PICK UP Doctorsアンチエイジング・美肌の名医コンプリートガイドヒアルロン酸注射の名医3選【東京】

東京でヒアルロン酸注射をするなら経験豊富な名医に依頼しよう

美容医療外科が数多くある東京。その中でもヒアルロン酸注射に定評のある名医を3名ご紹介します。いずれも経験豊富で技術力の高い医師で、常に最先端の技術を取り入れているため、安心して治療を任せられます。

ヒアルロン酸注射は、皮内・皮下にヒアルロン酸を注入することで肌にハリを与え、しわやたるみを改善する治療法。ヒアルロン酸は人間の身体にも含まれている成分のため、そのまま注入してもすぐに吸収されてしまいます。

そこで、架橋という加工をして、3ヶ月~1年かけて少しずつ吸収されるよう調整します。アレルギー性もほとんどなく安全性の高い成分。0.1ml単位で注入されます。とても少ない量に思うかもしれませんが、保湿力が高いため少量でも効果を発揮。そのため、繊細なラインを作り出すには0.1ml単位でも多いくらいです。自然なラインを実現するには0.01ml単位でコントロールする技術力が必要になります。ヒアルロン酸注射を成功させたいなら、経験豊富で技術力の高い医師に依頼すると良いでしょう。

ヒアルロン酸注射の名医はこの3名!

  • 松木貴裕医師

    松木貴裕医師

    仕上がりのバランスを重視した繊細な技術力に定評

    1998年、藤田保健衛生大学医学部医学研究科卒業。日進おりど病院、東京女子医科大学病院などの皮膚科勤務を経て、2004年、東京美容外科を開院。2012年に表参道スキンクリニックを開院し、現在にいたります。美容外科医として多彩な診療を手掛ける松木医師ですが、もともと皮膚科を専門に診療していたドクターでもあることから、ヒアルロン酸注入などを始めとした美容皮膚科メニューが得意分野。仕上がりのバランスを重視した繊細な注入技術で知られるドクターです。日本皮膚科学会、日本抗加齢学会、日本美容外科学会などに所属し、臨床以外にも研究活動や学会活動に熱心。ボトックスやプロペシアなどの厚労省認可において、各薬剤の臨床試験に携わるなどの多大な実績でも知られています。

    所属クリニック
    表参道スキンクリニック表参道本院
    住所
    東京都渋谷区神宮前5-9-13喜多重ビル4F
  • 小室好一医師

    小室 好一医師

    独自手術法を開発し続ける美容医療のパイオニア

    1984年に昭和大学医学部を卒業し、同年に昭和大学藤が丘病院外科に勤務しました。1991年にコムロ美容外科東京院を開院。それ以降も次々と分院を展開し、今では全国に3院となっています。医院をあえて多く展開せず、診療の充実に重きを置いているとのこと。また医師を指導する指導医として、次世代の美容業界を牽引する医師を育成しています。

    美容医療業界に貢献するために、テレビや雑誌などのメディアに積極的に出演し、世間への美容医療の理解を深めることに尽力。「腫れない、痛くない、目立たない」治療を得意としており、独自の「コムロ式」施術法を次々と考案。外科医時代に得た経験を美容医療に活かしてヒアルロン酸注射も的確に行ないます。地道に研究と実績を積み重ね美容医療界の最先端を走り続ける医師です。

    所属クリニック
    コムロ美容外科東京銀座院
    住所
    東京都中央区銀座1-6-8DEAR GINZA 8F
  • nophoto

    田中 真輔医師

    技術力で選ばれる美のスペシャリスト

    患者の要望をカウンセリングでじっくりとヒアリングしてくれる田中医師。美容医療に精通した技術力で、自然な美しさを現実します。田中医師は1993年に九州大学の医学部を卒業し、1996年に久留米大学医学部の形成外科へ勤務し、医師としての道をスタート。2004年に済生会二日市病院の形成外科へ勤務し経験を積みました。2007年美容外科・皮膚科クリニックの院長へ就任し美容外科と皮膚科の分野の技術を習得。2013年城本クリニック新宿院の院長に就任します。

    数少ない日本形成外科学会や日本美容外科学会の専門医の資格を保持している実力派の医師です。手術の大小にかかわらず、常に真摯に患者に向き合っているとのこと。ヒアルロン酸注射を行なう際も細心の注意を払い、最小限の痛みで施術してくれます。カウンセリングでは施術を受ける方のことを第一に考えてメリットだけでなくデメリットもしっかり伝える、真面目なドクターです。

    所属クリニック
    城本クリニック新宿院
    住所
    東京都新宿区西新宿1-4-2 141ビル6F