PICK UP Doctors薄毛治療の名医コンプリートガイド男性の薄毛(AGA)治療の
名医をピックアップ

薄毛(AGA)治療の名医=専門的知識+カウンセリング力

確かな腕の医師に依頼するために、3つのチェック項目を満たしている方を探しましょう。

チェック1:AGA治療に関する知識が豊富である

AGA治療の知識があまりなくても、診察の後すぐに薬を処方してしまう医師が増えています。ですが、最適な治療をするには深い知識が必要です。AGA治療に関する研究・実績を持つ医師なのかを確認しましょう。

チェック2:きちんと経過観察を行ってくれる

医師の中には「薬を処方するだけ」という方も存在します。少なくとも月に一度は、経過観察を行ってくれるかチェックしましょう。

チェック3:身体だけでなく、生活状況も含めて診療をしてくれる

AGAの原因は男性ホルモンや遺伝だけではありません。生活習慣や食生活、ストレスが引き起こす可能性もあります。こういった要素も含めて治療方針を考えてくれる医師を選びましょう。

男性の薄毛(AGA)治療の名医はこの3名!

  • Great Dr.
    福岡医師

    引用元:HARG開発者のAGA・薄毛治療院
    (http://www.harg.org/developer/interview1.html)

    福岡 大太朗医師

    日本を代表する毛髪再生医療の研究者

    最新の薄毛治療方法のひとつ「HARG療法」を開発した福岡医師。このHARG療法の安全性と即効性の高さから、全国180箇所以上のクリニックで採用されています。また福岡医師自身が携わってきた患者の数は2,000人超え。新しい手術方法を開発できるほどの知識と、豊富な治療経験を兼ね備えた名医といえます。世界各国で開かれている医学会での講演や論文発表など、常にスキル向上をし続けているので、信頼して施術を任せられるでしょう。

    福岡 大太朗医師のAGA治療の特徴

    福岡医師が得意としている薄毛の治療は、自身が開発に携わった「HARG療法」です。この方法は「成長因子」という細胞の増殖を助ける成分を持つたんぱく質を直接頭皮に注入。発毛そのものを再び機能させることができます。自ら毛を生やす機能を甦らせるので、根本的ない薄毛の治療が可能です。飲み薬や塗り薬を使った従来の治療法と比べて、効果の持続時間が長いという特徴もあります。

    脱毛症22人の男女、全員の発毛を計測

    福岡医師はHARG療法に続く毛髪再生医療として期待されている「HARGENON」という治療にも精通しています。この方法は脱毛症と認められた22人全員に発毛効果が現れたと、科学的に検証されたものです。頭皮の状態を正しく見極めて、患者一人ひとりで異なる薄毛の原因にとって最適な方法を提案してくれるでしょう。

    経歴
    1991年:昭和大学医学部 卒業
    1998年:横浜みなとクリニック美容外科 開設
    2012年:医療法人社団櫻海会 桜花クリニック 開設
    所属医師会や保有資格
    ・医学博士
    ・ヨーロッパ美容外科学会名誉会員
    ・日本美容外科学会専門医
    ・日本形成外科学会会員
    ・再生医療認定医
    所属クリニック
    HARG開発者のAGA・薄毛治療院
    住所
    東京都新宿区西新宿1-4-10 満来ビル4F 桜花クリニック

    クリニックの特徴

    福岡大太朗医師が院長を務める「HARG開発者のAGA・薄毛治療院」は、男性・女性の薄毛治療を専門としたクリニック。今や全国の多くのクリニックでAGA治療メニューとして採用されている「HARG療法」を開発したクリニックです。患者の頭皮・頭髪の状態を医師が丁寧にチェック。プライバシーに配慮し、完全個室で施術を行っています。

    費用

    • HARGENON 6回 1,200,000円(税込)、HARGENON 8回 1,600,000円(税込)、HARGENON 10回 2,000,000円(税込)
    • HARG メンテナンス2回 無料
      HARGENON 1回 230,000円(税込)、HARG メンテナンス 1回 90,000円(税込)
  • Great Dr.
    音田 正光医師

    引用元:親和クリニック 新宿院
    (https://shinwa-clinic.jp/about/clinic/)

