PICK UP Doctorsアンチエイジング・美肌の名医コンプリートガイドニキビの名医10選【福岡】

福岡でニキビ治療を受けるなら名医に相談しよう

福岡県は、九州地方の政治・経済・文化・ファッションの中心地として、国内外から多くの人が集まる街です。「博多美人」という言葉がある通り、福岡には美しい女性も多いのが特徴。美にこだわりを持つ女性が多いため、街には多くの美容皮膚科が存在しています。ここでは、ニキビ治療を受けるならおすすめしたい美容皮膚科の「名医」を10名ご紹介。
ニキビは性別や年齢を問わず、多くの方が経験する皮膚の病気です。基本的に顔に発症することがほとんどですが、背中や首など体全体にできる場合もあります。
「思春期のシンボル」と考えられがちなニキビですが、実際は大人になっても悩んでいる方はたくさんいるのです。
ニキビは美容皮膚科で治療を受けるのが効率的で確実。その中でも名医と呼ばれる方は「知識」「施術実績」「カウンセリング力」「肌を美しくする再生能力」が揃っています。これまでの経歴や資格を参考にして自分にあった名医を選ぶようにしましょう。

福岡のニキビ治療の名医はこの10名!

  • 川島眞医師

    川島 眞医師

    日本トップクラスの知識とスキルをもつ美容皮膚科医

    川島医師は、東京大学医学部医学科を卒業後、パリ市パスツール研究所に留学。帰国をしてからは母校の東京大学や、東京女子医科大学の皮膚科で若い医師を育成しています。現在は、表参道クリニックなどいくつかの美容皮膚科で現役医師の指導にあたり、日本の美容医療に尽力している方です。
    日本美容皮膚科学会や日本皮膚アレルギー学会など、複数の学会で理事を務めており、資格もたくさん取得しています。
    人間関係やストレスなどが皮膚に悪影響を与えると考えている川島医師。スキンケアの重要性とともに、心理的なケアも必要だと訴えています。
    肌トラブルを抱えている方の悩みを解消するために、川島医師は新しい知識とスキルの向上を惜しみません。「常に患者の立場に立ち裁量・最善の診療と治療を提供する」ことを信念とし、日本美容外科を最前線で引っ張っています。

    所属クリニック
    表参道スキンクリニック福岡院
    住所
    福岡県福岡市博多区博多駅前3-26-5 Mビル1号館8F
  • 松尾眞二郎医師

    松尾 眞二郎医師

    忙しい方に配慮して土日診療をしてくれる患者想いの医師

    松尾医師は、生まれも育ちも福岡市の皮膚科医です。金沢医科大学を卒業して、九州大学皮膚科・原三信病院・九州医療センターで研修医としてスキルを磨きました。その後、2009年に中野皮膚科を引き継いで「天神皮ふ科」と開院。ニキビやアトピー性皮膚炎などの一般的な皮膚疾患はもちろん、レーザー脱毛やシワ治療などの美容外科にも対応しています。
    松尾医師が開院した天神皮ふ科のニキビ治療は、ケミカルピーリングやイオン導入、レーザーフェイシャル・ニキビ集中コースから選択可能。また症状に合わせてビタミン剤や漢方薬を処方してくれます。「皮膚トラブルのかかりつけ医・肌の健康と美しさのアドバイザー」を目指して診察や治療を行うのが特徴です。
    天神皮ふ科のある天神は、福岡のビジネスやファッションの中心地。忙しい方が多いということを配慮し、土日を含めて毎日診療を行なっています。「平日は仕事で通えない」という方でも治療を受けられるのが嬉しいポイントです。

    所属クリニック
    天神皮ふ科
    住所
    福岡県福岡市中央区天神2-4-20 天神プラッサ3F
  • 白水かのん医師

    白水 かのん医師

    スキンケアのスペシャリストで温かい人柄が人気の女性医師

    「お肌で悩む女性の方々に喜んでもらうこと」を理念として、診察や治療を行う白水医師。スキンケアのスペシャリストとして高いスキルと指導力に定評があります。1989年に久留米大学医学部を卒業して、一般皮膚科としてクリニックでの勤務や開業を経て、2001年にスキンクリニックかのんを開院しました。
    女性にとって肌の悩みや衰えは、気分を憂鬱にしてしまうものです。白水医師は同じ女性として気持ちを十分に理解してくれるので、悩みを相談しやすいのが魅力。親しみやすく温かい人柄の持ち主で多くの女性ファンがいます。
    白水医師のニキビ治療は「ニキビを治す」だけでなく「今後ニキビができにくくする」ことも重視。治療のまえに洗顔の正しい方法や化粧品やファンデーションの選び方などの指導をしてくれます。治療はニキビの状態にあわせて、外用剤治療・ビタミン導入・ケミカルピーリング・光治療から適切な方法を選んでくれるのが特徴です。

