PICK UP Doctors豊胸の名医コンプリートガイド福岡の豊胸手術の名医10選

福岡で豊胸手術を受けるなら腕の良い名医に頼もう

数多くのクリニックが存在する福岡。そんな福岡で豊胸手術の名医と言われている10名の医師を紹介しています。紹介する医師はいずれも腕が良いだけでなく、患者からの評判が高いので安心して任せることができるでしょう。
バストは女性らしさのシンボルですので、「胸を大きくしたい」「きれいなバストラインにしたい」と考える方は多いかと思います。またバストの左右のバランスや乳房の形など、サイズ以外の悩みを抱えている方も少なくありません。これらの悩みを解決してくれるのが、胸を大きくし、形を整え見た目を美しくする美容医療の豊胸手術です。技術な進化がすすみ、最近ではメスを入れずに注射だけでバストアップができるようになりました。しかし、理想のバストラインにするためには、医師の技術力がモノを言います。ただバストアップするだけではなく美しさを手に入れるためにも、信頼のおける医師に手術を依頼しましょう。

福岡の豊胸手術の名医はこの10名!

  • nophoto

    樋口 隆男医師

    オーストラリアの医療機関に留学した経験を持つ医師

    1997年に福岡大学医学部医学科を卒業した後、同大学第2外科(現:呼吸器・乳腺外科・小児外科)へ入局した樋口医師。医師として働きつつ、2001年に福岡大学医学部臨床大学院に入学しました。在学中の2004年にはオーストラリアのアルフレッド病院へ留学し、海外の医療にも携わっています。翌年には大学院を卒業し、2007年に福岡大学病院の呼吸器・乳腺内分泌・小児外科の助手に就任。その後、複数の医療機関で呼吸器外科医を歴任し、2015年に現在所属するTHE CLINIC福岡院の院長に就任しました。

    元々は呼吸器外科医として医療に携わり1000以上の手術経験をしていた樋口医師ですが、美容外科学会会長である山川統括指導医との出会いにより憧れを抱いていた美容外科医に転向を決意。その後、長年美容医療に携わり手術経験を重ね、美容外科の指導医に「天性の外科医のセンス」と言わしめるほどの実力を持つほどになりました。カウンセリングの内容が濃いと評判が高く、豊胸手術では曲線や大きさ、柔らかさなどを意識し、大きくするだけでなく美しく胸をデザインしてくれますよ。

    所属クリニック
    THE CLINIC 福岡
    住所
    福岡県福岡市中央区大名 2-1-18 BROOM Fukuoka4F
  • nophoto

    吉池 剛医師

    患者に寄り添える確かな実力を持つ医師

    2005年に山梨大学医学部医学科を卒業後、2006年に市立甲府病院で勤務をはじめた古池医師。2007年に山梨大学医学部付属病院に籍を移し、翌年の2008年に現在所属している品川美容外科に入職しました。その後、多くの手術をこなし腕を磨き続け、2013年には同クリニックの福岡院院長に就任。

    美容外科は「人生のクオリティを上げるための手段」の一つと考える古池医師は、美容施術をオールマイティーにこなします。その美容医療の中でも豊胸手術は得意施術のひとつです。カウンセリングでは常に患者の目線に立つことを意識し、一人ひとりの理想を変えるために細かなケアを心掛けているため、患者から高い評価を得ています。また、日本美容外科学会の専門医として認められているため、技術の高さは証明済み。確かな腕を持ち患者の声に耳を傾けてくれるので、理想のバストを手に入れることができるでしょう。

    所属クリニック
    品川美容外科福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区今泉1-20-2 天神MENTビル2F
  • nophoto

    清水 志乃医師

    最新の豊胸術を用いる医師

    2000年に久留米大学医学部を卒業した後、2001年に同大学の泌尿器科に入職した清水医師。同年に大牟田市立総合病院泌尿器科へ勤務地を変えて2年の経験を積んだ後、再び久留米大学医学部の泌尿器科へ移ります。その後もいくつかの医療機関で腕を磨き、2007年に済生会大牟田病院泌尿器科の医長へ就任します。泌尿器科の医長を7年務めあげ、2017年に現在の福岡ガーデンクリニックの院長に就任しました。

