PICK UP Doctors目の整形の名医コンプリートガイド名古屋の二重切開の名医5選

二重切開の名医を見極めるポイント

切開を伴う二重整形は、医師の縫合スキルとセンスが必須。「大手で有名だから」「先生とフィーリングがあうから」というだけでドクターを選ぶのはおすすめできません。後悔しないために先生選びは慎重に行いましょう。

チェック1:日本形成外科学会の”専門医”資格の有無

既定の臨床経験を持ち、試験に合格しないともらえない専門医の資格。最低でも6年以上は実務経験があり、形成外科医として一定の実績がある、という指標になります。

チェック2:形成外科医として10年以上のキャリア

形成外科医でなくとも施術が上手な先生は多くいらっしゃいます。ただ、素人から見て施術経験が多いと判断できる基準の1つが形成外科の分野でのキャリアの長さです。

チェック3:症例写真が公開されている

術後の仕上がりや腫れなどの状態は、症例写真を見れば一目瞭然。仕上がりが単純に「あなたの好みかどうか」はもちろん、腫れや目を閉じたときの二重ラインをチェックしましょう。

名古屋で二重切開の名医はこの5名!

  • Great Dr.
    李 政秀医師

    引用元:ヴェリテクリニック名古屋院
    (https://www.veriteclinic.or.jp/nagoya/doctor.html)

    李 政秀医師

    たるみや腫れぼったい目の二重切開が得意

    李医師は、目元や豊胸といった整形手術・形成手術に定評のある医師。「どこよりも結果を出す」ことに強いこだわりを持っており、患者からも厚い信頼を得ています。二重を含む目元の手術については非常に需要が多く、美容外科医としてやりがいを感じているとのこと。

    美容整形は「やらなければならない」というものではありませんが、患者の「こうなりたい」という気持ちに誠心誠意こたえることが、美容外科医として大切であると考えています。また、カウンセリングにもこだわっており、シミュレーションを通じてお互いのイメージを統一できるように対応しています。

    李医師の二重切開の特徴

    李医師が提供しているのは、二重のラインに沿ってまぶたの皮膚を切開する全切開法。同時に余分な皮膚や脂肪を取り除くことができるため、まぶたのたるみがある方・腫れぼったい印象の方でもスッキリとした目元になるとのことです。

    縫合も丁寧に行っているので、傷が目立つこともほとんどありません。ちなみに、はじめて二重整形を行う方には基本的に埋没法を推奨しているとのこと。ただし、希望があれば最初から全切開も可能です。

    経歴
    1992年:金沢大学医学部卒業
    1992年:名古屋大学第一外科
    1992年:静岡済生会病院外科
    1996年:大垣市民病院外科
    2000年:坂下病院外科医長
    2001年:大手美容外科院長 就任
    2005年:ヴェリテクリニック入職
    2008年:ヴェリテクリニック名古屋院院長 就任
    所属医師会や保有資格
    日本外科学会認定医
    日本抗加齢医学会専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)会員
    日本美容外科学会(JSAS)専門医
    日本形成外科学会会員
    所属クリニック
    ヴェリテクリニック名古屋院
    住所
    愛知県名古屋市中村区名駅4-6-23 第三堀内ビル11F

    クリニックの特徴

    ヴェリテクリニック名古屋院は、JR名古屋駅から徒歩5分のところにある美容整形・美容外科。形成外科の施術実績・学会発表・教育システム・医師経歴などが高く評価され、日本形成外科学会より「日本形成外科学会教育関連施設美容外科」の認定を受けています。

    ヴェリテクリニックではドクターカウンセリングを導入しています。3Dシミュレーションで術後のイメージを確認することもできるため、「こうなりたい」というイメージのズレなどを防ぐことができます。

    費用

    • 全切開法 300,000円
    • 全切開法+脱脂 400,000円
    • 全切開法+ROOF又は脂肪切除 500,000円

    ※価格は税別です。

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    鵜飼潤医師

    引用元:ニドークリニック名古屋
    (https://nido-nagoya.com/clinic/)

