音田 正光 医師

音田 正光 医師のプロファイル

音田医師は、男女の薄毛治療のプロフェッショナル。自分の髪を利用する自毛植毛をはじめ、育毛メソセラピーやAGA治療などさまざまな薄毛治療を手がけています。なかでも自毛植毛を得意としており、患者に負担が少なくエビデンスのしっかりした治療を提供。総院長を務める親和クリニックでも、薄毛治療のみを施術メニューとして用意しています。学会発表や講演も積極的に行い、薄毛治療に関する研究に熱心に取り組むドクターです。

音田 正光 医師 MEMO

音田 正光 医師先生に相談してみる

引用元:親和クリニック新宿
(https://shinwa-clinic.jp/about/doctor_introduction/)

得意施術:AGA

最先端の薄毛治療術である「自毛植毛」の分野で活躍する医師。一度に通常の約3倍となる5,000株(約13,000本)を植毛できるハイスピードメガセッションを得意としています。
親和クリニックを開院する前は都内の植毛クリニックでおよそ10年の間に1,000症例以上の施術に取り組み、植毛技術を磨いてきました。それまでは大学で研究職に就いていましたが、もう一度現場で医師として働きたいと自分に合う診療分野を探し、見つけたのが薄毛治療だったそうです。
音田医師が独自に編み出した自毛植毛術「MIRAI法」は、メスを使わずに施術後の腫れを軽減できる植毛法。その上、従来のおよそ4分の1のスピードで植毛できます。施術のスピードはもちろん、植毛範囲・密度・仕上がりなど、世界的に見てもトップクラスの植毛技術です。薄毛治療のプロとして、確実な結果を提供することを第一に考えてくれます。

得意施術:女性の薄毛治療

音田医師は、男性以上に複雑な原因を持つ女性の薄毛治療を得意としています。原因は老化やストレス、ダイエット、ヘアカラーなど。それらを一つひとつ的確に診断し、自毛植毛や内服薬、外用薬といった治療を提案してくれます。最適な提案ができるのは、男性の薄毛治療で培ってきた多数の経験によるもの。びまん性脱毛や牽引性脱毛症、脂漏性脱毛症など、女性特有の薄毛のタイプを見極めて治療に役立てています。
内服薬に、3~6ヶ月ほど継続使用することでびまん性脱毛症の進行を抑えてくれる「パントガール」を採用。オリジナルの発毛治療法であるノーニードル発毛メソセラピーや自毛植毛なども手がけて、薄毛に悩む女性に寄り添った治療を提供しています。

音田 正光 医師の経歴

1991年
福島県立医科大学医学部卒業
1995年
福島県立医科大学大学院卒業(医学博士)米国留学
2001年
日本医科大学勤務
2004年
都内植毛クリニック勤務
2014年
親和クリニック新宿開設 院長就任
2015年
親和クリニック新宿 総院長就任

音田 正光 医師の所属医師会と所得認定医資格

  • 公式サイトに記載なし

音田 正光 医師の著書、論文、メディア出演

  • 2016年 女性の薄毛について(産経新聞)
  • 2016年 薄毛革命~「自毛主義」のすすめ(株式会社幻冬舎メディアコンサルティング)
  • 2015年 剃毛しないFollicular unit extractionによる植毛術(第58回日本形成外科学会総会・学術集会)

親和クリニック新宿の概要

親和クリニック新宿
営業時間と定休日 10:00~19:00(年中無休)
住 所 〒160-0022 東京都新宿区新宿2-12-4アコード新宿5F
URL https://shinwa-clinic.jp/
親和クリニック新宿(サイトイメージ)クリニックの公式サイトへ

受けられる施術の種類と施術ごとの価格帯

  • MIRAI法 基本料金200,000円+植毛費用
  • NC-MIRAI法 基本料金300,000円+植毛費用
  • 眉毛の植毛 基本料金200,000円+植毛費用
  • 発毛メソセラピ― 180,000円~288,000円程度
  • AGA治療薬の処方 7,000円~17,750円程度
  • etc…

クリニックの特徴

親和クリニックでは、医師・看護師・スタッフが団結して治療にあたるチーム医療を徹底して行っています。自毛植毛やAGA治療、女性の薄毛治療などクリニックで取扱うメニューは、患者を第一に考えて提供することがモットー。東京都内だけでなく、関東近隣や東北、北陸から多くの患者が訪れています。
一人ひとりに満足してもらえるよう、科学的根拠に基づいた質の高い薄毛治療を用意してくれるクリニックです。