PICK UP Doctorsアンチエイジング・美肌の名医コンプリートガイド東京の目尻切開・グラマラスラインの名医を紹介

目尻切開・グラマラスラインの名医=目元のデザイン力+専門医資格

切開などにより、目尻の下まぶたを外側に下げてタレ目に見せる手術「グラマラスライン・たれ目形成」。医師を選ぶ際には、以下の3点で選びましょう。

チェック1:目元のデザインに関するカウンセリングがしっかりおこなわれるか

グラマラスラインの整形はデザインが重要となります。たれ目をどの程度下げるか、最終的に目の形状をどのようにしたいかなど、じっくりと話し合い希望や要望に沿った提案をしてくれるかはひとつのポイントとなります。

チェック2:日本形成外科学会の専門医資格を持っているか

4年間以上の研修と資格試験に合格した医師を、日本形成外科学会の専門医と呼びます。目元は数ミリ単位の修正でも表情や印象に大きな影響を与えます。技術と経験を備えた医師を選ぶ基準の一つに置きましょう。

チェック3:他の施術も同時におこなえるか

目頭切開や二重整形も同時におこなうことで、よりたれ目を強調させることができます。目元の整形全般に精通しているかもチェックしましょう。

東京の目尻切開・グラマラスラインの名医はこの8名!

  • Great Dr.
    吉種 克之

    引用元:東京イセアクリニック
    (https://www.tokyoisea.com/eye/clinic/yoshitane/)

    吉種 克之医師

    何でも話し合えるカウンセリングを大切にする医師

    吉種克之医師は1986年に東京医科大学卒業後、昭和大学形成外科に入局され形成外科の経験と実績を積まれました。形成外科医として培ってきた技術や経験を活かし、2010年東京イセアクリニックに入職。日本形成外科学会認定専門医・日本美容外科学会(JSAS)認定専門医として、患者の希望を叶える美のお手伝いをしています。

    吉種医師の目尻切開・グラマラスラインの特徴

    東京イセアクリニックのグラマラスライン形成は、完成後一か月間はデザイン変更が無料。「もう少し切りたい」といった要望も無料で再手術することができます。また、表面麻酔・局所麻酔や痛み止めの処方薬も施術費用に含まれているため、後から追加請求されることがありません。実際に施術を受ける前には、医師によるカウンセリング、入念なシミュレーションを実施。仕上がりに関してイメージのずれが起きないよう、患者が納得できるまでカウンセリングを行います。

    目尻切開

    目尻切開とは、目尻を切開し目の横幅を広げることで目を大きく見せる手術です。つり目やたれ目を改善することもでき、目元の印象を変えられます。左右の目の間隔が狭く目頭切開ができなかった方でも、目を大きくすることが可能です。目尻切開は通常3ヵ月経過すると完成すると言われていますが、完成後1ヵ月以内であればもう少し切開したいなどの要望にも無料で再手術しています。

    経歴
    1986年:東京医科大学卒業
    1986年:昭和大学形成外科 入局
    1995年:神奈川クリニック勤務
    2010年:東京イセアクリニック 診療部長
    2011年:東京イセアクリニック 渋谷院院長就任
    2015年:東京イセアクリニック総院長就任 銀座院院長と兼務
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会認定 専門医
    日本美容外科学会(JSAS)認定 専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)会員
    所属クリニック
    東京イセアクリニック
    電話
    0120-963-866
    所在地
    東京都中央区銀座6-2-3Daiwa銀座アネックス3F
    アクセス
    新宿駅から徒歩3分

    東京イセアクリニックの特徴

    極細注射針の使用や痛み止め、抗生剤の無料処方など、ダウンタイムをなるべく抑えるよう工夫しているクリニック。再手術も無料である点や無料カウンセリングなども患者に納得いく治療を行ってもらうための治療方針のもと行われています。

    費用

    • 両目 318,800円
    • 片目 191,800円

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    柴田 智一

    引用元:ガーデンクリニック
    (https://www.garden-senbi.jp/doctor/dr_shibata/)

    柴田 智一医師

    傷跡を残さない美しさを追求する医師

    柴田智一医師は2005年山梨大学医学部卒業後、町田市民病院に入職。その後、さまざまな病院で経験と症例実績を積み重ね、日本形成外科学会形成外科専門医に認定されました。今までの経験を活かし2016年にガーデンクリニックに入職され、2019年からは池袋院の院長に就任。傷跡が目立たないような仕上がりと美しさにこだわりを持っています。目元の施術を得意としており、健康で若々しくありたいという患者の願いを一緒に叶える手伝いをする医師です。

