涙袋形成で失敗しないために必要なこと

涙袋によって目元の印象は変わるため、ぷっくりとした涙袋にあこがれている女性は多いのではないでしょうか。
涙袋形成は比較的手軽に受けることができる美容整形ですが、失敗が無いわけではありません。憧れの理想の涙袋を実現するために涙袋形成を受け、失敗してしまうとショックははかりしれません。本記事では、涙袋形成で失敗してしまう原因と失敗を減らす方法を解説していきます。

涙袋形成とは

涙袋は、眼輪筋という目の周りの筋肉によるふくらみです。特に笑うと膨らみは大きくなり、表情が豊かに見えます。この目の下にぷくっとした膨らみがある涙袋は、涙袋形成の施術により作ることができます。ここでは施術の概要とメリットについて紹介します。

涙袋形成の施術

目を大きく魅力的に見せ、小顔効果が期待できる涙袋を形成する施術は、ヒアルロン酸を注入する方法が一般的です。施術で使用するヒアルロン酸はヒトの皮膚、軟骨、目の硝子体など体内のあらゆる所に存在している成分で、注入後は自然に体内に吸収されます。 まず、目指す涙袋の形や大きさなどを医師と相談します。あらかじめ局所麻酔をした後、仕上がりを確認しながら目の下にヒアルロン酸を注入して、ふっくらとした涙袋を形成します。この施術時間は約10~30分程度で完了します。 注射をしているため、施術後は血流の良くなる運動は避け、患部を冷やして安静に過ごす必要はありますが、入院などの必要なく、傷口は注射痕のみなので、洗顔やメイクも翌日から可能です。

涙袋形成のメリット

涙袋があると、目よりも下のラインまで目である印象を持たせることができるため、目が大きく見えます。笑うとぷくっと盛り上がるので、笑顔の印象も強く表情が豊かになります。また、目の周りに凹凸ができることで顔に立体感が生まれ、凹凸により顔の余白が減少し、小顔効果も期待できます。このように、涙袋を作ることで顔の印象を変えることができます。

涙袋形成の失敗例

施術を行うメリットを紹介してきましたが、涙袋を形成して後悔してしまうこともあります。ここからは、涙袋形成でどのような失敗の可能性があるか、紹介していきます。

左右で大きさに差がある

ヒアルロン酸の注入量が異なってしまったことで、左右の涙袋のサイズが違う仕上がりになる失敗があります。この失敗には医師の技術力が大きく関わります。また、ヒアルロン酸の注入量が同一であっても、ヒアルロン酸は体内に吸収されていくため、左右の目でヒアルロン酸の吸収量が異なると、涙袋の大きさに差が出てしまいます。

涙袋が大きすぎるor小さすぎる

片方の目の下に注入するヒアルロン酸は0.5cc程度までが一般的ですが、より大きな涙袋を要望し、過剰にヒアルロン酸を注入すると、涙袋が想定よりも大きくなってしまうことがあります。人工的な涙袋になってしまったり、大きすぎる涙袋により、目の下がたるんで見えたりしてしまうこともあります。
一方で、注入量の不足や使用するヒアルロン酸の選択ミス等により、施術前とあまり変化が見られないこともあるため、顔のバランスや特徴等を考慮し、注入するヒアルロン酸量を決める必要があります。

目の下にしこりができてしまう

通常ヒアルロン酸は体内に吸収されますが、注入したヒアルロン酸が筋肉の動きなど何らかの原因により集まり硬くなってしこりとして残ることがあります。ヒアルロン酸の注入を繰り返すことでヒアルロン酸が体内に吸収されにくくなり、しこりになりやすくなります。

施術後に炎症が起こってしまう

ヒアルロン酸を注射した施術患部の細菌感染により、炎症が起こり、患部が腫れ、痛みが出る場合があります。施術中に細菌が侵入する場合やヒアルロン酸の質が悪く細菌が繁殖しやすい場合もあります。
炎症だけでなく、注射時に毛細血管を傷つけてしまうことで内出血が起こってしまうこともあります。内出血は血流が良くなることで悪化しやすいため、激しい運動は行わないようにしましょう。

