PICK UP Doctorsアンチエイジング・美肌の名医コンプリートガイド福岡のフォトフェイシャルの名医10選

福岡で腕の良いフォトフェイシャルの名医を選ぶ

美容クリニックの多くある福岡エリアで、フォトフェイシャルの施術を行なっている名医を10名ピックアップしました。「美容クリニックがありすぎて選べない」という悩みもあるのではないでしょうか。福岡でも数ある美容整形外科医の中からフォトフェイシャルや美容整形の実績、施術にこだわりを持ったドクターなのか、医師自らが執刀を行なっているかなどの基準で選んでいます。
フォトフェイシャルとは、医療器具メーカーのルミナス社が製造している光治療の器具を使った美容医療です。そのためエステサロンではフォトフェイシャルを受けられず、クリニックでしか施術を受けることができません。シミやシワ、そばかす、くすみ。赤ら顔、毛穴の開きとさまざまなお肌の治療に効果を示すと認められています。
これから福岡エリアでフォトフェイシャルを受けようと検討している人は、参考までに名医情報ををチェックしてみてください。あなたの悩みを解決できる、フォトフェイシャルのスペシャリストが見つかるかもしれません。

福岡のフォトフェイシャルの名医はこの10名!

  • nophoto

    石井 良典医師

    一流の手技を持ったグループの総院長

    スキンクリニックグループ総院長を務める石井良典医師は、昭和63年に日本大学医学部を卒業しました。5年後には埼玉県大宮駅前に大宮スキンクリニックを開設。皮膚科と皮膚形成外科、そしてレーザーの技術を駆使した総合的な美容医療に携わってきました。
    大宮クリニックの成長は留まることを知らず、新宿と新潟、名古屋、大阪、京都、福岡に分院を開設しています。最先端の技術を用いて「質の高い手術を提供し、丁寧なカウンセリングを行なう」ことをモットーに取り組む施術は、患者の目線に立ったサービスの基礎となっている部分です。
    石井医師が統括するスキンクリニックでは診断から施術まですべて医師が行い、敏感な女性の肌に適切な処置ができる工夫がされています。導入しているフォトフェイシャルの機器は、冷却装置で表皮の保護も同時に行なってくれる優れもの。そのため、治療が終わってもダウンタイムが無く、メイクをして帰ることができます。

    所属クリニック
    博多天神スキンクリニック
    住所
    福岡県福岡市中央区天神1-13-19 天神MARUビル9F
  • nophoto

    菊池 寛医師

    患者の立場で医療を見る名医

    菊池寛医師は2008年に広島大学の医学部を卒業後、千葉大学医学部付属病院とその関連病院に勤めていました。その後、2013年に美容皮膚科エルムクリニック福岡院を開設。「美容医療では訪れる患者の満足が一番重要」と考える菊池医師は、効果の高さ、負担を少なくした施術、居心地の良い雰囲気づくりを心がけています。手術に対する不安を解消してくれるのは、名医として大切な要素ですね。
    買うセリングでは、医師と看護師で気になる症状や部位についての聞き取りやアドバイスなどを実施。手術は個室で行なわれるため、クリニックにいる他の患者に見られる心配もありません。
    また、エルムクリニックではオンラインの診療を行なっています。直接クリニックに足を運ぶ必要が無く、パソコンやスマートフォンから利用可能です。仕事や学校の都合でなかなかクリニックに通えない人でも、オンライン診療なら24時間予約ができますよ。

    所属クリニック
    エルムクリニック福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区舞鶴1-2-8 セントラルビル3F
  • nophoto

