PICK UP Doctorsアンチエイジング・美肌の名医コンプリートガイド東京の目尻切開・グラマラスラインの名医5選

目尻切開・グラマラスラインの名医=目元のデザイン力+専門医資格

切開などにより、目尻の下まぶたを外側に下げてタレ目に見せる手術「グラマラスライン・たれ目形成」。医師を選ぶ際には、以下の3点で選びましょう。

チェック1:目元のデザインに関するカウンセリングがしっかりおこなわれるか

グラマラスラインの整形はデザインが重要となります。たれ目をどの程度下げるか、最終的に目の形状をどのようにしたいかなど、じっくりと話し合い希望や要望に沿った提案をしてくれるかはひとつのポイントとなります。

チェック2:日本形成外科学会の専門医資格を持っているか

4年間以上の研修と資格試験に合格した医師を、日本形成外科学会の専門医と呼びます。目元は数ミリ単位の修正でも表情や印象に大きな影響を与えます。技術と経験を備えた医師を選ぶ基準の一つに置きましょう。

チェック3:他の施術も同時におこなえるか

目頭切開や二重整形も同時におこなうことで、よりたれ目を強調させることができます。目元の整形全般に精通しているかもチェックしましょう。

東京の目尻切開・グラマラスラインの名医はこの5名!

  • Great Dr.
    吉種 克之

    引用元:東京イセアクリニック
    (https://www.tokyoisea.com/eye/clinic/yoshitane/)

    吉種 克之医師

    吉種 克之医師の目尻切開・グラマラスラインの特徴

    東京イセアクリニックのグラマラスライン形成は、完成後一か月間はデザイン変更が無料。「もう少し切りたい」といった要望も無料で再手術することができます。また、表面麻酔・局所麻酔や痛み止めの処方薬も施術費用に含まれているため、後から追加請求されることがありません。実際に施術を受ける前には、医師によるカウンセリング、入念なシミュレーションを実施。仕上がりに関してイメージのずれが起きないよう、患者が納得できるまでカウンセリングを行います。

    経歴
    1986年:東京医科大学卒業
    1986年:昭和大学形成外科 入局
    1995年:神奈川クリニック勤務
    2010年:東京イセアクリニック 診療部長
    2011年:東京イセアクリニック 渋谷院院長就任
    2015年:東京イセアクリニック総院長就任 銀座院院長と兼務
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会認定 専門医
    日本美容外科学会(JSAS)認定 専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)会員
    所属クリニック
    東京イセアクリニック
    所在地
    東京都中央区銀座6-2-3Daiwa銀座アネックス3F
    電話
    0120-963-866

    クリニックの特徴

    極細注射針の使用や痛み止め、抗生剤の無料処方など、ダウンタイムをなるべく抑えるよう工夫しているクリニック。再手術も無料である点や無料カウンセリングなども患者に納得いく治療を行ってもらうための治療方針のもと行われています。

    費用

    • 両目¥318,800
    • 片目¥191,800

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    柴田 智一

    引用元:ガーデンクリニック
    (https://www.garden-senbi.jp/doctor/dr_shibata/)

    柴田 智一医師

    柴田 智一医師の目尻切開・グラマラスラインの特徴

    目尻切開は、まぶたの裏側にあたる結膜側から切開します。この術式は、しっかりとまぶたを引き下げるコンプリート法と呼ばれ、手術の傷が見えることがないように配慮された施術。また、切らない手術としては、糸で引っ張るだけの埋没法も可能となっています。より目力のある目にデザインすることもできるため、患者の希望に沿った施術が可能となっています。

    経歴
    2005年:山梨大学医学部 卒業
    2009年:町田市民病院 勤務
    2011年:東京女子医科大学病院 勤務
    2012年:国立病院機構災害医療センター 勤務
    2012年:東京女子医科大学 勤務
    2014年:鹿児島市立病院 勤務
    2016年:ガーデンクリニック 入局
    2016年:ガーデンクリニック横浜院 院長就任
    2019年:ガーデンクリニック池袋院 院長就任
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会形成外科専門医
    日本レーザー医学会
    所属クリニック
    ガーデンクリニック
    所在地
    池袋院:東京都豊島区南池袋2-26-6島倉ビル 3・4F
    電話
    0800-813-9290

    クリニックの特徴

    患者の立場に立ち、ひとりひとりに合った美容医療を提供するというポリシーを、1999年の開院以来守り続けているクリニック。美容医療において、患者から生涯に渡る信頼を得る存在でなければならないという信念を持ち、オーダーメイド治療をはじめ、時代や流行にそった設備の導入、アフターケアに努めています。

    費用

    • たれ目形成(グラマラスライン) 200,000円

    電話で問い合わせる

  • nophoto

    引用元:大塚美容形成外科・歯科  東京 大塚本院
    (https://www.otsuka-biyo.co.jp/location/otsuka_honin/)

    石井 秀典医師

    美容形成外科歴20年で培った技術を提供する医師

    平成12年に帝京大学医学部を卒業し、そのまま提供大学医学部の形成外科に入局。その後も、杏林大学病院の形成外科や大塚美容形成外科に入局し、形成外科医としての技術を研鑽していきました。平成18年には異学博士号の学位も取得。日本美容外科専門医と日本形成外科学会専門医としての資格も取得しています。現場では特に負担がかかりにくい方法を実現することに尽力を注ぎ、さらにコンプレックスがなくなることを目標としています。また、技術だけではなくセンスも必要だと考えているため、バランスや美意識についての探究心も深い医師です。常に患者の立場に立って考えるだけではなく、しっかりと患者の心の声も聞き、適切な方法を提案してくれています。

