藤田保健衛生大学医学部を卒業し、名古屋市立大学医学部整形外科へ入局したのち、2008年に品川美容外科へ入職、品川スキンクリニック名古屋院の院長を経て2019年に品川美容外科名古屋院副院長に就任しました。
日本美容外科学会認定美容外科専門医(JSAS)であるほか、日本医師会認定健康スポーツ医、AKA療法医、VST認定医、日本整形外科学会認定整形外科専門医など数々の資格を有しています。
ドクターの目頭切開の特徴
住田医師は二重や目元の施術を得意としており、美しいライン作りには定評があります。目頭切開もただ目を大きくするだけではなく、スーパーナチュラル目頭切開法という傷跡を極力残さないようにしてナチュラルに見える施術を採用しています。特に住田医師は人工的にならないよう気遣ってくれるので、顔全体のバランスを見ながら自然な仕上がりになるよう調整してくれます。
活動
ウェブ上では確認できませんでした。
所在地:
愛知県名古屋市中村区名駅2-45-19桑山ビル2F
電話番号:
0120-819-500
公式サイトURL:
https://www.shinagawa.com/clinic/clinic_nagoya.html

三宅 秀典 医師
(サラ美容外科)

ドクターの経歴
平成6年に帝京大学医学部医学科を卒業し、帝京大学医学部附属溝口病院外科を経て、美容外科クリニックで経験を積み、 平成9年に美容外科クリニック名古屋院院長就任、平成10年に愛知県名古屋市中区にサラ美容外科を開院しました。
現在は医療法人蓮玲会サラ美容外科として法人化し、理事長に就任しています。
日本美容外科学会専門医であり、クリニックは日本美容外科医師会適正医療機関認定医院に認定されています。
ドクターの目頭切開の特徴
サラ美容外科を開院した三宅医師は、特にカウンセリングを十分に行うことに注力しており、患者さんとしっかり意思疎通することを重視して施術を行っています。目頭切開では目頭切開W法(内田法)、目頭切開ミニZ(Ⅰ法)、目頭切開ミニZ(Ⅱ法)の3種類があり、目の形や希望のまぶたに合わせて施術方法を選択します。
また、料金の低価格化に努めてくれているので、ほかのクリニックに比べても安価で安定した治療を受けることができます。
活動
ウェブ上では確認できませんでした。
所在地:
名古屋市中区錦3丁目4番13号 第43オーシャンビル3F
電話番号:
0120-80-3677
公式サイトURL:
http://www.sara.gr.jp/

鈴木 秀明 医師
(AMORE CLINIC)

ドクターの経歴
2007年に岐阜大学医学部を卒業後、大学病院形成外科、大手美容外科での勤務を経て現在はAMORE CLINICの特別顧問医師に就任しています。
形成外科、美容外科だけでなく研修で救命救急、内科、一般外科、麻酔科などさまざまな診療科を学び、日本形成外科学会、日本美容外科学会(JSAPS)、日本美容外科学会(JSAS)、抗加齢医学会、日本美容皮膚科学会等数々の学会に所属し、数々の論文や学会発表を行っています。
ドクターの目頭切開の特徴
二重の施術では、修正手術や埋没、切開、眼瞼下垂症手術等を得意としている鈴木医師。ほかに脂肪吸引の施術も得意で、目頭切開とともに脂肪除去の施術もあわせて行い、よりくっきりとした二重まぶたに仕上げてくれます。
埋没法ではすぐに糸が取れてしまう人や、厚ぼったいまぶたにお悩みの方には特におすすめです。
活動
「脂肪注入術における正着脂肪量の計量について」等、論文・学会発表多数。
所在地:
名古屋市中区錦三丁目15番5号 エルテビル7階
電話番号:
0120-763-418
公式サイトURL:
https://amore-clinic.jp/

高須 幹弥 医師
(高須クリニック)

ドクターの経歴
平成11年に藤田医科大学医学部を卒業、藤田医科大学麻酔救急科に勤務し麻酔科標榜医取得し、平成13年に藤田医科大学大学院入学し形成外科入局、高須クリニックでの勤務開始。群馬県立がんセンター頭頚部外科での勤務を経て平成19年に高須クリニック名古屋院院長に就任しました。
日本形成外科学会専門医で、麻酔科標榜医でもあります。
高須克弥院長の息子であり自らもそのエイジングケア手術を受け、ご自身も幅広い施術に対応しています。
ドクターの目頭切開の特徴
高須医師は対応できる施術方法が非常に幅広く、得意な施術もほぼすべてと言っても過言ではないほど。
目頭切開においても多数の症例があり、特に解説がとても細やかで丁寧なため、これから施術を考えている人も、どのように施術を行うのか、術後の経過はどうなるのかなど、症例写真を確認すれば気になる点や不安点を払拭できるでしょう。
活動
SNSやブログ、YouTube動画などを通して美容外科への見識を広めています。
所在地:
名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア8F
電話番号:
052-564-1187
公式サイトURL:
https://www.takasu.co.jp/