    所属クリニック
    スキンクリニックかのん
    住所
    福岡県福岡市中央区天神2-6-24 アルボーレ天神4F
  • 山本正次郎医師

    山本 正次郎医師

    安心・安全に徹底した治療法のみを採用する医師

    山本医師は九州大学医学部を卒業後、九州大学医学部付属病院で研修。それから原三信病院や新小倉病院での勤務を経て、博多皮ふ科(旧:新幹線ビル皮フ科)を開業しました。「安心安全な医療を提供するとともに、美容においてはエビデンス(根拠)を重視する」ことがポリシーの山本医師は、安全で効果のある治療法しか取り入れていません。
    そんな山本医師が在籍する博多皮ふ科には、ニキビの治療法が豊富に揃っています。保険が適応される治療では、脂質の代謝を整えニキビを抑えるビタミン剤・漢方薬を使った治療・抗生剤を使った治療など。自費診療には、ケミカルピーリングやビタミンCイオン導入・レーザー治療があります。レーザー治療する機器は最先端の「ジェントルマックス」。これまでの治療では治すのが難しかったニキビやニキビ痕に効果があります。博多皮ふ科は博多駅から直結しているので、アクセスのしやすさも◎です。

    所属クリニック
    博多皮ふ科
    住所
    福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 新幹線ビル5F
  • 小河秀二郎医師

    小河 秀二郎医師

    身内のように親身で丁寧なカウンセリングをしてくれるドクター

    品川スキンクリニック福岡院院長・小河医師は、1999年に久留米大学医学部を卒業後、筑豊労災病院・大牟田病院などで勤務。品川美容外科に入職したのは2007年で、品川スキンクリニック福岡院の院長に就任したのは2013年です。
    小河医師は日本美容外科学会会員であり、サーマクール認定医やボトックスVISTA®の認定医資格を持っています。たるみ・しわ治療を得意とする医師ですが、ニキビ治療にも精通している医師です。「いつも身内に治療する気持ちで診療にあたる」ことを信念としているそうで、常に親身になって患者さんと接してくれます。人柄も温厚で、クリニックに訪れる方からの評判も上々です。
    品川スキンクリニックには、12種類の治療があり、内服薬や外用薬といったホームケアも6種類あります。大手のクリニックならではの豊富な治療法から、丁寧なカウンセリングでもっとも最適な治療法を提案してくれます。

    所属クリニック
    品川スキンクリニック福岡院
    住所
    福岡県福岡市中央区今泉1-20-2天神MENTビル2F
  • 行徳博英医師

    行徳 博英医師

    全国からも注目される画期的な診療を行うドクター

    行徳医師は、昭和大学形成外科学の講師を務めた後、1989年に行徳形成外科を開院しました。美容業界で20年以上の実績を誇り、画期的な診療内容が全国的に注目されている医師。美容形成は「医師でありながら芸術家・心理学者・カウンセラーでないといけない」というのが行徳医師の考えです。芸術家のように美しさを求め、心理学者のように相手の気持ちを読み取り、カウンセラーのように悩みを解決することを目指して診療や治療に取り組んでいます。
    カウンセリングには十分な時間をかけるのが、行徳医師のこだわりです。一人ひとりの患者に向き合い、不安や治療後の希望をしっかり把握してくれます。安心して施術が受けられるように、安全性や経過などの情報を詳しく伝えるインフォームドコンセントを徹底。施術後は責任を持ってアフターフォローをしてくれます。

