PICK UP Doctorsいぼ・あざ・タトゥー除去の名医コンプリートガイドほくろ除去の名医10選【福岡】

福岡でほくろ除去治療を受けるなら腕の良い名医に頼もう

「ほくろ」は顔の周りのような目立つところにできると、どうしても気になってしまうものです。薄いほくろならファンデーションやコンシーラーで隠すこともできますが、濃いほくろになると化粧が濃くなってしまうこともあります。

現在の美容医療は進歩していて、1cm以下のほくろならレーザーを照射で簡単に取り除けるようになりました。ほくろの状態にもよりますが、施術時間は5分程度なので、手軽にクリニックへ行く方も増えています。簡単にほくろを取り除けるとはいえ、レーザー治療は医療行為です。レーザー機器の取り扱いに慣れている医師が、出力や肌の状態をきちんと見極めてから施術を行なう必要があります。失敗してしまうと、傷跡が残るおそれがあるのです。そのため、ほくろ除去は腕の確かな名医に依頼するのがベストだといえます。

ここでは、ほくろを取り除いてくれる名古屋エリアのクリニックから名医を10名ピックアップしてご紹介。どのドクターも経験豊富な医師ばかりなので安心して治療を任せられます。ほくろ除去を考えているという方はぜひ参考にしてみてくださいね。

福岡のほくろ除去の名医はこの10名!

  • 小原直樹医師

    小原 直樹医師

    形成外科の経験を活かした施術を行なう医師

    著名人や芸能人が通っていることで有名な表参道スキンクリニック。その福岡院で院長を務めるのが小原医師です。
    2004年に岡山大学医学部学科を卒業し、大学病院や市民病院、国立病院機構福山医療センターなどで形成外科医として、7年間経験を積みます。その後、2015年に表参道スキンクリニック福岡院に就任。形成外科医時代に培った経験を基礎に、美容外科でも高い技術力で治療を行ないます。丁寧な施術を行なうことで、身体に負担がかからないようにしてくれると評判です。若くして大手美容外科の院長に就任した実績があり、その技術力は確かなものだといえるでしょう。

    ほくろ治療には、最新レーザー機器ルートロニック社の「スペクトラ」を使用。照射範囲に安定した効果を出せる機器で、効率良くほくろを取り除けます。他社のレーザー機器と比べて健康な肌へのダメージが少ないのもポイント。施術前には小原医師がじっくりとカウンセリングを行ない、希望に合わせて一人ひとり丁寧に対応してくれるので安心です。

    所属クリニック
    表参道スキンクリニック福岡院
    住所
    福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-5 Mビル1号館8F
  • 田尻豊和医師

    田尻 豊和医師

    皮膚科・形成外科を極めた肌のスペシャリスト

    田尻医師は、体の表面の見えるすべての部位をいかに美しく仕上げるかを追求してきました。

    琉球大学医学部医学科を卒業後、公立学校共済組合九州中央病院で臨床研修に取り組み医療技術を習得。その後、福岡大学病院の形成外科に入職し、島根・山口の形成外科にも勤務し、形成外科医として経験を積みます。沖縄と長崎では形成外科・美容外科クリニックの院長を歴任しました。現在はブリスクリニック形成外科・美容外科・美容皮膚科の院長として診療に携わりながら、福岡大学形成外科の大学院博士課程で創傷治癒について研究にあたっています。

    ほくろ除去は、レーザーを照射して患部を削るCO2レーザーやメスで切り取る切除法で治療を実施。カウンセリングは田尻医師が一人ひとりの悩みや希望をヒアリングし、最適な治療法を提案します。皮膚科の専門家として質の高い治療を心がけているドクターです。

    所属クリニック
    BLISS CLINIC
    住所
    福岡県福岡市中央区清川1-9-20 テングッド渡辺通3F
  • 菊池寛医師

    菊池 寛医師

    肌への負担をできるだけ抑える治療を行なう医師

    エルムクリニック福岡院の院長である菊池医師がもっとも大切にするのは、「患者さんの満足」です。菊池医師は、2008年に広島大学医学部医学科を卒業し、千葉大学医学部付属病院でして技術を磨きます。2013年にエルムクリニックの福岡院を開院し、院長に就任しました。

    カウンセリングを重視しており、患者に寄り添った対応も魅力。一人ひとりから話をしっかりと聞き、体への負担が少なく効果の高い治療を提案してくれます。

    エルムクリニックのほくろ除去治療は、主にCO2レーザーを使用します。CO2レーザーは照射した皮膚の水分に反応して熱エネルギーを発生させ、その熱エネルギーで水分を蒸発させてイボを取り除きます。短時間で施術でき、出血なく傷跡もほとんど目立たないのが特徴。また施術前に局所麻酔を行うので、「痛いのはいやだ」という方にもおすすめです。

