PICK UP Doctorsいぼ・あざ・タトゥー除去の名医コンプリートガイド タトゥー除去の名医をピックアップ

タトゥー除去の名医=対応できる施術の種類が多い+形成外科医

満足できるタトゥー除去を受けるには、以下のようなポイントにチェックして医師を探すと良いでしょう。

チェック1:レーザー治療から植皮まで様々な治療法に対応できる

タトゥーは色・大きさなどによって除去方法が異なるもの。治療法が豊富に揃っていれば、もっとも効果が期待できるものを提案してもらえます。

チェック2:日本形成外科学会に所属している

傷跡治療・修復に長けている日本形成外科学会所属の医師であれば、タトゥー除去後の皮膚をキレイに整えてもらえる可能性が高まります。

チェック3:症例写真を公開している

これまでに手がけてきたタトゥー除去の症例写真が公開されていれば、どんな仕上がりになるのかを具体的にイメージできます。

タトゥー除去の名医はこの5名!

  • Great Dr.

    引用元:六本木境クリニック
    (https://www.roppongi-sakai-clinic.com/overview/)

    PICK UP!
    境隆博医師 ~削皮法・植皮法の名医~

    リスクが低くリターンの高い治療を実践

    長期効果が望め、コストパフォーマンスの良い治療を提供している境医師。削皮はレーザー法をプラスすることで、様々な大きさのタトゥーに対応。その実力は高く、日本全国からタトゥー除去を求めて多くの人が来院しています。

    境隆医師のタトゥー除去の特徴

    境医師はこれまで様々なタトゥー治療を行ってきた経験から、タトゥー治療は治療法の選択肢の広さが最も大切だと考えているそうです。現在は最も安定した結果が出せる「削皮(皮膚剥削術)+QYAGレーザー法」による手術を行っており、これまで担当した削皮(皮膚剥削術)の症例数は700件越えという豊富さです。

    経歴
    鹿児島大学医学部卒業後、長崎大学形成外科関連病院を数院経て、オザキクリニック羽村院 院長に就任。
    2012年2月に六本木境クリニックを開設。
    所属医師会や保有資格
    ・美容外科医
    ・形成外科学会専門医
    ・熱傷学会専門医
    ・日本アンチエイジング外科・美容再生研究会(JAAS)評議員
    ・サーマクール認定医
    ・美容外科学会(JSAPS)正会員
    ・美容外科学会(JSAS)正会員
    ・頭蓋顎顔面外科学会
    ・フェザーリフト研究会
    所属クリニック
    六本木境クリニック
    住所
    東京都港区六本木3‐7‐1 ザ六本木東京プラザ207

    クリニックの特徴

    開院してほどなく多くのメディアから注目されるにいたった六本木境クリニック。多彩な施術メニューを用意しているものの、患者の95%は「タトゥー除去」「スプリングスレッド」「眉下切開」のいずれかの施術を求めて来院しています。術後に気になることがあれば、無料電話相談の利用が可能。「施術をして終わり」、ではなく、施術後のケアもしっかり行ってくれるクリニックです。

    費用

    削皮 (薬代 ・ 麻酔代 含む)
    • 極小さなもの 200,000円(税抜き)~400,000円(税抜き)
    • 5㎝ × 5㎝ 400,000円(税抜き)~700,000円(税抜き)
    • 10㎝ × 10㎝ 500,000円(税抜き)~800,000円(税抜き)
    • 15㎝ × 15㎝ 800,000円(税抜き)~1,100,000円(税抜き)
    • それ以上 要相談
    レーザー(Q-YAG / ルビー)
    • 30分/1回 5,000円(税抜き)~30,000円(税抜き)
    • 1時間/1回 20,000円(税抜き)~50,000円(税抜き)
    • 1時間30分以上/1回 30,000円(税抜き)~80,000円(税抜き)

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.

