わきが・多汗症のよくあるQ&A

わきが・多汗症治療の費用や期間などのギモンにお答え!

わきが・多汗症のよくあるQ&A

自分では気づきにくいと言われるわきがや、したたる汗が気になる多汗症。ここでは、わきがや多汗症について、知りたいことを集めて回答しています。治療を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Q費用の目安は?

A

治療の費用は、保険が適用されるかどうかでかなり違ってきます。例えば剪除法では、保険適用で4万円ほどですが、保険が適用されなければ30~50万円くらいといわれています。また、皮下吸引法は15万円程度、ボトックスは保険適用で3万円ほどですが、保険を使わなければ、わきがで7~8万円、多汗症で15~60万円とされています。超音波手術では35~40万円です。

Qボトックスが保険適用になったと聞きましたが?

A

現在、わきがや多汗症のボトックス治療では健康保険が適用されています。その場合、3割負担では3万円ほどの自己負担となります。ただし、そのほかに別途初診料や再診料、検査料などが必要になります。

Q保険適用される治療は何がありますか?

A

保険が適用されるのは剪除法とボトックスです。剪除法は脇の下を切開して汗腺を取り除く手術ですが、難易度の高い手術ともいわれています。実際には日々の診療に追われて、それだけの高い技術力を体得したドクターが少なく、形成外科や美容外科などで行われることも少なくありません。

Qいつ日常生活に戻れますか?

A

ボトックス治療では、すぐに日常生活に戻ることができます。しかしそれ以外の手術では、1ヶ月程度は傷に負担がかからないような生活をすることが大切です。入浴もシャワーにしておき、無理な運動や力仕事は避けましょう。湯船に浸かる入浴は1ヶ月後くらいから可能になります。

Q痛みはある?

A

切開を伴う手術では、麻酔が切れると多少なりとも痛みを感じます。手術中は麻酔で痛みを感じないため問題ありませんが、麻酔が切れたら鎮痛剤で痛みを抑えることができます。しばらくは脇の下などに違和感がありますが、治るにつ入れて違和感も少なくなります。

Q多汗症ですが子供に遺伝するんでしょうか?

A

多汗症はさまざまな原因で起こりますが、実際には原因が特に見当たらないものがほとんど言われています。このような原発性多汗症は、遺伝が関係しているとされています。多汗症治療を行った患者さんのうち、約7割の人の家族に同様の症状があるという調査結果も報告されています。

Q胸も匂いがするのですが…

A

乳輪もアポクリン腺が存在するため、わきがの臭いがすることがあります。その場合、乳輪周辺の毛根に電気針を入れたりアポクリン腺を切除するといった治療が行われます。

Qわき毛がなくなるって本当ですか?

A

症状のみを抑える簡単な手術などでわき毛がなくなることはありませんが、腋下多汗症も一緒に根本治療を行うとなると、わき毛の生えている皮膚を除去してしまうため、ほとんど生えてこなくなるといいます。