柳本澄孝 医師

柳本澄孝 医師のプロファイル

数々の経験を元に、首・肩・手・腕・腰・背中・脚といった体の不調を改善してくれる柳本澄孝医師。軽度の症状はもちろん、突発的なケガや痛みにも対応してくれます。悩みを抱えている人が多い肩こりや腰の痛みも改善してくれるため、現代社会を生きる人にとって、頼りになる存在だと言えるでしょう。年齢・性別問わず、個々の患者さんに寄り添った治療をしてくれるため、気軽に相談できる点も好評です。

柳本澄孝 医師 MEMO
  • 【現クリニック名】 青山整形外科クリニック
  • 【得意な施術】 公式サイトに記載がありませんでした。

健康な体作りをサポートしてくれる頼りになる医師

私立大学医学部付属病院外科入局後、大学病院や大学関連病院で勤務したのち、日本外科学会認定医・専門医を取得した柳本医師。大学では形成外科へ移籍し、病棟長や助教といった重要なポジションを担っていました。その後、日本整形外科学会専門医を取得し、私立大学付属病院整形外科講師勤務を経て、現在勤務中の青山整形外科クリニックとへ。2015年には青山整形外科クリニックの院長に就任し、大学病院で行った治療や手術の経験を活かしながら、日々患者さんの健康を守っています。

日本外科学会・日本整形外科学会・日本医師会に所属しており、認定医・専門医として患者さんから信頼されるような治療を提供。「気軽に何でも相談できるあなたの主治医」をモットーにしている医師です。整形外科や外科をはじめ、皮膚科やリハビリテーション科、ペインクリニックの治療まで担当。一人ひとりに合った治療法で健康をサポートしています。

小さい子供からお年寄りまで幅広い年齢の方の治療に対応してくれるのも魅力。病気やケガをした場合に通常の家庭生活に少しでも早く戻ってもらえるよう、尽力してくれますよ。医師が参画するヘルスケア情報サイト「ヘルスケア大学」では、柳本医師が監修した記事が数多く掲載。整形外科治療に関する疑問にも答えおり、認知向上への活動も積極的に行っています。

柳本澄孝 医師の経歴

1996年
医師免許取得
-
私立大学医学部付属病院外科に入局
-
大学関連病院勤務
-
同大学病院整形外科に移籍
-
助教、病棟長を経て退職
-
私立大学付属病院整形外科講師勤務
-
赤坂整形外科クリニック・青山整形外科クリニックに勤務
2015年9月
青山整形外科クリニック院長就任

柳本澄孝 医師の所属医師会と所得認定医資格

  • 日本外科学会認定医
  • 日本外科学会専門医
  • 日本外科学会認定登録医
  • 日本整形外科学会専門医
  • 日本医師会認定産業医

青山整形外科クリニックの概要

青山整形外科クリニック
営業時間と定休日 10:00~19:00(月~金)
定休日:土曜日、日曜日、祝日
住 所 〒107-0062 東京都港区南青山2-13-11 マストライフ南青山ビル2F
URL http://www.aoyama-seikei.com/
青山整形外科クリニック(サイトイメージ)クリニックの公式サイトへ

受けられる施術の種類と施術ごとの価格帯

  • プラセンタ注射 926~1,574円程度
  • プランセンタ内服薬(60錠) 8,333円
  • 疲労回復ニンニク注射 1,852~2,778円程度
  • スペシャルニンニク注射 2,778~3,704円程度
  • ED 1,389~1,852円程度
  • AGA(プロペシア) 6,944~32,407円程度
  • インフルエンザワクチン 2,315円
  • インフルエンザワクチン(保存剤除去製剤) 2,778円

クリニックの特徴

姿勢や冷え、目の疲れなどさまざまな原因が絡み合って発生する肩凝りを始め、腰の痛みや凝り、運動によるケガや痛みなど幅広い治療を行っている青山整形外科クリニック。

慢性化し、痛くても我慢している人が多い肩や首の凝りは、そのままにしておくと症状が悪化し頭痛やめまい、首の不調に繋がることもあります。青山形成外科クリニックなら内服薬や外用薬といった薬物療法をはじめ、注射薬や理学療法を用いて、症状に合った対処法を提案してくれますよ。

他にもプランセンタ・高濃度ビタミンC・ニンニク注射などの美容に関する治療にも対応。美肌効果や疲労回復の効果を期待できるプラセンタ注射は、極細の針を使用しているため最小限の痛みで治療を受けられるのがポイントです。

受診した際に治療項目外の症状が出ていた場合でも、他院紹介をしてくれたり、セカンドオピニオンを付けてくれたりするので、気軽に相談できますよ。

医療機器にこだわっており、採用しているレントゲンは1枚あたり3秒で画像を撮影できる「AeroDR」。一般的に使用されているCR型レントゲン撮影装置より少ないX線照射で撮影するため、被曝リスクが軽減されるのが魅力です。

リハビリテーション機器には骨折を早く治せるAccellus(アクセラス)や、凝りがある部分の血流を増やすことによる、疼痛緩和効果が期待できるPOLARISKINE(低周波治療器)などを採用。最新機器で新しい治療を提供しています。