エラ整形(エラ削りなど)の治療法

エラ整形の治療法とはどんなものかを紹介

魅力的な小顔になれるエラ整形とは

顔が大きく見える原因として挙げられるエラをきれいにしてフェイスラインをすっきりと小顔にする整形について紹介しましょう。

エラが張っている芸能人といえば片桐はいりさんがよく知られています。実はあのオードリー・ヘップバーンもエラがコンプレックスだったという話もあるほど、エラを気にしている人は多いようです。

エラが張っている人は顔が角ばって見えるため、どうしても柔らかい印象が持てなくなります。特に女性の場合、ふんわりとした柔らかい印象や、すっきりとしたフェイスラインを望んでいる人も少なくないため、エラは邪魔者扱いされてしまいます。

エラは顎の骨の出っ張りや発達した筋肉、あるいは脂肪の塊などが原因とされています。特に顎の骨が出っ張っている場合は、手術によってこの下顎角という部分の骨を削り取ってエラを改善する方法が用いられます。

エラ整形の手術の内容について具体的に説明します。

具体的な手術の方法

  • エラ削り(下顎角形成)…下顎の骨の出っ張っている部分を部分的に削り取って輪郭をすっきりさせる手術。口の中から切開するのが主流です。方法としては、奥歯の歯茎の下を切開し、出っ張ったエラの骨と余分な筋肉を削ります。口内での手術なので、傷跡も気になりません。効果は永久的なのですっきりとしたフェイスラインを手に入れることができます。ただし、骨を削り取る大掛かりな手術のため、ダウンタイムが長くかかってしまうのが難点。
  • 咬筋縮小術…下顎角の周囲にある筋肉が発達していて盛り上がりの強い人に適した手術。張り出したエラの筋肉を口の中から切除するため、正面から見たときの顔が細くなります。「咬筋の一部を切り取る方法」と「電流を流して咬筋を萎縮させる方法」があり、どちらも効果は永久的。エラ削りと併用すると効果が高まりますが、ダウンタイムが長くなり合併症のリスクが高まることもあります。
  • バッカルファット除去…口内を1~2cm切開し、頬骨の下にあるバッカルファット(脂肪の塊)を引き出して切除。切開部は、溶ける吸収糸で縫うため抜糸の必要がなく、数ヶ月もすると傷口の違和感もなくなります。除去することで頬がひと回りすっきりし、小顔効果が得られるのも大きなメリット。若いうちに除去しておくことで、将来のたるみ(しもぶくれ)予防にもなるでしょう。