PICK UP Doctors目の整形の名医コンプリートガイド大阪の二重切開の名医5選

二重切開の名医を見極めるポイント

切開を伴う二重整形は、医師の縫合スキルとセンスが必須。「大手で有名だから」「先生とフィーリングがあうから」というだけでドクターを選ぶのはおすすめできません。後悔しないために先生選びは慎重に行いましょう。

チェック1:日本形成外科学会の”専門医”資格の有無

既定の臨床経験を持ち、試験に合格しないともらえない専門医の資格。最低でも6年以上は実務経験があり、形成外科医として一定の実績がある、という指標になります。

チェック2:形成外科医として10年以上のキャリア

形成外科医でなくとも施術が上手な先生は多くいらっしゃいます。ただ、素人から見て施術経験が多いと判断できる基準の1つが形成外科の分野でのキャリアの長さです。

チェック3:症例写真が公開されている

術後の仕上がりや腫れなどの状態は、症例写真を見れば一目瞭然。仕上がりが単純に「あなたの好みかどうか」はもちろん、腫れや目を閉じたときの二重ラインをチェックしましょう。

大阪で二重切開の名医はこの5名!

  • Great Dr.
    出口正巳医師

    引用元:カリスクリニック
    (https://localplace.jp/t000317721/contents/)

    出口正巳医師

    院内症例から1人1人にあった提案を

    1979年長崎大学医学部卒業の出口医師は、数多くの医療機関で形成外科の技術を学んできたドクター。大阪梅田で美容外科医として勤務していた頃からの患者や、皮膚科・形成外科・産婦人科といった医師からの紹介など、さまざまな縁を大切にしています。

    出口医師が心がけているのは、1人1人の立場に寄り添った丁寧なカウンセリング。それぞれが抱えている悩みや不安に耳を傾け、患者にあった治療方針をしっかりと定めています。院内症例も豊富であるため、患者の悩みを解消するような治療法の提案・施術が可能です。

    出口正巳医師の二重切開の特徴

    二重切開は、「戻りにくくしっかりとした二重を希望する方」「糸を残したくない方」「埋没法ではすぐにもとに戻ってしまう方」に適した方法。腫れぼったい印象を与えやすい目の上の脂肪も除去できるため、二重まぶたと同時にスッキリとした目元を実現できます。

    出口医師の切開法は、顕微鏡を用いて行うのが特徴で長い経験の中で培われてきた技術から、傷跡が目立たないキレイな仕上がりを目指しています。仕事などでダウンタイムが取れない場合は片目ずつ施術を受け、眼帯をして過ごしてもらうという方法もあるそうです。

    経歴
    1979年:長崎大学医学部卒業
    1979年:長崎大学形成外科入局
    1982年:北九州市立八幡病院 勤務
    1983年:長崎大学医学部付属病院 勤務
    1988年:長崎労災病院 勤務(形成外科部長)
    1989年:医療法人武朋会白壁美容外科勤務(形成外科部長)
    1997年:医療法人武朋会白壁美容外科院長
    2005年3月 当クリニック開院
    所属医師会や保有資格
    医学博士(長崎大学)
    日本形成外科学会専門医
    日本美容医療協会適正認定医
    日本美容医療協会会員(適正認定医)
    日本形成外科学会会員(専門医)
    日本頭蓋顎顔面学会会員
    国際形成外科学会会員
    国際美容外科学会会員
    米国美容形成外科学会会員(特別会員)
    所属クリニック
    カリスクリニック
    住所
    大阪府大阪市北区梅田2-4-37西梅田上島ビル4F

    クリニックの特徴

    カリスクリニックは、大阪梅田の美容整形・美容外科・美容皮膚科。本格的な整形手術からプチ整形、メディカルエステまで、幅広い診療科目を取り扱っています。患者の悩みを解消し、それぞれがイメージするゴールを実現するために、スタッフはもちろん設備についてもこだわっているのが特徴。

