HOME » 薄毛治療の名医コンプリートガイド » 男性の薄毛(AGA)治療の名医をピックアップ

薄毛治療の名医コンプリートガイド 男性の薄毛(AGA)治療の
名医をピックアップ

男性の薄毛治療の名医や治療法を紹介します

男性に見られる、最も多い抜け毛・薄毛の症状は、男性型脱毛症(AGA)と呼ばれるものです。AGAは、思春期以降、遺伝や男性ホルモンの影響で、額の生え際や、頭頂部の髪が薄くなっていきます。進行性のため、放っておくと、どんどん髪が薄くなってしまうのが特徴です。それ以外にも、ストレスや生活習慣の乱れが原因で、薄毛となることもあります。これらの内的要因の薄毛は、生活習慣を改めることで、改善されることがあります。一方、シャンプーやカラーリング材が体質と合わない、紫外線や物理的な力で、毛母細胞や頭皮がダメージを受けるといった、外的要因がもとになる抜け毛もあります。いずれにしても、薄毛は、大きなコンプレックスとなります。現在、AGAの治療法は、かなり研究が進んでおり、その他にも、いくつかの有効な薄毛治療があります。一方で、間違った認識から、頭皮を叩いて刺激したり、必要以上にシャンプーを使ったりと、効果がないどころか、逆に薄毛の原因となりかねない方法で、薄毛対策をしている人もいます。正しい知識を身につけて、薄毛が気になる人は、専門外来を持つクリニックに相談してみましょう。

男性の薄毛治療の名医はこの2名!

  • Great Dr.
    福岡大太朗医師

    福岡大太朗医師

    福岡医師は、HARG療法を始めとする、毛髪治療専門クリニック「HARG治療センター」の院長。HARG療法の開発者であり、扱った症例数も2,000件を超える、名実ともに、薄毛治療の第一人者です。生活習慣のアドバイスも含めて、二人三脚での治療を受けることができます。

    クリニックの公式サイトへ
  • Great Dr.
    滝田賢一医師

    滝田賢一医師

    自毛植毛の専門クリニック「親和クリニック」大阪院の院長。同院は、10年に渡って積み上げてきた、4,600症例以上の、自毛植毛の実績を誇ります。同院が独自に開発した自毛植毛法である、「MIRAI法」は、メスを使わないため、傷跡が小さくて済み、術後の痛みや出血が少ないのが特徴です。

    クリニックの公式サイトへ

男性の薄毛(AGA)治療において重要視すべき名医の3箇条とは

男性の薄毛(AGA)治療をやるなら失敗しない医師に手術を頼みたいですよね。ここでは、男性の薄毛(AGA)治療の名医を見分ける条件を3つ紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

条件1:AGA治療に関する知識が豊富である

ひと昔前まで「男性の薄毛は防げない」という認識が一般的でした。しかし近年は薬剤の研究が進み、AGA治療を受ける男性が急増しました。このためあまり治療に関する知識がなくても、簡単な問診の後、すぐに薬を処方してしまうような医師/クリニックが増えています。しかしプロペシアなどの薬剤には副作用の可能性も懸念されます。AGA治療に関して深い知識と実績を持ち、患者に最適な治療を提案できる医師を選びましょう。

条件2:きちんと経過観察を行ってくれる

AGA治療に関する深い知識を持っていない医師は、ただ薬を処方するだけ。このようなクリニックで治療を受ける場合、通院の頻度は数ヶ月に一度程度です。「忙しいから、そのぐらいが助かる」と考える人がいるかも?しかし本気で改善に努めるなら、少なくとも月に一度の通院を薦め、きちんと経過観察(写真撮影含む)を行ってくれる医師がおすすめです。カウンセリングの際、具体的な治療計画について、しっかり確認しておきましょう。

条件3:身体状況も含め診療を行ってくれる

AGAの原因はさまざま。男性ホルモンの働きや遺伝が主な要因とされてはいるものの、生活習慣や食習慣、そしてストレスなどが原因となることもあります。ですから診療の際、生活や身体状況についても詳しく確認したうえで、治療方針を決めてくれる医師を選ぶのが、おすすめ。より効果実感の高い治療が実現するはずです。また医師が患者の身体状況を把握することで、薬剤による副作用の発生を未然に防げる確率も高まるのです。

男性の薄毛の治療法

  • Method 男性の薄毛(AGA)の治療法

    治療薬

    薄毛の治療薬は、主に3つのタイプがあります。

    外用薬

    薄毛が気になる部分に塗布する、外用薬として用いられるのが、「パントスチン」「ロゲイン」「フロジン液」など。抜け毛を抑えたり、育毛を促す効果がありますが、内服薬と比べると、効果が遅いと言われています。

    内服薬

    「飲む育毛剤」とも呼ばれる、「プロペシア」という内服薬が、よく用いられます。プロペシアには「フェナステリド」と呼ばれる成分が含まれています。フェナステリドは、日本皮膚科学会にも、効果を認められている成分です。

    育毛メソセラピー

    産毛状態の毛や、細い毛を、強くたくましい毛にする治療法です。外用薬や内服薬と比べて、やや高額ですが、薬剤を直接頭皮に注射することで、有効成分が毛根に届きやすくなるため、高い効果が期待できます。また、毛の伸びる成長期を長くし、成長が止まる退行期、休止期を短くする効果があります。

    HARG療法

    育毛メソセラピーと同様、薬剤を直接頭皮に注射する治療法です。育毛メソセラピーとの違いは、「細胞成長因子」が含まれるかどうか。育毛メソセラピーは、今生えている毛を強くする治療ですが、HARG療法は、休眠している毛母細胞を刺激して、新たな発毛を促す効果があります。

    自毛植毛

    自身の側頭部や、後頭部から、元気な毛を、毛根ごと移植する治療法。定着率は9割程度と高く、半永久的な効果が期待できます。

  • Knowledge 男性の薄毛(AGA)治療のよくあるQ&A

    生え際や頭頂部が薄くなっていると感じて治療を考えている方。知り合いに治療がばれるのではないか、どういった治療をすればよいのか、原因は何なのかなど、気になることは多いはずです。病院で治療を受けるにしてもまずは下調べが必要ですよね。こちらでは薄毛治療を行うときに気になる情報をQ&A形式でまとめています。薄毛の原因、料金相場や副作用などを紹介していますので、ぜひご覧ください。

  • Knowledge 男性の薄毛(AGA)治療の体験談まとめ

    結局のところ、治療の効果が本当にあるのかどうかが、皆さんの大きな関心だと思います。このページでは、薄毛治療を受けた男性の治療による効果や感想、その後の生活で何が変わったのかをまとめてみました。

  • Knowledge 男性の薄毛(AGA)治療の失敗談

    髪の毛が抜けて薄毛になった場合、育毛剤を使えばフサフサの髪に戻ると簡単に考えていませんか?薬を飲んでも効果が現れない方や治療薬の副作用で体調を崩す方もいます。薄毛の原因はAGAだけではありません。ストレスや生活習慣が引き金になることもあるのです。こちらでは、AGA治療を受けた方の実際の失敗談を紹介します。治療薬のメリットだけに目を向けるのではなくデメリットもしっかりと把握し、自分に合った治療法を見つけることがAGAを治すためには大切です。貴方が失敗をしないためにも、ぜひ参考にしてください。