PICK UP Doctorsアンチエイジング・美肌の名医コンプリートガイドニキビの名医10選【名古屋】

名古屋でニキビ治療を受けるなら名医に相談しよう

名古屋でニキビ治療を受けられるクリニックは57以上もあります。ここでは特に知識や実績のある「ニキビの名医」10名を選びました。
ニキビ治療は人によって合っている方法が違います。ビタミンや栄養が足りない人は外用薬・内服薬でビタミンやミネラルを摂取するだけで治るかもしれませんし、肌の老廃物がニキビの原因になっている人はケミカルピーリングで肌の角質を取り除く治療が向いているでしょう。合わない治療方法を選んでしまうと、逆に悪化するおそれもあるため慎重に選ばなくてはなりません。

そこで、ニキビ治療の名医を選ぶ肝は、適切な判断力と知識だと覚えておきましょう。
ニキビ治療のほとんどは特別な技術を必要としません。技術よりも患者の肌状態を診る力や、古い治療から新しい治療まで幅広い治療を知っているかどうかがカギになります。

自分に合う方法で治療すれば、治療後はニキビができにくい肌質を手に入れられます。今あるニキビをキレイにするだけでなく、繰り返さないためにも適切な治療を選んでくれる医師に治療を頼みましょう。

名古屋のニキビ治療の名医はこの10名!

  • 堀南美医師

    堀 南美医師

    ニキビ治療専門ならではのオリジナル治療法を開発

    堀医師はニキビ治療専門の東京アクネクリニックの院長。2011年に佐賀大学医学部を卒業したのち、公立病院にて勤務。2017年に東京アクネクリニック名古屋院にて院長を務めるようになりました。
    堀医師が務める東京アクネクリニック名古屋院は、ニキビを根本から治す治療を信条にオリジナル治療をおこなっています。看板メニューとなっているのが、ニキビの原因となる皮脂腺に着目した「メディカルアクネケア」。針を用いて皮脂腺を破壊し、皮脂の過剰分泌を抑えてくれる施術です。
    一度破壊したら再発しないため、ニキビを元から絶ちキレイな肌になれると評判を集めています。そのほか、アクネピーリングやLED光治療など、さまざまなニキビ治療を用意。堀医師はこれらの施術を名古屋院にて一身に受け持っています。どんなニキビ肌の悩みも解決してくれるでしょう。

    所属クリニック
    東京アクネクリニック
    住所
    愛知県名古屋市中村区名駅4-2-9名駅クリスタルビル5F
  • 西堀公治医師

    西堀 公治医師

    皮膚医療全般を得意とする地元密着の医師

    西堀医師はニキビ治療で評判の高い西堀形成外科の院長です。1994年に愛知医科大学を卒業し、16年間は大手の病院の形成外科にて研さんを積み、2011年に西堀形成外科を開業しました。日本形成外科学会、皮膚外科学会など、数多くの医学会に所属し、専門医として認定されています。
    運営している西堀形成外科では、やけどや傷跡のケアからたるみやシワ改善といった美容治療まで幅広く対応。ニキビ治療もその一つです。市販の薬では改善できなかったニキビに悩んでいた人の治療も、西堀医師の手によるケミカルピーリングやレーザーを使用した治療のおかげで改善したという声が多く見られます。
    「思いやり」を持った診療をモットーに、患者との信頼関係を大切にしている西堀医師。カウンセリングでは顔全体のニキビの状態を確認し、適切な治療方法を選んでくれます。

    所属クリニック
    西堀形成外科
    住所
    愛知県長久手市下山43-7クレオフューメビルディング2F
  • 西川陽平医師

    西川 陽平医師

    医学博士号を取得した皮膚科専門医

    西川医師は皮膚科・形成外科の技術を磨きながら、特に皮膚科の研究に熱を燃やし続けている医師です。2006年に弘前大学医学部を卒業し、同大学の皮膚科に入局。皮膚に関する研究を続け、医学博士号を取得します。その後、2014年に水の森美容外科に勤務し、副院長へ就任されました。
    西川医師は「皮膚は外から見える唯一の臓器で、健康状態や心の様子が現れる」と考え、皮膚を美しくすることで人の生き生きとした人生をサポートするといった志を持っています。所属している水の森美容外科で皮膚の古い角質を取るケミカルピーリングを中心に行っており、場合によって、イオン導入やフォトRF、トレチノインといった美肌・美白効果の高い施術を組み合わせているようです。ニキビを改善するだけでなく、より美しい肌になれるよう、治療法を組み合わせた提案が魅力です。

    所属クリニック
    水の森美容外科
    住所
    愛知県名古屋市中区栄3-6-20辰晃ビル5F
  • 高須英津子医師

    高須 英津子医師

    女性だからこその気づかいが評判の医師

    高須医師は高須クリニックに所属する美容皮膚科の専門医です。2001年に藤田保健衛生大学医学部を卒業し、同大学病院にて2年間研修期間を過ごし、2003年に高須クリニックで勤務を始めました。高須クリニック名古屋院の院長・高須幹弥医師とは夫婦関係にあり、皮膚科の道に進んだのも高須幹弥医師の勧めがあったからだそうです。また、日本美容皮膚科学会や日本レーザー医学会など数多くの医学会に所属し、時には学会発表も行っています。
    「美肌づくりのお手伝い」をモットーとし、ニキビやシミ、しわといった肌トラブル全般の施術が得意。また、女性ならではの細かい気づかいが、女性の評判を得ているようです。「結婚式前の駆け込み治療でしたが、ニキビのない状態で式を迎えられた」といった喜びの声も聞かれます。

