HOME » わきが、多汗症治療の名医コンプリートガイド » わきが・多汗症の名医をピックアップ

 わきが、多汗症治療の名医コンプリートガイド わきが・多汗症の名医を
ピックアップ

わきが・多汗症治療の名医や治療法を紹介します

欧米人の場合、8割がわきが体質なのに対して、日本人は1割程度。少ないがゆえに目立ち、清潔感を重んじる日本の価値観もあって、大きな悩みとなります。わきがの原因は、アポクリン汗腺と呼ばれる、汗腺が活発に活動することで、アポクリン汗腺から出る、脂肪やたんぱく質を含む汗が、皮膚の雑菌と反応して、独特な臭いを発するというものです。遺伝性が高く、両親のひとりがわきがの場合、5割以上の確率で遺伝すると言われています。一方、多汗症を、わきがと混同する人も多いですが、多汗症の汗は、エクリン汗腺と呼ばれる汗腺からの汗です。アポクリン汗腺は脇の下などの限られた場所にあり、汗がネバネバしているのに対して、エクリン汗腺は全身に無数に存在し、その汗はさらっとしており、わきがのように、強い臭いを放つことはありません。多汗症は、緊張などの精神的なストレスが原因で、エクリン汗腺が、活性化して、脇の下や顔面などに、多くの汗が発生します。

わきが・多汗症治療の名医はこの3名!

  • Great Dr.
    吉種克之医師

    吉種克之医師

    吉種医師は、スピーディで正確な手技を誇る、職人肌のドクターとして、多くの患者から信頼を集めています。総院長を務める、「東京イセアクリニック」では、保険適応となる「剪除法」が中心となります。最小限の切開幅で、傷跡をなるべく目立たないように処置する、入院不要の日帰り手術です。

    クリニックの公式サイトへ
  • Great Dr.
    大西勝医師

    大西勝医師

    大西医師が院長を務める、「大西皮フ科形成外科医院」では、切らないわきが・多汗症治療である「ミラドライ」を用いた治療を受けられます。大西医師自らがミラドライを体験し、その効果は実証済み。滋賀・京都エリアで最も多くのわきが治療症例数を誇る、患者からの評判も高いクリニックです。

    クリニックの公式サイトへ
  • Great Dr.
    廣瀬裕医師

    廣瀬裕医師

    広瀬医師は、「マリアクリニック」町田院の院長。同院は、わきが治療の専門院として、国内でいち早く、切らないわきが治療法「ミラドライ」を導入。長年に渡る多数の症例経験と、ノウハウの蓄積により、副作用のない治療法を確率しました。マリア式ミラドライは、エリア別口コミランキングで1位に選ばれるなど、患者からの評価も高く、安心して治療を受けられます。

    クリニックの公式サイトへ

わきが・多汗症において重要視すべき名医の3箇条とは

わきが・多汗症を治療するなら失敗しない医師に手術を頼みたいですよね。ここでは、わきが・多汗症の名医を見分ける条件を3つ紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

条件1:症例数が豊富で技術が高い

わきが治療は専門性の高い医療分野。治療自体が他の美容施術に比べ、長い歴史を持っています。このため症例数の多さは、名医か否かを測るひとつの条件になり得ます。特に剪除法などの手術の場合、経験値の高さが仕上がりの良し悪しを左右する大きな要因になります。クリニックを選ぶ際は医師の経歴に注目して損はなし!10年以上の経験を持っている医師なら、検討に値するでしょう。

条件2:最新の治療技術研究にも余念がない

わきが治療は、剪除法などの手術を選んだ場合、保険適用されることがあります。その反面、除去するアポクリン腺の範囲によっては、入院の必要がある場合も…。ダウンタイムや費用が気になり「できれば切らない方法を選びたい」という人もいるでしょう。 手術においては名医と呼ばれる医師でも、近年人気を集め始めた「ミラドライ」など、新しい機器については知識が不足している場合があります。カウンセリングを受ける際は、自分のやり方を押しつけず、患者の希望に沿う治療の選択肢をいくつか用意できる柔軟さがあるか、チェックしてください。

条件3:デメリットについてもきちんと説明してくれる

剪除法などの手術を選んだ場合、デメリットがあることも知っておかなくてはなりません。傷跡が残る、腋毛が生えなくなる、汗の量が増える、などなど…。こうしたデメリットについてもきちんと説明を行い、患者とともに対策を考えながら最善の方法を提案してくれる医師なら、安心して治療を任せることができます。

わきが・多汗症治療の基礎知識

  • Method わきが・多汗症の治療法

    わきがの治療はその方法によって、健康保険の適用されるものとそうではない治療に分かれます。現在、最もポピュラーな剪除法やボトックス注射での治療には、保険適用の可能性があります。

    一方、レーザーや超音波サーマル法など、近年人気を集める切らない治療法は健康保険の適用外とされています。

    多汗症の治療は、汗の分泌を抑えるための神経ブロック注射が主流でしたが、近年はより効果が高い交感神経の切除手術が多く選ばれています。

  • Knowledge わきが・多汗症治療のよくあるQ&A

    費用の目安やダウンタイムの有無、痛みなど、わきがや多汗症の治療を始める前に解決しておきたい疑問とその答えをまとめています。

    ぜひ確認して治療への不安を拭い去ってください。

  • Knowledge わきが・多汗症治療の口コミ・体験談

    わきがや多汗症の治療を受けた人たちの声を紹介しています。

    その臭いや症状が原因で、「季節を問わずに汗が出る」「誰も周囲によって来ない」という理由から、意を決して剪除法やミラドライなどの治療に踏み切った人たちばかり。

    わきが・多汗症治療のダウンタイムや傷跡、効果について喜びの声をまとめました。

  • Knowledge わきが・多汗症治療の失敗例

    安易にクリニックを選んでしまい、結果に不満がある人たちの声を集めています。

    「痛い思いをしたのに再発した」「目立たないと聞いていたのに、はっきりわかる傷が残った」というように、効果に関する不満はもちろん、その後のケアに関しての不満が大きいようです。

    どんな施術であっても、絶対に失敗しないわけではありません。クリニック選びの際、ドクターの技術の他に見ておくべきポイントも紹介しています。