    使用している医療機器や薬剤を厳選し、さらに滅菌・消毒を徹底して高い衛生管理のもとで治療を提供しています。また、患者が快適に過ごせることを第一に考えたサポートも用意。術後に不安なことがあっても、キメ細やかなアフターケアで対応しています。

    費用

    • 切開法(全切開のみ・両側) 250,000円
    • 切開法(全切開のみ・片側) 158,000円
    • 目頭切開(両側) 180,000円
    • 目頭切開(片側) 116,000円
    • 目尻切開(両側) 180,000円
    • 目尻切開(片側) 116,000円

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    藤本卓也医師

    引用元:こまちくりにっく
    (https://www.komachi-clinic.com/clinic/greeting/)

    藤本卓也医師

    形成外科と美容外科の技術を融合

    藤本医師は1999年に大阪医科大学を卒業後、大阪医科大学附属病院の形成外科にて田嶋定夫教授に師事。頭蓋顎顔面領域の治療に従事した後、大阪市立総合医療センター・大阪市立大学形成外科研究医を経て、大阪市立総合医療センター形成外科医長に就任しました。

    その後は日本美容医療協会所属クリニックで数多くの美容外科手術を経験し、こまちくりにっくの院長として活動を続けています。診療については、形成外科と美容外科の技術を融合させているのが特徴。美容整形の修正手術や先天異常の治療といった、高難度の治療も手掛けています。

    藤本卓也医師の二重切開の特徴

    藤本医師が提供する二重切開は、部分切開と全切開です。部分切開は、まぶたの中央部分を7mmほど切開して二重のラインを作る方法。全切開は、あらかじめデザインしたライン通りに皮膚を切開するオーソドックスな方法となります。

    全切開ではまぶたの皮膚はもちろん、余分な脂肪も取り除けるのが特徴。腫れぼったいまぶたの方や、埋没法でもとに戻ってしまったという方におすすめとのことです。他院で全切開を行った方の修正も行っており、「傷が気になる」「二重の幅を変更したい」、といった要望にも対応しています。

    経歴
    1999年:大阪医科大学卒
    大阪市立総合医療センター形成外科研究医
    大阪市立大学形成外科研究医
    大阪市立総合医療センター形成外科医長
    日本美容医療協会所属クリニック
    こまちくりにっく院長
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会 専門医
    日本形成外科学会皮膚腫瘍外科指導専門医
    日本形成外科学会小児形成外科分野指導医
    日本形成外科学会再建・マイクロサージャリー分野指導医
    日本頭蓋顎顔面外科学会 専門医
    日本熱傷学会 専門医
    日本創傷外科学会 専門医
    日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
    日本美容外科学会
    アメリカ形成外科学会
    日本口蓋裂学会
    日本レーザー医学会
    日本医学脱毛学会
    日本抗加齢医学会
    日本抗加齢美容医療学会
    日本医師会、大阪府医師会、都島区医師会
    所属クリニック
    こまちくりにっく
    住所
    大阪府大阪市都島区東野田町2-9-7 K2ビル 2F

    クリニックの特徴

    こまちくりにっくは大阪の美容外科・形成外科・皮膚科。美容整形はもちろん、他院修正や先天異常の治療なども取り扱っています。

    治療を担当しているのは、顔面領域の治療で豊富な実績を持つ藤本院長。本格的な美容整形手術・プチ整形といった自費治療だけでなく、保険診療にも対応しています。カウンセリングにも注力しており、それぞれの悩み・希望・予算・ライフスタイルに応じた治療プランを提案しています。

    費用

    • 全切開法(片目) 210,000円
    • 全切開法(両目) 350,000円
    • 挙筋前転加算(片目) 60,000円
    • 挙筋前転加算(両目) 100,000円
    • 挙筋後転加算(片目) 90,000円
    • 挙筋後転加算(両目) 150,000円
    • 挙筋後転加算(片目) 60,000円
    • 挙筋後転加算(両目) 100,000円

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    大橋菜都子医師

    引用元:ヴェリテクリニック
    (https://www.veriteclinic.or.jp/osaka/doctor.html)