    引用元:ジョウクリニック
    (https://www.joeclinic.jp/)

    PICK UP!
    重本譲医師 ~切除法の名医~

    2種類の治療方法を用いたタトゥー除去のスペシャリスト

    ジョウクリニックの院長を務め、日本美容外科学会やアジア国際美容外科学会に所属する重本医師。海外の最新美容情報に対して常にアンテナを立てており、習得した新しい技術を用いて美しくなりたい女性をサポートしているドクターです。タトゥーの除去方法は、「Qスイッチヤグレーザー」と「切開切除」の2つを組み合わせたオリジナルの治療方法を用意しています。

    重本譲医師のタトゥー除去の特徴

    患者一人ひとりの目的や理想にあわせて、施術内容を提案してくれます。例えば、結婚式があるからできるだけ早く除去したい場合、すぐに対処できる切除手術を提案。ゆっくりでいいから跡を残さず除去したい場合にはレーザーでの治療を勧めてくれるようです。人によってタトゥーを除去する理由はさまざまなので、目的を聞いてくれるのは嬉しいポイントです。

    経歴
    1994年 徳島大学医学部卒業
    1995年 大手美容外科専門クリニック 院長歴任、大手美容皮膚科専門クリニック院長歴任
    2003年11月 ジョウクリニック開設、院長就任
    所属医師会や保有資格
    ・日本美容外科学会正会員
    ・日本美容外科医師会正会員
    ・2013年アジア国際美容外科学会正会員
    ・豊胸認定医
    ・金の糸美容法認定医
    ・サーマクール認定医
    ・ミラクルリフト認定医
    所属クリニック
    ジョウクリニック
    住所
    大阪府大阪市北区曽根崎新地1-4-20 桜橋IMビル4F

    クリニックの特徴

    大阪や沖縄などの西日本を中心に、2018年現在で7院を展開する美容クリニックグループ。「美容と健康」を同時に求め、患者一人ひとりに対して最適なテーラーメイド治療を提案しているクリニックです。カウンセリング、治療、アフターケアまで、担当医が責任を持ち一貫して対応。その真摯な姿勢と確かな技術力を求め、国内はもとより海外からの来院者も多数訪れています。

    費用

    • 当院独自のコンビネーション治療 20,000円(税抜き)~
    • QスイッチYAGレーザー 20,000円(税抜き)~
    • 切開切除 要お問い合わせ

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    川端 久雅

    引用元:大阪雅美容外科
    (https://www.osaka-miyabi.com/info/)

    川端 久雅医師 ~レーザー治療の名医~

    日本美容外科学会専門医として患者と真摯に向き合うドクター

    2004年に国立浜松医科大学を卒業後、市中病院・大学病院にて形成外科診療の経験を積んだ川端医師。2006年に大手美容外科へ入職、福岡院院長と西日本7院統括責任者を務め、2009年に美容整形クリニック大阪院を開院。続けてその翌年、大阪雅美容外科を開院しています。地域密着型の医療を目指しているため院の拡大は行わず、1人1人の患者に責任をもって向き合っています。

    川端医師のタトゥー除去の特徴

    川端医師のタトゥー除去はただ単にタトゥーを消すのではなく、美容と形成の視点から痛み・傷跡を考慮し、外科的治療はもちろんレーザーによる除去にも対応しています。なかでもピコレーザーによる施術は年間症例が豊富で、1人1人にあわせた照射を提供。レーザーが適応とならない場合や、すぐにでもタトゥー除去したいといった場合には、植皮・切除・削皮も取り扱っています。

    経歴
    2004年:国立浜松医科大学卒業
    2004年:市中病院、大学病院にて形成外科診療
    2006年:大手美容外科入職、福岡院長、西日本7院統括責任者
    2009年:美容整形クリニック大阪院 開設
    2010年:大阪雅美容外科 開設
    所属クリニック
    大阪雅美容外科
    住所
    大阪府大阪市中央区西心斎橋2-1-25 心斎橋W-PLACE3F

