埋没法がおすすめな理由。埋没法のクリニックの探し方も紹介!

menotarumikuma

二重整形を検討する際、どのような施術法にするか迷う人も多いのではないでしょうか。はじめての二重整形の場合におすすめなのが「埋没法」です。 埋没法はやり直しがしやすいと言われている施術ですが、目元の整形であるため慎重に医師を選ぶ必要があります。 本ページでは、埋没法や他の二重整形のメリット・デメリットについて紹介します。また、二重整形で埋没法がおすすめの理由やクリニックの選び方についても紹介しているため、安くて安心できる二重整形を受けたい人は、参考にしてください。

埋没法と切開法の違いを知りたい方はこちら

埋没法のメリット・デメリットとは。その他の二重整形の施術についても紹介

埋没法はまぶたを専用の糸で縫い合わせる方法です。そのほかにも、二重整形には大きく分けて「切開法」「脱脂法」の2種類があります。 ここでは、それぞれのメリット・デメリットについて紹介します。

【埋没法】による二重整形

埋没法は、今ではプチ整形とも呼ばれるほど、有名な美容整形です。埋没法には、様々なメリットがあり初めての人でも受けやすい施術となっています。

埋没法のメリット

■メスを使わない/体への負担が少ない

埋没法はまぶたの皮膚を極細の糸と縫い合わせる方法です。皮膚を切開しないため、二重ラインが気に入らなかった場合でも再度手術をやり直すことができます。

■ダウンタイムが短い

1回の手術時間はおよそ30分~1時間です。そのため、体への負担が少なく傷や腫れが目立ちません。ダウンタイムは1週間ほどとなっています。

■やり直しがきく

費用は両目でだいたい5万円~10万円で施術を受けることができます。 埋没法は、「低価格で二重整形をしたい」「休みを長く取れない」という人のほか、傷跡を目立たせたくない人に合う施術といえるでしょう。

埋没法のデメリット

■糸が切れたり、ゆるんだりすることがある

埋没法は、医療用の髪の毛よりも細い糸を使ってまぶたの裏側を留めます。そのため、糸が切れたり、ゆるんだりすることがあります。
それによって二重のラインが維持できず、結果的にやり直しが必要になるケースも珍しくありません。術後は目の周りを触りすぎないなどの目の周りに考慮が必要です。

■糸が切れると、まぶたや眼球を傷つけるリスクがある

切れた糸はまぶたや眼球に刺さってしまうことがあるので、糸が切れたらすぐにクリニックで抜糸しましょう。

【切開法】による二重整形

切開法は、まぶたの皮膚を希望のデザインに沿って切開する方法です。切開法による二重整形は半永久的に持続することが特徴です。平行型・末広型などなりたい二重のラインやデザインが明確に決まっている人におすすめの方法となっています。

切開法のメリット

■二重まぶたが半永久的に持続する

切開法はまぶたの皮膚を直接切開するため、半永久的に二重まぶたが持続することが特徴です。

■余分な脂肪を取り除き、目の開きが改善するための眼瞼下垂の手術を同時に行うことができる

まぶたの脂肪の除去や、目の開きを改善させる眼瞼下垂の手術も同時に受けることができます。

切開法のデメリット

■手術後の腫れが目立つ

作りたい二重幅により、二重切開の腫れの期間は変わります。二重幅が狭いほど腫れる期間は、短くなります。幅広い二重幅の場合は、2ヶ月ほど、腫れがおさまらないこともあるため、施術を受ける前に医師にしっかりと確認をおこないましょう。

■ダウンタイムが長い

まぶたを切開するため、埋没法と比較するとダウンタイムは長くなります。施術方法や個人差もありますが、最短3日〜6ヶ月ほどとなります。

■やり直しが難しい

希望のラインにならなかったり失敗した場合、切開法はやり直しが難しくなります。ダウンタイムが長く、術後の傷や腫れが完全に落ち着くまでには3か月ほどかかり、アイメイクも2週間ほどはできません。
また、費用は両目合わせてだいたい20万円~30万円です。
やり直しが難しいため、実際に受けるとなると躊躇する人も多いでしょう。切開法は、二重のイメージが明確に決まっている人や、ダウンタイムが長くても問題ない人におすすめです。

【脱脂法】による二重整形

脱脂法は、まぶたを切開して余分な脂肪を取り除く方法です。「脂肪を除去すれば二重になる」「二重ラインをはっきりさせたい」という人に適しています。 脱脂法は切開法と組み合わせて行うケースが多いです。

脱脂法のメリット

■二重整形と同時に目元の脂肪を取り除くことができる

脱脂法では目元にある余分な脂肪を取り除きます。 目元の腫れぼったさを解消することで、目元をスッキリさせられます。 目の開きを改善する眼瞼下垂手術も考えている人は、脱脂法を検討してみてはいかがでしょうか。