    大橋菜都子医師

    患者自身が正しく判断・選択できる情報を提供

    大阪市立大学医学部を卒業してから、形成外科の技術を修得してきた大橋医師。患者の「美しくなりたい」という希望を実現するため、数多くの治療法から適したものを厳選して提案しています。

    カウンセリング・診察に関しては、「わかりやすく、正確に」伝えることを第一としており、患者自身が正しく判断・選択できる情報の提供を心がけているとのこと。さらに、治療後の一時的な結果だけでなく、将来的な変化までを見据えたアドバイスを行っています。

    大橋菜都子医師の二重切開の特徴

    大橋医師が院長を務めるヴェリテクリニック大阪院では、二重の小切開法と全切開法を提供。希望する二重ラインに沿ってまぶたの皮膚を切開し、スッキリとした二重を実現する手術です。場合によっては余分な皮膚や脂肪も取り除けるため、腫れぼったい印象の改善も期待できます。

    最初から全切開を行うこともできますが、基本的にはまず埋没法をおすすめしているとのこと。埋没法や小切開法でも理想の二重にならない場合に、全切開を行っているそうです。

    経歴
    2001年:大阪市立大学医学部卒業
    2001年:大阪市立大学医学部付属病院 形成外科
    2003年:寺元記念病院 形成外科
    2004年:大阪市立大学医学部付属病院 形成外科
    2007年:府中病院 形成外科主任
    2010年:ヴェリテクリニック入職
    2015年:ヴェリテクリニック大阪院院長 就任
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)専門医
    日本美容外科学会(JSAS)専門医
    日本レーザー医学会専門医
    日本頭蓋顎顔面外科学会会員
    日本皮膚科学会会員
    所属クリニック
    ヴェリテクリニック大阪院
    住所
    大阪府大阪市北区茶屋町2-19 JPR茶屋町ビル5階

    クリニックの特徴

    ヴェリテクリニックは、東京・名古屋・大阪を中心に診療を行っている美容整形・美容外科。日本形成外科学会・形成外科専門医の資格を持つ医師が多数在籍しており、美容医療の現場で培ってきた技術やノウハウでさまざまな美容の悩みを解消しています。

    美容外科で起こるトラブル・不満のほとんどは技術力とカウンセリングが原因と考えているため、カウンセリングにはとくに時間をかけているのが特徴。患者の要望や悩みに耳を傾けると同時に、手術の限界やリスクについても明確に伝えるようにしています。

    費用

    • 小切開法 250,000円
    • 全切開法 300,000円
    • 全切開法+脱脂 400,000円
    • 全切開法+ROOFまたは脂肪切除 500,000円

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    安形省吾医師

    引用元:プライベートスキンクリニック
    (https://private-skin.clinic/doctor-yasugata/)

    安形省吾医師

    どんな方にも納得して受けてもらえる施術を

    大阪医科大学医学部医学科を卒業後、大学病院や地域密着型の病院で形成外科医として勤務してきた安形医師。患者とのコミュニケーションを第一に考え、どんな方にも納得して受けてもらえる施術を心がけています。

    そんな安形医師が重視しているのがカウンセリングです。カウンセリングは医師が治療プランを患者に伝えて終了ではなく、患者の話をきちんと聞き、悩み・不安・要望などについてとことん話をすることを重視しています。また、日々進化し続ける美容医療を積極的に取り入れ、スタッフや他の医師とも共有・情報交換を実施。

    安形省吾医師の二重切開の特徴

    安形医師の二重全切開法は、希望する二重のラインに沿って皮膚を切開し、内部処理をしてから縫合するという方法。まぶた内部の処理を行うため、術後もとに戻ってしまう…といった心配がありません。

    そのため、「埋没法が定着しにくい方」「幅広の二重まぶたを希望する方」「まぶたのたるみや脂肪が厚い方」に向いています。二重のラインについては、カウンセリングで悩みや要望について確認してから丁寧にデザイン。施術の際には麻酔クリームを皮膚に塗ってから麻酔注射をするなど、痛みを少なくするための取り組みも行っています。

