PICK UP Doctors顎整形の名医コンプリートガイド顎整形の名医5選【福岡】

福岡で顎整形を受けるなら経験豊富な名医に頼もう

顔の印象を決めるのは顎の形といっても過言ではありません。輪郭がすっきりしていると、若々しい雰囲気にしてくれます。しかし、顎のバランスが悪いと顔全体に影響するため、悩む方も多いようです。そんなコンプレックスを解消してくれるのが顎整形。最近ではさまざまな方法で顎の形を整えてくれる施術が出てきています。たとえば、余分な骨を削る「顎骨削り」やプロテーゼを使った「顎形成」、ヒアルロン酸を注入する方法などです。
顎整形で大切なのは、顔全体のデザインを決めてから治療を行なうこと。正面から見た「V字ライン」や、真横から見た「Eライン」のバランスを確認しながら仕上がりを予想します。横顔の印象で大きく影響するのがEラインで、鼻と顎を結んだライン上に唇が位置するバランスが理想です。そのため、鼻と顎の施術を組み合わせる場合もあります。
顎は顔全体の印象を大きく決める部位のため、治療実績の豊富な医師に相談することが大切です。また他の美容整形と比べて難易度が高いといわれているので、技術力の高い名医に治療してもらうことをおすすめします。ここでは福岡で顎整形を行なう名医を5名ピックアップしているので、参考にしてみてください。

福岡の顎整形の名医はこの5名!

  • nophoto

    室孝明医師

    治療を受ける一人一人と向き合ってくれるドクター

    室井医師は、美容外科・形成外科の分野を専門診療科目としています。
    2002年に埼玉医科大学を卒業後、東邦大学医療センター大森病院の形成外科に勤務し、形成外科医としての道をスタート。治療の実績を重ね2005年には東邦大学医療センター大森病院の形成外科の主任に昇格しました。2006年に星総合病院一般外科・乳腺外科で勤務し、医療技術を磨いたのち、2008年に東邦大学医療センター佐倉病院の形成外科で主任として勤務。その後、2010年に東京手の外科スポーツ医学研究所の形成外科・美容外科の部長に就任し、医療法人八九十会の理事にもなっています。2011年にはヴェリテクリニック入職し、翌年の2012年には福岡院の院長に就任した実力の持ち主です。
    また、厳しい条件をクリアした医師のみが取得できる日本形成外科学会や日本美容外科学会(JSAPS)、日本抗加齢医学会の専門医の資格を保有。顎整形には、顎まわりの形を整えるアゴプロテーゼや、曲がった顎を修正するアゴスライドなどを採用しています。
    これまでに培ってきた形成外科医としてのノウハウを活かして、最適な医療を提案してくれます。患者と綿密なカウンセリングを行なうことで納得のいく施術を提供しているそうです。

    所属クリニック
    BESPOKE(旧:ヴェリテクリニック福岡院)
    住所
    福岡県福岡市博多区博多駅前2-20-1 大博多ビル5階
  • nophoto

    小原直樹医師

    最先端の技術を駆使する美容医療のスペシャリスト

    小原医師は表参道スキンクリニック福岡院の院長を務めており、最高水準の技術で美容医療を提供しています。
    2004年に岡山大学医学部医学科を卒業し、川崎医科大学付属病院に研修医として勤務しました。2006年に川崎医科大学附属病院で初期臨床研修医として勤務し、川崎医科大学付属部病院の形成外科学教室で形成外科医としての道をスタート。2006年に福山市民病院形成外科、2012年に国立病院機構福山医療センター形成外科にて形成外科の技術を磨いたのち、2014年に大手美容外科へ勤務。美容医療の技術を習得しました。表参道スキンクリニックに入職し、表参道スキンクリニック福岡院(旧NAOクリニック福岡院)で院長に就任しています。
    また日本形成外科学会が認定する専門医や、日本抗加齢学会が認定する専門医の資格を持っている実力者です。
    顎整形には、下顎の骨を削る「顎削り」や下顎にプロテーゼ(シリコン製のインプラント)を埋め込む「下顎プロテーゼ挿入術」などで治療にあたります。ほかにも治療法を用意することで、一人ひとりの症状に合わせて対応してくれるドクターです。

    所属クリニック
    表参道スキンクリニック福岡院
    住所
    福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-5 Mビル1号館8F
  • nophoto

    伊東慶子医師

    カウンセリングからアフターフォローまで一貫して行なう女性医師

    伊藤医師はサクラアズクリニック天神で院長を務めています。
    1999年に愛知医科大学を卒業後、同大学病院の皮膚科へ入職。皮膚科医としての技術を習得し、2001年に愛知医科大学付属病院の医員助手に昇格します。2004年に総合大雄会病院の皮膚科に入職し、さらに経験を積みます。2008年に愛知医科大学の助教授に就任。2011には博士(医学)学位も取得。2015年にサクラアズクリニック天神に入職し、2017年サクラアズクリニック天神の院長に就任しました。
    また日本皮膚科学会の認定する皮膚科専門医の資格も取得しています。
    顎整形には、フェイスラインをはっきりさせてくれるテオシアルという薬剤や、骨を形成するレディエッセを気になる部位に注入します。カウンセリングからアフターフォローまで一貫して行なってくれる医師です。

    所属クリニック
    サクラアズクリニック天神
    住所
    福岡県福岡市中央区大名1-14-25 DAIMYO BEAUTY COMPLEX 2F
  • nophoto

    吉池剛医師

    患者に寄り添った治療を行なうドクター

    吉池医師は一人ひとりに寄り添った最適な提案をしてくれます。
    2005年に山梨大学医学部医学科を卒業し、市立甲府病院に入職。2007年に山梨大学医学部付属病院で医療の経験を積みました。2008年に品川美容外科に入職して美容医療の知識や技術を習得します。その後、着実に腕を磨き、2013年には品川美容外科福岡院の院長に就任しました。
    また、日本美容外科学会が認定する専門医の資格を持ち、他にも専門的な資格を多く取得している実績の持ち主です。
    顎整形には、ボリュームとハリを与えるヒアルロン酸注入や、筋肉を小さくする効果のあるボツリヌス・トキシン注入などで対応しています。カウンセリングで顎の形をしっかり確認し、きれいなデザインに仕上がる治療方法を行なってくれる医師です。

    所属クリニック
    品川美容外科福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区今泉1-20-2 天神MENTビル2F
  • nophoto

    菊池寛医師

    患者の満足度を第一に考えている医師

    菊池医師はエルムクリニック福岡院の院長。大切にしていることは「患者さんの満足」です。
    2005年に山梨大学の医学部医学科を卒業後、2006年に市立甲府病院へ勤務しました。2007年に山梨大学の医学部付属病院に勤務。医療技術の習得に励みます。2008年に品川美容外科へ入職し、2013年には品川美容外科福岡院の院長に就任しました。「先生の感じが良い」「気持ちよく施術を受けられた」などの声があがっています。
    顎整形には、筋肉を縮小させるボトックス注射で対応しています。一人ひとりの悩みに応えて、効果が高くリスクの低い治療を提案することを心がけているそうです。クリニックは「居心地の良さ」と「通いやすさ」を意識して作ったそうです。初めての方でも気軽に通えるよう配慮している医師だといえるでしょう。

    所属クリニック
    美容皮膚科 エルムクリニック福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区舞鶴1-2-8セントラルビル3F