PICK UP Doctorsアンチエイジング・美肌の名医コンプリートガイド眉下切開の名医を
ピックアップ

眉下切開の名医=丁寧なカウンセリング+高い技術力

眉下切開の治療を受ける場合、どのようなドクターを選べばよいのかを見ていきましょう。

チェック1:日本形成外科学会の専門医資格+日本美容外科学会(JSAPS)に所属しているか

眉下切開の名医の基準として、日本形成外科学会とJSAPSに加盟しているかどうかが、大きなポイントとなります。

日本形成外科学会の専門医とは、専門医研修で4年間以上にわたって経験を積み、資格試験に合格した医師のこと。 身体表面の傷や変形を、きれいに治すことができる技術を備えた医師として認められた証です。JSAPSは、日本の美容医療の質を向上・発展させるための取り組みを行っている学会です。

チェック2:毛包斜切断法を取り入れているか

「毛包斜切断法」とは眉毛の毛根を温存する事により、施術後の傷を目立たなくする切開テクニックのこと。この施術方法は医師に相応の技量が求められますが、眉下切開の仕上がりを大きく左右します。そのため毛包斜切断法を取り入れているかを、眉下切開の医師選びのひとつの基準にしましょう。

チェック3:施術を行なうドクター自らがカウンセリングを担当してくれる

患者さんがイメージしている理想の仕上がりと、医師のイメージの共有にはカウンセリングで面と向かって話し合うことが重要。そのため手術の結果にこだわる医師は、カウンセリングに対しても非常に強いこだわりを持ちます。カウンセリングから施術まで、一貫して行っている先生にお願いすることをおすすめします。

眉下切開の名医はこの3名!

  • Great Dr.
    境 隆博医師

    引用元:六本木境クリニック
    (https://roppongi-sakai-clinic.com/)

    境 隆博医師

    様々な学会に所属するドクター

    境ドクターは、日本形成外科学会や日本美容外科学会、日本アンチエイジング外科学会評議員、フェザーリフト研究会など様々な学会や団体に所属しています。中でも日本形成外科学会の専門医を取得。まぶたのたるみの治療に特化した専門医として、数々の学会やシンポジウムで発表を行っています。700例近くの経験を持つ眉下皮下切除に裏打ちされた体験談は参考になると話題です。

    境医師の眉下切開の特徴

    2012年4月の六本木境クリニック開院から、2019年3月31日までの7年間で845例の眉下切開手術を行っている境医師。

    術後の傷跡を目立たせないよう細心の注意を払って縫合をおこなうため、通常30分程度と言われている眉下切開術を、2時間かけて行っています。眉下切開の仕上がりに強いこだわりと自信を持った医師です。

    治療は全て境医師が担当

    美容クリニックの場合、診察やカウンセリングは院長が行ってくれるものの、実際の治療は他のドクターが行うというケースも見受けられます。こちらのクリニックでは、境医師以外に2名の非常勤ドクターが在籍していますが、学会の準備や論文作成に関する仕事のみを担当。手術の執刀など治療は全て境医師自らが行ってくれるので安心です。

    経歴
    平成7年 鹿児島大学医学部 卒業
    平成7年 鹿児島大学小児外科 入局
    平成10年 長崎大学形成外科 入局
    平成22年 美容外科 分院院長
    平成24年4月~ 六本木境クリニック開院
    所属医師会や保有資格
    ・形成外科学会専門医、元熱傷学会専門医
    ・アンチエイジング外科学会評議員
    ・美容外科学会(JSAPS)正会員
    ・美容外科学会(JSAS)正会員
    ・フェザーリフト研究会
    所属クリニック
    六本木境クリニック
    住所
    東京都港区六本木3‐7‐1 THE ROPPONGI TOKYO 207

    クリニックの特徴

    六本木境クリニックでは、より効果的な治療を受けられるクリニックづくりを行っています。現在、美容医療の現場では、何度も通院しながら繰り返し治療を受ける、いわゆる「ローリスク・ローリターン」の施術が主流の傾向に。そうなると何度もクリニックへ通わなければならず、患者への負担が大きくなってしまいます。六本木境クリニックでは、患者の立場に立って、長い期間、効果が期待できる治療法を提案しているのでコストパフォーマンスが高い治療を受けることが可能です。

    費用

    • 上まぶた 眉下切開:380,000円
    • 眉下切開 他院修正:450,000円~
    • 眉下切開+挙筋前転:580,000円
  • Great Dr.
    筒井 裕介医師

    引用元:セオリークリニック
    (https://www.theory-clinic.com/)

    筒井 裕介医師

    スレッドリフトの治療を得意としている医師

    筒井ドクターは、スレッドリフトによる治療を得意としており、中でも傷が残らずダウンタイムがほとんどない、新世代スレッドリフトが人気です。

    この治療法は、独自の突起が付いている糸を使って行う施術法で、ゴルゴラインやほうれい線などをリフトアップすることができます。切らずに挿入することができ、頬から針を抜く必要もないため、傷跡が残りにくくなっているのがポイントです。

    筒井医師の眉下切開の特徴

    筒井医師は、目の上の施術メニューが豊富なことで知られています。埋没法や切開法、眼瞼下垂術や切らない眼瞼下垂術など様々です。

    例えば、二重治療の方法として最もポピュラーな埋没法では、1点埋没、2点埋没、3点クロスリンクから選ぶことが可能。1点埋没は、まぶたへのダメージが少なく、腫れが少ないまま治療を終えることができます。3点クロスリンクは、まぶたが厚い人や強力な固定が必要な場合、幅の広い二重を作りたいという時におすすめです。