涙袋形成の美容クリニックを探す際のポイント

ここまで涙袋形成のメリットと失敗例を紹介してきました。涙袋が欲しくて受けた施術で失敗をしてしまうと理想ではない目元で生活を行わなければなりません。そのため、失敗しない涙袋形成施術を受けるためには、美容クリニックの選択が鍵を握ります。どのような美容クリニックを見つければよいか、ポイントを紹介します。

美容外科(美容クリニック)の探し方を知りたい方はこちら

涙袋形成のカウンセリングやアフターケアが行われているか

形や大きさなどイメージしている理想の涙袋を医師にしっかりと伝え、共有することはとても重要です。疑問点や気になる点は施術前に確認し、施術について事前に情報を得るためにもカウンセリングを丁寧に行ってくれるクリニックを選びましょう。ヒアルロン酸の注入量、仕上がりのイメージは特に大事なポイントなので、カウンセリングの段階で医師に聞いてみましょう。また、万が一のことがあった際にケアしてくれるかどうかも合わせて確認しておきましょう。

涙袋形成の施術で良質なヒアルロン酸を使用しているか

涙袋形成に使用するヒアルロン酸は体内に注入し、吸収されるためヒアルロン酸の質は非常に重要です。注入するヒアルロン酸の商品はたくさんあります。中には質の悪い商品もあるため、高品質のヒアルロン酸を使用しているクリニックを選びましょう。

涙袋形成の施術の価格は適正か、不審な営業がないか

涙袋形成の施術方法のヒアルロン酸には良質なものから質の悪いものがあるため、価格が高ければ安心というイメージがありますが、質の悪いもので価格が高いものを進めてくる場合などもあります。そのため、適切な施術なのか、複数のクリニックでカウンセリングを受けて失敗しないように注意しましょう。

涙袋形成の美容クリニックを探すなら名医コンプリートガイド

ここまで、涙袋形成で失敗してしまうのはどのような場合か、またその失敗を避ける方法を解説しました。涙袋形成の失敗を防ぐためには慎重に美容クリニックを探すことになりますが、条件に合うクリニックを探すことはとても大変です。名医コンプリートガイドなら、短時間で簡単に安心できる美容クリニックを見つけることができます。ここからは、便利な名医コンプリートガイドの特徴について紹介します。

日本形成外科学会、日本美容外科学会の専門医を掲載

名医コンプリートガイドでは、美容外科医として技術が認められている、日本美容外科学会や日本形成外科学会の専門医のみを掲載しています。掲載されている医師を選ぶと、資格を有している技術が認められた医師に施術してもらうことができます。また、専門医であれば知識も豊富なので、万が一のトラブルにも対応することができるでしょう。さらに、ヒアルロン酸の商品を扱っているアラガン・ジャパン社が認定するアラガンジャパン認定医も掲載しています。

症例写真を公開している

涙袋形成の名医コンプリートガイドでは、症例写真を公開している医師のみを掲載しています。実際に施術した症例の写真を公開していることは、医師の技術を証明しています。症例写真を見ることで、施術を受ける前に医師の技術を確認することができます。事前に施術後の仕上がりを確認することができるのは重要なポイントです。

適正な料金のクリニックを掲載

涙袋形成の施術を受けるときは施術費用が気になると思います。ヒアルロン酸を注入するため、前述の通りヒアルロン酸の質が重要です。価格は安すぎず、高すぎない適正価格を設定しているクリニックを選ぶことが重要です。涙袋形成の名医コンプリートガイドでは、適正な価格で施術を行う医師を独自の基準で選択し掲載しています。

まとめ

本ページでは、涙袋形成の失敗と失敗しない方法を説明してきました。憧れの涙袋を形成するためには事前に必要な情報を収集し、医師やクリニックをしっかり選ぶことで失敗を減らすことができます。
涙袋形成の施術を受ける前に、施術の基本的な知識を学んでおきましょう。医師やクリニックの選択は、涙袋形成の満足度に大きく影響します。今回紹介してきた情報を基に、名医コンプリートガイドで技術力と知識が豊富な信頼できる医師とクリニックを見つけ、理想の目元を手に入れてください。

​​