    柴田医師の目尻切開・グラマラスラインの特徴

    目尻切開は、まぶたの裏側にあたる結膜側から切開します。この術式は、しっかりとまぶたを引き下げるコンプリート法と呼ばれ、手術の傷が見えることがないように配慮された施術。また、切らない手術としては、糸で引っ張るだけの埋没法も可能となっています。より目力のある目にデザインすることもできるため、患者の希望に沿った施術が可能となっています。

    たれ目整形(グラマラスライン)

    たれ目整形の施術方法は、糸で引っ張る埋没法と結膜を切開して引き下げるコンプリート法があります。そのどちらの手術も、まぶたの裏側からのアプローチで傷跡が目立ちません。この手術では目の外側の面積を増やし大きく優しい目元になり、下まつ毛も外向きになるので、目元がより強調されるのも特徴のひとつです。

    目尻切開法

    目尻切開法は、目尻を外側に向けて切開し、目の横幅を大きくする手術です。隠れている白目の量により、患者一人ひとりに適した切開のバランスを提案しています。左右の目の間隔が狭い方や、より大きな目元の印象にしたい方におすすめの手術。

    経歴
    2005年:山梨大学医学部 卒業
    2009年:町田市民病院 勤務
    2011年:東京女子医科大学病院 勤務
    2012年:国立病院機構災害医療センター 勤務
    2012年:東京女子医科大学 勤務
    2014年:鹿児島市立病院 勤務
    2016年:ガーデンクリニック 入局
    2016年:ガーデンクリニック横浜院 院長就任
    2019年:ガーデンクリニック池袋院 院長就任
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会形成外科専門医
    日本レーザー医学会
    所属クリニック
    ガーデンクリニック池袋院
    電話
    0800-813-9290
    所在地
    東京都豊島区南池袋2-26-6島倉ビル 3・4F
    アクセス
    池袋駅 東口より徒歩3分

    ガーデンクリニック池袋院の特徴

    患者の立場に立ち、ひとりひとりに合った美容医療を提供するというポリシーを、1999年の開院以来守り続けているクリニック。美容医療において、患者から生涯に渡る信頼を得る存在でなければならないという信念を持ち、オーダーメイド治療をはじめ、時代や流行にそった設備の導入、アフターケアに努めています。

    費用

    • たれ目形成(グラマラスライン) 200,000円
    • 目尻切開法 440,000円(税込)

    電話で問い合わせる

  • nophoto

    引用元:大塚美容形成外科・歯科  東京 大塚本院
    (https://www.otsuka-biyo.co.jp/location/otsuka_honin/)

    石井 秀典医師

    美容形成外科歴20年で培った技術を提供する医師

    平成12年に帝京大学医学部を卒業し、そのまま提供大学医学部の形成外科に入局。その後も、杏林大学病院の形成外科や大塚美容形成外科に入局し、形成外科医としての技術を研鑽していきました。平成18年には異学博士号の学位も取得。日本美容外科専門医と日本形成外科学会専門医としての資格も取得しています。現場では特に負担がかかりにくい方法を実現することに尽力を注ぎ、さらにコンプレックスがなくなることを目標としています。また、技術だけではなくセンスも必要だと考えているため、バランスや美意識についての探究心も深い医師です。常に患者の立場に立って考えるだけではなく、しっかりと患者の心の声も聞き、適切な方法を提案してくれています。

    石井医師の目尻切開・グラマラスラインの特徴

    石井秀典医師の得意とする目尻切開は、まぶたの間を広げる手術です。目尻を5〜7ミリ程度切開することで、優しい印象の目元・シャープな印象の目元を作り出します。術後に癒着が起きると効果が弱くなるため、シリコンシートを使用し癒着を防ぎ、後戻りを予防しています。下まぶたに隠れている白目の範囲が多い方は大きく印象を変えることも可能ですが、白目の範囲が少ない方は手術を受けても変化が少ないためおすすめできません。患者一人ひとりの状態を確認するためカウンセリングの時間を設けており、患者のなりたい希望とできる手術の範囲のすり合わせをしています。石井秀典医師は、日本美容外科学会専門医・日本形成外科学会専門医として患者目の状態を見極め、希望に近づけた施術を行っています。