    清水医師が行なう豊胸手術はこれまでの「ただ胸を大きくする豊胸」とは違い、最新の技術を用いたもの。左右のバランスやハリ、胸の向きなどに対応し、自然で美しいバストラインを実現してくれます。また、手術が終わった後の検診やアドバイスなどのアフターケアに精力的なので、安心して治療を依頼することができますよ。

    所属クリニック
    ガーデンクリニック 福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区大名 1-15-35 247ビル5F
  • nophoto

    古田 聖典医師

    患者とのコミュニケーションを大切にする医師

    1991年に富山医科薬科大学の医学部を卒業後、東京女子医科大学病院第一外科の研修医になり医師の道を歩み始めた古田医師。翌年には慶応義塾大学病院麻酔科の研修医となり、1993年には共済連稲田登戸病院で働き始めます。その後、現在の国立病院機構東京医療センターや国立病院機構霞ヶ浦医療センターなど、複数の医療機関で腕を磨きました。1999年に共立美容外科本院に身を置き、2005年には実力が認められて横浜院の院長へ就任。2007年に現在所属する福岡院の院長に就任しました。

    そんな古田医師は患者一人ひとりとのコミュニケーションを大切することを信念にしています。また、日々技術の向上に専念し、新しい術法の開発にも力を入れているようです。

    手術を受ける方の声に耳を傾け、技術の向上に努めている医師なのでクオリティの高い手術を受けることができるでしょう。

    所属クリニック
    共立美容外科 福岡院 ~ラグジュアリークリニック~
    住所
    福岡県福岡市中央区天神2-3-13 USHIOビル4F
  • nophoto

    小河 秀二郎

    患者を身内のように考えて手術する医師

    1999年に久留米大学医学部を卒業後、2001年に筑豊労災病院へ入職した小河医師。翌年には大牟田市立病院で勤務し、2003年には球磨病院に務めました。その後も2004年に久留米大学外科学の大腸研究室、2005年に大腸肛門病院センターへ勤務地を変えながら医師としての力を磨きます。2007年に品川美容外科に入職した後、6年間美容外科のスキルを磨き、2013年に品川スキンクリニック福岡院の院長に就任しました。

    小河医師は豊胸手術以外にも脂肪吸引や痩身、二重・目元など施術を得意としています。日本美容外科学会から専門医として認められているため、その技術の高さは確かです。
    手術だけではなくアフターケアにも力を入れており、患者が安心できるように明るい雰囲気で接してくるため、幅広い年齢層の方から信頼を得ています。また、「常に身内に治療する気持ち」で対応することをモットーにしているので、丁寧で確実な手術を受けられるでしょう。

    所属クリニック
    品川スキンクリニック福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区今泉1-20-2 天神MENTビル2F
  • nophoto

    城本 英明医師

    親身にカウンセリングをしてくれる医師

    1983年に川崎医科大学卒業。市民1993年に福岡大学医学部を卒業した後、同大学病院の産婦人科に入職した京野医師。1995年に国立病院九州がんセンターに勤め、1998年に国立循環器センターに籍を移します。2000年には美容外科専門クリニックの院長を就任し、4年間その勤めを果たしました。2004年に現在の城本クリニックに入職し、2007年に実力が認められて城本クリニック福岡の院長に就任します。

    そんな京野医師が治療を行なう上で大切にしていることは「カウンセリング」。美容手術を受けるために、クリニックの扉を開けることは勇気が必要です。勇気を出してクリニックに入ったとしても、不安や緊張でいっぱいの方が多いため、少しでも緩和できるようにと時間をかけてカウンセリングをしてくれます。どんなに小さな悩みでも聞いてくれ、アドバイスをしてくれるため安心して手術を受けられるでしょう。

    バストに脂肪細胞とPRP成分を注入することで脂肪細胞の定着率が高くなる施術も行っており、術後も安定したサポート体制を築いています。

    所属クリニック
    城本クリニック福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区大名1-12-52 CEPAビル2F
  • nophoto