    所属クリニック
    美容皮膚科 エルムクリニック福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区舞鶴1-2-8セントラルビル3F
  • 室孝明医師

    室 孝明医師

    「理想の美容」にこだわりを持つドクター

    室医師は、美容外科・形成外科を専門に治療を行なっています。2002年に埼玉医科大学を卒業し、東邦大学医療センター大森病院の形成外科に入職、2005年には主任に昇進しています。2006年に星総合病院の一般外科・乳腺外科へ入職し、医療技術を磨きました。2008年に東邦大学医療センター佐倉病院の形成外科に勤務し、形成外科医としての経験を積みます。2010年には医療法人八九十会の理事に就任しました。2011年からヴェリテクリニックで勤務し、1年後にはヴェリテクリニック福岡院の院長に就任。高い技術力を持った実力派のドクターだといえます。またTVコメンテーターや学会講演・セミナー活動を積極的に行ない、美容医療の認知に大きく貢献しているそうです。
    その技術力もさることながら、「理想を現実に。そして、不安を感動に」をモットーにして、思いやりのある治療を行なっているとのこと。カウンセリングに力を入れており、メリットだけでなくデメリットも伝え、施術に対する不安が解消するまで説明を行ないます。ほくろ除去には、メスを使って切り取る切除法と穂皮膚を削り取るCO2レーザーを使用しています。ほくろによって最適な治療を提案してくれるドクターです。

    所属クリニック
    BESPOKE(旧:ヴェリテクリニック福岡院)
    住所
    福岡県福岡市博多区博多駅前2-20-1 大博多ビル5F
  • 大島玄医師

    大島 玄医師

    傷跡に配慮した治療を行なう医師

    大島医師は、ほくろを「ただ除去」するのではなく傷跡に配慮した治療を行なってくれます。
    2005年に山口大学の医学部卒業後、広島大学病院に勤務しました。2007年日本医科大学の皮膚科に入職し、皮膚科医としての技術を磨きます。2010年にはメディアージュ皮膚科ニキビクリニックの院長、2012年にユニクリニック福岡の院長を歴任。現在はメディアージュクリニック福岡の院長として治療にあたっています。また日本皮膚科学会や日本美容皮膚科学会、日本抗加齢医学会に所属しており、最新の美容医療についての知識も積極的に取り入れているようです。

    ほくろ除去には、組織を局所的に取り除けるCO2レーザーや正常な皮膚へのダメージを最小限に抑えられるEr-YAGレーザーを使用。傷跡が残らないようにするため、ほくろの状態によって治療の方針を決定します。治療後のことまでしっかり考えているドクターだといえるでしょう。

    所属クリニック
    メディアージュクリニック福岡
    住所
    福岡県福岡市博多区博多駅前2-17-1 博多プレステージ別館6F
  • 伊東慶子医師

    伊東 慶子医師

    皮膚科専門医としてほくろ除去を行なう女性医師

    丁寧カウンセリングで一人ひとり悩みに耳を傾け、必要な治療を提案する伊藤医師。皮膚科の専門医として、ほくろで悩む多くの方のコンプレックスを解消できるように治療に取り組んでいます。
    1999年に愛知医科大学を卒業し、愛知医科大学病院の皮膚科に入職して皮膚科医としての道をスタートしました。2001年には同大学の医員助手に昇進。2004年に総合大雄会病院の皮膚科へ入職し、経験を積みます。2008年には、愛知医科大学の助教授となり、日本皮膚科学会認定皮膚科専門医の資格も取得。さらに2011年には医学博士の資格を取得している実力派ドクターです。2015年からサクラアズクリニック天神に入職し、2017年には同クリニックの院長に就任しました。

    ほくろ除去には、組織を蒸発させるフラクショナルCO2レーザーを使用。局所麻酔を行ない、痛みを最小限に抑えてくれます。カウンセリングで治療について丁寧に説明し、注意点や副作用も正直に伝えてくれると評判です。きれいにほくろを取り除きたい方は、伊藤医師に施術を頼むといいでしょう。

    所属クリニック
    サクラアズクリニック天神
    住所
    福岡県福岡市中央区大名1-14-25 DAIMYO BEAUTY COMPLEX2F
  • 京野和夫医師