    音田 正光医師

    3,000件以上の実績を持つ薄毛治療のエキスパート

    ここ10年の間に携わってきた薄毛治療数が3,000件以上を超えている音田医師。患者の安心を最優先にすることを信念にし、安全性の高い医療だけを提供して続けているそうです。そんな音田医師の活動は、学会やセミナーでの講演や、薄毛に関する書籍の執筆など多岐にわたります。活動の評判は良く、テレビや雑誌といったメディアでも注目を集めるほどです。人気だけでなく、実績も伴った名医といえるでしょう。

    音田 正光医師のAGA治療の特徴

    音田医師が得意としているのは、メスを使わない自毛植毛術「MIRAI法」です。この方法は切開を必要としないため傷跡が小さく、痛みや出血が少ないという特徴を持っています。従来の自毛植毛術と比べて、約4分の1という短い時間での施術が可能。術後の仕上がり・施術時間ともに世界レベルの治療を行ってくれます。

    経歴
    1991年:福島県立医科大学医学部卒業
    1995年:福島県立医科大学大学院卒業(医学博士)米国留学
    2001年:日本医科大学老人病研究所教官
    2014年:親和クリニック新宿開設 院長就任
    2015年:親和クリニック新宿 総院長就任
    所属医師会や保有資格
    ※公式HPに記載がありません。
    所属クリニック
    親和クリニック 新宿院
    住所
    東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿5F

    クリニックの特徴

    AGA治療を始め、ケガや傷跡による無毛部位の治療、眉毛やまつ毛の植毛・育毛など、毛の再生に関することならなんでも対応している親和クリニック。自毛植毛では国内屈指の実績を誇るクリニックながら、患者の症状や希望に応じ、内服薬や外用薬、発毛メソセラピーなど柔軟な治療法を提案しているクリニックです。医師、看護師、カウンセラーの3者によるカウンセリングを実施。

    費用

    • FAGA治療薬
      内服薬 パントガール 1ヶ月分 10,000円(税抜き)、3ヶ月分 29,500円(税抜き)、6ヶ月分 57,000円(税抜き)
      内服・外用薬セット パントガール+ハイブリッドミノキシジル 1ヶ月分 18,500円(税抜き)、3ヶ月分 54,500円(税抜き)、6ヶ月分 105,000円(税抜き)
    • ノーニードル 発毛メソセラピー
      ノーニードル発毛メソセラピー(月1回の通院治療)+パントガール(内服薬)+ハイブリッドミノキシジル(外用薬・1)+アロビックス(外用薬・2)
    • 3ヶ月コース メソセラピー3回(施術時間:約1時間)+内服薬・外用薬 各3ヶ月分 180,000円(税抜き)
    • 6ヶ月コース メソセラピー6回(施術時間:約1時間)+内服薬・外用薬 各6ヶ月分 324,000円(税抜き)
    • 6ヶ月モニターコース メソセラピー6回(施術時間:約1時間)+内服薬・外用薬 各6ヶ月分 288,000円(税抜き)
  • Great Dr.
    滝田 賢一医師

    引用元:親和クリニック大阪
    (https://shinwa-dr.net/doctors/takita/)

    滝田 賢一医師

    1,500件以上の治療を4年でこなした名医

    4年間という短い期間に自毛植毛術だけで1,500件以上の薄毛治療に携わってきた滝田医師。「薄毛の悩みも命に関わるような病気も、患者が困っていることには変わらない」という考えのもと治療を提供しているそうです。また、治療後に「周りの人に手術したことがバレなかった」という声が挙がるほど、自然な仕上がりを実現。経験・スキルともに確かな名医といます。

    滝田 賢一医師のAGA治療の特徴

    薄毛治療の中でもとくに滝田医師が得意としているのは「FUE法」という方法です。FUE法は特殊な器具を使うことで、元から髪の毛が生えているかのような自然な仕上がりを実現してくれます。その効果を求めて日本全国から患者が訪れるほど。治療後に「手術したことがバレないか心配…」という方でも、安心して施術を受けられるでしょう。

    経歴
    2007年::Southern Illinois University 形成外科臨床実習
    1989年:福島県立医科大学医学部卒業
    1993年:福島県立医科大学大学院卒業(医学博士)
    福島県立医科大学付属病院勤務
    2004年:国立病院機構福島病院勤務
    2010年:都内植毛クリニック勤務
    2014年:親和クリニック新宿 副院長就任
    2015年:親和クリニック大阪 開設 院長就任
    所属医師会や保有資格
    ※公式HPに記載がありません。
    勤務クリニック
    親和クリニック大阪
    住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20 桜橋IMビル2F