    所属クリニック
    高須クリニック 名古屋院
    住所
    愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1ミッドランドスクエア8F
  • 佐井雄一医師

    佐井 雄一医師

    ニキビ専門サイトを監修している医師

    佐井医師は名古屋でニキビ治療を含む美容皮膚医療と、泌尿器科の治療を行っている佐井泌尿器科・皮フ科クリニックの院長です。1980年に杏林大学医学部を卒業し、名古屋大学病院泌尿器科に勤務し、2001年に自院となる佐井泌尿器科・皮フ科クリニックを開業しました。
    開業を決めたきっかけは、活気的なニキビ治療を届けるためだったそうです。当時ニキビに悩める患者は多いにも関わらず、薬の処方のみで画期的な治療を行える病院がない状態。ケミカルピーリングを取り入れた治療ができるクリニックとして自院を開くことを決めたようです。それほどニキビ治療への想いが強いことがわかります。
    また、数々の医学会に所属し、新しい治療知識を取り入れているのだとか。医学会で得た知識や自らの経験を元に、ニキビの情報サイトを立ち上げ、正しい知識を世の中に提供しています。

    所属クリニック
    佐井泌尿器科・皮フ科クリニック
    住所
    愛知県名古屋市天白区平針2-1906KMビル2F
  • 末武信宏医師

    末武 信宏医師

    ドクターズコスメの指導を行うベテラン医師

    末武医師は25年以上、美容皮膚科・外科に専念してきたベテラン医師です。1987年に岐阜大学医学部を卒業し、同大学病院へ入局。1989年より大手美容外科クリニックに勤務し、臨床経験を重ねたのちアジア最大規模の長庚記念病院にてさらに研修を積みました。1995年に、当時最年少で日本美容外科学会認定専門医に認定され、さかえクリニックを開業。現在は、コスメ「ラ・ペジブル」の監修や、医師向け研修資料「最新ドクターズコスメ製作のコツ シミ・小じわ・にきびの治療薬を作る」の制作に携わり、幅広く活躍されています。
    「安全で確実な施術しか行わない」をモットーに、患者にとって安心できる施術体制を整えているとのこと。末武医師は医師に指導を行う立場にいるほどの経験値を持っていますが、常に最先端を追って勉学にはげむ姿勢を持つ信頼できる医師です。

    所属クリニック
    さかえクリニック
    住所
    愛知県名古屋市中区錦3-5-21錦HOTEIビル2F
  • 河野朋博医師

    河野 朋博医師

    地域密着で名古屋市民のニキビを診療

    河野医師は、名古屋市で地域に寄り添った治療を目指しているセントラルクリニックの院長です。愛知医科大学を卒業し、大学病院や市民病院で研修を積んだのち、2006年にセントラルクリニックを開院。自分が病気になった時にどんな治療を受けたいかを考えて、不安を与えない治療を心がけているそうです。
    ニキビ治療では、まずはビタミン剤や抗生物質など安く受けられる保険診療を検討し、それでも治らない場合はケミカルピーリングのような自費診療を行うという段階を踏んだ治療方法を採用。ほかにもレーザーを使った最新治療も用意しており、患者に合わせて施術方法を選べます。来院するのは、中学生から大人まで幅広い年代の方々。女性だけでなく若い男性も多いので、気になる人は相談してみてはいかがでしょうか。

    所属クリニック
    セントラルクリニック
    住所
    愛知県名古屋市千種区末盛通5-3メディカルビル3F
  • 渡辺薫

    渡辺 薫医師

    ニキビ・アトピーの治療を30年間行ってきた医師

    渡辺医師は30年以上皮膚治療に携わり多くの患者を診てきたプロフェッショナルな医師です。1981年に名古屋市立大学医学部を卒業し、同大学の皮膚科学校教室に入局。専門医、医学博士号を取得し、1992年に渡辺皮フ科クリニックを開院しました。経験の豊富さではほかの医師に劣らないベテラン医師です。
    ニキビ治療においては、患者を軽度から重度にわけて治療方針を立てる方法を採用。治療内容に納得して受けてもらえるよう、悩みをよく聞いた上でわかりやすく説明することを心掛けているようです。また、ニキビは中高生に多く、学校へ行くのが辛いという精神的悩みに対してのサポートも重視しています。
    渡辺皮フ科クリニックではケミカルピーリングやフォトRFなど、最新の美容施術を受けることも可能です。

    所属クリニック
    渡辺皮フ科クリニック
    住所
    愛知県名古屋市緑区相2-105
  • 上田素子

    上田 素子医師

    自宅ケア用コスメも処方してくれる医師

    名古屋市でニキビ治療を行ううえだ皮フ科内科クリニックの院長。1990年に三重大学医学部を卒業し、大手の病院に勤務。2011年にうえだ皮フ科内科クリニックを開院し、皮膚科・アレルギー科のほか、美容皮膚・美容外科も取り入れています。所属医学会には、日本皮膚科学会、日本アレルギー学会を含めて9つあり、常に新しい技術と知識を吸収しているようです。
    ニキビ治療の方法は、ミカルピーリング、イオン導入、内服薬を中心に行っています。さらに自宅治療薬としてケアコスメを処方。ビタミンCを多く含んだローション、古い角質を落とす洗顔パウダーも用意されているようです。クリニックでの治療だけにとどまらず、自宅ケアも気にかけてくれるのは他医院ではあまり見かけない魅力です。

    所属クリニック
    うえだ皮フ科内科クリニック
    住所
    愛知県名古屋市中川区高杉町34