PICK UP Doctors薄毛治療の名医コンプリートガイドAGA治療の名医3選【名古屋】

AGA治療を受けるなら経験豊富な名医に頼もう

ここでは名古屋のクリニックでAGA治療を行なう名医3名をピックアップしています。男性の薄毛の症状として多いのが、AGA(男性型脱毛症)。遺伝や男性ホルモンの影響でヘアサイクルが乱れ、額の生え際や頭頂部の髪が薄くなる症状です。髪の毛には寿命があり、成長期・退行期・休止期というサイクルを繰り返します。成長期に毛を育てる毛包の成長に問題があると細くて弱い髪の毛になり、抜け落ちてしまうのです。進行性なので自然に改善することはなく、どんどん髪が薄くなってしまいます。
またストレスや生活習慣の乱れも原因のひとつです。シャンプーやカラーリング剤の影響や、紫外線や物理的な力など、毛母細胞や頭皮へのダメージが原因の場合もあります。
「薄毛」にはさまざまな原因が考えられますが、大きなコンプレックスとなるのは間違いありません。現在のAGAの治療法は研究が進んでおり、「薄毛は治せる時代」になっています。いくつかの有効な薄毛治療があるため、自分に合った方法を選べば最良の結果が得られるでしょう。しかし、間違った治療法で対処すると状況を悪化させる可能性があります。たとえば、「頭皮を強く刺激する」「過度にシャンプーを使う」などをしてしまうと改善どころか薄毛を進行させる原因となりかねません。AGA治療を確実にしたいなら、経験豊富な名医に相談することが一番です。一人ひとりの状態に合わせて治療法を提案してくれますよ。

名古屋のAGA治療の名医はこの3名!

  • 松木貴裕医師

    松木貴裕医師

    常に努力し続ける美容外科のスペシャリスト

    松木医師は高い技術で安全な施術を提供するため、努力を積み重ねています。1998年に藤田保健衛生大学を卒業後、翌1999年に日進おりど病院へ入職し、医師としての道をスタート。2002年に東京女子医科大学病院の皮膚科へ勤務し、皮膚科医としての技術を習得。2004年には東京美容外科を開院し、院長に就任しました。現在は表参道スキンクリニックで勤務医として活躍。また日本皮膚科学会や日本抗加齢学会、美容外科学会に所属する美容のスペシャリストです。
    松木医師が所属している表参道クリニックは、年間12,000人以上がAGA治療を受けており、その99%が発毛を実感していそうです。治療には、AGA特効薬のフィナステリド錠(プロペシア)や、薄毛に有効な成分を独自にブレンドしたオーダーメイド処方をします。また専用の機器を使って頭皮を刺激する医療発毛頭皮ケアも行なっているとのこと。治療に来る一人ひとりの悩みを親身になってヒアリングすることで、最適な治療法を提案してくれます。

    所属クリニック
    表参道スキンクリニック 名古屋院
    住所
    名古屋市中区錦3-17-15 栄ナナイロ 8F
  • nophoto

    蒲澤ゆき医師

    AGA治療はもちろん、美容外科を極めた美のプロフェッショナル

    蒲澤医師は、いつまでも若々しく「自分のことが好きになれる」毎日を送ってほしいという想いで、日々治療にあたっているそうです。
    1981年に名古屋市立大学の医学部を卒業し、同大学病院にて皮膚科で研修医として経験を積みます。その後、1990年に名古屋市昭和区にごきそ皮膚科クリニックを開院し、院長に就任します。1992年から2002年にかけて、最新の美容外科治療を取り入れてきた実績があります。また日本皮膚科学会が認定する専門医の資格も保持。皮膚に関してのプロフェッショナルなので、頭皮の状態も的確に診断してくれるでしょう。
    AGA治療には、フィナステリドを主成分とするプロペシアを処方。世界的に使われている治療薬で、AGA治療の救世主といわれるほど効果があります。一人ひとりの症状を見極めたうえで適切な処方をしてくれるドクターです。

    所属クリニック
    ごきそ皮フ科クリニック
    住所
    神奈川県鎌倉市岡本1370-1
  • nophoto

    音田正光医師

    メスを使わない植毛のパイオニア

    音田医師は、最先端の薄毛治療術である「自毛植毛」の分野で活躍しています。
    1991年に福島県立医科大学の医学部を卒業し、1995年に福島県立医科大学大学院を卒業しました。その後、アメリカ留学の経験を経て、2001年に日本医科大学へ勤務します。2004年に都内植毛クリニックに入職し、植毛の技術を習得。10年後の2014年に親和クリニック新宿を開院し、院長に就任しました。翌年の2015年には親和クリニック新宿の総院長に就任しています。
    毛髪の移植を短時間で行なうハイスピードメガセッションや女性型脱毛症の治療が専門です。これまでに1,000症例以上の施術を手掛けているエキスパートです。また音田医師が独自に開発した自毛植毛術の「MIRAI法」はメスを使わずに治療するので、施術後の腫れを軽減。そのうえ短時間で植毛ができる画期的な植毛技術です。
    院長を務める親和クリニックでは、医師・看護師・スタッフが団結して治療にあたるチーム医療を徹底。音田医師が率いるチームが息を合わせてスピーディーな自毛移植を行ないます。

    所属クリニック
    親和クリニック
    住所
    東京都新宿区新宿2-12-4アコード新宿5F