    クリニックの特徴

    2010年に開院した大阪雅美容外科は、タトゥー除去をはじめ脂肪吸引・豊胸といった診療メニューを持つクリニック。「全ての患者様により良い治療を低価格で提供する」をコンセプトに治療法の提案を行っています。患者自身の望む治療を、自由に選べる環境が整っています。大阪で地域密着型のクリニックではありますが、リピーターや紹介者が多く、現在では全国から患者が集まっているとのことです。

    費用

    • 切除:50,000円~(税別)
    • 削皮:200,000円~(税別)
    • 植皮:400,000円~(税別)

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    稲川喜一医師

    引用元:ツツイ美容外科
    (https://www.tsutsui-biyo.com/about/message/)

    稲川 喜一医師

    傷跡整形・タトゥー除去に強い形成外科専門医

    岡山大学大学院医歯薬学総合研究科出身の稲川医師は、大学病院・国立病院などで外科・形成外科・整形外科の経験を積んでいます。2010年には川崎医科大学の形成外科教授に就任。稲川医師は日本創傷外科学会専門医・日本熱傷学会専門医の資格を持っているため、傷やヤケド跡、タトゥー除去といった治療に精通しています。

    稲川医師のタトゥー除去の特徴

    ツツイ美容外科において、稲川医師はタトゥー切除の外科手術を行っています。手術法は切除縫縮術と呼ばれるもので、多少傷跡が残ってでもすぐにタトゥーを除去したい人、色素がレーザー治療に適さない人に適用されます。タトゥーの大きさや部位によって切除できる範囲が異なり、1回で除去しきれない場合は6ヶ月後に再手術を実施。線状の傷跡が残る点がデメリットですが、切除縫縮術を用いればどんなタトゥーでも確実に除去できます。

    経歴
    1991年:筑波大学医学専門学群 卒業
    1991年:筑波大学附属病院外科 研修医
    1993年:国立水戸病院整形外科 レジデント
    1993年:鳥取県立中央病院形成外科 レジデント
    1994年:川崎医科大学形成外科 臨床助手
    1997年:川崎医科大学形成外科 講師
    2006年:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科入学、島中央病院形成外科 医長
    2009年:岡山大学大学院医歯薬学総合研究科卒業、川崎医科大学形成外科 講師
    2010年:川崎医科大学形成外科教授
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会専門医
    日本手外科学会認定手外科専門医
    日本がん治療認定医機構がん治療認定医
    日本熱傷学会専門医
    日本褥瘡学会認定師
    日本創傷外科学会専門医
    皮膚腫瘍外科指導専門医
    所属クリニック
    ツツイ美容外科
    住所
    大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-4-29 フェリチタ心斎橋502

    クリニックの特徴

    ツツイ美容外科は、昭和63年に開院した美容外科・形成外科・美容皮膚科。人の心に寄り添った医療の提供に取り組んでいます。カウンセリングに関しては、患者の希望するイメージや治療法をまずヒアリングし、その方法がもっとも適切なものなのかどうかを精査。別の選択肢はないかを常に考え、提案しています。また、ツツイ美容外科ではすべての治療において、施術後の無料検診を実施。治療の結果に問題や疑問がある場合は、なぜそうなったのかを分かりやすく説明。必要があれば、さらなる治療を行います。

    費用

    タトゥー除去(手術)
    • 10cm2以下:80,000円
    • 20cm2以下:100,000円
    • 30cm2以下:120,000円
    • 40cm2以下:140,000円
    • 50cm2以下:160,000円
    • 60cm2以下:180,000円
    ピコレーザー(タトゥー除去・アザ除去)
    • 1cm2:10,000円
    • 2~5cm2:20,000円
    • 6~10cm2:30,000円
    • 11~30cm2:40,000円
    • 31~50cm2:50,000円
    • 51~100cm2:60,000円

