婦人科形成の
失敗談

失敗例から学ぶクリニック選びを紹介しています。

私の失敗…婦人科形成編

小陰唇縮小などの婦人科形成で失敗したという声を集めました。知識として参考にしてください。

女性(イメージ) 20代

溶ける糸のせいで左右がいびつな形に……

小陰唇縮小手術を受けました。手術自体はうまくいって小陰唇も小さくなったのですが、抜糸にこなくてすむよう溶ける糸で縫合してもらいました、そうしたら糸が引き攣った形で溶けたのかあるいはきちんと溶けなかったのかすごくいびつな形になってしまいました。結果的に小さくはなったけれど左右の形が違うことに。リカバリー手術をしようか迷っています。

女性(イメージ) 30代

周囲に他の人がいる待合室で問診を取られました

比較的大きなクリニックを受診しました。初めての受診で問診を取られるのですが待合室で他の人がいるのに女性器形成をご希望ですね!とか言われてとても恥ずかしい思いをしました。クリニックのスタッフは慣れているでしょうかこちらは勇気を出して受診しているので配慮のなさにあきれました。結局手術は受けましたが、受付の対応など最後まで事務的であまりよい印象はありません。たぶんもう行かないと思います。

女性(イメージ) 20代

手術の腕も術後の対応も不満だらけです

ネットでいろいろ探してできるだけ安いところでと考えてクリニックを決めました。実際に手術を受けてみると、傷跡は残っているし形も不ぞろいですごく変!こんなはずじゃなかったのにけちったばかりに大失敗しました。結局リカバリー手術をしてくれるところを探して再手術を受けるつもりです。最初のところは抗議してもきちんと対応してくれませんでした。技術の問題ですよね。ちゃんと経歴とか見てから決めればよかった。

女性(イメージ) 30代

術後は通院不要のはずが、術後のケアで何度も行くことに……

術後、出血がなかなか止まらず何度か通院しました。HPには通院不要とあったので信じていたのですがそうもいかず余計な通院費用がかかりました。アフターフォローは料金に含まれていなかったそうです。そんな説明受けたかも疑問。とりあえず行くしかなく消毒などをしてもらいました。今は落ち着いていますが、病院選びは本当に大切です!

女性(イメージ) 30代

カウンセリングで希望したことがドクターに伝わってない

カウンセリングと手術担当が別の人のクリニックは絶対お勧めできません!カウンセリングでは女性の方だったのでいろいろ話をして希望も伝えたつもりでした。ところが治療は男性の先生。手術をしてみると案の定希望した仕上がりとはまったく違う!そのことを抜糸の際に抗議したら「再手術しますか?料金は別途かかりますが」と言われ唖然。とても信頼できないですよね!

クリニック選びがポイント

女性器形成は高いスキルとセンスが必要な治療です。そのためクリニックの姿勢やドクターの技術が非常に要求されます。女性器形成を失敗しないコツとして

  • ドクターの技術力
  • 丁寧なカウンセリング
  • はっきりした料金設定
  • アフターケアの充実
  • 秘密厳守

があげられます。また失敗した場合のリカバリーについても責任を持ってくれることも大切です。

手術は成功の結果だけをみるのではなく失敗したときの対応をみればそのクリニックのレベルがわかるものです。