頬骨整形の治療法

頬骨整形の治療法とは、どんなものかを紹介します。

小顔に導く頬骨整形とは

顔が大きいと感じる原因の中でも、特に頬骨が出っ張っているものを改善する整形について解説していきます。

顔が大きいというコンプレックスに悩む人は意外に多いものです。世の中の風潮で顔は小さいほうが可愛い、カッコイイという流れがあり、どうしても肩身の狭い思いをしてしまうようです。顔が大きいという印象を与えるのはいくつかの原因があります。その中でも頬骨が張っているとどうしてもその下にある頬にくぼみができてしまうために影が入り実際よりも老けて見えてしまいます。そこで頬骨の出っ張りを削りバランスよくしてあげると、若々しく洗練された顔立ちに変わります。また頬骨整形をすると頬の出っ張りがなくなりますので鼻が高く見える効果もあります。

具体的な手術の内容

頬骨は頬骨体部と頬骨弓部からできています。出っ張りの位置や骨のどこを削るかによって手術のやり方が少し異なります。

  • 頬骨体部減少術…頬骨が前方斜め上方向に出っ張っている人に適した施術です。口の中から骨と皮膚を剥離し、頬骨全体を露出。その際、頬骨に付着している咬筋の一部を切離します。その後、電動ラウンドバーやオステオトームで出っ張った頬骨体部を切除。最後にヤスリで慣らして手術は完了です。頬骨体部を平坦化するのではなく、頬の丸みを残しつつ削り取ることが大切。さらに、段差が出ないように注意する必要があるため、ていねいな作業と高い技術力が求められます。とはいえ、口の中からアプローチするため、顔表面に傷が残る心配はありません。他の施術のように骨を固定する必要がなく、ナチュラルで自然な仕上がりが手に入るのも魅力です。頬骨体部は骨が厚いため、5~6mm程度削ることが可能。
  • 頬骨弓部減少術…頬骨が横に出っ張っている人や、頬骨が原因で顔が大きく見えている人に適した方法です。頬骨が横に出っ張っている原因は、頬骨弓にあります。そのため、頬骨弓を小さく削ったり、切ったりすると適切です。耳の上部を2~3cm程度、または口の中を5mm程度切開し、頬骨弓を削り取ります。また、切開する際は目立たない部分からアプローチするので、傷跡が残る心配がありません。オステオトームやEZカンターなどの特殊な医療器具を用いて手術を行ないます。頬骨弓の削り取れる厚さは約2mm。より頬骨を小さくしたい人は、骨切りの後、頬骨弓を内側に転移させる方法が適切です。それには「EZカンター法」と「プリベンディッドプレート固定法」の2つがあります。それぞれのメリットや治療方法を把握し、症状に応じて選択しましょう。
  • EZカンター法…頬骨弓部減少術の一つで、外側に出っ張った頬骨弓を、内側に転移させる方法。比較的頬骨の出っ張りが少ない人に適切です。口の中を5mm程度切開し、EZカンターを使用して頬骨弓の前方と後方を骨切りし、移転させます。転移させたことで生じる段差を削り、仕上がりを意識。また、EZカンター法では、転移した頬骨弓を固定しません。そのため、頬骨弓の位置がずれてしまわないように、骨切りする部分や骨膜には注意することが大切です。口の中からアプローチするため、顔表面に傷が残る心配はありません。クリニックによっては耳の上部からアプローチすることもあります。どちらも、傷跡が目立たないので安心です。しかし、場合によっては前方の骨切り部分に凹みが生じることも。その場合は、骨セメントで凹みを埋めるとなめらかな表面に仕上がります。
  • プリベンディッドプレート固定法…EZカンター法と同じく、頬骨弓部減少術の一つで、外側に出っ張った頬骨弓を、内側に転移させる方法。EZカンター法との違いは、骨切りする方向やプレートで固定することにあります。プリベンディッドプレート固定法も、口の中、もしくは耳の上部から切開します。頬骨体と頬骨弓を繋ぐ骨膜を剥離し、頬骨弓の前方と後方を骨切り。左右に骨切りした後方の頬骨弓を、プレートで上方に固定します。固定することで、頬がたるんだり、凹んだりするのを防ぐことが可能です。最後に段差を削り、仕上がりを整えたら完成です。プレートには安全なものを使用しているため、長期間体内に保持されても問題はありません。また、固定することで頬骨を大幅に動かすことができ、理想の小顔が手に入ります。
  • 頬骨体部+弓部縮小術…頬骨を全体的に小さくしたい人におすすめ。頬骨は、頬骨体と頬骨弓が繋がって形成されています。両方を同時に削ったり、骨切りしたりすることで、より効果的にアプローチできるという方法です。耳の上部から頬骨弓の骨切りを、口の中から頬骨体を4~6mm程度切除します。小さくなった頬骨体を内側に転移させたのち、特殊なワイヤーを使ってしっかりと固定。その後、周りの骨との段差が出ないようにラウンドバーを使って削ります。以上で手術は完了ですが、頬骨弓の形状によっては、ワイヤーで固定することも。転移した頬骨弓が不安定な場合や、思いっきり頬骨弓を内側に転移させたい場合は固定すると適切です。最も長い手術時間を有する方法ではありますが、その分、大きな効果が得られます。確実に小顔効果がほしい人に適しています。