    クリニックの特徴

    日本屈指の自毛植毛の実績数で知られる親和クリニック。薄毛の悩みは医療機関にも相談しにくいとの視点のもと、医師、専門カウンセラー、看護師の3者体制で多面的なカウンセリングを行っているクリニックです。大阪院はJR「北新地駅」から徒歩1分の好アクセス。長く通院が必要となる薄毛治療なので、駅からのアクセスも重要なポイントでしょう。

    費用

    • 切らない自毛植毛MIRAI法
      基本料金 200,000円(税抜き)、植毛費用 1株 900円(税抜き)×株数
    • 刈り上げない自毛植毛NC-MIRAI法
      基本料金 300,000円(税抜き)、植毛費用 2,000円(税抜き)×株数

男性の薄毛(AGA)治療の名医一覧

麻生泰医師の経歴

1999年、藤田保健衛生大学卒業。のち大阪医科大学麻酔科、岡山大学形成外科等の勤務を経て、2004年に東京美容外科を設立しました。美容先進国の韓国や、アメリカビバリーヒルズでの修行経験もあり。自身が薄毛で悩んでいたことがきっかけで、発毛実感率98%という脅威のAGA治療法を独自に開発。

麻生泰医師のAGA治療

東京美容外科の提携院でもある「AGAスキンクリニック」の統括診療部長を務める麻生医師。プロペシアやミノキシジルを始め、麻生医師が開発した発毛薬「Rebirth」、育毛メソセラピー「Dr’sメソ」、薄毛の再生医療「AGA幹細胞治療」など、患者の症例や希望に応じて多彩な治療を用意しています。
活動
『美容外科医の本音』(白誠書房)などの出版歴のほか、「Qualitas」「MADURO」などの雑誌取材多数。
所在地:
東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F
公式プロフィール
/doctorsfile/dr_aso.html

岡嶋研二 医師
(名古屋Kクリニック)

岡嶋研二医師の経歴

1978年、熊本大学医学部卒業。ウィーン大学医学部留学、熊本大学医学部助教授、名古屋市立大学大学院教授などを経て、2012年に名古屋Kクリニックを開院。専門の血液学の研究から、「インスリン様成長因子-1」を増やすことがAGAの改善につながることを発見しました。学会やメディアでも注目されたオリジナル発毛理論。

岡嶋研二医師のAGA治療

さまざまな方法を駆使し、最終的には体内における「インスリン様成長因子-1」の増量を目指す岡嶋医師。青色光照射法や高気圧療法を中心に、独自のAGA治療を行っています。カプサイシンとイソフラボンの摂取を推奨するなど、育毛に良い食習慣の指導にも熱心です。
活動
『髪がみるみる生える、ふえる、きれいになる25の習慣』(主婦の友社)、『薄毛の食卓 5か月で64.5%の人が発毛した食事法』(マガジンハウス)など、著書多数。
所在地:
愛知県名古屋市中区金山4-1-1 カーニープレイス名古屋金山ビル7F
公式プロフィール
https://kclinic.co.jp/doctor/

長井正寿 医師
(湘南美容クリニック福岡院)

長井正寿医師の経歴

1991年、久留米大学医学部卒業。同大学泌尿器科勤務を経て、1999年より某美容外科の毛髪移植科に入職。2013年より湘南美容外科クリニックに転じ、2017年から同クリニック福岡院院長を勤めています。国内最大級と言われる湘南美容クリニックグループで、毛髪部門の統括部長を務めるほどの実力派ドクター。

長井正寿医師のAGA治療

自身が薄毛に悩み、臨床の傍ら、自らも3度の自毛植毛を受けたという長井医師。世界的な植毛医師として知られるチョイ氏、およびシャピロー氏から直接指導を受けた数少ない日本人医師としても知られます。薬の処方も行いますが、長井医師自身は自毛植毛のエキスパートです。
活動
イタリア国際毛髪学会、国際毛髪学会など、世界レベルの学会での受賞歴あり(すべて毛髪再生に関する研究)。
所在地:
福岡県福岡市中央区渡辺通4-9-25 天神ロフトビル7F
公式プロフィール
https://www.s-b-c.net/contents_aga/doctor/nagai.html