    所属クリニック
    行徳形成外科
    住所
    福岡県福岡市中央区天神2-3-30福新楼ウェストサイドビル2F
  • 中園亜矢子医師

    中園 亜矢子医師

    ブログでニキビ治療について発信する熱心な医師

    中園医師は日本皮膚科学会、美容皮膚科学会・レーザー指導の専門医であり、日本美容皮膚科学会評議員。学会発表や講演、論文などの学術活動を積極的に行っています。佐賀医科大学医学部を卒業後、産業医科大学皮膚科に入局。
    その後、福岡大学皮膚科の医局長を務め、米国メリーランド大学医学部皮膚科学教室で学んだ後、九州大学で医学博士を取得しました。現在は赤坂クリニックで皮膚科医として勤務しています。中園医師はブログで、ニキビに悩む方や治療を受けたいと考えている方に向けて発信するほど熱心な医師です。ブログには、ニキビやシミに効果のある塗り薬「トレチノイン」「ハイドロキノン」について詳しく述べています。
    中園医師が勤務する赤坂クリニックでは、レーザー治療やケミカルピーリングに対応。ニキビを症状がもっとも軽い「第一段階」から重度の「第三段階」でランク分けをして、治療法を決定します。

    所属クリニック
    赤坂クリニック
    住所
    福岡県福岡市中央区赤坂1-13-8 赤坂ウィングビル5F
  • 富島隆裕医師

    富島 隆裕医師

    ニキビの悩みに真剣に向き合い「あなたにとって正しい治療」を提案

    世の中にはたくさんのニキビ情報が溢れていますが、富島医師いわく「すべての情報がみんなにとって正しい治療法とは限らない」そうです。メディアージュクリニックには「ニキビが治りません」と訪れる多くの患者が、ほとんどが自分に合っていない治療法をしているのだとか。富島医師はニキビで悩む方たちの間違いをカウンセリングで改善し、正しい治療法を提案してくれます。
    メディアージュクリニックはニキビ治療専門のクリニックなので「一般皮膚科の治療で治らなかった」「ニキビ跡がひどい」「体中にニキビができている」など重度なニキビを持つ方におすすめ。富島医師が一切の妥協をせず、責任を持って対応してくれます。
    土日祝も診療しているので、平日忙しい人でも通うことが可能。ただし完全予約制になるので、電話かサイトのフォームより予約する必要があります。

    所属クリニック
    メディアージュクリニック福岡院
    住所
    福岡県福岡市博多区博多駅前2-17-1博多プレステージ別館6F
  • 綾部誠医師医師

    綾部 誠医師

    新しい知識とスキルを活かして丁寧で確実な治療を行うドクター

    あやべビューティークリニック福岡院長の綾部医師は、1989年に東京医科大学卒業後、久留米大学病院・国立病院九州がんセンター・大手美容外科での勤務を経て、1999年にあやべビューティークリニック福岡(旧:福岡三井中央クリニック)を開院しました。
    日本形成外科学会や日本美容外科学会、日本医学脱毛学会などさまざまな学会に所属しており、学術活動を積極的に行っています。常に新しい知識や技術を得るために、努力を怠りません。そんな綾部医師のモットーは「ひとつひとつ丁寧に、確実に」「その時点でできる最高の技術を全力で投入する」こと。
    綾部医師は、肌の奥に栄養素を届ける「肌質改善」でニキビ治療を行います。「ビタミンA」と「ビタミンC」を肌に浸透させることで、ニキビ肌やアトピー肌を効果的に改善。くすみや色素沈着の解消も期待できます。また角質を取り除いて肌のターンオーバーを活性化させるケミカルピーリング治療を受けることも可能です。

    所属クリニック
    あやべビューティークリニック福岡
    住所
    福岡県福岡市博多区博多駅東2-5-37 博多ニッコービル8F
  • 金光利治医師

    金光 利治医師

    形成外科出身のスキルを活かした最新の美容医療を取り入れるホームドクター

    金光医師は1996年に愛知医科大学医学部卒業後、同大学の形成外科へ入局。それから某美容外科クリニックでの勤務を経て、2002年にさくらビューティークリニックを開院しました。最先端の治療や医療用レーザーを用いて、繊細な施術を行ないます。施術はカウンセリング・施術・アフターフォローまで院長の金光医師が担当。「美のホームドクターとして女性のサポートする」ことをモットーに、一人ひとりの患者さんの悩み解決に全力で対応してくれます。
    金光医師が行うニキビ治療は「今あるニキビを改善して、ニキビのできにくい肌に導く」のが特徴。ニキビ痕や色素沈着が残らないよう、13種類の治療法から適切な方法を提案してくれます。またニキビ痕の治療では、主にレーザー機器を使用。皮膚を傷つけずに、キレイな肌を取り戻す治療を受けられます。

    所属クリニック
    さくらビューティクリニック
    住所
    福岡県北九州市小倉北区魚町2-2-19 はやみずビル4F