    鵜飼潤医師

    切開法からミニ切開法まで対応

    平成7年に藤田保健衛生大学医学部を卒業後、藤田保健衛生大学形成外科・群馬県立がんセンター頭頸科・慶應義塾大学伊勢慶應病院・トヨタ記念病院形成外科・高須クリニックでの勤務経験を持つ鵜飼医師。

    埋没法・切開法といった二重整形はもちろん、ヒアルロン酸やプロテーゼによる鼻整形、スレッドリフトやリフトアップ手術によるしわ・たるみ治療、レーザーや美容点滴などによるしみ治療などに取り組んでいます。診療においては、患者目線のカウンセリングや丁寧で詳しい説明がモットー。誰もが満足できる、そんな治療の提供を目指しています。

    鵜飼医師の二重切開の特徴

    鵜飼医師が行っているミニ切開法は切開幅が1㎝程度と全切開よりも小さいため、できるだけ傷を残したくない・ダウンタイムを少なくしたいという方に向いている施術です。

    治療については、希望があればカウンセリング当日に施術を受けることもできるとのこと。また、切開法ではまぶたの内部処理のために中縫いするケースもありますが、鵜飼医師は糸を残すような施術はしていません。

    経歴
    平成7年:藤田保健衛生大学医学部卒業
    平成14年:藤田保健衛生大学大学院卒業・医学博士号
    藤田保健衛生大学形成外科 勤務
    群馬県立がんセンター頭頸科 勤務
    慶應義塾大学伊勢慶應病院 勤務
    トヨタ記念病院形成外科 勤務
    高須クリニック 勤務
    平成23年:ニドークリニック名古屋院長
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会 専門医
    日本美容外科学会 正会員
    所属クリニック
    ニドークリニック名古屋
    住所
    愛知県名古屋市中区錦3-22-26 ナゴヤスルガビル2F

    クリニックの特徴

    ニドークリニック名古屋は、地下鉄栄駅より徒歩5分のところにある美容外科・美容皮膚科・皮膚科・形成外科。二重整形やシミ治療はもちろん、植毛や巻き爪の治療、皮膚科・形成外科については保険診療も取り扱っています。各種治療はもちろんインフォームドコンセントも重視。

    医師による十分な説明を行い、患者に納得・理解してもらった上で治療を進める「患者の目線に立った診療」をモットーとしています。

    費用

    • ミニ切開(両目) 130,000円
    • 全切開法(両目) 130,000円

    ※価格は税別です。

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    廣瀬雅史医師

    引用元:聖心美容クリニック名古屋院
    (https://www.biyougeka.com/doctor/hirose/)

    廣瀬雅史医師

    オーダーメイドのデザイン・施術プランを提供

    奈良県立医科大学医学部医学科を卒業後、近畿エリアの医療機関にて形成外科について深く学んできた廣瀬医師。形成外科・美容外科の「見た目を美しくする」という技術に感銘を受け、迷わずその道を志したそうです。

    キレイになりたい、若々しくありたいという思いを実現するためサポートを行っています。とくにカウンセリングを重視しており、自分自身と患者のイメージをきちんと共有。理想とするゴールにたどり着くことを目標としています。

    廣瀬医師の二重切開の特徴

    「二重にしたいけど、どうしたら理想通りになるのか分からない」「具体的な方法は分からないが、とにかく目元をキレイにしたい」という方のために、廣瀬医師はそれぞれの患者に合わせたオーダーメイドのデザイン・施術プランを提供。

    切開法ではハッキリとした二重のラインを実現できるだけでなく、目の周りの脂肪や筋肉も必要に応じて取り除けるため、腫れぼったい印象の改善も期待できます。施術中はできるだけ緊張を和らげるため、ときどき声をかけたり看護師が手を握ったりなどのサポートを実施。術後の経過チェックはもちろん、万が一のための保証制度も整えています。