脱脂法のデメリット

■将来、まぶたがくぼんでしまうリスクがある

脂肪を取りすぎることで、将来的にまぶたがくぼんでしまうリスクが考えられます。一度くぼんでしまうと、再度脂肪注入をするなど修正をしなければなりません。

■まぶたはカットするので腫れは伴う

脱脂法ではまぶたを切開するため、だいたい1週間ほどは腫れを伴います。

埋没法がおすすめの理由

埋没法は比較的腫れやダウンタイムが少ない二重整形として知られています。痛みが苦手という人も、手軽に行うことのできる埋没法がおすすめです。 また、使われる糸や麻酔針が細く、結び目も小さいため、腫れが少なくすむという点も埋没法の特徴です。詳しく見ていきます。

埋没法は他の施術と比べてリスクが少ない

他の施術法と比較してリスクが少ない埋没法。メスを使わないため、身体への負担が少なくダウンタイムが短めであることから、おすすめできる二重整形です。また、比較的安い費用で気軽に受けられるところも魅力的なポイントといえます。

他の施術より気軽にできる

希望の二重ラインにならなかった場合や、二重幅を変えたいという場合にも再度施術が可能なことが埋没法の強みです。なりたい二重のイメージがしっかりと決まっていない場合でも、術後に期間をあけることで再度調整することができます。

埋没法の治療を行っている美容クリニックを探す際のポイント

埋没法の治療を行っている美容クリニックは、どのように探すべきでしょうか。経験豊かな医師を選ぶことで、安心して手術を受けることができるでしょう。ここでは、医師やクリニック選びのポイントについて紹介します。

美容外科(美容クリニック)の探し方を知りたい方はこちら

埋没法のアフターケアや保証が充実しているか

埋没法は気軽に受けやすく人気の施術ですが、予期しないトラブルに見舞われる可能性も頭に入れておきましょう。気軽にメールや電話で相談できるなど、アフターフォロー体制が整っているクリニックなのか事前に確認しておきましょう。
また、「元に戻ってしまった」という場合にも対応してもらえるかどうか事前に確認しておきましょう。保証内容は、事前にホームページやカウンセリングで事細かに確認することがおすすめです。

埋没法の施術メニューの種類

二重整形だけでなく、埋没法の手法にはさまざまな種類があります。2点留めや4点留めなど、人によって自分に合う手法は異なります。 自分に合ったメニューを選ぶためには、施術メニューの種類を多く扱っている医師を選びましょう。そのうえで、医師に相談すると良いです。また、種類が多いほど医師として技術を高めている指標の1つにもなります。

施術の価格は適正か、不審な営業がないか

クリニックによっては高額な施術も存在します。そのため、勧められたものが適正価格であるかどうかを見極めることが大切です。

カウンセリング時に高い施術法の営業をかけられることで、断りきれずに受けてしまったというケースも珍しくありません。少しでも不審な施術を勧められた場合、そこのクリニックで受けるのは避けるようにしましょう。

埋没法の施術ができる美容クリニックを探すなら名医コンプリートガイド

埋没法は人気のある二重整形ではありますが、実際に施術を受けるとなると心配になるもの。失敗しないためにも、腕が立つ評判のある名医を選んで任せましょう。名医コンプリートガイドでは、美容外科業界を代表する名医を、独自の基準をもとにピックアップしてクリニック・施術法などを紹介しています。 埋没法の名医が掲載されているため、医師やクリニック選びに悩んでいる方におすすめです。

厳選した名医を掲載している

名医コンプリートガイドでは、埋没法の名医を厳選して掲載しています。 二重整形の医師として安心する要素に有力な「形成外科学会」「美容外科学会」に所属している医師を掲載しており、どちらの学会も、学会発表や研修などさまざまな勉学に励む医師が多数存在します。また、キャリアに関しては15年以上の医師を紹介しています。

名医の情報を詳しく紹介

名医コンプリートガイドでは、名医の経歴や得意とする施術法などさまざまな情報を紹介しています。それぞれの名医についてまとめられているため、探しやすいことも嬉しいポイント。クリニックの特徴も合わせて紹介しており、医師やクリニックについて一目でわかることが強みです。

さまざまな美容整形について名医を掲載している

名医コンプリートガイドでは、都道府県ごとにまとめて名医を掲載しています。そのため、近くのクリニックについて、埋没法の美容整形の施術や名医をすぐに見つけることができます。ほかにもさまざまな美容整形の名医を掲載しているため、「他の美容整形も検討している」という人は、チェックしてみてください。

まとめ

今回は、埋没法や他の施術のメリット・デメリットや、埋没法を検討する際の選び方についてご紹介しました。 埋没法を検討する際は、自分に合った施術メニューを見つけて、信頼のできる医師を選びましょう。 二重整形のほか美容整形を検討している方は、名医コンプリートガイドをご利用ください。