    目尻切開法

    目尻を5〜7ミリ切開して、白目の範囲を広げることで目を大きくする手術です。上下の目尻に向かう目元のラインが穏やかになることで、優しい印象を作り出すことができます。手術箇所に癒着が起きてしまうと効果が弱くなるため、シリコンシートを使用して癒着を防いでいます。

    下眼瞼下制術(たれ目形成術)

    下まぶたの目尻を切開し、たれ目を形成する手術です。目尻を下げることで隠れていた白目と黒目の露出を多くし、大きな目元に導きます。皮膚と結膜側両方を引き下げることで、自然な下まぶたの状態を保てます。より自然なたれ目になるように、患者の状態に合わせて調整が必要です。

    経歴
    2000年 帝京大学医学部 卒業
    2000年 帝京大学医学部形成外科 入局
    2005年 杏林大学病院 形成外科 入局
    2006年 大塚美容形成外科 入局
    2006年 医学博士号 学位取得
    帝京大学医学部 形成外科 非常勤講師
    美容形成外科歴 21年
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会会員
    日本美容外科学会(JSAPS)正会員
    日本頭蓋顎顔面外科学会
    日本創傷外科学会
    国際形成外科学会会員
    日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
    日本形成外科学会専門医
    医学博士
    所属クリニック
    大塚美容形成外科・歯科  東京 大塚本院
    電話
    0120-80-1611
    所在地
    東京都豊島区北大塚2-30-6 石井ビル
    アクセス
    JR山手線 大塚駅「北口」から徒歩3分

    大塚美容形成外科 大塚本院の特徴

    石井秀典医師の務める大塚美容形成外科・歯科の大塚本院は、患者の立場に立った美容医療の提供に努めています。常に技術力を高めるため、新しい技術やより患者の役に立てる施術方法の研究も実施。患者の「美しくなりたい」という気持ちに寄り添い、希望を叶える手伝いができることを最高の喜びとしています。

    費用

    • 目尻切開法
      • 片目192,500円
      • 両目275,000円
    • 下眼瞼下制術(たれ目形成術)
      • 片目231,000円
      • 両目330,000円

    電話で問い合わせる

  • nophoto

    引用元:銀座S美容・形成外科クリニック
    (https://www.ginza-s.jp/doctor.html)

    酒井 直彦医師

    形成外科・美容外科で19年以上の間に磨き上げた技術を提供する医師

    1991年に北里大学医学部を卒業し、4月から横浜南共済病院形成外科に勤務していた酒井医師。翌年には厚生連佐久総合病院外科にて勤務を開始し、さらにその翌年の1993年には国立横浜病院にて整形外科医として勤務されていました。しかし、1994年に北里大学病院の形成外科へと転院し、1997年まで勤務。さらに横浜市立大学医学部付属病院にて形成外科助手を務め、北里大学大学院医療系研究科博士課程へと進みました。飛び級で北里大学大学院医療系研究科博士課程を卒業した後は、北里大学医学部形成外科・美容外科の教師室講師も務め、2009年には城本クリニックの新宿院院長に招かれ就任。2016年に銀座S美容・形成外科クリニックを開院し、自身のクリニックで理想の美容医療を提供しています。

    酒井医師の目尻切開・グラマラスラインの特徴

    酒井医師の得意とする目元の手術で、目を大きく見せたれ目にすることで優しい印象を与えるたれ目形成・目尻切開。東洋人の特徴として、つり目の方が多く、その結果冷たい印象を与えてしまいます。下まぶたの外側を下げることで、優しい印象の目元を作ります。まぶたの内側から施術するため、傷跡が気にならないことも特徴のひとつ。隠れていた白目の範囲により、施術可能な範囲が決まります。患者一人ひとりの状態が異なるため、カウンセリングの時間を設け丁寧に聞き取ります。なりたい目元や理想の形を医師とすり合わせを行うことで、希望に沿った施術を提案しています。酒井医師は日本形成外科学会専門医・日本美容外科学会専門医(JSAPS)として、患者の希望を叶えるデザイン力と技術力を兼ね備えた医師の1人です。

