PICK UP Doctors小顔整形の名医コンプリートガイド大阪の輪郭整形の名医5選

大阪で輪郭整形の施術を受けるならこの名医がオススメ!

東京・名古屋に並び美容外科の激戦区といわれる大阪。そんな大阪で「輪郭整形の名医」と呼ばれる5名のドクターを紹介。それぞれの特徴や経歴、所属クリニックなどを詳しくまとめいているので、輪郭整形を検討している方はぜひ参考にしてください。

「プチ整形」という言葉が普及したこともあり、美容・形成外科での治療を気軽に受けられるようになった現在。エラの張りやしゃくれたアゴなどにコンプレックスを抱いている方が、輪郭整形を受けることもそれほど珍しいものではなくなってきています。しかし1つ間違えると、顔の形が不自然になったり、希望する輪郭にならなかったりする恐れもあります。理想的なフェイスラインを手に入れるためには、
それを実現できるほどの高い技術力と確かな実績を持つ医師に依頼することが大切です。

  • 中西雄二医師

    引用元:表参道スキンクリニック
    (https://omotesando-skin.jp/)

    中西 雄二医師

    高度な「骨切り」輪郭形成術の実績が豊富

    形成外科と美容外科両方の観点を取り入れている中西医師。確実な美容医療を展開できる背景には、35年以上の形成外科医としての実績、大学病院や大手クリニックでの勤務経験があげられます。現在では、大学で講師を務め、今後の形成外科医の育成だけでなく、現役でも執刀しており、表参道スキンクリニックの総院長を務めています。
    同じ業界の医師からも名医として知られており、特に骨切りなど大がかりな輪郭形成は定評があります。
    カウンセリングでは、リスクの高い施術だからこそ、その人に合った最適な方法や無理のない手術を話し合っていきます。頭蓋骨・顔面を解剖学的な観点から見定めて、確実な施術を期待できるでしょう。

    所属クリニック
    表参道スキンクリニック大阪院
    住所
    大阪府大阪市北区曾根崎新地1-3-26 ぐらんぱれビル5F
  • 志賀由章医師

    志賀 由章医師

    お父さん的存在で患者をサポートする医師

    志賀医師は1987年に東京慈恵医科大学卒業後、主に消化器や乳腺外科において臨床経験を積みます。その後、「美を創り上げる美容外科」に魅力を感じ、1998年に大手美容外科へと転身。院長を歴任した後、2000年より現在のリッツ美容外科大阪院で院長を務めています。患者に寄り添った地域医療を目指す志賀医師。技術だけでなく患者の心のケアも美容医療においては重要であるという考えのもと、治療前のカウンセリングにはとても力を入れているそうです。同院のスタッフからも「お父さんのような存在で、親しみのある先生」として慕われており、人柄の良さも人気を集める理由の一つとなっています。志賀医師が所属するリッツ美容外科は、輪郭整形の症例数が3,000件を超える日本でもトップクラスの美容外科クリニックです。志賀医師も同様に、輪郭整形の名医としてこれまで数多くの患者の診療にあたり、臨床経験を積んできました。

    所属クリニック
    リッツ美容外科大阪院
    住所
    大阪府大阪市北区中津1-2-21 中津明大ビル 2F
  • nophoto

    梶 昇吾医師

    技術指導も務めるこの道24年のベテランドクター

    1995年に三重大学医学部を卒業後、名古屋大学医学部附属病院で約2年間形成外科医としての研さんを積みました。その後、大手美容外科クリニックに籍を移し、2008年より大阪梅田中央クリニックで勤務。現在院長を務めています。また技術力の高さに定評のある梶医師は、全国21院を構える中央クリニックグループの技術指導医としても活躍しているドクターです。形成外科・美容外科医として24年の経験と実績を活かし、あらゆる顔の悩みを解決に導いてきた梶医師。その評判を聞きつけ、大阪梅田中央クリニックには年間を通して全国から多くの患者が訪れています。無料カウンセリングも実施しているので、輪郭を整えてキレイなフェイスラインを手に入れたいという方は、一度梶医師に相談してみると良いでしょう。

    所属クリニック
    大阪梅田中央クリニック
    住所
    大阪市北区芝田1-5-12備後屋ビル5F
  • nophoto

    高須 敬子医師

    患者の悩みに正面から向き合う女性医師

    輪郭整形をはじめ、目や鼻など顔全体の治療を得意とする高須敬子医師。1997年に愛知医科大学医学部を卒業、2005年より高須クリニックに入職し、現在大阪院で院長を務めています。日本形成外科学会・日本美容外科学会・日本レーザー医学会など複数の学会に所属し、技術もさることながら、豊富な知識も持ち合わせた優秀なドクターです。美容外科治療を行う患者の多くは「周りの人にバレずにキレイな姿を手に入れたい」という願望を持っています。高須医師はその要望に応えるべく、患者の価値観や生活スタイルを考慮したうえで最適な治療法を提供してくれるので安心。女性医師だからこそ理解できる患者の悩みや不安を少しでも多く解消するため、施術前のカウンセリングと施術後のアフターフォローには特に力をいれているそうです。

    所属クリニック
    高須クリニック大阪院
    住所
    大阪市北区大深町4-20グランフロント大阪タワーA12F
  • 衣笠哲雄医師

    衣笠 哲雄医師

    数々の学会に所属する名ドクター

    内閣府から日本美容医療協会の認定施設として認められたきぬがさクリニック。そこで総院長を務めるのが衣笠哲雄医師です。奈良県立医科大学を卒業後、同大学病院で約7年間勤務していました。その後、1989年にきぬがさクリニックを開院し、同時に院長を務めます。1995年には日本美容外科学会で理事を務めていた経験もあり、長きに渡って医療美容の最前線で活躍している医師の一人です。所属する学会は全部で9つ。豊富な知識をもとに、様々な角度から患者の症状や悩みに合わせた最適な治療を提供しています。輪郭治療においても患者のあらゆる要望に対応するため、注射器を使った治療からメスを入れて骨を切除する治療まで多種多様な治療法を用意。確かな実績と技術力をもった衣笠医師だからこそ安心して治療を受けることができます。

    所属クリニック
    きぬがさクリニック
    住所
    大阪府大阪市中央区難波4-7-6 R2ビル