PICK UP Doctors鼻・唇の整形の名医コンプリートガイド唇整形の名医5選【福岡】

福岡で唇整形を受けるなら経験豊富な名医に頼もう

ここでは福岡で唇整形を行なう医師をピックアップして紹介しています。口元のコンプレックスは他人が思うよりも、本人が一番気になってしまうもの。笑うと歯茎が目立つ「ガーミースマイル」や厚かったり薄かったりする「唇の幅」など、口元の悩みは人によって異なります。会話をするときに必ず目に付くところなので、コンプレックスがあると人と話すがイヤになってしまうこともあるでしょう。唇整形を受けることで、理想の口元を手に入れれば悩みから解放されてストレスフリーになることも夢ではありません。
現在は美容医療が発達しており、口元の症状に合わせた治療法がたくさんあります。口角筋を調整する「口角挙上」やふっくらとした唇にする「口唇拡大」、厚い唇を薄くするための「口唇縮小」などです。ほかには、手軽にできるヒアルロン酸注入やえくぼで口角を上げる「えくぼ形成」などがあります。口元の症状によって治療法を使い分ける必要があるため、自分に合った治療法を探すのは大変です。しかし、経験豊富な名医なら症状に合わせた最適な治療法を提案してくれます。唇整形を成功させたいなら「医師選び」が大切なのです。福岡で唇整形を行なう医師を5名載せているので、ぜひ参考にしてください。

福岡の唇整形の名医はこの5名!

  • 京野和夫医師

    京野 和夫医師

    美容外科歴15年以上のベテランドクター

    福岡大学医学部出身の京野医師は、1993年に医学部を卒業後に同大学の産婦人科へ入職しました。その後、国立病院九州がんセンターや国立循環器病センターといった医療現場で経験を積みます。2000年には美容外科専門クリニックの院長に就任して、美容医療の技術を習得。2004年に城本クリニックへ入職して、2007年には福岡院の院長に就任しています。また厳しい条件をクリアした医師のみが獲得できる日本美容外科学会の専門医の資格を持っている実力派ドクターです。
    唇整形では、唇にボリュームを出す口唇拡大や唇のシワを改善するヒアルロン酸注入で対応しています。カウンセリングとアフターケアに力を入れている京野医師。時間をかけてメリット・デメリットを含めて患者へ説明を行ない、少しでも治療への不安を取り除くよう心がけています。患者に寄り添いながら治療を提案してくれるのが魅力です。

    所属クリニック
    城本クリニック福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区大名1-12-52 CEPAビル 2F
  • 吉池剛医師

    吉池 剛医師

    患者の立場に立って治療を提案してくれる医師

    吉池医師は患者に寄り添った診察を行ない一人ひとりに最適な提案をしてくれます。2005年に山梨大学医学部医学科を卒業後、市立甲府病院に入職しました。2007年に山梨大学医学部付属病院で経験を積み、2008年に品川美容外科に入職して美容医療の知識や技術を習得。2013年には品川美容外科福岡院の院長に就任しています。また、日本美容外科学会が認定する専門医やサーマクール認定医、BOTOX VISTA認定医などの専門的な資格を多数取得している実績の持ち主。
    唇整形には、ふっくら唇を実現するヒアルロン酸注入やメスを使って唇を薄くする方法を採用しています。カウンセリングで口元の状態をしっかりチェックし、安全で最適な治療方法を行なってくれる医師です。

    所属クリニック
    品川美容外科福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区今泉1-20-2 天神MENTビル2F
  • 竹内直生医師

    竹内 直生医師

    10万件を超える治療実績を持つ美のプロフェッショナル

    竹内医師はエースクリニックの院長で、これまでに行なった症例数は10万件以上にもなります。
    1997年に大阪大学医学部を卒業後、大阪大学医学部附属病院大阪府立病院(現大阪府立急性期・総合医療センター)に3年間勤務。医師としての道を歩みはじめ、医療の基礎を学びました。2000年から大塚美容形成外科に入職し、10年間におよぶ経験を積んだ後、同形成外科の金沢院と名古屋院の院長を歴任しています。その後、2010年にはエースクリニックを開院し、院長に就任しました。
    これまでに培ってきたノウハウを活かして治療を行なっており、1日に10例の施術を行なった経験もあるのだとか。唇整形には、鼻下の余分な皮膚を取り除いて引き上げる「リップリフト」を採用しています。積極的に最新の知識と技術を取り入れており、美容スキルを学ぶ講習会に頻繁に参加しているとのこと。最新の機器を導入することで、患者が最先端の医療を身近に受けられるように努力しているそうです。

    所属クリニック
    湘南美容クリニック福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区渡辺通4-9-25 天神ロフトビル7階
  • 古田聖典医師

    古田 聖典医師

    高い技術力を持つレジェンドドクター

    共立美容外科福岡院の院長とグループ全体の技術指導医を兼務している古田医師。
    1991年に富山医科薬科大学医学部を卒業後、東京女子医科大学病院第一外科に研修医として勤務。医療の基礎を学びながら技術を習得しました。翌年に慶応義塾大学病院にて麻酔科の研修医として働き麻酔についての知識と技術を深めます。1993年から1997年にかけて、共済連稲田登戸病院や国立東京第二病院などで医療技術を磨きます。その後1999年に共立美容外科に入職し、2005年には同美容外科横浜院の院長に就任。2007年からは福岡院の院長を務めながら、美容施術を行ないつつ、次世代の医師の育成に励んでいます。
    唇整形には、セレブなアヒル口を実現させるヒアルロン酸注入を採用。これまでの経験を活かして、顔のバランスを考えながらヒアルロン酸を注入してくれます。古田医師は、「痛みを抑えるため、技術力の向上はもちろん、リラックスしてもらえるような空間づくりも大切」だと考えて治療を行なっているそうです。

    所属クリニック
    共立美容外科 福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区天神2-3-13 USHIOビル4F
  • 小河秀二郎医師

    小河 秀二郎医師

    「患者を身内と思って診療を行なう」をモットーにする医師

    小河秀二郎医師は品川スキンクリニックの院長を務めています。治療を行なう一人ひとりを身内と考え、施術を行なってくれるドクターです。
    1999年に久留米大学医学部を卒業し、2001年に筑豊労災病院に入職し医師としての道をスタート。その後2002年に大牟田市立病院、2003年に球磨病院に勤務し経験を積みます。翌2004年には久留米大学外科学の大腸研究室で大腸の研究に励み、2005年に大腸肛門病院センターへ入職。その2年後である2007年に品川美容外科へ入職し、美容外科医としての技術を習得します。2013年には品川スキンクリニック福岡院の院長に就任しました。また日本美容外科学会認定の美容外科専門医の資格を持っており、日本美容外科学会にも所属しています。
    唇整形は低分子のヒアルロン酸を注入するグロス注射で対応。うるおいやツヤ、弾力を取り戻せる施術です。小河医師は、「常に身内に施術するつもりで診療に臨むこと」をモットーとしており、一人ひとりに対して親身に対応することを徹底。小さな相談でも親身になってくれる医師です。

    所属クリニック
    品川スキンクリニック福岡院
    住所
    福岡市中央区今泉1-20-2 天神MENTビル2F