    電話で問い合わせる

  • Great Dr.
    鈴木昌秀医師

    引用元:たにまちクリニック
    (https://www.tanimachi-clinic.com/clinic/#a02)

    鈴木 昌秀医師

    内外面からトータルの「美」を追求

    近畿大学医学部を卒業後、同大学形成外科に入局した鈴木医師。それから6年後には、ベルランド総合病院形成外科でヘッドとして地域医療に貢献。その翌年、大阪市天王寺区でたにまちクリニックを開院しています。鈴木医師の考える美容医療とは、外見を整えるだけでなく内面からもアプローチするトータル医療。アンチエイジングについては、年を取るのを止めることはできませんが、健康で美しく年を重ねて行けるようサポート。誰もが希望する「美しさ」を手に入れられるよう、情熱をもって治療に取り組んでいます。

    タトゥー除去の特徴

    たにまちクリニックで行っているタトゥー除去は、形成外科専門医の鈴木医師による切除法・皮弁法・レーザー治療。タトゥーの状態・大きさや、患者の希望に合わせて治療法を提案しています。切除法は、絵柄がある部分の皮膚を切除し、医療用の糸で縫い縮める形成外科的手術。傷跡が分かりにくい、形成外科医ならではのキレイな仕上がりを心がけています。皮弁法は、タトゥーを切除したあとの皮膚をずらして縫合する手術。切除法よりも、広い幅のタトゥーにも対応できるとのことです。レーザー治療では、Qスイッチヤグレーザーを使用。広範囲のタトゥーに有効とのことですが、黄色と緑については消すことができません。

    経歴
    平成5年:近畿大学医学部卒業、近畿大学医学部形成外科に入局。
    平成11年:ベルランド総合病院形成外科ヘッド
    平成12年:たにまちクリニック開院
    平成13年:ベルランド総合病院退職
    所属医師会や保有資格
    日本形成外科学会会員
    日本美容外科学会会員
    日本臍帯プラセンタ学会
    日本酸化療法医学会
    医学博士
    日本専門機構認定形成外科専門医
    日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医
    日本美容外科学会認定専門医

    日本臍帯プラセンタ学会理事

    日本キレーション協会キレーション治療認定医
    所属クリニック
    たにまちクリニック
    住所
    大阪府大阪市天王寺区上本町6丁目9-21 FUSION+(フュージョンプラス)7F

    クリニックの特徴

    大阪市天王寺区にある皮膚科・形成外科・美容皮膚科・美容外科、たにまちクリニック。日本形成外科学会・日本美容外科学会の認定専門医である鈴木院長が、1人1人の患者の悩みに耳を傾け、適切な治療法の提案を行っています。たにまちクリニックでは外見をキレイにするだけでなく、内面からのアプローチにも注力。トータルでの治療を目指し、分子栄養学に基づいた栄養療法・サプリメント療法などを関西でいち早く導入しています。また、誰でも気軽に来院できるようアットホームな環境づくりを心がけているとのことです。

    費用

    切除法(基本料金:面積あたり)
    • ~10cm2:100,000円
    • 11~30cm2 :163,000円
    • 31~60cm2 :230,000円
    • 61~90cm2 :300,000円
    • 91~120cm2 :350,000円
    • 121~150cm2:420,000円
    皮弁法(基本料金に加算)
    • 100,000円
    Qスイッチヤグレーザー
    • 4回目以降半額 1cm四方以下:8,200円
    • 2cm四方以下:13,000円
    • 3cm四方以下:17,000円
    • 4cm四方以下:21,000円
    • 5cm四方以下:25,000円
    • 6cm四方以下:29,000円
    • 7cm四方以下:33,000円
    • 8cm四方以下:37,000円
    • 9cm四方以下:41,500円
    • 10cm四方以下:46,000円
    タトゥーアウェイ
    • 4回目以降半額 ~10cm2:34,000円
    • 11~30cm2:55,000円
    • 31~60cm2:76,000円
    • 61~90cm2:95,000円
    • 91~120cm2:118,000円
    • 121~150cm2:138,000円

