眼瞼下垂のセルフチェックとは?治療を行う際は美容クリニックへ

ganken

「最近寝不足?と聞かれることが増えた」「目にまぶたがかぶさってきて、まぶたがくぼむ」このような変化を感じたら、眼瞼下垂(がんけんかすい)の可能性があります。眼瞼下垂とはまぶたがいつもの位置から垂れ下がり、目が開けづらくなる状態のことをいいます。
眼瞼下垂は自分で治すことは難しく、徐々に進行していくため、早めの治療が肝心です。治療を検討する際には、名医のいる美容クリニックの受診をおすすめします。
本記事では美容クリニックの選び方や眼瞼下垂の疑いがある方に向けた、セルフチェック方法も一緒に紹介しています。自身が眼瞼下垂なのか確認するために試してみてください。

眼瞼下垂とは

では、眼瞼下垂とは具体的にどのような症状なのでしょうか。症状について知らなければ、自分自身が眼瞼下垂なのか疑うこともできません。ここでは主な症状と眼瞼下垂の原因を紹介していきます。紹介する原因については日常的に行わないように気をつけましょう。

眼瞼下垂の症状

眼瞼下垂の症状は主に目に現れるものと、目以外に現れる2つがあります。 目に現れる症状としてはまぶたが垂れ下がってしまい、自力で目をぱっちりと開けることができません。症状が進行してしまい垂れ下がりが大きくなってしまうと、まぶたによって視界が遮られ、見えにくくなります。
目以外に現れる症状として目が開けづらい状態が長く続くと、無意識の状態でよく見ようと眉毛を上げたり、顎を上げてものを見る癖がついてしまいます。そのため、額に深いシワができ、肩こりや頭痛の原因になるとも考えられます。まぶたが垂れ下がった目元は、眠そうで暗い表情に見えるなど見た目にもよくない印象を与えてしまいます。

眼瞼下垂の原因

眼瞼下垂には、生まれつきまぶたが下がってしまう先天性眼瞼下垂症と、加齢とともに進む後天性眼瞼下垂があります。
後天性眼瞼下垂には外傷によってまぶたの筋膜が切れてしまうことや、加齢によってまぶたを支えている筋力が衰えることによって引き起こされます。例えば、ハードコンタクトの長時間使用やコンタクトレンズの出し入れを乱雑に行うと、まぶたに強い刺激を与え、まぶたを引き上げる神経に異常をきたす可能性があります。また、まぶたをゴシゴシ擦る癖のある方や、アイメイクを擦って落とす習慣のある方も注意が必要です。
まぶたは思った以上に繊細なため、できるだけ負担をかけないような生活が大切になってきます。

眼瞼下垂をセルフチェックする

上述した主な症状と原因が当てはまっていて自分が眼瞼下垂かもと思ったら、簡単にできるセルフチェックで判断してみましょう。セルフチェック診断は鏡の前で行い、見た目と症状で判断できます。

眼瞼下垂の可能性がある症状

眼瞼下垂の主な症状として、以下のものがあげられます。

  • ①目を開ける時に力が必要
  • ②最近視野が狭くなった気がする
  • ③まぶたが三重・四重になった
  • ④頭痛・肩こりが増えた
  • ⑤目と眉の間隔が広がった
  • 上記の症状がわかりづらい場合には、指やセロハンテープでまぶたを持ち上げて通常時との違いがないかを比較してみましょう。症状が改善した場合は、眼瞼下垂の可能性があります。眼瞼下垂かどうかの確証が持てない場合には、美容クリニックに相談してみるのも良いでしょう。

    眼瞼下垂のセルフチェック方法

    セルフチェック方法は2つあります。

    1つ目のチェック方法は鏡の前でまぶたを軽く閉じ、目を自然に開いた時の目と眉毛の位置を確認します。この時、目と眉毛の間隔が離れすぎていると感じたら眼瞼下垂の可能性があります。
    2つ目のチェック方法は、目を閉じ眉毛の部分を指で押さえ目を開きます。 この時に目が開かなかったり、開くのに力がいる場合は眼瞼下垂の可能性があります。

    眼瞼下垂はすぐに治療するべき

    眼瞼下垂は目つきが悪くなり、目元の印象を大きく変えてしまいます。目元だけではなく、顔全体の印象も暗く見せてしまいます。
    しかし、それ以上に眼瞼下垂が進行していくと、視野が狭くなり日常生活に支障が出てくるため、美容クリニックでの治療をおすすめします。
    美容クリニックでは眼瞼下垂の治療に精通した医師が多く、外科手術の経験も豊富で傷跡を残さないような縫い方や施術方法などから選べます。 仕上がりについても、要望を伝えることで希望する目元の印象を実現してもらえるメリットもあります。