    竹内 直生医師

    豊胸手術を得意とする患者思いの医師

    1998年に日本大学医学部を卒業した後、癌研究所付属病院の麻酔科に入職した竹内医師。その後、大手美容外科のクリニックに籍を移します。2013年に15年間努めていた大手美容外科を辞め、現在の美容外科クリニックに籍を移しました。15年働いていた美容外科から転職を決めたのは、「利用者の満足度アップを常に考える」SBCグループに魅力と将来性を感じたからだそうです。

    そんな竹内医師は美容手術全般をこなす医師ですが、とくに豊胸手術と若返りの手術を得意としています。「ここ10年で九州一の施術数をこなした」と自負するほど経験を積んでおり、美容外科専門医の資格を持っているため、その実力は折り紙付き。確かな腕を持ち、満足度アップを考える医師ですので、施術を受ける方の「キレイになりたい」「胸を大きくしたい」といった願いを叶えてくれるでしょう。

    所属クリニック
    湘南美容外科クリニック 福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区渡辺通4-9-25 天神ロフトビル7F
  • nophoto

    鴨田 隆弘医師

    元心臓血管外科医が丁寧で繊細な手術を提供

    2011年に山口大学医学部医学科を卒業した後、山口大学第一外科に入職し外科医としての道を歩み始めた鴨田医師。2004年に済生会山口総合病院外科に勤め、2005年に済生会下関総合病院の心臓血管外科として勤務します。2008年に山陽小野田市民病院外科に勤め、2009年に勤務地を徳山中央病院心臓血管外科に移します。その後心臓血管外科医として7年勤め、日本トップクラスの症例数をこなして確かな実績を残しました。2016年に湘南美容外科で働き始め、現在では小倉院の院長として勤務しています。

    心臓血管外科医として難しい手術を数多く経験していますので、その経験や知識、技術を活かして丁寧で確実な手術を実現。ボディーメイクに関しての知識も豊富ですので、美しいバストラインを提供してくれるでしょう。

    所属クリニック
    湘南美容外科クリニック 小倉院
    住所
    福岡県北九州市小倉北区室町1-1-1-50 リバーウォーク北九州5F 503S
  • nophoto

    舩津 あんぬ医師

    福岡県内でトップレベルの女医

    九州大学医学部を卒業した後、美容外科医として数多くの症例をこなし、福岡県内でも数少ない女性院長として活躍する船津医師。美容外科医として30年以上のキャリアを持つベテランで、県外から手術を受けにくる方も多いようです。症例数や手術の経験が豊富で、男性医師と比べてもその実績数は負けていません。実績の数だけではなく、日本形成外科学会が認めた認定医ですので、技術力が高いことは間違いないと言えます。「丁寧なカウンセリングだったので、信頼感と安心感を得られました」と手術を受けた方から多数の声が上がるほど評判も上々です。

    また、船津医師が院長を務めている「あんぬクリニック」は女性専用クリニックのため、バストでお悩みの方は一般的なクリニックと比べて足を運びやすいでしょう。

    所属クリニック
    あんぬクリニック
    住所
    福岡県福岡市博多区博多駅前4-4-20 舩津ビル2F
  • nophoto

    飯尾 礼美医師

    患者の心に寄り添う医師

    1986年に長崎大学医学部を卒業した後、同大学の形成外科に入職し医師としての道を歩み始めます。形成外科医として腕を磨きながら、佐賀医大で麻酔の技術を習得。1993年に大阪の白壁美容外科で勤務し始め、1998年に福岡の聖心美容外科に勤務地を移します。その後も美容外科医として研鑽を積み、2000年に飯尾形成外科クリニックを開業しました。

    飯尾医師は医師として駆け出しの頃、恩師からもらった「形成外科医は、患者の精神的ダメージを救うこともできる」を胸に現在も治療をしているそうです。その実現のためにカウンセリングにはしっかりと時間をかけ、患者の悩みや希望を把握したうえで最適な治療を提案してくれます。また、日本形成外科学会の認定医の資格を持っているため、技術力の高さは保証済み。アフターケアにも力を入れているため術後の不安が軽くなり、安心して手術を受けられるでしょう。

    所属クリニック
    飯尾形成外科クリニック
    住所
    福岡県福岡市中央区天神1-3-38 天神121ビル9F