    所属クリニック
    大塚美容形成外科・歯科  東京 大塚本院
    所在地
    東京都豊島区北大塚2-30-6 石井ビル
    電話
    0120-80-1611
  • nophoto

    引用元:銀座S美容・形成外科クリニック
    (https://ginza-s.jp/index.html)

    酒井 直彦医師

    形成外科・美容外科で19年以上の間に磨き上げた技術を提供する医師

    1991年に北里大学医学部を卒業し、4月から横浜南共済病院形成外科に勤務していた酒井医師。翌年には厚生連佐久総合病院外科にて勤務を開始し、さらにその翌年の1993年には国立横浜病院にて整形外科医として勤務されていました。しかし、1994年に北里大学病院の形成外科へと転院し、1997年まで勤務。さらに横浜市立大学医学部付属病院にて形成外科助手を務め、北里大学大学院医療系研究科博士課程へと進みました。飛び級で北里大学大学院医療系研究科博士課程を卒業した後は、北里大学医学部形成外科・美容外科の教師室講師も務め、2009年には城本クリニックの新宿院院長に招かれ就任。2016年に銀座S美容・形成外科クリニックを開院し、自身のクリニックで理想の美容医療を提供しています。

    所属クリニック
    銀座S美容・形成外科クリニック
    所在地
    東京都中央区銀座6丁目5-13 CSSビルディング III 3F
    電話
    03-5537-6645
  • nophoto

    引用元:湘南美容クリニック 町田院
    (https://www.s-b-c.net/clinic/branch/machida/)

    飯田 秀夫医師

    形成外科専門医・美容外科専門医として培った経験から患者のQOLを重視した美容医療を提供

    1992年、東京医科歯科大学を卒業し、その後も東京医科歯科大学医学部や国立がんセンター、他の総合病院で皮膚科・頭頸部外科・形成外科・美容外科を経験。2007年になると、東京医科歯科大学の臨床教授へ就任し、2009年にはリッツ美容外科東京院に入職しました。2013年にはリッツ美容外科東京院の院長に就任し、2014年には湘南美容クリニックへ入職。さらに2018年には辻堂アカデミアの院長にも就任するなど、あらゆる分野と場所で活躍されている医師です。形成外科専門医と美容外科専門医の資格も取得し、常に全力で治療に当たるよう尽力している医師でもあります。特に美容外科分野では顔面の手術全般に興味を持ち、同分野に関して現在でも常に研鑽しています。

    所属クリニック
    湘南美容クリニック 町田院
    所在地
    東京都町田市原町田6-9-7アエタ町田7階
    電話
    0120-489-820

目尻切開の基礎知識

治療の特徴

目の位置やバランスが気になる人や目力を持たせたい人には最適な目の整形です。ダウンタイムも少なく効果が短期間で感じられるので人気が高まっています。

Meritメリット
  • わずかな切開で大きく印象が変わる
  • 目が一回り大きく見えてアイメイクが強調される
  • 視界が広がる
  • 顔にメリハリができる
  • 二重整形と並行してできるため一度で理想の目にすることができる
  • 末広型の二重を外国人のような並行型にすることができる
  • 長期的に効果が続く
Demeritデメリット
  • 目の印象がきつくなりやすい
  • 黒目が小さい人は白目部分が多く見える三白眼になることがある
  • 切開しすぎると寄り目になる心配がある
  • 傷跡の修正が困難
  • 稀に傷跡が瘢痕になって残るケースがある

目頭切開手術の料金・施術時間の目安

費用目安

目頭切開にかかる費用は、両目でおおよそ20万円~30万円前後。病院によってバラつきはあります。あまりにも安い価格設定のクリニックは、カウンセリング時の対応や口コミなどの情報を徹底的に調べ、納得した上で手術を受けましょう。

  • 両目で20万円~30万円前後

手術にかかる時間・通院回数(期間)

目頭切開の手術にかかる時間は、およそ30~40分程度。手術を受けたその日に、そのまま帰宅することが可能です。

目頭切開のみの手術の場合は、ダウンタイムが1週間程度必要になります。手術から1週間後に再び病院を訪れ、抜糸を行えば通院は終了です。腫れが引くまでには、抜糸後から2週間ほどかかります。

  • 手術時間:30分~40分程度
  • 通院回数:2回
  • 通院期間:1週間

基本的なダウンタイム

目頭切開を行うと1週間程度は腫れが見られると考えておいた方がいいでしょう。通常は1週間で抜糸を行いますが、糸を取った後も1週間くらいかけて腫れはひいていきます。腫れが引くまでは1ヶ月くらいはかかるでしょう。

目元はとてもナイーブな部分ですので、腫れは覚悟しておいた方がよさそうです。

  • 痛みが出たら鎮痛剤を服用する
  • 術後は適度に冷やして腫れが長引くのを抑える
  • 抜糸をするまではアイメイクは控える
  • 術後は運動や入浴、飲酒などの血行が良くなることは控える
  • 抜糸するまでコンタクトは控える
  • 傷の部分はこすらないようにして濡れたら優しくふき取る
  • 入浴は7日目くらいから

目頭切開の結果次第で顔の印象ががらりと変わります。鼻にメスを入れる手術を行うため、失敗すると理想とは程遠い結果になってしまいます。ですから信頼できるドクター選びが大変重要です。また、アフターフォローもチェックして選ぶようにしましょう!

ダウンタイムについては、各施術によって変わるので、必ず事前に確認しましょう。