    電話で問い合わせる

タトゥー除去の名医一覧

吉種医師の経歴

1986年、東京医科大学医学部卒業。昭和大学形成外科、大学関連病院にて美容外科等での研修を経て、1995年、当時名門美容外科として知られていた神川クリニックに勤務。同クリニックで理事、指導医、診察部長を歴任したのち、2010年に東京イセアクリニックに転じ、現在、同クリニックの総院長を務めます。形成外科・美容外科の両専門医資格を保有。

吉種医師のタトゥー除去

公式HPのタトゥー除去トップ画面で「イセアで消せないタトゥーはありません」と謳う東京イセアクリニック。切除術、レーザー治療、植皮術、削皮術の4つの施術法を用意し、患者それぞれの状態に応じた最適な施術法を提案。どんなタトゥーでも確実に除去しています。症例写真が公式HPに多数公開。
活動
「FNNスーパーニュース」(フジテレビ)、「BAZOOKA!」(BSスカパー)、「私の何がイケないの?」(TBSテレビ)などメディア出演実績多数。
所在地:
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー(渋谷院)
公式プロフィール
http://www.tokyoisea.com/staff/yoshitane/

山本医師の経歴

1965年生まれ。東京医科大学医学部卒業、東京医科大学大学院修了。同大学外科学、自由が丘クリニック、ニューヨーク大学形成外科、山本皮フ科形成外科、昭和大学病院形成外科など形成外科・美容外科の名門病院の勤務を経て、2004年に山本クリニックを開院。医学博士、日本外科学会認定医、日本アンチエイジング外科学会名誉理事。

山本医師のタトゥー除去

多彩に展開する施術メニューの中でも、特に山本医師はタトゥー除去で有名なドクター。タトゥーの状況に応じて切除手術とレーザーを駆使し、確実な治療を実施しています。公式HPにはタトゥー除去の症例写真が非常に豊富。写真を見るだけでも、その実力の高さを知ることができるでしょう。
活動
「スーパーモーニング」(テレビ朝日)、「Nスタ」(TBS)など、タトゥー除去に関するテレビ出演歴が多数あり。
所在地:
東京都新宿区新宿3-11-6 エクレ新宿8階
公式プロフィール
https://www.dr-yamamoto.com/about/

麻生医師の経歴

1999年、藤田保健衛生大学医学部卒業。のち大阪医科大学病院や岡山大学等の麻酔科・形成外科等で豊富な経験を積んだのち、2002年より大手美容外科院長・診療部長を歴任。2004年に東京美容外科を開院し、現在にいたります。海外での活躍も豊富なドクターで、美容先進国・韓国における学会発表等の実績も非常に豊富です。

麻生医師のタトゥー除去

麻生医師のタトゥー除去は、YAGレーザーやピコレーザーなどレーザーで色素を破壊して消す方法とタトゥー部分をメスで切除する方法を採用しています。症例を多数公式ホームページやブログで解説しています。
活動
「Tumescent法を用いた豊胸術の有用性について」など、邦文・英文ともに学会論文を多数発表。
所在地:
東京都中央区銀座7-9-11 モンブラン銀座ビル6F
公式プロフィール
https://www.tkc110.jp/doctor/asou.html

友利医師の経歴

東京女子医科大学医学部卒業。同大学病院の内科勤務ののち皮膚科へ転じ、のち都内2カ所のクリニックで皮膚科医・美容皮膚科医として活躍。表参道スキンクリニックに入職後は、NHKなど数々のテレビ出演をこなす美人ドクターとしても有名です。育毛剤や育毛シャンプーで知られる「バイタリズム」シリーズの開発者としても有名。元・準ミス日本。