鄭 聡柄 医師
(エースクリニック)

ドクターの経歴
平成10年に大阪医科大学を卒業し、神戸大学医学部関連病院や大阪大学付属病院形成外科にて経験を積み、ベルランド総合病院形成外科部長、グローバルビューティークリニック勤務を経て令和2年にエースクリニックでの勤務を始めました。
日本形成外科学会認定形成外科専門医であり、大阪大学付属病院形成外科での助教も務めています。
目頭切開や目の下のクマ治療、鼻複合手術などを得意としています。
ドクターの目頭切開の特徴
鄭医師は令和2年からエースクリニックでの勤務を開始したばかりですが、それ以前に複数の形成外科で豊富な実績があり、特に目頭切開では傷跡がほとんどなく自然な仕上がりになったと患者さんから好評を得ています。施術には傷跡が目立ちにくい「韓流目頭切開」を採用しているので、なるべく周りにバレたくない人や傷跡を残したくない人におすすめです。
活動
ウェブ上では確認できませんでした。
所在地:
名古屋市中村区名駅4-10-25 名駅IMAIビル3F
電話番号:
052-589-1001
公式サイトURL:
https://ace-clinic.com/clinic/

李 政秀 医師
(ヴェリテクリニック 名古屋)

ドクターの経歴
1992年に金沢大学医学部を卒業、その後は名古屋大学第一外科や静岡済生会病院外科などで経験を積み、大手美容外科院長を経て2005年にヴェリテクリニックへ入職、2008年にはヴェリテクリニック名古屋院院長に就任しています。
日本外科学会認定医であるほか、日本抗加齢医学会専門医、日本美容外科学会(JSAS)専門医でもあり、目元の眼瞼下垂や目頭切開、鼻中隔延長などをはじめとしたさまざまなな施術に対応しています。
ドクターの目頭切開の特徴
李医師の目頭切開は、目尻切開術もあわせてさらに大きく華やかな目元を作り出すことのできる施術です。術後1週間後に両目で左右差がある場合はすぐ調整を行い、それ以降は期間を開けて様子を見ながら調整を行っていきます。
事前のカウンセリングで、目頭切開によるリスクや希望の二重幅になれるかどうか、左右で異なる可能性があることなどをしっかり説明し、左右差がある場合はきちんと調整してくれるので安心して施術を受けることができます。
活動
ウェブ上では確認できませんでした。
所在地:
愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビルディング11階
電話番号:
0120-451-170
公式サイトURL:
https://www.veriteclinic.or.jp/nagoya/

目頭切開の基礎知識

目頭切開の施術の特徴とダウンタイムについて

目頭切開はその名の通り、目頭を切開することで目の形状を整える施術です。目頭にある上まぶたから目頭を覆う蒙古ヒダを切開することで目の幅を拡げ、目のバランスを整えたり、目を大きく見せたりなど、二重まぶたを強調することができます。

以下のような方は目頭切開の施術が適しています。
  • 目頭に皮膚がかぶさっている人
  • 左右の目が離れ気味の人
  • 二重ラインが平行になりにくい人
  • よりぱっちりとした目にしたい人

目頭切開術の皮膚切開は数mm、数カ所なので、ダウンタイムは比較的短いと言われています。大きくはありませんが切開をしているため皮膚へのダメージがあり、切開部分に皮下出血が起こることがありますが、通常約1〜2週間で消失します。また、術前の麻酔注射等でも同じく皮下出血が生じることがあります。皮膚を切開しているため、腫れや違和感、目が開けにくい、瞼が重い、左右のバランスが整っていない等も起こることがありますが、通常一週間程度で改善していきます。 ダウンタイム中はコンタクトレンズの着用や化粧は控える必要があります。これは傷口の感染を予防するためです。また、頻度は高くありませんが局所麻酔等への薬剤アレルギー症状として、皮膚炎、不快感、傾眠や血圧低下が起こることもあるので、術後の体調変化には注意する必要があります。