    伊東 慶子医師

    女性ならではの感性で美容医療を手掛ける医師

    サクラアズクリニック天神で院長を務める伊東慶子医師は、1999年に愛知医科大学を卒業後、同大学の皮膚科に入局しました。その後病院が変わったり、助教授になったりとさまざまな経験を経て2017年にサクラアズクリニック天神の院長に就任。「地元である九州で皮膚に関するトラブルに悩む人の力になりたい」という気持ちを胸に、日々治療を行なっているそうです。
    伊東医師は患者に対する強い責任感を持っており、術前から術後までの経過を必ず自分自身の目で確かめているとのこと。また、日本皮膚学会や日本美容学会など、全部で6つの学会に所属しており、医療の学びを絶やしません。綺麗になりたい、綺麗でありたいと願う患者の背中を押してくれる、女性ならではの感性を持った医師だと言えるでしょう。
    光治療ではレーザー治療器と光治療器のメリットを併せ持つ、高い効果と安全性を発揮するIPLを使用。ダウンタイムの少ない治療法で、当日に治療を行なっても周りに知られずに済むのが魅力です。

    所属クリニック
    サクラアズクリニック天神
    住所
    福岡県福岡市中央区大名1-14-25 DAIMYO
  • nophoto

    飯尾 礼美医師

    メスを預けず責任を持って患者に接する飯尾医師

    飯尾形成外科クリニックで院長を務める飯尾礼美医師は、長崎大学医学部を卒業後、同大学で形成外科医として技術を磨いてきた医師です。また、佐賀医大で麻酔技術も習得済み。その後は大手美容外科で勤め、2000年に独立開業、飯尾形成外科クリニックの院長となっています。
    初めてクリニックに訪れる患者に対し「不安を取り除くことから始まる」のが飯尾医師のポリシー。患者と医師、スタッフの間で信頼関係が生まれなければ、良い治療効果と高い満足を与えることはできないと考えています。わかりやすい情報の提供と優しい笑顔を絶やさず、たくさんの美容外科から選んでいただいたということを忘れずに治療に取り組んでいるとのこと。
    ごく一部のメニューを除き、初回のカウンセリングから手術、アフターケアまでを院長である飯尾医師自身が一貫して行ないます。

    所属クリニック
    飯尾形成外科クリニック
    住所
    福岡県福岡市中央区天神1-3-38 天神121ビル9F
  • nophoto

    山内 祥弘医師

    どんな小さな悩みにも応えてくれる名医

    やまうちクリニックで院長を務める山内祥弘医師は1989年に福岡大学医学部を卒業後、久留米大学外科学講座に入局。その後にいくつかの病院を経験する過程で外科医として博士号を取得しました。2000年にやまうち胃腸肛門外科クリニックを開院し、4年後の2004年に医療法人山内クリニックを設立。大きな病院に勤めていた経験から、「落ち着いて治療を受けられるクリニックを作りたい」という思いでやまうちクリニックが作られました。
    体の不調や悩みを抱える人に対して気軽にクリニックに訪れて欲しいという願いから、「風邪なのかな」「どの病院に行っていいのかわからない」といったことも相談できる体制が整えられています。
    健康と美容のどちらも大切にする山内医師だからこそ、外科メインのやまうちクリニックでフォトフェイシャルなどの美容メニューも取り揃えているのでしょう。

    所属クリニック
    やまうちクリニック
    住所
    福岡県久留米市東櫛原町2303-23
  • nophoto

    右田 博文医師

    美容外科と形成外科でキャリアを積んだ医師

    右田博文医師はくろき・ひろクリニックで院長を務め、形成外科と美容外科を担当している医師です。久留米大学医学部を卒業後は形成外科や一般外科などで経験を積み、日本形成外科学会専門医資格を取得しています。その後は国立病院九州医療センターで形成外科部長として勤務、そして「くろき・ひろクリニック」を開業しました。
    くろき・ひろクリニックは「素敵な年齢の重ね方をしたい」という女性の願いを叶えるべく、身体の内側と外側の両面からアンチエイジングを追及しています。美容・形成外科医として研鑽を積んできた院長の右田医師と、内科医・糖尿病専門医として技術と知識を高めてきた副院長の右田巳賀医師が協力しあって、質の高いアンチエイジング治療を提供していまます。