友利医師のタトゥー除去

負担の少ないタトゥー除去を提供するべく、切除法ではなくレーザーを使用した施術を行っている友利医師。施術には麻酔を使用するので痛みはほとんどなし。ダウンタイムの少ないQスイッチヤグレーザーを使用してタトゥー除去を行っています。もちろんレーザー適応ではないタトゥーには別の方法を提案してもらえます。
活動
「スッキリ!!」(日本テレビ)、「私の何がイケないの?」(TBSテレビ)、「きれいの魔法」(NHKテレビ)などのテレビ出演の他、一般向けの著書も多数出版。
所在地:
東京都渋谷区神宮前5-9-13 喜多重ビル4F
公式プロフィール
https://tk-honin.com/lp/tattoo/

境医師の経歴

1995年、鹿児島大学医学部卒業。同大学小児科、長崎大学形成外科を経て、2010年に美容外科・美容皮膚科のオザキクリニックに入職。2年にわたり豊富な経験を積んだのち、2012年に六本木境クリニックを開院して現在にいたります。タトゥー除去、フェイスリフトの名医として知られるドクター。日本形成外科学会専門医、サーマクール認定。

境医師のタトゥー除去

単にタトゥーを取るだけではなく、いかにして綺麗に取るかを模索している境医師。豊富なタトゥー除去法を経験した結果、現在では「削皮(皮膚剥削術)+QYAGレーザー法」がもっとも効果的であるとの結論に達し、患者には同施術法のみを提案しています。海外からの来院者も多数。
活動
日本美容外科学会、日本形成外科学会などでの学会発表、講演活動等の実績が豊富。
所在地:
東京都港区六本木3-7-1 THE ROPPONGI TOKYO 207
公式プロフィール
https://www.roppongi-sakai-clinic.com/overview/

重本医師の経歴

1994年、徳島大学医学部卒業。1995年より大手美容外科に入職し、院長などの要職を経たのち2003年にジョウクリニックを開院。現在、大阪、姫路、松山、高知、那覇、安城、京都に7院を展開する同グループの総院長を務めます。海外に積極的に足を運んで最新の美容医療を習得し導入するなど、美容医療界のフロンティアとして有名。

重本医師のタトゥー除去

「できるだけ早くタトゥーを消したい」という患者には切除法、「できるだけ綺麗にタトゥーを消したい」という患者にはQスイッチヤグレーザー。「最良の仕上がりにしたい」という患者には、切除法とレーザー治療の併用を提案しています。10代~70代までの幅広い年齢層の患者がタトゥー除去を求めて来院。
活動
『イレズミ・タトゥーをとりたい!』(長崎出版)を著すなど、タトゥー除去に関する啓蒙活動に積極的。
所在地:
大阪市北区曽根崎新地1-4-20 桜橋IMビル4F(大阪院)
公式プロフィール
http://www.sapho-https://www.joeclinic.jp/clinic/dr/01

稲川 喜一 医師
(ツツイ美容外科)

稲川医師の経歴

1991年に筑波大学附属病院外科で研修医として勤務、1993年には国立水戸病院整形外科・鳥取県立中央病院形成外科でレジデントとなり、1994~1997年にかけては川崎医科大学で臨床助手・講師を務めています。2010年からは、川崎医科大学形成外科で教授を務めており、現在に至ります。

稲川医師のタトゥー除去

稲川医師は外科的治療・レーザー治療ともに「ただたんにタトゥーを取り除くだけでなく、キレイな仕上がり」を心がけているドクター。アフターケアについても確実に行っているとのことです。レーザー治療器は、比較的痛みの少ないピコシュアレーザーを採用しています。
活動
2003年に川崎大学で柴田賞を受賞、2009年には日本バイオイメージング学会ベストイメージングでNikon賞を受賞するなど幅広く活躍。
所在地:
大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-4-29 フェリチタ心斎橋502
公式プロフィール
https://www.tsutsui-biyo.com/about/message/