小林一広 医師
(メンズヘルスクリニック東京)

小林一広医師の経歴

1991年、北里大学医学部卒業。同大学病院精神科、埼玉県立精神保健総合センターなどの勤務を経て、1999年、メンズヘルスクリニック東京の前身となる城西クリニック(頭髪治療専門)を開院しました。10年弱にわたる精神科医としての経験を活かし、患者の心身の両面から薄毛の改善をサポートしています。

小林一広医師のAGA治療

プロペシアやフィナステリド錠、ザガーロなどの単剤処方に加え、ヘアメディカルグループのオリジナルの内服薬・外用薬「アドバンスト発毛治療」を用意。「アドバンスト発毛治療」は、過去19年で190万人もの治療実績を持つオーダーメイド治療です。薬の処方に加え、髪に良い生活習慣のアドバイスも実施。
活動
『薄毛・抜け毛を治す』(講談社)などのAGA関連の書籍のほか、精神医学に関する著書も多数執筆。
所在地:
東京都千代田区丸の内1-11-1 パシフィックセンチュリープレイス丸の内 10F
公式プロフィール
https://www.menshealth-tokyo.com/aga/doctor/

坂本有考 医師
(アイランドタワークリニック)

坂本有考医師の経歴

2000年、久留米大学医学部卒業後、同大学形成外科に入局。九州がんセンター、済生会福岡総合病院などを経て、2012年よりアイランドタワークリニック福岡院院長。2015年より同クリニック新宿院院長を務めます。アイランドタワークリニックに転じて以来、自毛植毛一本で豊富な症例を蓄積。日本形成外科学会認定専門医。

坂本有考医師のAGA治療

アイランドタワークリニックは、自毛植毛のみを行っている医療機関。プロペシアやミノキシジル等の一般薬、育毛メソセラピー等の施術でも毛髪の再生の見込みが薄い患者にとって、最後の砦となるクリニックでしょう。同院での株の採取量は、1時間あたり800~1,500本と世界平均の2倍以上。
活動
「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」(テレビ朝日)など、全国メディアを通じて自毛植毛を啓蒙。
所在地:
東京都新宿区西新宿6-5-1 アイランドタワー5F
公式プロフィール
https://www.ilandtower-cl.com/clinic/doctor/

正木健太郎 医師
(銀座総合美容クリニック)

正木健太郎医師の経歴

平成14年、岡山大学医学部卒業。平成20年、のちにテレビCMなどを通じて「銀クリ」の愛称で知られるようになった銀座総合美容クリニックを開院しました。日本形成外科学会や日本美容外科医師会に所属する外科医ですが、専門は頭髪治療。特に育毛メソセラピーを得意とするドクターとして知られます。

正木健太郎医師のAGA治療

薄毛の現状確認、および遺伝子検査等により症状の原因を特定。診断結果に基づき、内服薬や外用薬の処方、または成長因子を頭皮に直接注入する育毛メソセラピーを行っています。特に育毛メソセラピーの効果の高さは絶大。治療プロセスを撮影した公式HPのモニター写真は必見です。
活動
「スキンケア大学」など、ネットメディアを中心に薄毛に関する監修記事を提供中。
所在地:
東京都港区新橋1-4-5 G10ビル9・10F
公式プロフィール
https://www.gincli.jp/doctor/

佐藤明男 医師
(東京メモリアルクリニック平山)

佐藤明男医師の経歴

北里大学医学部卒業。1998年より、厚生省高度先進医療推進事業にて英国オックスフォード大学留学。帰国後、東京メモリアルクリニック平山に入職し、現在、同院の院長を務めています。院外では北里大学教授、東京理科大学客員教授、横浜市立大学医学部講師を併任。過去、7,000名を超えるAGA治療実績あり。

佐藤明男医師のAGA治療

過去7,000名以上におよぶAGA治療実績を背景に、患者の症状に応じた最適な治療方法を提案しています。プロペシアやミノキシジルなどの処方はもちろんのこと、施術にも対応。治療方法の詳細は、同クリニックまで直接お問合せください。
活動
『医療的育毛革命』(講談社)や『なぜグリーン車にはハゲが多いのか』(幻冬舎)など大手出版社の執筆実績あり。
所在地:
東京都渋谷区代々木2-16-7 山葉ビル2F
公式プロフィール
https://jiyugaokaclinic.com/doctors/akio_sato/