    所属クリニック
    くろき・ひろクリニック
    住所
    福岡県北九州市小倉北区上到津3-8-11
  • nophoto

    矢永 博子医師

    女性の不安や悩みを取り去ってくれる女医

    矢永クリニックの院長を務める矢永博子医師は、医学博士として形成外科専門医、美容外科専門医、美容外科評議員、美容医療協会適正認定医など、数々の認定資格を取得しています。また、乳癌学会評議員、熱傷学会評議員、再生医療学会評議員にも選出されているドクターです。美容外科専門医としての実力を持つ矢永医師なら、安心してフォトフェイシャルの治療も受けられますね。
    女性の悩みを解決してきた矢永医師が1番得意とする施術は乳房再建の治療。1985年に手術を初めて以来、3,400件の症例を手掛けてきた実績があります。女性の求める美容医療にも強いこだわりを持っており、「この患者さんにはどのような治療が適切か?」と常に疑問を持つことを忘れず、医師として信頼されることを念頭に置いた美容医療を提供。
    同じ女性だからこそ感じ取れる悩みや不安を取り除くため、さまざまな施術に力を注ぐ名医です。

    所属クリニック
    矢永クリニック
    住所
    福岡県福岡市中央区天神1-2-12 天神ビル122ビル3F
  • nophoto

    三浦 一秀医師

    時代に合わせた医療を提供する医師

    三浦一秀医師が院長を務めるあさひクリニックは、美容医療を提供する側ではなく、施術を受ける患者やその家族の目線でサービスを提供しています。患者が望んでいない治療は無理には薦めないが、間違った判断をしないようにできるだけ多くの情報を示すとのこと。ストレスなく治療を受けられるようにと、一般的なクリニックの常識よりもう1歩踏み込んだサービスを提供しています。
    三浦医師が所属するあさひクリニックは、24時間365日対応の在宅療養支援診療所としても機能しているのが特徴。医師や看護師が常駐しているので、緊急時でも迅速に対応してもらえます。医療と介護が同時に対応する、これからの時代に迎合したクリニックです。

    所属クリニック
    あさひクリニック
    住所
    福岡県久留米市上津町105-9
  • nophoto

    横須賀 美也子医師

    健康で美しい体づくりを目指したクリニックの院長

    クリニックBrillareの院長を務める横須賀美也子医師は、美容医療への不安や心配をなくし、一人ひとりをケアすることをモットーにしています。カウンセリングで患者に最適な施術を見極め、自宅でもできるケアとして美容化粧品等の販売や、併設しているトレーニング施設でパーソナル形式のトレーニングも行なっています。
    フォトフェイシャルでは、ルミナス社製の最新機種を用いて治療。シミやそばかす、シワなどの原因に直接働きかけてくれます。
    美しくなるための美容医療だけでなく、健康な体づくりを目的としたパーソナルなサービスを提供してくれると評判です。

    所属クリニック
    クリニックBrillare
    住所
    福岡県久留米市大手町2-22
  • nophoto

    山田 陽子医師

    皮膚科・美容皮膚科・形成外科で総合的な肌の悩みを解決

    山田陽子医師は2002年に産業医科大学医学部を卒業。その後さまざまな病院で経験を積み、現在は浄水皮ふ科クリニックで院長を務めています。皮膚科・美容皮膚科の治療がメインのクリニックで、女性の悩みを解決するべく日々研さんを積んでいるドクターです。
    フォトフェイシャルには最新の器具を用い、患者に負担の少ない治療を心がけています。皮膚科として女性の悩みと向き合ってきた清水皮ふ科クリニックには、さまざまな年代の女性が来院。地域に根差した医療を提供する、濃やかな気遣いが魅力の女性医師です。

    所属クリニック
    浄水皮ふ科クリニック
    住所
    福岡県福岡市中央区薬院4-1-26 薬院大通センタービル204号