PICK UP Doctorsわきが治療の名医コンプリートガイド東京の多汗症治療の名医3選

東京で多汗症の施術を受けるならこの名医がオススメ!

数多くの美容外科クリニックが存在し、美容外科激戦区といわれる東京。そんな東京で「多汗症治療の名医」と呼ばれる3名のドクターをそれぞれの特徴や所属クリニックとあわせて紹介しています。
多汗症とは、脇の下や手のひら、足の裏などから大量に発汗する病気のこと。多汗症が原因で「汗の量が気になる」「大量に汗をかくから周囲の目が気になる」といった悩みを持つ方も多くいます。ですが、現在は医療の進歩に伴い実際にクリニックや病院で治療を受ける方も増えてきました。とは言っても、多汗症治療は誰がやっても一緒というわけではありません。本気で改善したいのなら、しっかりと専門的な知識と高い技術力を持った医師に診てもらうことが大切です。これから紹介する医師たちは、いずれも高い技術力と多汗症治療の実績を豊富に持つ方ばかりなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

東京の多汗症治療の名医はこの3名!

  • nophoto

    小松 磨史医師

    地域密着を心がける献身的ドクター

    小松磨史医師は1994年に札幌医科大学を卒業。その後、同大学病院の形成外科に入局し、形成外科医としての研さんを積みます。アメリカへの医学留学の経験もあり、さらに腕を磨きをかけた小松医師は、大学卒業からの10年間で培った技術を活かし、2005年に大手美容外科へと転身。2014年には念願だった独立を果たし、みずほクリニックを開院しています。形成外科時代を含め、20年以上美容医療に携わっているベテラン医師です。みずほクリニックでは地域密着を掲げ、美容医療を通して地域の方々への貢献を心がけています。多汗症治療では、手軽に行える注射治療からメスを入れる手術まで、患者の症状や目的に合わせた治療法を用意。診察から施術までを小松医師がすべて担当してくれるので、安心して治療を受けることができます。

    所属クリニック
    みずほクリニック
    住所
    東京都豊島区池袋2-2-1ウイックスビル601
  • nophoto

    本田 淳医師

    最先端医療を駆使した多汗症治療のスペシャリスト

    本田淳医師は多汗症・腋臭症治療を専門的に行うぺルラクリニックで院長を務める、多汗症治療の名ドクターです。皮膚を切らずにマイクロ波を皮膚の上から照射することで、多汗症の原因となる汗腺を破壊する特殊な医療機器「ミラドライ」を使用し、多汗症を半永久的に改善してくれます。高度な技術が求められるミラドライを使用した治療は、ミラドライ認定医資格を持つ本田医師がすべて担当しているので安心です。
    本田医師は大学で整形外科を専門に、筋骨格系の疾患や外傷治療、マイクロサージャリーを学び、1994年より都内のクリニックに勤務。美容外科・美容皮膚科医としての研鑽を積みました。その後2007年に現在のペルラクリニック神宮前を開院。6つの学会に所属し、そこで得た知識と自身の経験をもとに、最先端医療を取り入れた治療で多くの患者の悩みを解決しています。

    所属クリニック
    ペルラクリニック神宮前
    住所
    東京都渋谷区神宮前1-19-14 サンキュービル5F
  • nophoto

    金丸 博之医師

    研究熱心で高い技術力を持った名医

    金丸博之医師は帝京大学医学部出身で、メディア掲載も多数の美容皮膚科業界を代表する名医の一人です。所属する新宿マリアクリニックでは院長を務め、美容外科歴20年の経験と実績を活かし質の高い医療を提供しています。得意とする多汗症治療では、皮膚を傷つけることなく治療が行える「ミラドライ」にさらに独自の治療法を加え、より痛みや腫れの少ない治療を実現。現在もなお、症例研究や医療機器メーカーとの共同研究を行い、日々治療品質の向上に力を入れているそうです。専門性の高い技術力と豊富な実績が魅力の金丸医師。患者だけでなく周囲の美容医療関係者からも認められる信頼の厚いドクターです。金丸医師が率いる新宿マリアクリニックは、女性スタッフも多くアットホームな雰囲気を心がけているので、気軽に足を運ぶことができます。

    所属クリニック
    新宿マリアクリニック
    住所
    東京都新宿区新宿2-12-4 アコード新宿8F