    眼瞼下垂治療の美容クリニックを探す際のポイント

    眼瞼下垂には先天性や後天性、ほかの病気が原因のものなど、その原因は様々です。その他の眼瞼下垂は加齢と共に進行していく病気のため、自分で治すことは難しく放置すると悪化していきます。
    そんな時に、眼瞼下垂の治療をしようと思っても、美容クリニックが多くて何を基準に選べばいいか困る方も多いのではないでしょうか。 そんな時に美容クリニックを探す際のポイントをまとめてみました。 ポイントを参考に、あなたにぴったり合う治療法を提案してくれる美容クリニックを探してみてください。

    美容外科(美容クリニック)の探し方を知りたい方はこちら

    眼瞼下垂の治療やアフターケア、保証が充実しているか

    眼瞼下垂の症状は、まぶたが垂れ下がっている原因や症状が一人ひとり異なります。 複数の要因が重なり合った場合も多く、どういうアプローチで施術するのかは医師の経験が大切になってきます。
    施術経験のある症例数が多ければ、万一、トラブルが起こった場合でも最適な選択が可能となり、アフターフォローも安心です。眼瞼下垂の治療数や症例写真がホームページやSNSに紹介されているかを参考に、症例実績が豊富かを判断しましょう。

    眼瞼下垂の治療や施術メニューの豊富さ

    眼瞼下垂治療は上述したように人それぞれ症状が異なるため、自分の症状に適している施術を選ぶことが大切です。そのため、美容クリニックを探す際には施術の数が豊富なクリニックを選ぶようにしましょう。自分に適した施術を選べる可能性が高まるためおすすめです。

    眼瞼下垂治療の施術価格が適正か、不審な営業がないか

    上述したように眼瞼下垂治療の施術方法はいくつか種類があるため、カウンセリング時に不審な営業をかけられ、施術価格の高い方を進めてくることがあるため、注意が必要です。自分に合った施術を探すために、カウンセリングで入念に確認をするようにしましょう。また、価格が適正であるかを確かめるため、さまざまな美容クリニックで価格の確認を行うことも大切です。

    眼瞼下垂治療の美容クリニックを探すなら名医コンプリートガイド

    眼瞼下垂の治療は目立つ目元の施術のため、腕のいい医者を慎重に選びたいと思っていてもどこで探せばいいか困っている方も多いのではないでしょうか。自分で症例やいい口コミを集めても、クリニックの数が多く比較検討するのは大変です。そんな時には名医コンプリートガイドを探してみてください。多数の症例数があり・資格を保有し・経験豊富な医師を見つけることができます。そんな名医コンプリートガイドの特徴をそれぞれ紹介していきます。

    症例写真を公開している医師を掲載

    眼瞼下垂治療名医コンプリートガイドでは、症例写真を公開している医師のみを掲載しています。
    症例写真を公表していれば医師の持つデザイン性や技術力、術後のダウンタイムのイメージもしっかりと自分に置き換えて判断できます。 特に目立つ目元の施術のため、術後の仕上がりを確認できることは重要なポイントです。
    自分と同じような症例はあるのか、仕上がりのデザインが自分好みかどうかも確認しておきましょう。

    資格を保有した医師のみを掲載

    名医コンプリートガイドに掲載している眼瞼下垂治療の医師は日本形成外科学会の専門医資格をもった医師のみを掲載しています。
    形成外科の手術では顔や身体の血管や神経を繋ぎ、傷をきれいにする高度な技術が特徴としてあげられます。日本形成外科学会の専門医資格は、学会に技術を認められた医師の証明でもあります。学会に所属しているかどうかは、医師の施術の練度にも関わってくるためチェックしておきましょう。
    美容形成外科では現状に悩みを持つ方に寄り添い、より美しくすることが求められています。美しさを表現するデザイン力も、その傷をきれいにする高度な技術力も両方兼ね備えている医師のみが掲載されているため安心です。

    美容外科医として経験豊富な医師を掲載

    眼瞼下垂治療の名医コンプリートガイドでは、美容外科医として10年以上のキャリアを持つ医師のみを掲載しています。美容外科としての経験が長ければ、関わってきた症例の数も多くなります。万が一のトラブルが発生しても、経験豊富な医師であれば適切に対応可能してくれるでしょう。

    まとめ

    目元の印象を大きく変えてしまう眼瞼下垂は、加齢や目元に刺激を与えることを原因として引き起こされます。そのまま放置しても、自分の力で治すことは難しく徐々に進行していき、症状により施術の内容も変わるため、早めの診断が大切です。 紹介したセルフチェックで眼瞼下垂かどうかの確認をし、少しでも気になるようであれば医師に相談してみましょう。眼瞼下垂が悪化してしまう前に名医コンプリートガイドを利用して名医と言われる先生に相談してみましょう。