    たれ目形成

    つりあがった下まぶたの外側を、下に下げることでやわらかい印象を与えます。カウンセリングで希望をしっかりと聞き取り、丁寧に施術。まぶたの内側から施術するので、傷跡が目立たないのも大きなメリットのひとつです。より大きな目元を作り出したい場合には、目尻切開と同時に施術する場合もあります。

    目尻切開

    目の外側を数ミリ切開し、横幅を広げる手術です。まぶたの縁を切開するため、傷跡も目立ちにくいです。たれ目形成を同時に行うことで、術後の癒着による効果の後戻りもしにくくなります。

    経歴
    1991年3月 北里大学医学部卒業
    1991年4月 横浜南共済病院形成外科
    1992年4月 厚生連佐久総合病院外科
    1993年4月 国立横浜病院(現横浜医療センター)整形外科
    1994年4月 北里大学病院形成外科
    1997年4月 横浜市立大学医学部附属病院形成外科助手
    1999年4月 北里大学大学院医療系研究科博士課程
    2002年3月 北里大学大学院医療系研究科博士課程卒業(飛び級)
    2002年4月 北里大学医学部形成外科・美容外科学教室講師
    2009年4月 城本クリニック新宿院院長として招聘
    2013年1月 城本クリニック銀座院 開業
    2016年1月 銀座S美容・形成外科クリニック 開業
    2021年 第109回 日本美容外科学会(JSAS)学会長
    所属医師会や保有資格
    医学博士
    日本形成外科学会専門医
    日本美容外科学会専門医(JSAPS)
    日本美容外科学会専門医(JSAS)
    日本形成外科学会
    日本美容外科学会
    日本美容外科医師会
    日本頭蓋顎顔面外科学会
    国際形成外科学会
    美容医療協会
    日本先進医療医師会
    所属クリニック
    銀座S美容・形成外科クリニック
    電話
    03-5537-6645
    所在地
    東京都中央区銀座6丁目5-13 CSSビルディング III 3F
    アクセス
    東京メトロ 銀座駅より徒歩3分
    有楽町駅より徒歩6分
    JR、銀座線 新橋駅より徒歩6分
    ゆりかもめ 新橋駅より徒歩10分

    銀座S美容・形成外科クリニックの特徴

    酒井医師が所属する銀座S美容・形成外科クリニックは、患者のきれいになりたい気持ちを大切に、質の高い美容医療と治療を心がけています。待合室やカウンセリングでは、プライバシーに配慮した設計になっています。医師によるカウンセリングで要望を丁寧に聞き取り、希望するイメージの実現に向けて施術だけではなくアフターケアにも力を入れています。

    費用

    • 価格は税込価格
    • 目尻切開 275,000~330,000円
    • たれ目形成 440,000円

    電話で問い合わせる

  • nophoto

    飯田 秀夫医師

    形成外科専門医・美容外科専門医として培った経験から患者のQOLを重視した美容医療を提供

    1992年、東京医科歯科大学を卒業し、その後も東京医科歯科大学医学部や国立がんセンター、他の総合病院で皮膚科・頭頸部外科・形成外科・美容外科を経験。2007年になると、東京医科歯科大学の臨床教授へ就任し、2009年にはリッツ美容外科東京院に入職しました。2013年にはリッツ美容外科東京院の院長に就任し、2014年には湘南美容クリニックへ入職。さらに2018年には辻堂アカデミアの院長にも就任するなど、あらゆる分野と場所で活躍されている医師です。形成外科専門医と美容外科専門医の資格も取得し、常に全力で治療に当たるよう尽力している医師でもあります。特に美容外科分野では顔面の手術全般に興味を持ち、同分野に関して現在でも常に研鑽しています。

    飯田医師の目尻切開・グラマラスラインの特徴

    目尻の部分を切開することで、より大きな目元の印象を与えます。切開する方法には、単純切開法とW法があり患者の要望や顔の状態に合わせて、よりよい提案をしています。W法では、目尻の皮膚をWの形に切開。余分な皮膚を切り取り、目尻の外側に広がった分、上下に目元を大きく見せます。白目と黒目のバランスや、どの程度切除するかなど見極める力が重要です。目頭切開に比べるとダウンタイムも短く抑えられ、傷跡はメイクしなくても目立ちにくいため女性だけでなく男性も受けやすくなっています。下眼瞼下制(タレ目の手術)の手術と一緒に受けると、より大きな目元が実現できます。