    また、切らない眼瞼下垂術は皮膚切開を行わないため、腫れや内出血がないと人気。まぶたの裏側から糸をかけて縫合しますが、粘膜の中にそのまま埋没させることができる、最新の治療法となっています。

    経歴
    2003年3月に順天堂大学医学部卒業後、順天堂大学の形成外科助手を経てオザキクリニックに勤務
    2009年12月21日にTheoryクリニックを開業。フェザーリフト(スレッドリフト)や目の周囲の手術を得意とし、にきび跡治療に関しては学会発表や論文発表などを行い 、日々研究を行っている。
    所属医師会や保有資格
    ・美容外科専門医
    ・日本形成外科学会 会員
    ・日本美容外科学会 会員
    ・日本美容皮膚科学会 会員
    ・日本臨床抗老化医学会 会員
    ・サーマクール認定医
    ・日本再生医療学会 会員
    所属クリニック
    セオリークリニック
    住所
    東京都中央区銀座3-7-2 オーク銀座ビル6F

    クリニックの特徴

    セオリークリニックは、スタッフが自信を持って医療を提供できるようにしたい、美容医療を確立したいとの思いから、理論を意味する「セオリー」という言葉がクリニック名に入っているのが特徴です。医療の進歩は、医療理論の進化の歴史。常に最新の技術や知識を取り入れることができるようにとアンテナを張り巡らせ、それらを元に良い治療方法を次々と生み出していっています。同じ症状であっても、1人ひとりがかかえる悩みや肌質、生活習慣はみんなバラバラ。全ての患者が最良の結果を得られるように、オーダーメイド的な治療を実践しています。

    費用

    • 上眼瞼リフト(眉下切開):259,200円
  • Great Dr.
    片岡 二郎医師

    片岡 二郎医師

    学会活動にも力を入れている

    国内にある様々な学会や団体が開催する研修や勉強会、後援会、シンポジウムに加え、海外で行われる学会などでも、二重切開手術について発表を行うなど、学会活動を精力的におこなっています。

    片岡医師の眉下切開の特徴

    片岡ドクターの治療は「片岡式眉下切開」とも呼ばれ、人気の施術の1つとなっています。眉下切開の施術を行う際、片岡ドクターがこだわるポイントは全部で5つです。

    1つ目は、デザインの重要性。これまでに700症例以上の経験を誇り、より自然で安全に左右差の少ない施術をすることができます。2つ目は、手術手技のレベルの高さ。中縫いを正確に行うのはもちろん、引き攣れやドッグイヤー対策も万全です。3つ目は、特殊テクニック。毛包斜切開や眼輪筋切除つり上げ、ROOF切除などは、国内でもできるドクターは限られています。4つ目は、局所麻酔。S.Tマイクロカニューレを使用するため、一般的な麻酔よりも痛みが少なく、内出血を予防することが可能です。5番目は再生医療を用いた治療。傷の赤みや肥厚性瘢痕を防いで最高の仕上がりを目指します。

    経歴
    1996年 金沢医科大学卒業。同年より臨床医療と両立しながら、金沢医科大学脳神経外科大学院にて研究に従事
    2000年 医学博士号取得
    2001年 関西医科大学病院 脳神経外科助手就任
    2005年 大手美容外科勤務
    2008年 聖心美容外科東京院、横浜院、札幌院に勤務
    2009年 聖心美容外科横浜院院長に就任
    2018年 サフォクリニックに着任
    所属医師会や保有資格
    ・医学博士
    ・日本美容外科学会(JSAPS)会員
    ・日本美容外科学会(JSAS)専門医
    ・日本美容外科学会(JSAS)会員
    ・日本美容外科医師会会員
    ・日本形成外科学会会員
    ・日本レーザー医学会会員
    ・レスチレン認定医
    勤務クリニック
    サフォクリニック
    住所
    東京都港区六本木5-17-16 B1F

    クリニックの特徴

    こちらのクリニックは、カウンセリングを重視しているのが特徴です。中でも大掛かりな治療をすることが多い、美容外科の治療についてはドクター自らカウンセリングを実施。時間も1時間とたっぷりあるので、分からないことや不安に思うことがあれば何でも気軽に相談することができます。

    費用

    • 眉下切開:両目400,000円~

眉下切開の基礎知識

治療の特徴

眉下切開などをする場合、治療目的は、二重まぶたの形成であったり、まぶたのたるみ除去だったり理由は様々です。そのため、施術法にも色々な種類があり、切開をせずに簡単にできるプチ整形や切開して行う本格的な治療もあります。

眉下切開の料金・施術時間の目安

費用目安

施術によって異なるので、目安として参考にしてください。

  • 埋没法:50,000円~100,000円
  • 眉下切開:400,000円
  • 眼瞼下垂:200,000円~500,000円

手術にかかる時間・通院回数(期間)

施術にかかる時間はそれほど長くありません。長くても2時間~3時間程度で済むケースがほとんどです。

  • 眉下切開:約2時間
  • 眼瞼下垂:1時間~1時間半

眉下切開のダウンタイム

眉下切開の治療を受けた場合のダウンタイムは、早い人であれば3、4日程度、長い人であれば10日ほどかかるケースもあるようです。施術後に抜糸を行うのが1週間後なので、ダウンタイムも同様ぐらいかかると考えていた方が良いかもしれません。

クリニックによっては抜糸までの期間、入院することを勧めるところもあるので、できればまとまった休みをとれるタイミングで治療を受けるのがベスト。その後も腫れが残ることがありますが、化粧やコンシーラーなどで隠すことができるので安心です。