    経歴
    2002年:大阪医科大学医学部医学科:入学
    2010年:大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入局
    2011年:守口敬任会病院:入職
    2013年:東住吉森本病院:入職
    2015年:大阪医科大学付属病院 形成外科学教室:入職、同年、形成外科専門医取得
    2015年 同上:助教就任
    2016年 東住吉森本病院:入職
    2016年 同上:医長就任
    2018年 プライベートスキンクリニック:入職
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会 専門医
    日本頭蓋顎顔面外科学会
    所属クリニック
    プライベートスキンクリニック
    住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地2-1-21 桜橋深川ビル5F

    クリニックの特徴

    プライベートスキンクリニックは、大阪梅田の美容外科・美容皮膚科。身近なエイジングケアクリニックとして理想の美しさを追求、患者それぞれが求める「より良い自分」に出会うためのサポートを行っています。

    プライベートスキンクリニックではカウンセリングを重視しており、1人1人の悩みや症状に合わせて丁寧にカウンセリングを実施。担当をするのは豊富な知識と経験を持った医師となっており、患者それぞれに応じた治療プランやアドバイスを提供しています。

    費用

    • 二重部分切開法(両目) 179,800円
    • 二重部分切開法(片目) 99,800円
    • 二重全切開法(両目) 249,800円
    • 二重全切開法(片目) 148,000円

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    日下志厳医師

    引用元:高須クリニック
    (https://www.takasu.co.jp/doctor/dr_higashi.html)

    日下志厳医師

    ほんの少しの自信を持ってもらいたい

    京都府立医科大学医学部卒業後、大学病院や民間の美容クリニックで形成外科医としての技術を磨いてきた日下志(ひがし)医師。「人生を変えるキッカケとなる、ほんの少しの自信を持ってもらいたい」という思いをもとに、日々の診療を行っています。

    日下志医師のもとには目元についての相談が多く寄せられており、とくに二重まぶたの手術を希望する方が多いとのこと。数多くの経験を積んでいますが、医師にとっては「いつもの治療」でも患者にとっては「一世一代の治療」であるという認識を持ち、どんな施術であっても全力で取り組んでいるとのことです。

    日下志厳医師の二重切開の特徴

    日下志医師が提供している二重切開は、ミニ切開法と全切開法です。埋没法で糸が取れてしまった方・全切開だとダウンタイムが長すぎるという方にはミニ切開法、二重のラインと同時に腫れぼったいまぶたの印象を改善したいという方には全切開法を推奨しています。

    どちらの方法でも、理想の二重まぶたを実現するためにじっくりとカウンセリングを実施。デザインも末広型・平行型などを自由に選べますし、幅の狭い二重のラインを広げることも可能です。

    経歴
    1992年:京都府立医科大学医学部卒業
    1999年:近畿大学大学院医学研究科卒業 医学博士
    1999年:近畿大学附属病院形成外科講師
    2001年:美容外科クリニック院長を歴任
    2008年:高須クリニック東京院勤務
    2009年~:高須クリニック横浜院勤務
    所属医師会や保有資格
    医学博士
    日本形成外科学会会員
    日本美容外科医師会会員
    日本形成外科学会専門医
    日本美容外科学会会員
    所属クリニック
    高須クリニック大阪院
    住所
    大阪市北区大深町4-20 グランフロント 大阪 タワーA12階

    クリニックの特徴

    高須クリニックは40年以上の歴史を持つ大手美容外科。カウンセリングから施術・アフターケアまで同一の医師が担当するシステムを基本としているため、途中で医師が変わってしまう…といった心配はありません。

    また、事前に症例写真を提示したり、施術による仕上がりをコンピューター上でシミュレートしたりするなど、入念なカウンセリングを実施。「せっかく治療を受けたのに、イメージと違う…」といったトラブルを防いでいます。また、24時間いつでも相談できる体制を整え、術後の経過観察やトラブル対応にあたっています。

    費用

    • ミニ切開法(片目) 135,000円
    • ミニ切開法(両目) 250,000円
    • 全切開法(片目) 135,000円
    • 全切開法(両目) 250,000円

    電話で問い合わせる