    目尻切開法

    目尻部分の皮膚を切り取り、丁寧に縫い合わせることで目の横幅を広げ大きく見せる手術です。隠れている白目部分を切開により広げ、優しい印象を与えます。メイクしなくても傷跡が目立ちにくいことも特徴のひとつです。

    経歴
    1992年 東京医科歯科大学卒業
    同大学医学部、国立がんセンター、他総合病院にて皮膚科、頭頸部外科、形成外科、美容外科を研鑽。
    2007年 東京医科歯科大学臨床教授
    2009年 リッツ美容外科東京院入職
    2013年 リッツ美容外科東京院院長に就任
    2014年 湘南美容クリニック 入職
    2018年 辻堂アカデミア 院長就任
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)正会員
    国際美容外科学会(International Society of Aesthetic Plastic Surgery)Active Member
    医学博士(東京医科歯科大学)
    サーマクール認定医
    所属クリニック
    湘南美容クリニック 町田院
    電話
    0120-489-820
    所在地
    東京都町田市原町田6-9-7アエタ町田7階
    アクセス
    小田急線町田駅 東口から徒歩3分
    JR横浜線町田駅 中央改札から徒歩5分

    湘南美容クリニック町田院の特徴

    飯田秀夫医師が務める湘南美容クリニックは、総合技術を持った指導医が所属するクリニックです。形成外科専門医であり、美容外科(JSAPS)専門医でもある飯田院長の施術が受けられます。今までの経験と実績に基づき、多岐にわたる高度な技術が患者の悩みを解決に導きます。

    費用

    • 価格は税込価格
    • 目尻切開法 両目 188,920円
    • オプション:MD式10 +100,000円

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    尾崎 峰

    引用元:大塚美容形成外科 銀座院
    (https://www.otsuka-biyo.co.jp/stuff/doctor-stuff/)

    尾崎 峰医師

    患者の希望を叶える医師

    尾崎峰医師は2000年東京医科歯科大学医学部医学科卒業後、美容形成外科医としてさまざまな症例と向き合いその実績と経験を積まれました。2004年に大塚美容形成外科入職後、患者の美しくなりたいという気持ちに寄り添い、医学の力で希望を叶えるお手伝いをしています。コンプレックスや悩みの解決ができることを医師として最高の喜びとし、患者の自信あふれる笑顔がこれからの毎日を輝かせるものになることを心から願う医師です。

    尾崎医師の目尻切開の特徴

    目尻切開法は、目尻を数ミリ切開し隠れている白目を露出させることで目の横幅を大きくする手術です。目の上方向を切開するか、下方向を切開するかによって目元の印象を変えることも可能です。目尻切開では切開後に後戻りしてしまい、効果が感じにくい方もいらっしゃいます。しかし、特殊なシリコンシートを使用することで後戻りを防ぎ、効果を高める工夫をしています。このような工夫から目元を大きく見せ、小顔効果を期待することもできます。また目尻切開により目元を大きくする前に、医師とのカウンセリングでは切開可能な範囲の確認が必要です。大きく切開しすぎると粘膜が見えてしまい不自然となり、眼病のリスクも高まります。しっかりと経験と実績のある医師のもとで施術を検討しましょう。尾崎医師は美容形成外科歴21年の経験と、日本美容外科学会・日本形成外科学会専門医としての実績を併せ持つ医師の1人です。

    目尻切開法

    目尻を数ミリ切開して、目を横方向に大きくする施術です。どのくらい大きくできるかは、患者一人ひとりの目元の状態や顔のバランスによって異なります。目尻切開後の後戻りを防ぐために、特殊なシリコンシートを使用するなどして、後戻りの対策をしています。

    経歴
    2000年 東京医科歯科大学医学部医学科 卒業
    2000年 東京大学 形成外科 入局
    2003年 杏林大学 形成外科 入局
    2004年 大塚美容形成外科 入局
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会会員
    日本美容外科学会(JSAPS)正会員
    日本頭蓋顎顔面外科学会会員
    日本創傷外科学会会員
    日本マイクロサージャリー学会会員
    血管腫・血管奇形研究会会員
    顔面神経研究会会員
    日本レーザー医学会会員
    日本美容外科学会専門医(日本美容外科学会(JSAPS)認定)
    日本形成外科学会専門医
    日本レーザー医学会専門医
    医学博士
    所属クリニック
    大塚美容形成外科 銀座院
    電話番号
    0800-222-1611
    住所
    東京都中央区銀座3丁目9-6 VORT銀座maxim 8F
    アクセス
    東銀座駅(日比谷線・都営浅草線)から徒歩3分
    銀座駅(銀座線・丸の内線・日比谷線)から徒歩5分
    銀座一丁目駅(有楽町線)から徒歩5分
    有楽町駅(JR・有楽町線)から徒歩10分