鈴木 昌秀 医師
(たにまちクリニック)

鈴木医師の経歴

平成5年に近畿大学医学部を卒業後、近畿大学医学部形成外科にてさまざまな症例を経験。平成11年にはベルランド総合病院形成外科ヘッドとして地域医療に尽力、平成12年に自身のクリニックであるたにまちクリニックを開院。美と健康の医療の提供に情熱を燃やすドクターです。

鈴木医師のタトゥー除去

日本専門機構認定形成外科専門医の資格を持つ鈴木医師による、切除法・皮弁法を用いたタトゥー・入れ墨除去を提供。完全な除去なら切除法、もしくは皮弁法を推奨しています。レーザーによる除去も取り扱っていますが、タトゥーの状態・大きさ・形状・患者の要望を踏まえて適切な治療法を提案しています。
活動
日本形成外科学会会員・日本美容外科学会会員・日本臍帯プラセンタ学会・日本酸化療法医学会に所属、学会活動も活発。
所在地:
大阪府大阪市天王寺区上本町6丁目9-21 FUSION+(フュージョンプラス)7F
公式プロフィール
https://www.tanimachi-clinic.com/clinic/

タトゥー除去の基礎知識

治療の特徴

タトゥーを取り除くためにはいくつかの方法があります。色に反応するレーザーを当てることによってタトゥーを薄くするレーザー治療とタトゥーの皮膚を切り取って縫い合わる皮膚切除、別の場所から取った皮膚をタトゥーがある箇所に移植する植皮術、皮膚表面だけを削り取る削皮術の4つがメジャーな治療法です。

Meritメリット

レーザー治療

  • 傷跡があまり残らない
  • 広範囲のタトゥーでも対応できる
  • 比較的痛みが少ない

切除手術

  • どんなタトゥーでも1回で取り除ける

植皮術

  • 1回で取り除ける
  • 範囲や色に関係なく治療できる

削皮術

  • 1回で目立たない程度まで取り除ける
Demeritデメリット

レーザー治療

  • 使用するレーザーの特性で色によっては完全に取り除けないことがある

切除術

  • 傷跡がはっきり残る
  • 広範囲のタトゥーには不向き
  • 後遺症が残ることがある

植皮術

  • 傷跡が複数ヶ所に残る
  • 移植した皮膚が安定するまで時間がかかる

削皮術

  • 傷跡が残る
  • 深い刺青は削る量も増えるため治るのに時間がかかる

タトゥー除去の料金・施術時間の目安

費用目安

費用の目安は、簡単なもので6万~15万程度、手術+シリコンを入れる場合だと20万~48万円ほどかかります。

  • レーザー治療:20万~80万円程度
  • 切除手術:20万~50万円程度
  • 削皮手術(アブレージョン):30万~50万円程度

※クリニックや範囲によって費用が異なるため、事前に必ず問い合わせるようにしましょう。

手術にかかる時間・通院回数(期間)

施術によって治療期間が異なります。切除手術であれば1~2回で効果を期待できるため、早くタトゥーを除去したい人向け。レーザー治療は2~3ヶ月おきに1回の治療で、平均5~10回程度の照射が必要になります。治療期間は1年程度を見越しておくのがいいでしょう。削皮手術だと1回の治療で除去はできますが、傷が治るまで通院しなければいけないので長期間に渡る可能性もあります。

基本的なダウンタイム

タトゥーの治療にはいくつかの方法がありますが、自分のケースにはどれが適しているのかをしっかり理解したうえで、治療後にはどんなリスクがあるのかも知っておくことが必要です。皮膚の中までカラフルな色素が入り込んでしまったタトゥーは、通常の色素沈着などよりも厄介だということを忘れてはいけません。

  • 術後は傷に無理な力がかからないよう気を付ける(こすったりしない)
  • 切除後は動きが悪くなることが予想されるためリハビリを行う
  • 処方された薬は感染防止のため必ず飲み切る