    経歴
    2010年 奈良県立医科大学 医学部医学科卒業、明石市立市民病院 研修医として勤務
    2011年:神戸大学附属病院 研修医として勤務
    2012年:神鋼病院 形成外科勤務
    2013年:兵庫県立淡路医療センター 形成外科勤務
    2014年:兵庫県立加古川医療センター 形成外科勤務
    2016年:聖隷三方原病院 形成外科勤務
    2017年:倉敷平成病院 形成外科・美容外科勤務大手美容外科に勤務
    2018年:聖心美容クリニック 東京院勤務
    2019年:聖心美容クリニック 東京院、札幌院、名古屋院勤務
    所属医師会や保有資格
    日本美容外科学会(JSAPS)会員
    日本美容外科学会(JSAS)会員
    日本美容外科医師会会員
    日本形成外科学会 専門医
    日本皮膚科学会
    日本皮膚外科学会
    日本創傷外科学会
    ミラドライ認定医
    所属クリニック
    聖心美容クリニック名古屋院
    住所
    名古屋市西区牛島町6-24 アクロスキューブ名古屋5F

    クリニックの特徴

    聖心美容クリニックは、国内に9院(2020年7月時点)を展開している総合美容クリニック。名古屋院は9院の中でもめずらしく、複数の医師で診療を行っているのが特徴です。

    診療については医学的根拠のある治療メニューの提供を重視しており、さまざまな選択肢の中から患者に適した方法を提案できるよう、ドクターやスタッフの勉強会・交流会などを積極的に実施。「質の高い対応や技術を常に追求し、1人でも多くの方にご満足いただけるクリニックを目指すこと」をモットーに、日々の診療にあたっているとのことです。

    費用

    • 切開法(両側) 300,000円
    • 切開法(片側) 180,000円
    • 脂肪切除を行う場合 +80,000円

    ※価格は税別です。

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    大口春雄医師

    引用元:八事石坂クリニック
    (https://www.yagoishi.com/clinic/doctor)

    大口春雄医師

    オーダーメイドのデザイン・施術プランを提供

    大口医師は、日本形成外科学会専門医・日本美容外科(JSAPS)学会専門医の資格を持つドクター。岡山大学医学部を卒業して医師免許を取得してから、2年間にわたる麻酔科・救急科研修、10年間の形成外科トレーニングを経験。

    そこからさらに形成外科をベースとした美容外科の習得に励み、現在では日本形成外科学会専門医・麻酔科標榜医・美容外科(JSAPS)専門医の資格を所持しています。大口医師は、これまでに培ってきた医療技術をもって、患者が美容医療に求めるさまざまなニーズに対応。間違った美容医療で納得のいかない結果に悩んでいる方にも、満足してもらえるような医療を心がけています。

    大口医師の二重切開の特徴

    大口医師は、各施術の長所・短所と患者の体質や希望などをトータルで判断し、1人1人に対応した施術を提案しています。そんな大口医師が取り入れている二重切開法は、挙筋腱膜に皮膚を固定するという方法。

    挙筋腱膜とはまぶたを挙げる筋肉をくっつけている部分のことで、より美しい二重の実現にはこの固定が重要とのこと。皮膚を縫合する際に挙筋腱膜を挟み込むようにして縫い合わせることで、クッキリとした二重のラインを実現します。とくに幅の広い二重のラインや重瞼修正術を希望する場合は、この方法でないと良い結果を得るのが難しいと考えています。

    経歴
    1984年 岡山大学医学部卒業、同年医師免許取得
    1984年 岡山大学医学部付属病院麻酔科 救急科において研修
    1986年 名古屋大学医学部形成外科医員
    1990年 愛知県がんセンター頭頚部外科医員
    1993年 オランダ・グローニンゲン大学留学
    1995年 オーストラリアマイクロサージャリーセンター留学
    1995年 豊橋市民病院形成外科部長
    2000年 陶生病院形成外科部長
    2004年 ヴェリテクリニック名古屋院 院長
    2008年 八事石坂クリニック院長
    所属医師会や保有資格
    医学博士
    麻酔科標榜医
    形成外科認定医
    美容外科学会専門医
    日本形成外科学会 専門医
    日本美容外科学会(JSAPS)専門医
    所属クリニック
    八事石坂クリニック
    住所
    愛知県名古屋市中村区名駅4-16-33 パシフィックスクエア名駅3F