    大塚美容形成外科 銀座院の特徴

    尾崎医師の務める大塚美容外科銀座院は、ダウンタイムはできる限り短いながらも患者が満足してもらえるような施術を目指しています。「1回で効果が出てダウンタイムがない」といった夢のような施術はまだありません。複数回施術を続けていくことで、効果を高めていく施術方法を提案しています。そのため、適正な価格・通いやすい立地・医療機器の選別を実施し、満足度が高く痛みの少ない施術を日々進化させるように努めています。

    費用

    • 料金は全て税込価格
    • 目尻切開法
      • 片目 192,500円
      • 両目 275,000円

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    酒井 新介

    引用元:東京イセアクリニック
    (https://www.tokyoisea.com/eye/clinic/sakai/)

    酒井 新介医師

    目元の施術を得意とし、患者本位の施術する医師

    酒井新介医師は2002年に東京慈恵会医科大学卒業後、同大学の形成外科学講座に入局。2012年には東京厚生年金病院にて形成外科部長に就任されました。2017年には今までの経験を活かし、美容形成外科に転職。2021年に東京イセアクリニックに入職し、患者が安心して手術を受けられるように日々研鑽を積んでいます。形成外科医として顔面の手術を専門とし15年に渡り経験と実績を積み上げ、日本形成外科学会認定専門医の資格も有しています。目元の手術には特に自信があり、気になる点があれば小さなことでも気軽に相談してみてください。

    酒井医師の目尻切開の特徴

    目尻切開とは目尻を希望するデザインになるように切開し、縫合することで目を横方向に大きくする手術です。東京イセアクリニックでは極細の注射針を使用し術前のクーリングをしっかりするなど、ダウンタイムをできるだけ短くする取り組みを実施。ダウンタイムは約2週間程度かかりますが、しっかりと完成するまでに3ヵ月かかる手術です。万が一、デザインに満足できない場合には、術後1ヵ月以内であれば再手術が無料で受けられます。完成までの3ヵ月を不安な気持ちで過ごすのではなく、どんな風に完成するのか楽しみに待てるのも特徴のひとつです。目尻切開はつり目から優しい印象へ、たれ目を改善しすっきりした目元にするなど印象を変えることが期待できます。印象が変わるからこそ、事前のカウンセリングに時間をとっています。医師のカウンセリングはもちろんのこと、カウンセラーとのWカウンセリング制度を導入。施術方法やダウンタイムの過ごし方など、気になることはどんなに小さなことでも丁寧に何度でも答えてくれます。

    目尻切開

    目尻を数ミリ切開し、目の横幅を広げることで大きく見せる手術です。目頭切開が難しい方でも、目を大きく見せます。目を大きく見せることで、小顔効果も期待できます。目尻の印象が目元の印象を変えるため、十分なカウンセリングをしてから施術を行うことがおすすめです。

    経歴
    2002年 東京慈恵会医科大学 卒
    東京慈恵会医科大学形成外科学講座 入局
    東京慈恵会医科大学附属病院にて初期研修終了後、
    附属第三病院、附属病院、柏病院に勤務
    2012年 東京厚生年金病院
    (現JCHO東京新宿メディカルセンター)
    形成外科部長ならびに東京慈恵会医科大学形成外科学講座講師就任
    2017年 聖心美容クリニック勤務
    2018年 城本クリニック勤務
    2020年 城本クリニック高崎院院長就任
    2021年 東京イセアクリニック 入職
    所属医師会や保有資格
    医学博士
    日本形成外科学会認定 専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)会員
    日本手外科学会 会員
    日本抗加齢医学会 会員
    所属クリニック
    東京イセアクリニック
    電話番号
    0120-963-866
    住所
    東京都渋谷区千駄ヶ谷5-27-3 やまとビル5階
    アクセス
    新宿駅から徒歩3分

