PICK UP Doctors名医コンプリートガイド東京エリアでほくろ除去治療を行っている名医8選

東京でほくろ除去治療をするなら経験豊富な名医に頼もう

美容医療外科が数多くある東京。その中でもほくろ除去治療に定評のある名医を8名ご紹介します。いずれも経験豊富で技術力の高い医師です。常に最先端の技術を取り入れているため、それぞれのほくろに適した施術を受けられます。

良い位置にあるほくろはチャームポイントになりますが、数が多かったり微妙な位置にあったりするほくろはコンプレックスになります。また、他人からはチャームポイントに見えても、本人はコンプレックスに思っていることも少なくありません。

顔にあるほくろでも、小さく薄いほくろはメイクで隠せますが、大きなほくろを隠すのは困難。どうにかしたいと思っていても「大掛かりな施術をするのは気が引ける」「美容医療には抵抗がある」という方も多いのはないでしょうか。

現在は美容医療の技術が進歩し、痛みを最小限に抑え、ほくろを除去できるようになっています。とはいえ、医師の知識や経験、技術力には差があるのが実情。ほくろをきれいに取り除きたいなら、腕の確かな名医に依頼することが大切です。

東京のほくろ除去の名医はこの8名!

  • 友利新医師

    友利新医師

    美容医療やメディアで活躍する女医

    美容外科医として表参道スキンクリニックに務める一方で、テレビや雑誌などのメディアでも、活躍している友利医師。東京女子医科大学を卒業後、同大学の内科勤務医を経て皮膚科医になりました。

    2004年には第36回準ミス日本に選ばれるという異色の経歴を持っています。美容と健康に関する書籍も多数出版。女性の「きれいになりたい」という気持ちを確実に手軽に叶えるために、医療技術を磨き日々努力をしているそうです。

    所属する表参道スキンクリニックでは、レーザーと電気メスを使ってホクロを除去。最新の機器を使用することで、効果的にホクロを取り除いてくれます。完全個室なのでリラックスして施術を受けることが可能ですよ。また美容に精通した友利医師だからこそ、アフターケアのアドバイスを的確にしてくれるでしょう。

    所属クリニック
    表参道スキンクリニック表参道本院
    住所
    東京都渋谷区神宮前5-9-13喜多重ビル4F

    電話で問い合わせる

  • 高須克弥医師

    高須克弥医師

    いわずと知れた美容業界の重鎮

    テレビCMでもおなじみの高須医師。「YES!高須クリニック」は誰でも一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。

    1969年に昭和大学医学部卒業後、医師免許を取得。1976年に愛知県名古屋市に高須クリニック開設しました。1985年には日本形成外科学会の認定医となっています。日本医師会をはじめ、日本美容外科学会専門医や日本美容外科専門医などの資格を保持。日本だけでなく、アメリカ美容外科学会認定医やアジア美容外科学会会員の資格も持っています。

    最先端の機器と最高の技術を駆使して美容医療あたっているとのこと。培ってきた技術力に満足することなく、常に進化していくことをモットーにしています。

    ほくろ除去治療には、レーザーを照射してCO2レーザーとメスを使用した切除縫縮手術で対応。これまでに培ってきた施術経験を活かしてほくろを取り除いてくれます。

    患者と真剣に向き合うことで、未来を幸せにする美容医療を提供することを心掛けている医師です。

    所属クリニック
    高須クリニック東京院
    住所
    東京都港区赤坂2-14-27国際新赤坂ビル東館12F

    電話で問い合わせる

  • 関育弘医師

    関育弘医師

    コミュニケーションを大切にする医師

    他院で治療を断られた患者の治療を積極的に行なっている関医師。1997年に川崎医科大学を卒業し、1998年に東京女子医科大学第二病院形成外科に勤務していました。形成外科医としての経験を積み、2000年に大手美容外科美容外科の部長に就任。美容医療の技術を磨きました。

    2007年にリオラビューティークリニック開院し、院長に就任。医師として17年間、老若男女問わず治療を行なってきました。日本形成外科学会をはじめ、日本美容外科学会や日本臨床皮膚外科学会などの会員でもあります。

    ほくろ除去治療には、メラニン色素に反応するQスイッチYAGレーザーや異常組織を削り取る炭酸ガスレーザーを使用。患者に合わせた施術を提案することで、負担を最小限にしています。患者とのコミュニケーションを大切にしており、カウンセリングには力を入れているとのこと。また、クリニックをアットホームな雰囲気にすることで、リラックスして治療が受けられるように工夫しているそうです。

    所属クリニック
    リオラビューティークリニック上野院
    住所
    東京都台東区上野4丁目10-7タツミビル2F

    電話で問い合わせる

  • 高山昌子医師

    高山昌子医師

    自身の経験をもとにほくろ除去治療を行なう女性医師

    「患者様に感動していただける仕事をする」ことをモットーにしている高山医師。2001年に大阪医科大学医学部を卒業後、同年に岡山大学第一内科へ勤務。2005年には都内にあるレーザー専門クリニックへ勤務しました。

    2006年には都内の大手美容外科へ勤務し、美容外科医としての経験を積みます。2008年に高山ホワイト皮膚科クリニックを開設し、院長に就任しました。

    学生のころは肌トラブルに悩まされており、美容皮膚科の治療を受けて完治した経験があるのだとか。それからは何事にも前向きになれるようになったそうです。同じ思いで悩んでいる人を救いたいと美容に携わる道を選びました。