柳生邦良 医師
(銀座HSクリニック)

柳生邦良医師の経歴

1976年、東京大学医学部卒業。同大学外科、神奈川県立こども医療センター、ハノーバー医科大学、日本赤十字社医療センター等を経て、都内の毛髪植毛専門クリニック院長に就任。2018年より、薄毛治療専門の銀座HSクリニック総院長を務めています。国際毛髪外科学会第24代会長、アジア毛髪外科医学会理事、日本臨床毛髪学会理事を歴任。

柳生邦良医師のAGA治療

内服薬や外用薬のほかに、ノンニードルメソセラピー、ダーマスタンプ、HS式発毛促進点滴、トータルヘッドセラピーなどの施術メニューも展開。改善が見込めない重症のAGA患者には、自毛植毛や医療ヘアタトゥーなども行っています。
活動
著書に『自毛植毛はどこも同じ、ではない―NHT式自毛植毛』(国書刊行会)、『医療で治す薄毛の悩み』(幻冬舎)など。
所在地:
東京都中央区銀座8-9-15 JEWEL BOX GINZA 5F
公式プロフィール
https://hsclinic.jp/

AGA治療の基礎知識

治療の特徴

AGAとは男性型脱毛症のことをいいます。成人の男性に見られる脱毛症で、生え際がМ字に後退していき、頭頂部が薄くなるのが特徴とされています。薄毛治療にもさまざまあり、「自毛植毛」や「HARG(ハーグ)療法」「プロペシアなどの内服薬」「ミノキシジルの外用薬」「外科手術による人口毛移植」と種類豊富です。クリニックによって扱っている種類が異なるため、AGA治療が得意な医師に相談するのが解決の近道です。

Meritメリット
  • 民間療法より確実な効果がある
  • 薄毛の原因をしっかり特定できる
  • 自分に合った治療が受けられる
Demeritデメリット
  • 効果が出るのに時間がかかる
  • 副作用の危険性がある
  • 費用がかかる

基本的なダウンタイム

もともとミノキシジルは血圧降下剤として開発されました。またフィナステリドは前立腺がんや前立腺肥大の治療薬として使われてきました。これらがAGAの治療に効果があるということがわかり活用されています。この2つは飲み方に注意が必要です。

  • 毎日同じ時間に飲むこと
  • 決められた用法と容量を守ること
  • 何らかの副作用が出たらすぐに服用をやめ医師に相談すること

他の病気の治療薬として使われていたこともあり副作用が報告されています。ですから服用の際には必ず注意を守ることが大切です。飲み続けることで効果が表れるため即効性はありません。

男性の薄毛の治療法

治療薬

薄毛の治療薬は、主に3つのタイプがあります。

外用薬

薄毛が気になる部分に塗布する、外用薬として用いられるのが、「パントスチン」「ロゲイン」「フロジン液」など。抜け毛を抑えたり、育毛を促す効果がありますが、内服薬と比べると、効果が遅いと言われています。

内服薬

「飲む育毛剤」とも呼ばれる、「プロペシア」という内服薬が、よく用いられます。プロペシアには「フェナステリド」と呼ばれる成分が含まれています。フェナステリドは、日本皮膚科学会にも、効果を認められている成分です。

育毛メソセラピー

産毛状態の毛や、細い毛を、強くたくましい毛にする治療法です。外用薬や内服薬と比べて、やや高額ですが、薬剤を直接頭皮に注射することで、有効成分が毛根に届きやすくなるため、高い効果が期待できます。また、毛の伸びる成長期を長くし、成長が止まる退行期、休止期を短くする効果があります。

HARG療法

育毛メソセラピーと同様、薬剤を直接頭皮に注射する治療法です。育毛メソセラピーとの違いは、「細胞成長因子」が含まれるかどうか。育毛メソセラピーは、今生えている毛を強くする治療ですが、HARG療法は、休眠している毛母細胞を刺激して、新たな発毛を促す効果があります。

自毛植毛

自身の側頭部や、後頭部から、元気な毛を、毛根ごと移植する治療法。定着率は9割程度と高く、半永久的な効果が期待できます。