    東京イセアクリニックの特徴

    酒井新介医師が勤める東京イセアクリニックは、ダウンタイムを最小限にする取り組みや、目元の整形全てにおいて再手術無料保証をつけることで患者が安心して手術を受けられる環境を整えています。患者が満足いただけることを何より重要で、医師やカウンセラーとのカウンセリングの時間を設け話しやすい雰囲気作りを大切にしています。カウンセリングは無料のため、気になる点はお気軽に相談してみてください。

    費用

    • 目尻切開
      • 両目 242,000円
      • 片目 132,000円
    • ※価格は税込価格です

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    鈴木 彩馨

    引用元:マックスファクス銀座クリニック
    (https://www.maxfacsginza.com/doctor/)

    鈴木 彩馨医師

    顔全体のバランスを考えた目元の施術を提案する医師

    鈴木彩馨医師は、2013年慶應義塾大学医学部形成外科入局。その後、数々の病院で多くの症例と向き合い、実績を積みました。形成外科医としての経験を活かし、マックスファクス銀座クリニックで美容形成外科として日々患者を美しくする提案をしています。顔全体のバランスを整えるために、三次元骨格分析を実施することで医師の主観ではなく、自然な美しさを大切にした施術の提案をしています。

    鈴木医師の目尻切開の特徴

    目尻切開は抜糸後に再癒着(後戻り)してしまい、術後の変化を感じにくいデメリットがありました。鈴木医師の勤めるマックスファクス銀座クリニックでは、後戻りを防ぐために施術部位に特殊な医療用シートを挟み込んでいます。数週間患部に装着したままにし、再癒着しないように工夫しています。医療用シートを挟み込んで縫合するので、縫合の方法も従来のものとは異なり目尻の切開ラインをより凹凸の少ないラインで実現。麻酔の量にもこだわり最小限に抑え、独自のYW切開法を用いることでダウンタイムも短くなり切開ラインも美しく仕上げます。糸が露出しない縫合の仕方で、日常生活にも支障のない程度に抑えることができます。施術前には三次元骨格分析の実施をおすすめしています。患者一人ひとりの顔の状態に合わせ、自然な目元の提案が可能になります。

    目尻切開

    目尻を独自のYW法で切開し、縫合する際には特殊な医療用シートを挟み込みます。そうすることで後戻りを防ぎ、目尻切開の効果が実感しやすいのも特徴のひとつ。麻酔の量や縫合の仕方にもこだわり、切開ラインを凹凸の少ない仕上がりにすることも期待できます。切開したい部分をどの程度切開するのかは医師との丁寧なカウンセリングによって決定します。

    経歴
    2011年 北里大学医学部卒業
    2011年 慶應義塾大学医学部研修医
    2013年 慶應義塾大学医学部形成外科入局
    2014年 那須赤十字病院形成外科
    2015年 東京歯科大学市川総合病院形成外科
    2016年 国際医療福祉大学三田病院・慶應義塾大学医学部形成外科
    2017年 平塚市民病院形成外科 医長
    2018年 東京都立小児総合医療センター形成外科
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会認定専門医
    日本形成外科学会会員
    日本頭蓋顎顔面外科学会会員
    日本美容外科学会会員
    所属クリニック
    マックスファクス銀座クリニック
    電話番号
    0120-066-426
    住所
    東京都中央区銀座7-3-7ブランエスパ銀座ビル5F
    アクセス
    銀座駅から徒歩5分
    JR新橋駅から徒歩5分

    マックスファクス銀座クリニックの特徴

    鈴木彩馨医師の勤めるマックスファクス銀座クリニックは、専門医によるチーム医療を提供しています。主観ではなく専門医ならではの医学的根拠に基づく顔のバランスを考慮しています。施術後の不安にも24時間体制でサポート。多角的な分析とシミュレーションによる高度な手術で、バランスの取れた自然の美しさを実現します。