    高山ホワイト皮膚科クリニックではメスを使わないレーザーでほくろ除去治療を行なっています。皮膚に跡を残さず安全で簡単にほくろを除去すること可能です。また深いほくろは、くぼみにならないように慎重に取り除きます。いかに肌を美しくするかを考えている医師だといえるでしょう。

    所属クリニック
    高山ホワイト皮膚科クリニック
    住所
    東京都渋谷区恵比寿西2-11-9東光ホワイトビル3F

    電話で問い合わせる

  • 内藤崇医師

    内藤崇医師

    患者に寄り添った治療を行なう医師

    患者一人ひとりとのコミュニケーションを大切にしている内藤医師。KM新宿クリニックの院長でもあります。

    1999年に山梨医科大学の医学部を卒業。同年に山梨医科大学付属病院の皮膚科形成外科に勤務します。2003年には東京大学の形成外科の助手として勤務。2006年に獨協医科大学の形成外科の助教になります。

    これまで形成外科医として培って経験を活かし2008年、東京大学附属病院の形成外科の臨床登録医として勤務。2012年にKM新宿クリニックの院長に就任しました。

    日本形成外科学会の専門医であり、日本抗加齢医学会の会員でもあります。患者の日々の暮らしをより良くするための治療を心掛けており、的確な治療ができるようにカウンセリングに力を入れているそうです。

    ほくろ除去治療には、異常組織に反応して熱エネルギーで蒸発させるCO2レーザー治療を使用。また必要であれば麻酔を使用することで、患者の負担を極力減らしてくれます。患者のことを第一に考えて治療を行なう医師だといえるでしょう。

    所属クリニック
    KM新宿クリニック
    住所
    東京都新宿区歌舞伎町2-46-5KM新宿ビル8F

    電話で問い合わせる

  • 望月正人医師

    望月正人医師

    世界各地で美容医療の技術を磨いてきた医師

    美容の先進国である韓国をはじめ、世界各地で多くの美容技術を修得してきた望月医師。イケメン医師として女性からの人気を集めているそうです。

    2010年に帝京大学の医学部を卒業後、同年に帝京大学医学部附属病院の形成外科に勤務しました。形成外科医として経験を積んだのち、2012年に中央クリニックの非常勤医師として勤務。2016年に秋葉原中央クリニックを開院し、院長に就任しました。

    日本形成外科学会や日本美容外科学会、日本美容皮膚科学会など多数の学会に所属しています。

    女性の「きれいになりたい」という気持ちに応えるために、納得のいくまでカウンセリングを行なってくれるそうです。何度も話し合うことで、満足のいく治療結果を導き出します。

    ほくろ除去治療には、発熱の少ないエルビウムヤグレーザーや2種類のレーザーを組み合わせたEPL法、皮膚を切開してホクロを取り除く切開法を使用。複数の治療法から患者に合った最適な施術を提案してくれます。

    所属クリニック
    秋葉原中央クリニック美容外科
    住所
    東京都千代田区神田佐久間町2-20翔和秋葉原ビル2F

    電話で問い合わせる

  • 池田欣生医師

    池田欣生医師

    だれもが安心できる美容医療を目指す医師

    安心できる施術の普及に努めている池田医師。大阪医科大学卒業に大阪医科大学や東海大学病院で形成外科・美容外科といて経験を積みました。

    2000年5月には大阪いけだクリニック開院。2008年に大韓美容外科学会にて300人以上の前で学会長の二重まぶたの公開手術を行ない、本当に腫れない手術ができること証明しました。2009年に日本アンチエイジング外科・再生医療研究会の役員理事に就任。長年の経験で培ってきた技術力はほくろ除去治療にも活かされています。

    ほくろ除去治療には、ほくろを蒸発させて取り除くCO2レーザーを採用し、保険適用の治療も用意しています。現在はイーストワン皮膚科・形成外科の院長としても活躍。日本形成外科学会や日本美容外科学会の専門医資格を持ち、日本美容医師会や関東美容医師会、国際美容医療研究会などの理事を務める、実力のある医師です。

    所属クリニック
    イーストワン皮膚科・形成外科
    住所
    東京都港区港南2-16-1品川イーストワンタワービル3F

    電話で問い合わせる

  • 皆木靖紀医師

    皆木靖紀医師

    ほくろ除去治療の症例数が豊富な医師

    「何でも相談できるクリニックでありたい」をモットーにしている並木医師。川崎医科大学を卒業後に川崎医科大学付属病院へ勤務。外科・救急医療・麻酔全般の技術を習得しました。

    その後、香川大学付属病院の勤務を経て、大手美容外科へ。最先端の美容医療にたずさわり、数多くの症例を経験することで、技術を磨いてきました。

    2017年までに17,288個のほくろを除去してきた皆木医師は、周辺細胞へのダメージを極力軽減するサージトロンEMCという高周波ラジオ波メスを使用してほくろ除去治療を行なってくれます。患者の悩みを解決するために、コミュニケーションを大切にし、カウンセリングに力を入れているそうです。時間をかけることで、患者との信頼関係を築いているとのこと。たくさんの治療法がある美容医療の中から、最良の方法を提案し最良の結果へと導いてくれる医師です。

    所属クリニック
    さやか美容クリニック・町田
    住所
    東京都町田市原町田4-1-10 フジモトビル5F

    電話で問い合わせる