HOME » 耳整形の名医コンプリートガイド

耳整形の名医 コンプリートガイド

このカテゴリーでは、耳の整形に関するさまざまな情報を掲載しています。耳の整形に関してはあまり知らないことも多いのではないでしょうか。耳の整形に関しての施術方法や注意点、体験談などを含め、評判の高い名医なども紹介していきます。参考になる情報をたくさん掲載するので参考にしてみてください。

耳のさまざまな悩みを整形で解決!

耳の形やサイズは顔の印象に意外と大きな影 響を与えるものです。耳が顔のサイズに対してアンバランスで困っている、耳が横に張り出している、ピアスの穴が裂けてしまった、耳たぶが大きすぎる、耳の先がとがっている、耳の長さと顔のバランスが悪いなど耳に関する悩みを持っている人は少なくありません。立ち耳では耳が正面を向いてしまうため、頭から離れていることを気にしている人もいます。耳と顔のバランスが悪いと、髪をアップにしたり、耳を出したりするヘアスタイルができないことも多いです。そういった耳の悩みを整形で解消することができます。

たとえば、立ち耳は耳の付け根を切開し、寝かせるように縫い付けることで解決します。ピアスの穴をふさぎたいという要望であれば、穴をキレイに縫合することで解決します。耳たぶが大きいという悩みも修正手術でバランスのいい耳に。耳たぶが事故などで切れてしまった状態も修正手術でキレイになります。さらに、ほかの耳に関する悩みも、最適な施術方法で解決することができます。もちろん、施術は麻酔を使って行われるので心配ありません。

耳の整形の種類と施術方法

耳の整形で多いのは「立ち耳」の施術。耳 が頭から離れて立っている形です。立ち耳では耳の後ろを切開し、少し後ろに寝かせるような手術をします。片耳あたり30分程度で終わります。

また、柔軟耳やカリフラワー耳、餃子耳などは、耳介血腫と言われるものです。軟骨膜の血管が破れて内出血を起こし、それが固まることで耳の形は変わります。格闘技などを行っている人に多いです。この場合は、変形した部分を切り、軟骨と血腫を取り除く手術が行われます。

また、袋耳といわれる耳の上の部分が筋肉と付着してしまい埋もれている状態の耳は、軟骨を移動したり、切り離したりする手術が行われます。この場合は軟骨を削ることも必要になるため、時間がかかります。

耳の整形手術は耳の後ろから切開をすることが多く、傷口も目立ちません。保険も適用されることも多いので、耳にコンプレックスを持っている人は整形を考えてみると良いでしょう。

Point

耳の整形は顔の美容整形に比べて時間も費用 も少なくてすみます。手術内容にもよりますが、保険が適用されるためです。傷口も小さく抑えられるため、耳にコンプレックスがある人は病院で相談してみると良いでしょう。

しかし、たとえ短時間ですむ手術でも、病院選びは大切です。手術内容は簡単でも耳の手術は切開することが多いため、術後に血行がよくなれば腫れが出たり、出血をしたりすることもあります。手術内容や方法、メリットやデメリット、入浴など術後の注意点などを丁寧に説明してくれる病院を選びましょう。

また、耳の形を変える手術を行う場合は、術後にどのようなカタチになるのか、顔とのバランスはどうなるのかなど、具体的に見せてくれたり、説明をしてくれたりする病院のほうが安心です。失敗を避けるためにもカウンセリングをしっかりしてくれる病院を選びましょう。