    費用

    • 税込価格
    • 目尻切開 (YW法)
      • (片眼) 220,000円
      • (両眼) 385,000円

    電話で問い合わせる

目尻切開の基礎知識

治療の特徴

目の位置やバランスが気になる人や目力を持たせたい人には最適な目の整形です。ダウンタイムも少なく効果が短期間で感じられるので人気が高まっています。

Meritメリット
  • わずかな切開で大きく印象が変わる
  • 目が一回り大きく見えてアイメイクが強調される
  • 視界が広がる
  • 顔にメリハリができる
  • 二重整形と並行してできるため一度で理想の目にすることができる
  • 末広型の二重を外国人のような並行型にすることができる
  • 長期的に効果が続く
Demeritデメリット
  • 目の印象がきつくなりやすい
  • 黒目が小さい人は白目部分が多く見える三白眼になることがある
  • 切開しすぎると寄り目になる心配がある
  • 傷跡の修正が困難
  • 稀に傷跡が瘢痕になって残るケースがある

目頭切開手術の料金・施術時間の目安

費用目安

目頭切開にかかる費用は、両目でおおよそ20万円~30万円前後。病院によってバラつきはあります。あまりにも安い価格設定のクリニックは、カウンセリング時の対応や口コミなどの情報を徹底的に調べ、納得した上で手術を受けましょう。

  • 両目で20万円~30万円前後

手術にかかる時間・通院回数(期間)

目頭切開の手術にかかる時間は、およそ30~40分程度。手術を受けたその日に、そのまま帰宅することが可能です。

目頭切開のみの手術の場合は、ダウンタイムが1週間程度必要になります。手術から1週間後に再び病院を訪れ、抜糸を行えば通院は終了です。腫れが引くまでには、抜糸後から2週間ほどかかります。

  • 手術時間:30分~40分程度
  • 通院回数:2回
  • 通院期間:1週間

基本的なダウンタイム

目頭切開を行うと1週間程度は腫れが見られると考えておいた方がいいでしょう。通常は1週間で抜糸を行いますが、糸を取った後も1週間くらいかけて腫れはひいていきます。腫れが引くまでは1ヶ月くらいはかかるでしょう。

目元はとてもナイーブな部分ですので、腫れは覚悟しておいた方がよさそうです。

  • 痛みが出たら鎮痛剤を服用する
  • 術後は適度に冷やして腫れが長引くのを抑える
  • 抜糸をするまではアイメイクは控える
  • 術後は運動や入浴、飲酒などの血行が良くなることは控える
  • 抜糸するまでコンタクトは控える
  • 傷の部分はこすらないようにして濡れたら優しくふき取る
  • 入浴は7日目くらいから

目頭切開の結果次第で顔の印象ががらりと変わります。鼻にメスを入れる手術を行うため、失敗すると理想とは程遠い結果になってしまいます。ですから信頼できるドクター選びが大変重要です。また、アフターフォローもチェックして選ぶようにしましょう!

ダウンタイムについては、各施術によって変わるので、必ず事前に確認しましょう。

目尻切開の施術法とリスク

つり目を改善したい方や、やさしい印象になりたい方が選ぶ目尻切開は、目尻を切開することで目を横方向に広げる施術方法です。施術によって、瞳の外側に隠れていた白目部分が広がります。目と目の間が狭く目頭切開ができない方でも、目を大きく見せる効果も期待できます。

目尻切開の施術法

目尻の下を切開することで、ゆるやかなラインになり、やさしい印象を与えます。たれ目が気になる方は、目尻を上方向に引き上げることでシャープな目元を作り出すことが期待できます。このように目尻は目全体の印象を変えるので、バランスの整った目元を作り出すことも可能。また、目の面積が広がるため小顔に見えることも特徴のひとつです。 術後の腫れが目立つダウンタイムは、個人差もありますが手術翌日をピークに1週間程度です。時間の経過とともに落ち着いてきますが、左右差やむくみの改善には3ヵ月ほど、かかる場合もあります。

目尻切開のリスク

目尻切開には目の構造や刺激を受けることで、術後時間の経過とともに多少の後戻りが発生する可能性があります。ただ、後戻りを考慮して目尻を広げ過ぎることは、おすすめできません。広げすぎると粘膜が露出し見た目にも不自然になり、眼病のリスクが高まります。また白目と黒目のバランスが崩れ、白目が目立つことで冷たい印象を与えることが考えられます。後悔しないためにも、医師とのカウンセリングで、すり合わせをしっかりとすることが重要です。どういう希望があるのかを伝えると、理想に近づけるより良い施術を提案してくれます。カウンセリングを丁寧に行うことで、術後に後悔するリスクを防ぐことにつながります。