    京野 和夫医師

    カウンセリングを徹底的に行なう医師

    京野医師は、施術以上に時間をかけて行なわれるカウンセリングを行なってくれます。それは、少しでも患者の不安が取り除けるようにいう気持ちからなのだそうです。
    1993年に福岡大学の医学部卒業後、福岡大学の産婦人科へ入職しました。1995年に国立病院九州がんセンター、1998年に国立循環器病センターへ勤務し、医療技術を磨きます。2000年に美容外科専門クリニックの院長就任し、これまでに培ってきた各医療分野の技術を美容医療に応用して治療を実施。2004年には城本クリニックに入職、2007年に城本クリニックに入職し、現在にいたります。城本クリニック福岡医の院長として10年以上のキャリアを持ち、日本美容外科学会の専門医の資格も有するドクターです。

    ほくろ除去には熱で細胞を分解する電気分解法や、根から切り取る切除法を採用しています。ほくろの状態をしっかりと確認して、適切な治療を提案してくれるので安心です。
    またどんな人柄か詳しく知りたい方は、京野先生が記事を書いているブログをチェックしてみるのもおすすめですよ。

    所属クリニック
    城本クリニック 福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区大名1-12-52 CEPAビル2F
  • 古田聖典医師

    古田 聖典医師

    技術指導医を担当する高い技術力を持つドクター

    古田医師は、共立美容外科の福岡院の院長を務めており、同クリニックの技術指導医として若き医師の指導にあたっています。
    1991年に富山医科薬科大学の医学部を卒業後、東京女子医科大学病院の第一外科に研修医として勤務し、外科医としての技術を学びます。1992年には慶応義塾大学病院の麻酔科に研修医として勤務し、難易度が高いといわれる麻酔科医の技術を習得。1993年から1995年にかけて、共済連稲田登戸病院、国立東京第二病院(現国立病院機構東京医療センター)、国立霞ヶ浦病院(現国立病院機構霞ヶ浦医療センター)に勤務し、医療技術をさらに磨きます。1997年には慶応義塾大学病院に専修医として勤務。1999年に共立美容外科本院へ入職し、美容医療について学びます。着実に技術を磨き、2005年には共立美容外科横浜院の院長に就任しました。2007年に共立美容外科福岡院の院長に就任し、現在にいたります。

    ほくろ除去にはメラニン色素だけが反応するQスイッチヤグレーザーを使用。一瞬のレーザーを照射でほくろにのみダメージを与えるので、健康な皮膚を傷つけにくいという特徴があります。高い技術力を持ちながらも、患者とのコミュニケーションを大切にし、希望に沿った治療を提案してくれるドクターです。

    所属クリニック
    共立美容外科 福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区天神2-3-13
  • 福嶋康二郎医師

    福嶋 康二郎医師

    一人ひとりの希望に丁寧に応えるドクター

    福嶋医師は北九州市で人気の高い福嶋美容外科クリニックの院長です。「本気で悩んでいる方に本気で応えたい」という思いから、カウンセリング・施術・アフターケアまで一貫して対応しています。
    1998年に日本大学医学部を卒業後、東京都立府中病院に勤務しました。2001年からは大手美容外科に入職し、院長から理事にまでを経験しました。2008年に福嶋美容外科クリニックを開院し、現在は院長として活躍しています。また日本美容外科学会の認定医の資格を持ち、美容外科の専門医の資格も持っているドクターです。

    ほくろ除去には、電気で高周波を発生させてほくろの蒸散させる高周波蒸散法や、メスで皮膚を切り取る切除法で治療にあたります。美容外科にこだわらず、あらゆる分野の治療方法を提案することで患者が適切な治療を選べるように工夫する医師です。

    所属クリニック
    福嶋美容外科クリニック
    住所
    福岡県北九州市小倉北区魚1-4-21魚町センタービル6F
  • 松田知子医師

    松田 知子医師

    美しくなることを追求し続ける女医

    松田医師は松田知子皮膚科医院の院長を務めています。表面的な美しさだけはなく、根本的な美しさを与えるためにはどうしたらいいかを考えて続けるドクターです。

    1979年に徳島大学を卒業後、徳島大学の皮膚科へ入職し、皮膚科医しての道をスタートします。1981年に九州大学の皮膚科へ入職し、同年には国立小倉病院の皮膚科部長に就任しました。1982年には九州大学の皮膚科に医員として勤務したのち、1984年に北九州市立門司病院の皮膚科医長に就任。着実に皮膚科医としての技術を磨き、1987年には松田知子皮膚科医院を開院し、院長に就任しました。2006年に福岡県福岡市西区今宿1丁目の西日本シティー銀行隣にクリニックを移転し、治療にあたっています。
    ほくろ除去には、メラニン色素のみを破壊するQスイッチルビーレーザーや、皮膚を削るCO2レーザー、切除・縫縮法などで対応。豊富な施術メニューを用意することで、それぞれのほくろに合わせた治療を可能にしています。

    所属クリニック
    松田知子皮膚科医院
    住所
    福岡県福岡市西区今宿1-5-27