    クリニックの特徴

    名古屋市にある八事石坂クリニックは、2008年開院の美容外科・美容皮膚科。仕上がりのイメージを患者と共有することが美容外科手術成功のカギと考えており、とくにカウンセリングに注力。1人1人の要望にしっかりと耳を傾け、それぞれに適した治療法を提案しています。

    美容医療は基本的に自費診療となりますが、できるだけ患者の経済的負担を軽くできるよう、施術前にトータルの料金を明確に提示。

    費用

    • 全切開法(挙筋腱膜固定) 400,000円

    ※価格は税別です。

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    高須幹弥医師

    引用元:高須クリニック名古屋院
    (https://www.takasu.co.jp/doctor/dr_mikiya.html)

    高須幹弥医師

    ミニ切開法から全切開法まで希望にあわせて対応

    高須幹弥医師は、二重手術・美肌治療・プチ整形・エイジングケア手術・脂肪吸引など、美容外科治療をトータルで担当しているドクター。患者が抱える悩みや要望に細かく対応することを大切にしており、じっくりと時間をかけたカウンセリングを行っています。診療に関しては、「将来的に問題が起こることがない治療法を提案する」ことがモットー。

    術後に患者が悲しい思いをすることがないよう、カウンセリングでしっかりと問診を行い、年齢を重ねても形が崩れたり、変形したりしないようなプランを提案。患者と一生付き合っていくという気持ちで、アフターケアにも力を入れています。

    高須医師の二重切開の特徴

    高須医師が提供しているのは、ミニ切開法と全切開法です。埋没法だと元に戻ってしまう方や、ダウンタイムを短くしたいという方にはミニ切開法、まぶたが腫れぼったくミニ切開法では十分な改善が期待できない方には全切開法が向いているとのことです。

    理想の二重ラインの実現に向けて、術前にはじっくりとカウンセリングを実施。デザインについては末広型・平行型はもちろん、二重の幅を広くしたり狭くしたりすることもできます。原則として患者の希望に合わせてデザインを行いますが、すべてを高須医師におまかせすることも可能です。

    経歴
    1999年:藤田医科大学医学部卒業
    1999年平成13年:藤田医科大学麻酔救急科に勤務、麻酔科標榜医取得
    2001年:藤田医科大学大学院入学。形成外科入局。高須クリニック勤務
    2002年:群馬県立がんセンター頭頚部外科勤務
    2003年:Ivo Pitanguy Institute Postgraduate Course (Brazil) 研修
    2005年:単一植毛手術の研究にて医学博士取得
    2007年:日本形成外科学会専門医取得、高須クリニック名古屋院院長
    所属医師会や保有資格
    医学博士
    日本形成外科学会専門医
    麻酔科標榜医
    日本美容外科学会専門医(JSAS)
    日本美容外科学会正会員(JSAPS)
    所属クリニック
    高須クリニック名古屋院
    住所
    名古屋市中村区名駅4-7-1 ミッドランドスクエア8F

    クリニックの特徴

    40年以上の歴史を持ち、赤坂・横浜・名古屋・栄・大阪の5ヶ所(2020年7月時点)にクリニックを展開する高須クリニック。形成外科医のドクターが多数在籍しています。

    「ここで治療を受けて良かった」と思ってもらえるよう、患者を第一としたクオリティーを優先しています。カウンセリングにも力を入れており、医師と患者の信頼関係を築くことを大切にしています。

    費用

    • ミニ切開法(片目) 135,000円
    • ミニ切開法(両目) 250,000円
    • 全切開法(片目) 135,000円
    • 全切開法(両目) 250,000円

    電話で問い合わせる