PICK UP Doctorsわきが治療の名医コンプリートガイド名古屋の多汗症治療の名医3選

名古屋で多汗症の施術を受けるならこの名医がオススメ!

国内の主要都市でも、多くの美容外科がひしめく愛知県・名古屋。確かな技術が求められるスポットで「多汗症治療の名医」と呼ばれる3名のドクターの特徴や、それぞれが所属しているクリニックと共にご紹介します。
多汗症の施術方法は、脇下部分を切開して汗腺を切除する方法が主流でしたが、技術の進歩によりレーザー治療や注射での成分注入する施術が多くなっています。どの施術を行なうのが良いのかは、治療を受ける方の状況により異なるので、施術方法を提案する医師の見極めはとても重要です。悩み解決の糸口になるドクターを見つけるためにも、ぜひこれから紹介する名医の情報を参考にしてみてください。

名古屋の多汗症治療の名医はこの3名!

  • nophoto

    中村 寿医師

    美容外科をけん引するオールマイティーなドクター

    1998年に久留米大学医学部を卒業した中村医師。卒業後は救急医療の現場で研修を経験し、命の最前線で多くの技術と知識を習得しました。その後は呼吸器・乳腺外科での経験を積み、2005年に美容外科医に転身。これまでに10,000以上の豊富な施術・執刀を執り行い、精力的に最新美容医療に携わっている医師の一人です。
    クリニックでの施術は「ビューホット」と呼ばれる次世代型のレーザー治療を行なっており、高周波エネルギーによってピンポイントで気になる汗腺に処置します。これまでに200以上の症例に関わっていることから、安全性の高い施術としてすすめられている治療法です。
    担当施術は美容外科から美容整形まで幅広く担当しており、オールマイティーに活躍する美容外科医なので、カウンセリングでも多汗症の悩みを汲み取った上で施術プランを提案してくれるでしょう。

    所属クリニック
    THE CLINIC NAGOYA
    住所
    愛知県名古屋市東区東桜1-9-19 成田栄ビル 7F
  • nophoto

    住田 篤紀医師

    患者と医師の壁を感じさせないフランクなドクター

    1996年に藤田保健衛生大学医学部を卒業した住田医師は、私立大学の整形外科に入局し、骨・筋肉・骨格の基礎医学における臨床経験を重ねてきました。
    美容医療に携わり始めたのは2008年。現在は10年以上のキャリアを重ね、2014年から、品川スキンクリニック名古屋院の院長を務めています。
    品川スキンクリニックの多汗症治療では複数の施術を受けられます。事前のカウンセリングで悩みを伝え、症状に合わせて施術を提案してくれるでしょう。ここで患者の悩みと医師の認識がずれてしまうと、要望とは異なる仕上がりになりかねません。住田医師はそれを避けるために、カウンセリングに多くの時間を取ってヒアリングすることを心がけているそうです。住田医師のような気さくな先生であれば、フランクな場のまま施術の相談ができるでしょう。
    扱っている施術方法は主にレーザーや注射を使った方法。痛みの少ない・切らない施術を行なっているので、メスを入れるのが不安で手術を受けるのをためらっていた方でも、負担なく受けることができるでしょう。

    所属クリニック
    品川スキンクリニック名古屋院
    住所
    愛知県名古屋市中村区名駅3−20−1サンシャイン名駅ビル3F
  • nophoto

    鈴木 秀明医師

    医学を教えた経験もある信頼厚い美容外科医

    2007年岐阜大学医学部を卒業後、一般病院で医師として勤務。その後、福岡大学や日本形成外科学会の教育関連施設で教育者の立場として教鞭を取り、医療の基礎・応用を伝え理解を深めていきました。現在の名古屋中央クリニックでは患者の希望を第一に考えて治療してくれます。可能な限り全力で応える鈴木医師の姿勢に惹かれて、多くの方が訪れています。
    患者の希望を叶えるには、患者の声を聞くことから。施術を受ける方の悩みや現在の状況、どの部位の汗が気になるのかを伝えた上で、理想に一番近い施術を提案してくれます。実際に利用した方の口コミにも、丁寧な説明をしてくれたという評価が多く寄せられているので、施術に関する不安を払拭してくれる環境が整っているといえるでしょう。
    施術の種類によっては半永久的な効果を保つものや、一定期間だけ効果が現れるものもあるので、まずはご自身の想いを伝えて、どの施術方法に興味があるのかも伝えると、ベストなプランを立ててくれます。

    所属クリニック
    名古屋中央クリニック
    住所
    愛知県名古屋市中村区椿町18-22